Jeff Millsexcite ExciteホームJeff Mills Special site TOPサイトマップ
TOP MOVIE DL Library INTERVIEW SHOPPING BLOG JEFF & AXIS Jeff来日
世界初!「ターンテーブルの魔術師」こと、ジェフ・ミルズ直筆ブログ。
【プロフィール】
ジェフ・ミルズ(Jeff Mills)
1963年デトロイト市生まれ。
高校卒業後、ザ・ウィザードという名称でラジオDJとなりヒップホップとディスコとニューウェイヴを中心にミックスするスタイルは当時のデトロイトの若者に大きな影響を与える。1989年にはマイク・バンクスとともにアンダーグラウンド・レジスタンス(UR)を結成。1992年にURを脱退し、NYの有名なクラブ「ライムライト」のレジデントDJとしてしばらく活動。その後シカゴへと拠点を移すと、彼自身のレーベル「アクシス」を立ち上げる。1996年には、「パーパス・メイカー」、1999年には第3のレーベル「トゥモロー」を設立。現在もこの3レーベルを中心に精力的に創作活動を行っている。
Axis Japan Web
WOMB
【最新ディスク】
Contact Special
「未知との遭遇」をテーマにリリースした全世界で300枚しか発売されなかった超限
定7インチシングルをコンパイルした「Contact Special 」待望のCD化!JEFF MILLS
でしか到達し得ない人類未体験のテクノ・サウンド。JEFF節全開の疾走感みなぎ
る究極のハードミニマルトラックの数々。10月に渋谷WOMBにて開催される恒例のレジ
デンシー、「Contact Special」のサウンドトラック。
THE THREE AGES
 
JEFF MILLS / THREE AGES (CD&DVD)

JEFFMILLSが「Metropolis」に続いて発表するサウンドトラック。
今回は奇才、バスターキートンの無声映画にスコアを付けたJEFF MILLSの新境地。
ミニマルなテクノはもちろん、ムーディーな楽曲までもコンポーズ、さらにはJEFF自身の手による映像エディットをボーナスとして収録!
Jeff Mills / Exhibitionist (DVD)

「Axis Mix」「Purpose Maker Mix」「Tomorrow Mix」「Exhibitionist Mix」と4パートから構成されるジェフ・ミルズ自身によるDJミックス、さらにインタビュー、ジャケット撮影のメイキングなどトータルで約4時間にも及ぶフル・ボリューム。ゲストとして430westレーベルのランダム・ノイズ・ジェネレーションによるライヴとインタビューまで収録。
「AxisMix」においては3つのマルチアングルからお好みのアングルでジェフのミックスを堪能できる上、ズーム機能で手元をアップにするなどの鑑賞が可能。
収録時間:約3時間45分
Jeff Mills / Exhibitionist (CD)
DVD「ExhibitionistMix」パートの拡大版。ジェフ自身のミックスCDとしては1995年にリリースされた『Mix-Up Vol.2』以来9年ぶり、かつ最後となる究極のミックスアルバム。
Choice by Jeff Mills

Jeffのルーツともいえるディスコ・クラシックから、アンダーグラウンドなテクノ・トラックまで様々なジャンルを網羅した人気コンピシリーズ。 究極のクラシックス! ライナーにはJeff本人による各曲コメントつき。
カテゴリ:overseas 05( 4 )
b0023912_12453131.jpg

Hello from flight 1435 Air France. I'm flying somewhere over West Germany on route to Paris. Today is the day of the completion of studio recording of the forthcoming DVD/CD "The Blue Potential". It's a collaboration project that originates from a live outdoor performance that took place in Montpellier, France at the historic site, Pont Du Gard in July of 2005. At this performance, the attendance was 10,000+ people. It was the first for me to perform "live" outside the few performances of the groups Final Cut in the mid-eighties and Underground Resistance in the early 90's. What the performance consisted of was a philharmonic orchestra of 80 persons, The Montpellier Symphonic Orchestra. Twelve of my compositions were scored to sheet music by a very talented composer and violinist, Thomas Roussel of Paris/Djon. I selected such tracks as, Gamma Player, The March, 4Art, The Bells, and other releases that I had only released via vinyl 12" disc. I also included 2 tracks from the Underground Resistance catalogue, Amazon and Sonic Destroyer. After many days of studio recording for this project and listening to the integration, I must truly say that I am deeply convinced that the combination between Classical and Electronic Music is something extraordinary. I won't go into this too much, I don't want to spoil your surprise when you listen to it. The DVD project is due out sometime in March 2006.

In the next few days, London/Spain/Chicago. Once settled in Chicago, my attention immediately turns to the being with family, office and studio recordings. Between December and January is usually hectic as everyone is in rush to finish the year on a good note. Until then......

Later,
Jeff
b0023912_12492096.jpg


b0023912_12461418.jpg

2005年12月7日

エールフランス1435便の機内からこんにちわ。僕は今西ドイツからパリへ向っている最中。

今日は制作中の「ブルー・ポテンシャル」CD/DVD企画のスタジオ・レコーディングの仕上げの日だ。これは今年7月にフランスのモンペリエ市にある遺跡、Pond Du Gardで行われた野外ライブ・パフォーマンスに関するコラボレーション企画。このパフォーマンスには1万人以上の人が来てくれた。僕にとって、80年代半ばのファイナル・カットというグループ、90年代初めのアンダーグラウンド・レジスタンスとしていくつかのパフォーマンスをした以外では初めての「ライブ」だった。パフォーマンスはモンペリエ・シンフォニック・オーケストラという80名からなるオーケストラとの共演で、僕の曲の中から12曲をパリとディジョンを拠点にするトーマス・ルッセルというとても優れたコンポーザー兼バイオリニストが楽譜にしてくれたのだ。"Gamma Player"、 "The March"、"4art"、 "The Bells"や、12インチでしかリリースしていない曲などを選曲した。アンダーグラウンド・レジスタンス時代の曲、"Amazon"と"Sonic Destroyer"も12曲の中に入れた。この企画のためにスタジオに何日間も入り、集大成されたものを聴くと、クラシカルとエレクトロニック音楽のコンビネーションにはとてつもないものがあると深く確信する。これ以上の詳細には触れないようにしよう。皆が聞いたときのサプライズがなくなってしまうから。DVDは2006年3月に発売予定だ。

この後数日間はロンドン、スペイン、シカゴへと移動する。シカゴに戻ったら、家族、会社、それからスタジオ作業へとすぐに意識転換することになる。12月と1月の間はみんな、一年をいい感じで終わらせようと忙しくなる。それまで元気で。

ではまた。
Jeff
b0023912_12463468.jpg

by jeff_mills | 2005-12-09 12:50 | overseas 05 | Comments(0)
b0023912_118532.jpg

Hello. Hope everyone is well. I had a rare chance to finally see a performance of the great Laurie Anderson. For those of you who might have already seen one her performances, you might know what I'm about to say......"it was really fantastic - a eye opening experience" It was a intimate setting for about 200 people at the Chicago Art Institute. Laurie Anderson is one of those unique musicians/artist that only comes along every few thousand years. Kind of like a Leonardo Di Vinci of music/art. Simply put, she's a genius. On this occassion, she presented a project that based off of her experiences with working with NASA as the first and only "In-house musician" to her accounts of living in NY during the Sept. 11 crisis. All of it was thought-provoking and perfectedly timed as she made her way on the candle lit stage from one pre-positioned spot on the stage to another. If you ever have the chance to see her perform, please do. Later.
b0023912_1182181.jpg

こんにちわ。皆元気かな。僕はついに偉大なるローリー・アンダーソンのパフォーマンスを見るレアな機会に恵まれた。彼女のパフォーマンスをすでに観たことのある人たちなら僕が意味していることがわかるだろう・・・。「本当にファンタスティックで、目の覚めるような経験だった。」シカゴ・アート・インスティチュートで、200人ほどのこじんまりしたセッティングだった。ローリー・アンダーソンは何千年かに一度の類まれなるミュージシャン・アーチストだと思う。音楽界におけるレオナルド・ダビンチみたいな存在。シンプルだが、天才なのだ。今回、彼女がNASAにおいて初めてかつ唯一の「専属ミュージシャン」としてNYに9月11日の危機以降を暮らしてきた体験を元に作られたプロジェクトが披露された。考えさせられる内容で、キャンドルがともされたステージを彼女が移動するたびに完璧なタイミングですべてが構成されていた。彼女の公演を観る機会があれば、ぜひ行ってみてほしい。じゃ、また。
Jeff
by jeff_mills | 2005-11-24 11:08 | overseas 05 | Comments(16)
b0023912_15433131.jpg

Hello from Chicago. Winter has finally arrived!. There are not many work weeks left in 2005 so, the mad rush to get orders into manufacturers in on. Most businesses here in the US taper down towards the end of year which is great time the plan for the coming year. Right now, we're formatting the upcoming "The Bells" 10 anniversary project. For those of you not familiar with this track. "The Bells" was made back in 1994 and offically released in 1996. It was created as part of a special interest I had at the time to only make certain music for me to exclusively play. This interest eventually resulted in the label "Purpose Maker". Though The Bells" never really achieved to have "Bang Success" (meaning, everybody, everywhere plays the track at the sametime), it has steadily become one of most played and thus, one of the most listened to tracks in Electronic Music. It always works, no matter what. What we configuring is a dual disc (1 side: DVD and the other, CD). A video was created for "The Bells" in 1998 and I made remixes of that video in earlier this year.

We've started the "The Bells" tour preperations for France and Spain. Because this project consist of mostly video, we are planning on using alot of video applications in these tours. It should be very graphic and colorful. Most of the music I'll play will be from the Purpose Maker catalogue plus alot of unreleased material that was never officially released. Purpose Maker label come back in full motion (?) -- maybe. In these tours, we'll be testing the waters.
b0023912_1544343.jpg

Recently, DJ/Artist Steve Bicknell asked me "What is it these days about the number 10" (meaning 10th anniversary). Along with the maturity of "The Bells", the LP "Waveform Transmission" Vol. 1 turns 15! - can you believe this? Tresor Records/Berlin is planning a similar project consisting of interviews, remastered version, etc. Should be a great project.

We have numerous projects on the drawing board right now that we're reviewing. We'll spend time over the holidays season laying them out to see what works best. The Axis Site (www.axisrecords.com) will be undergoing a huge rennovation. We figured after 6 years, it's time to catch up with technology!. They'll be very interesting new features that we're sure you'll all enjoy.

Got to run before the post office closes!.
Later,

Jeff
b0023912_15445623.jpg

2005年11月21日

シカゴからこんにちわ。とうとう冬がやってきた! 2005年で仕事ができる週も少なくなってきて、工場などへのオーダー発注などすごい勢い。アメリカのほとんどのビジネスはどんどん年末にかけて仕事を減らしていくので、来年の計画を立てるにはベストな時なんだ。今は"The Bells"10周年企画を具体化しているところだ。この曲になじみのない人たちに説明すると、The Bellsは1994年に作られて、1996年にオフィシャルにリリースされた。僕だけがプレイするために特別に創られた曲のうちのひとつだった。この趣向がのちにレーベル、パーパス・メーカーになる。The Bellsは決して「大成功」(つまり、みんな、どこでも、いつでもこの曲がかかっている)にいたったわけではないけれど、最もプレイされる曲のひとつには確実になり、つまりはエレクトロニック・ミュージックにおいて最も聴かれる曲になったと思う。どんな状況でもかならずうまくいく曲だ。今回両面ディスク(片面がDVDでもう片面がCD)になる予定。1998年に作られたThe Bellsのビデオと、今年初めに僕がそれをもとに創ったリミックスを収録する予定だ。

僕たちはフランスとスペインの"The Bells"ツアーの準備も始めた。この企画はビデオ主体なので、これらのツアーではビデオをたくさん使用するつもりだ。とてもグラフィックでカラフルになると思う。かける曲はパーパス・メーカーからの曲、プラス、オフィシャルにはリリースされなかった未発表曲も多く用意している。パーパス・メーカー・レーベル復活(?)多分ね。このツアーでテストしてみるつもりだ。

最近、DJ/アーチストのスティーブ・ビックネルが「最近10という数字にこだわっているのはなぜなの?」と聞いてきた。10周年のことだ。"The Bells"の記念とともに、"Waveform Transmission vol.1" というアルバムは15周年を迎える! 信じられる? ベルリンのTresorレコードではインタビューやリマスタリングした音源を含む記念企画を立てている。グレートなプロジェクトになると思う。

今数多くのプロジェクトを検討中だ。ホリディ・シーズン中に何がベストかよく考えようと思っている。アクシスのサイト (www.axisrecords.com)も大改革予定。6年が経って、新しいテクノロジーに追いつかなくちゃいけない時期にきた。きっと楽しんでもら えるだろう新しいフィーチャーを考えている。

ああ、郵便局がしまる前に行かなくちゃ。
じゃまた。
Jeff
b0023912_15451627.jpg

by jeff_mills | 2005-11-23 15:45 | overseas 05 | Comments(3)
Hello All. I'm currently in Montpellier, France. Extreme weather here.Constant raining and servere lightning storms for the past few days.They call the warning a "red alert". Trains/planes grounded and peopletold to stay off the street. Extreme!.

I'm here for a orchestra recording session from a live performance thatwe did here in 7/05 at a historic landmark called Pont Du Gard. We'repreparing for a DVD and CD that will be out later this year. Theproject is called "The Blue Potential". The project is a live recordingof the orchestra performing with myself 12 tracks that I've producedover the past 15 years. Tracks like: Sonic Destroyer and Amazon(UR),Gamma Player, The March, 4Art, Time Machine and more. The MontpellierNational Orchestra and myself will perform in a few places aroundeurope in the coming year as well.

Today, we were challenged by numerous recording studio problems but, weeventually solve them all and made progress. The next step is for mecreate additional parts for the 5.1 surround feature. This will beconducted in Chicago.

I recently dj'd at the Fuse Club in Brussels. It was really a goodnight. Like long-lasting Techno venues such as "Lost" in London and"The Rex" in Paris, the Techno audience is high above the norm.

Thanks to those who have replied since the last posting. To answer aquestion:
- Studio applications: It's not very often I'm asked about mystudio techniques. Maybe the fact that I do not use computer forsequencing or writing music could have something to do with it. Overthe years, I've reduced the amount of equipment to just a few keypieces and rely on the sequencer less and less. Playing parts by handcreates more personality in the tracks. Thanks for your inquiries.

Contact Special is coming along amazingly well. At this time, we'reformatting the performance structure for the other cities outside ofTokyo in Japan during October. We're designing a visual set-up thatrequires a transparent/mesh video screen between myself and theaudience that we'll display Contact Special conceptual images/videosupon. We've tried it in Australia last year and it worked well. Mystage set-up at Womb will be slightly different than previous years.This year, I will create the ability to write/play music in real-timeduring the dj set. It's a new idea that I think will work well .We'llsee.

Be safe.
- Jeff Mills

皆さんこんにちわ。僕は今、フランスのモンペリエにいる。とんでもない天気だ。雷雨の嵐がこの数日間ずっと続いている。「最大注意」警報がだされて、電車、飛行機はストップ、人も外出禁止。極端だなぁ!

ここには、7月5日にPont DuGardという遺跡で行われたオーケストラとのライブ・パフォーマンスの録音の確認のために来た。年末にかけてリリース予定のCDとDVDの準備をしているのだ。プロジェクトは”The BluePotential"というタイトル。過去15年間に渡って僕が創った曲の中から12曲をオーケストラと僕が一緒に演奏したライブ・レコーディングだ。Sonic Destroyer, Amazon (URからの曲)、Gamma Player, The March、4Art, TimeMachineなどなど。モンペリエ国立オーケストラとの共演は来年以降もヨーロッパの各所で行われる予定。

今日はレコーディング・スタジオで数々の問題が発生しつつも、なんとかすべて解決して進展があった。次のステップは5.1サラウンド・サウンドで付け足すパートを録音することだ。これはシカゴで行うことになるだろう。

最近はブリュッセルのクラブ、Fuseでプレイした。すごく良かった。ロンドンのLostやパリのRexみたいに長年続いているテクノクラブで、オーディエンスは平均を大きく上回るクオリティなんだ。



ところで、前回のテキストにメッセージをくれた人たちありがとう。質問に答えよう。
スタジオに関して: スタジオでのテクニックに関して質問されることは実はあまりない。シーケンスや曲を書くのにコンピュータを使っていないことと何か関係があるのかもしれない。長年、機材を減らしていて今はキーボード数台、シーケンサーに頼ることもどんどん減ってきている。手で楽器をプレイすることが曲にパーソナリティをもたらすと思っているんだ。質問ありがとう。

ContactSpecialはとてもうまく進行している。今、東京以外の都市でのパフォーマンス内容を検討しているところだ。僕とオーディンスの間にメッシュのようなスクリーンを用意してContactSpecialのコンセプチュアルなイメージ、ビデオを映すセットアップをデザイン中。去年オーストラリアでトライしてとてもうまくいったんだ。Wombでの僕のステージ・セットは昨年までとは少し違ったものになるだろう。今年はDJの最中にリアルタイムで曲を作りプレイすることができるようにしたいと思っている。うまくいくと思うんだけど。お楽しみに。

気をつけて。
Jeff Mills
by jeff_mills | 2005-09-12 13:34 | overseas 05 | Comments(5)
Jeff Mills インタビュー バックナンバー
CISCO RECORDS Contact Special 特集
カテゴリ
最新のコメント
Квалифициров..
by DarrellTow at 18:05
http://antib..
by Jarredoa at 01:23
http://antib..
by JarredDoda at 16:03
hello there ..
by enunkFeteBrar at 17:47
When a perso..
by kalaEmalo at 04:34
Господи, до ..
by Adnmfzgb at 04:31
Ты что, полн..
by Ahlplanq at 01:53
Разговор зав..
by Ahxtlndg at 05:51
А вообще, мы..
by Allwrboa at 03:33
Судя по шуму..
by Asxsrcqf at 01:18
最新のトラックバック
民主党 田中美絵子 渋谷..
from 民主党 田中美絵子 渋谷有栖..
鈴木早智子 MUTEKI..
from 鈴木早智子 MUTEKIから..
夏目三久アナ 盗撮映像が..
from 夏目三久アナ 盗撮映像がつい..
平子理沙 手ブラセミヌー..
from 平子理沙 手ブラセミヌード画..
元モーニング娘。中澤裕子..
from 元モーニング娘。中澤裕子 保..
桜木佑香 志村診察室で診..
from 桜木佑香 志村診察室で診察!..
水川あさみ 下着姿を撮ら..
from 水川あさみ 下着姿を撮らえた..
柳井瞳 AVデビュー 現..
from 柳井瞳 AVデビュー 現役女..
やりすぎガールがAVデビ..
from やりすぎガールがAVデビュー..
有名女子アナ 狙われた映..
from 有名女子アナ 狙われた映像!..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧