Jeff Millsexcite ExciteホームJeff Mills Special site TOPサイトマップ
TOP MOVIE DL Library INTERVIEW SHOPPING BLOG JEFF & AXIS Jeff来日
世界初!「ターンテーブルの魔術師」こと、ジェフ・ミルズ直筆ブログ。
【プロフィール】
ジェフ・ミルズ(Jeff Mills)
1963年デトロイト市生まれ。
高校卒業後、ザ・ウィザードという名称でラジオDJとなりヒップホップとディスコとニューウェイヴを中心にミックスするスタイルは当時のデトロイトの若者に大きな影響を与える。1989年にはマイク・バンクスとともにアンダーグラウンド・レジスタンス(UR)を結成。1992年にURを脱退し、NYの有名なクラブ「ライムライト」のレジデントDJとしてしばらく活動。その後シカゴへと拠点を移すと、彼自身のレーベル「アクシス」を立ち上げる。1996年には、「パーパス・メイカー」、1999年には第3のレーベル「トゥモロー」を設立。現在もこの3レーベルを中心に精力的に創作活動を行っている。
Axis Japan Web
WOMB
【最新ディスク】
Contact Special
「未知との遭遇」をテーマにリリースした全世界で300枚しか発売されなかった超限
定7インチシングルをコンパイルした「Contact Special 」待望のCD化!JEFF MILLS
でしか到達し得ない人類未体験のテクノ・サウンド。JEFF節全開の疾走感みなぎ
る究極のハードミニマルトラックの数々。10月に渋谷WOMBにて開催される恒例のレジ
デンシー、「Contact Special」のサウンドトラック。
THE THREE AGES
 
JEFF MILLS / THREE AGES (CD&DVD)

JEFFMILLSが「Metropolis」に続いて発表するサウンドトラック。
今回は奇才、バスターキートンの無声映画にスコアを付けたJEFF MILLSの新境地。
ミニマルなテクノはもちろん、ムーディーな楽曲までもコンポーズ、さらにはJEFF自身の手による映像エディットをボーナスとして収録!
Jeff Mills / Exhibitionist (DVD)

「Axis Mix」「Purpose Maker Mix」「Tomorrow Mix」「Exhibitionist Mix」と4パートから構成されるジェフ・ミルズ自身によるDJミックス、さらにインタビュー、ジャケット撮影のメイキングなどトータルで約4時間にも及ぶフル・ボリューム。ゲストとして430westレーベルのランダム・ノイズ・ジェネレーションによるライヴとインタビューまで収録。
「AxisMix」においては3つのマルチアングルからお好みのアングルでジェフのミックスを堪能できる上、ズーム機能で手元をアップにするなどの鑑賞が可能。
収録時間:約3時間45分
Jeff Mills / Exhibitionist (CD)
DVD「ExhibitionistMix」パートの拡大版。ジェフ自身のミックスCDとしては1995年にリリースされた『Mix-Up Vol.2』以来9年ぶり、かつ最後となる究極のミックスアルバム。
Choice by Jeff Mills

Jeffのルーツともいえるディスコ・クラシックから、アンダーグラウンドなテクノ・トラックまで様々なジャンルを網羅した人気コンピシリーズ。 究極のクラシックス! ライナーにはJeff本人による各曲コメントつき。
カテゴリ:Contact Special( 15 )
b0023912_22102799.jpg

b0023912_22104247.jpg

b0023912_22105840.jpg

b0023912_22111345.jpg

b0023912_22113498.jpg

b0023912_22115494.jpg

b0023912_22121374.jpg

b0023912_22124464.jpg

b0023912_22125833.jpg

b0023912_22131186.jpg

by jeff_mills | 2005-11-22 22:13 | Contact Special | Comments(1)
b0023912_2204561.jpg

b0023912_2211348.jpg

b0023912_2221253.jpg
b0023912_2223845.jpg
b0023912_2225113.jpg
b0023912_223753.jpg

by jeff_mills | 2005-11-22 22:03 | Contact Special | Comments(0)
b0023912_20442127.jpg
b0023912_20444671.jpg
b0023912_204647.jpg
b0023912_20463312.jpg
b0023912_20465391.jpg
b0023912_20471678.jpg
b0023912_20474123.jpg
b0023912_20481100.jpg
b0023912_20481140.jpg

by jeff_mills | 2005-11-21 20:48 | Contact Special | Comments(0)
Well, as you can read. We were not successful in locating many of them in the time we were here in Japan. Time simply did not permit. It's a interesting quest that I'll reserve for another time in the future.

To conclude this post, I would like to say that from what we all experienced here was not...........typical. Something impressional happened. We won't be able to really know how much it affected the people that were on the dancefloor but, from what I could see, anything with that much intensity and percision has to be felt physically and mentally. It was a special kind of contact that I wish I could experience over and over again. We keep this blog active in the months to come. Upon our return back to Chicago (Nov 3), we began the production and coordination for the 10 year anniversary of the track "The Bells".
It'll be a CD/DVD format that will include videos and remixes. Starting in France in January, we'll bring "The Bells" project to Europe.

Stay tuned.

Jeff.


さて、読んでもらったとおり。日本滞在中、僕らは"Looking For The Perfect Beat"にふさわしい場所をさがすことができなかった。単に時間がなかったとも言える。面白い企画なので将来のために温存しておきたいと思う。

最後に、今回経験したことすべては・・・・典型的な経験ではなかったことを強調したい。とても印象的なことが起きたのだ。ダンスフロアにいた人たちにどのような影響を与えたのかはまだわからないが、僕が見た限りではこのような正確な緊張感は、肉体的にも精神的にも何か影響を与えると思う。僕は何度でも体験したいようなコンタクトだった。ブログは引き続き続けるつもりだ。シカゴに戻ったら(3日)、僕の曲"The Bells"の10周年記念企画をすぐに始める。これはCDとDVDで、すべてのビデオやリミックスを収録予定。この"The Bells"企画は来年1月にフランスを皮切りにヨーロッパで展開される。

お楽しみに。
Jeff Mills
by jeff_mills | 2005-11-11 17:56 | Contact Special | Comments(0)
b0023912_11142813.jpg

Hello. Still dazed from the previous friday and from the intensity of the party at Contact Special, the concept of the event seemed to be working on the people. I can see that an organised and timely coordination of lighting, video and sound can create something much more than the usual party experience!. In these three short weeks, we have all learned alot. The main thing is that there are many possibilities that greatly enhance the existing dance parties we've come to know and expect. By simply coordinating the lights, sound and video together, the impact is more powerful, more attractive and more convincing. Some people may say, that maybe just "old school" music might be enough to satisfy -- I say, WAKE UP!. The world-wide dance music scene can go much further than just satisfy. I strongly believe that with a little effort and planning, the parties people pay to get into every weekend can bring more ideas and experiences in a way that could affect them for the rest of their lives.

b0023912_11145095.jpg

東京 11月2日、2005

こんにちわ。まだ先週金曜日、Contact Specialパーティの余韻が残っている。イベントのコンセプトは人々に受け入れられたようだ。ライティング、ビデオと音をタイミングよくコーディネイトすることで、普通のパーティよりも何かもっと大きな経験をつくりあげることができた。短かった3週間の間に多くのことを学んだ。大切なことは、僕たちが良く知っている通常のダンスパーティーをより良くするいろいろな可能性があるということだ。単に照明、音、映像をコーディネイトするだけで、インパクトはよりパワフルに、魅力的に、説得力のあるものになった。"Old School"をかけてくれれば十分という声もあったが、僕は言う「目を覚ませ!」 世界中のダンスミュージック・シーンは今満足しているよりもっと進化できるはずだ。僕は少しの努力と企画で、皆が毎週末お金を払っていくパーティは、残りの人生におおきな影響をあたえるような考えや経験を与えることができるはずだ。
by jeff_mills | 2005-11-02 11:15 | Contact Special | Comments(1)
The last night of Contact Special began in a simple and discreet manner. Large amounts of people gathered early into the building this night. By 01:00am, 900 people had entered. Hoping this might happen as the result of the previous week, I had earlier decided to delay the point where I increased the music to a danceable pace so that the people on the dancefloor could began dancing all together. It worked, the moment they heard a stronger 4/4 beat the room exploded -- we had begun the last chapter of Contact Special. We danced our way through Classic Techno, Minimal Techno, Dub House, and other styles all the way up until 12:30am and to the first live performance act. Sub Space took their position on a special smaller stage in front of the DJ stage. They were positioned nearly 8 feet away from the audience, close enough to see into their eyes. Sub Space had prepared for this evening with a live set that sounded like a space ship on a voyage to far away land. Their live had all that you could imagine: Suspense, mystery, warmth, maturity, aggression, class and other feelings. They did a great job -- I can easily see thet have a great future ahead of them.

After the performance of Sub Space, we had a 20 minute transition before setting up the stage for Elektrabel. In this time, I had the opportunity to create a conceptual DJ set that involved informational video and a narrative soundtrack where people were explaining what it feels like to be abducted by Aliens. It was my chance to further explain the Contact Special concept. All worked fine.

After experiencing a few small technical difficulties, Elektrabel took the room on a journey through his definition of Techno Music. Instantly, the room exploded to his first track. He kept that intensity through his entire set. It was quite amazing. We knew Elektrabel was something unique but, we had no idea that he would be that good!. His live set was just simply raw uncompromising Techno Music. One blazing track after another. Most of it I had never heard before. The audienced loved him. For both, Sub Space and Elektrabel it was their debut here in Japan. It was one of those rare moments that helps to define the local dance music scene and that people tend to remember for decades to come.

After Elektrabel, there was no way I'd let to intensity go away so, I had planned to escalate the atmosphere even more all they way up unitl 03:00am (The Abduction). In my record box, I had set aside a number of records just for this transition period. We arrived just 5 minutes short of 03:00am, I brought down the music to classical string arrangements and sound effects that climaxed at exactly 03:00am. In this time, the lighting person filled the room with fog so that the first flash would be extreme. On the exact second of 03:00am, I let the first track loose -- a enormous flash of white light hit like a bomb. All I could from my DJ position and in front of me were massive circles of rainbow colored rings and huge flashes of blue, green light form above. I heard from people that were on the dancefloor that they could see the force of sound coming from the speakers pushing and retracking the fog to and away from the speakers -- this must have seemed really interesting. OK, so all this went on for about 30 minutes while I kept the intensity of the music very high and fast. We arrived at the end of the final night at 05:00am at a high point. Many had not left the dancefloor since the party began. It was one of the best audiences I had ever played for. I deeply enjoyed it and hope that I might experience it again. Thanks to all the people that helped make the entire Contact Special project a reality. To all the people in the other cities of Fukuoka, Sapporo, Nagoya, Kanazawa, Kyoto and Osaka. I look forward to playing for you all next year.


Contact Special 金曜日 28日

Contact Specialの最終日はシンプルで控えめに始まった。今晩は多くの人が早い時間から集まってきた。1時までには900人が来ていた。先週の結果が良かったからだろうと期待しつつ、僕はダンスフロアの人たちがみんな同時に踊り始められるように、ダンサブルなペースに持っていくのをわざと遅めにすることをはじめから決めていた。思惑は当たり、強い4つ打ちのビートを聞いたとたん、フロアは爆発した・・・Contact Specialの最終章が始まったのだ。クラシック・テクノ、ミニマル・テクノ、ダブ・ハウスや他のスタイルで最初のライブ・パフォーマンスが始まる12時半までダンスし続けた。Sub SpaceがDJステージの手前に特別に作られた小さなステージでスタンバイした。オーディエンスからは2メートルくらい、ちょうど彼らの目を見るのによいポジションだ。Sub Spaceはこの日、まるで遠い場所へ旅にいく宇宙船さながらのライブ・セットを用意していた。想像できるすべての要素がそこにあった。サスペンス、ミステリー、暖かさ、成熟さ、攻撃性、上品さ、などなど。すばらしい仕事をした・・・僕は彼らにすばらしい未来が待っていることを確信した。

Sub Spaceの後、Elektrabelのステージを準備するため20分の時間があった。このとき、エイリアンに連れ去られた感覚を体験してもらうビデオと語りのサウンドトラックを使用したコンセプチュアルなDJセットを披露することができた。Contact Specialのコンセプトをより説明するチャンスだ。すべてはうまくいった。

ちょっとしたテクニカル・トラブルの後、Elektrabelが彼の定義するテクノ・ミュージックへの旅に皆を連れて行く。あっという間にフロアは彼の一曲目で爆発した。セットを通してずっとこの緊張感を彼は持続した。とてもすばらしかった。Elektrabelがユニークなものを持っていることは知っていたけれど、ここまで良いとは思っていなかったのだ!彼のライブ・セットは単にシンプルな、生な妥協のないテクノだった。燃えるような曲が次から次へと続いた。ほとんどの曲が初めて聞くものだった。オーディエンスはElektrabelをすっかり気に入った様子。Sub Space, Elektrabel両者にとって今回が日本デビューであった。日本のダンスミュージック・シーンを定義することになる、そして長年人々の記憶に残る数少ない瞬間だったと思う。

Elektrabelの後、この緊張感を失うわけにはいかない。僕は3時の「連行」までさらに雰囲気をエスカレートさせていく。レコード・ボックスの中に、この瞬間のためにとっておいたレコードがいくつかあった。3時5分前になったとき、クラシカルなストリングアレンジの曲をかけて、3時ちょうどのクライマックスへ向う効果をつくりあげた。このとき、ライティング担当者はスモークで部屋を満たし、最初のフラッシュが究極になるようにした。3時ちょうど、最初の曲をかけると白い光の洪水が、爆弾のように僕たちを襲った。僕のいるDJブースからは巨大な虹のような光の輪と上からの青、緑の巨大なフラッシュしか見えない。ダンスフロアにいた人たちにはスピーカーからの音がスモークを押し出して動いている様子が見えたと聞いた。とてもおもしろかったに違いない。そう、音楽の緊張感はかなり早く、高くなっているなか、30分間この状態は続いた。5時になり最終日の終わりが近づいたときは最高潮に達していた。パーティが始まってから一度もダンスフロアを離れなかった人たちもたくさんいた。僕がプレイしてきた中で最高のオーディエンスだったよ。心から楽しんだし、また体験したいと思う。Contact Specialを現実にしてくれた人たち、ありがとう。そして、他の都市、福岡、札幌、名古屋、金沢、京都、大阪の人たちありがとう。また来年プレイするのを楽しみにしている。
by jeff_mills | 2005-10-28 21:26 | Contact Special | Comments(0)
Sub Space
b0023912_1836391.jpg

Elektrabel
b0023912_18361756.jpg

Jeff Mills
b0023912_18362979.jpg

Jeff Mills & Sub Space
b0023912_18364221.jpg

by jeff_mills | 2005-10-28 18:34 | Contact Special | Comments(0)
b0023912_22405917.jpgb0023912_22412450.jpg
A new force has been detected. measurements.numbers. seductive reproductions. precision. yellow. hi/lo frequencies.Sub Space.
新しい力の発見。計量。数。魅惑的な再生。正確。黄色。ハイとロウのフリーケンシー。サブ・スペース

A new force has beendetected. dramatic. bold. evasive actions. intense. soundscape. yellow.multi-directional. Elektrabel.
新しい力の発見。ドラマチック。大胆。つかみどころのない行動。強烈。音響の世界。黄色。多次元。エレクトラベル

Scenario Special
Coming. Intense light. The point of no return.the experience begins.
don't look into the light. run. a b d u c t e d.tested. reformed into sub atomic particles. a new reality begins.orange. see the light. home. Wait, another detection (10/06).
来訪。強烈な光。もどることはできない。経験の始まり。光を見ないで。走れ。連行。実験。原子内部の分子への変化。新しい現実の始ま り。オレンジ色。光を見よ。我が家。待て、別の発見が。

今週が『Contact Special』ラスト・ウィーク。2年連続で行ったTime Sensitiveとは違って、ContactSpecialは特別なコンセプトに基づいているため、28日が本当にラストのパフォーマンス!

Elektrabel,SubSpaceともJeff Millsが、毎週山のようにくるデモ・テープの中から厳選した実力派アーチスト。ライブ・パフォーマンスもJeffが大推薦。テクノの将来型を体験するチャンス!

■ELEKTRABELとは?

エレクトロニック・ミュージックを作曲し始めてまだ数年のElektrabelは、作曲するうえで妥協と言う感情を持つことがないアーティストで、その姿勢はもはや新人の領域を越えている。Elektrabelのサウンドはピュアで精密だ。彼のファーストデモをAXISRECORDSで聴いた時、そのピュアなサウンドは私たちの肥えた耳をすぐさま捕らえた。一回きりの奇跡のような成功はこのアバンギャルドな音楽業界ではよくあることだが、彼のように初期の段階で、確実に将来の成功を可能にすることは、今日多くのテクノプロデューサーにはなし得ない事だ。

Elektrabelの独特な法則を理解するのはそんなに難しいことではない。「ビジョン」、「目的」、「論理的な精神構造」などに基づくアイデアを形にしていき、その人が過去に何をして来たのか、そして今後何が必要になっていくのかを計るセンスなどが関係しているだけのことである。初期のエレクトロニック・ミュージックにでさえもそういった抜きん出たものを位置づける事はアー ティスト共通の葛藤であった。Electrabelは夢中になる価値があり、こういったものを創造する彼にはこれから長い未来の冒険が待っていることだろう。そしえその類稀なる才能を発揮する機会が与えらなければ悲劇としかいいようがない。

-Jeff Mills

■SUB SPACEとは?

SUB SPACEの音楽価値とは「普遍的な美」である。形や色や印象と言った上での美ではなく、彼らの音楽が「予測できないもの」といった意味での美である。それは神秘的なもので、燃えるような欲望を音とリズムとでコミュニケートしている事をはっきり聞き取ることが出来る。音はク
リアーでそれらを読み取る事が出来る。あなたの心の繊細な部分に入り込んでくるリズムにこそ誘惑がある。そしてあなたはそれらをもっと感じ取りたいと、聴きたいと、欲している自分自身を見いだすであろう。エレクトロニック・ミュージックの海で、SUBSPACEは作曲する上での過程で他と同じような安っぽい罠に陥りはしない。昔のエレクトロニック・ミュージックを学ぶ事はとても大切な事だと言う声もあるだろう。そしてこれについてはもっと論じてもよいことである。ただ、SUBSPACEの今後の動きと信念というものは過去ではなく私たちがしっかりと今日、そして明日を更に見つめていくと言うことである。

色々な前途有望なものがある中、SUB SPACEはエレクトロニック・ミュージックに希望に満ちて迎えられるのである。彼らがやっている事に対してでないとしたら、彼らが示そうとしていることにたいして。

-Jeff Mills

■10.28(FRI)
   DJ: JEFF MILLS
   GUEST LIVE: SUB SPACE, ELEKTRABEL
   VJ: NUMAN A.K.A. GLAMOOVE
   OPEN: 23:00-

From:Axis Staff
by jeff_mills | 2005-10-25 22:47 | Contact Special | Comments(0)
b0023912_1384148.jpg

b0023912_139664.jpg

b0023912_139234.jpg

b0023912_1394067.jpg

b0023912_1395393.jpg

b0023912_140495.jpg

by jeff_mills | 2005-10-23 01:38 | Contact Special | Comments(0)
b0023912_19195485.jpg

Hello everyone. Things are moving along well here. While in Fukuoka during the play at Air, we had the chance to have a in-store promotion/talk at Tower Records. The staff there were very, very nice and helpful with everything. Great Display....Thanks again. The party at Air was really good. Very educated crew, probably due to the good djs that play regularly. Fukuoka is known for it's specialty food, ramen. Though, I missed the chance to taste (the need for sleep won!), I could smell it from the street vendors next to my hotel. Thanks to all that came to Air. See you next time.

We're all very busy at this time finishing off the last minute details before tonight with the Japan debut of Scion. Scion arrived in Tokyo yesterday (10/20) from Berlin. We met last night for dinner at a really good Japanese restuarant. We're all looking forward to hearing them perform. Should be a very, very interesting night. The weather here is better. Cloudy but, stable.

On 10/19, we had a production meeting to slightly change to structure of the night. Halfway into the meeting.......a earthquake..........4.0.........everyone sat still, stared at each other with a wided-eye half smile and waited for the earth and entire building to stop shaking. When it finally stopped, the smiles became large and sense of calm came. We resume the meeting. What we plan to do this week is install extra lights in parts of the club that enhance the overall depth and scope of space. Just to give you some idea of how each night of the residency is structured, here is the outline for tonight:

Infinite Special (phase 1:DOORS OPEN)
DJ starts 1st set. Classic Detroit Techno, Techno House oriented, emotional Techno, abstract pieces/classical orchestrations. Volume level will be slightly lower.
Video: Display title "Contact Special" - "Infinite Special" No images
Lighting: Low lighting. Green/Blue color. Calm

Infinite Special (phase 2)
DJ slowly increases pace of music. Increases volume to normal level.
Video: Along with the displayed titles "Contact Special/Infinite Special", still frame images of UFO/Alien data are gradually being added to the video screen.
Lighting: Low lighting. Green/Blue color. Slight movement of the lights. Calm.

Connection Special (SCION PERFORMANCE)
DJ decreases pace of music. Plays transition music until Scion is in place and ready to start performance.
Video: Video displays "Connnection Special/Contact Special/Scion" for 10 minutes. After 10 minutes, screen goes to black background.
Video screen displays Red color. Video screen displays flashes of Red/White and title "Scion" until the end of performance.

Connection Special (phase 2)
DJ starts 2nd set. Classic Techno, Percussion Techno, etc. Faster pace.
Video: Displays "Contact Special" and still images of UFO/Alien data.
Lighting: Active movement of lighting. Green/Blue/Red and white flashes. No laser, no strobe.

Connection Special (phase 3)
DJ brings pace of music to transitional period. Classical String arrangements, etc.
Video: Screen goes to black. No images, no titles
Lighting: All lights go off except a few green/blue lights. Fog fills room.

Illumination Special (THE ABDUCTION)
DJ immediately plays faster pace of music. Extreme. Caution Techno.
Video: Screen displays "Illumination Special/Contact Special" and images of UFO/Alien data. Speed rate of images are faster.
Lighting: Strobe light segments begin.

Illumination Special (phase 2)
DJ increases strength of music. Caution Techno. Climaxing.
Video: Screen displays "Illumination Special/Contact Special" and images of UFO/Alien data.
Lighting: Strobe light segment continues but, decreases intensity. Cyrstal Ball lowers.

Illumination Special (phase 3)
DJ decreases music in pace and volume.
Video: Video solo. Glamoove displays "abduction process" for 10 minutes.
Lighting: All lighting off. Crystal Ball raises.

Illumination Special (phase 4)
DJ builds music up to faster pace. Techno. Extreme.
Video: Screen displays "Contact Special/Illumination Special" only.
Lighting: Strobe light segments begin again.

Illumination Special (phase 5)
DJ increases strength of music. Caution Techno. Climaxing.
Video: Screen displays "Illumination Special/Contact Special" and images of UFO/Alien data. Speed rate of images are faster towards 05:00am.
Lighting: Climaxing build-up

Illumination Special (END)
DJ stops music.
Video: Displays "Contact Special". Credit information displays on screen.
Lighting: House lights come on.

We'll keep you informed with a review of the night as well as info from 8 Hall in Kanazawa, Japan. Stay safe.

Jeff
b0023912_19202788.jpg

2005年10月21日

皆さん、こんにちわ。すべてはうまくいっている。福岡のAirにプレイしに行ったとき、現地のタワーレコードで店頭イベントをやる機会があった。スタッフは皆とてもナイスでとても助かった。(Contact Specialの)ディスプレイもグレート! ありがとう。Airでのパーティもとても良かった。クルーもすごくよく教育されていて、たぶんレギュラーで回しているDJたちがいいからなんだろう。福岡といえばラーメンが有名だ。でも僕は今回食べるチャンスがなかった(眠さが食欲より優勢だったのだ)! ホテルの隣に屋台がでていて匂いも漂ってきていたのに。Airに来てくれた皆、ありがとう。また次回会おう。

今晩のScionの日本デビューに向けて僕らは最後の詰めで忙しい。昨日、20日にScionはベルリンから到着した。おいしい日本食を囲んで昨晩彼らに会った。僕も彼らのパフォーマンスを聞くのが楽しみだ。とてもとても面白い夜になるだろう。天気もよくなったことだし。ちょっと曇っているが雨の心配はない。

10月19日にプロダクション・ミーティングをして今晩の構成をちょっと変えることにした。ミーティングの最中、地震が・・・震度4・・・全員座ったままでびっくりしながらお互いを見合っていた。半分笑いながら地面とビルの揺れが収まるのを待った。やっと揺れがとまったとき、みんなの笑顔は大きくなり、安堵感が漂った。ミーティングを続けた。今週はライトを余計にセットすることにして、宇宙全体の深さ、広さをより表現できるようにする予定。レジデンシーの各週がどのように構成されているかわかってもらうために、今晩のアウトラインを教えよう。

Infinite Special (ドア・オープン)
DJがファーストセットを始める。クラシカル・デトロイトテクノ、ハウスよりのテクノ、エモーショナルなテクノ、アブストラクトやクラシカル・オーケストラの曲など。ボリュームは控えめ。ビデオは”Contact Special - Infinite Special"の文字。絵はなし。ライティング:低め。緑と青。静かめ。

Infinite Special (phase 2)
DJはゆっくりと音のペースを上げていく。ボリュームも通常へ。
ビデオ:”Contact Special - Infinite Special"のタイトルのほか、UFOや宇宙人のデータイメージが徐々に画面に現れてくる。
ライティング:低め。緑と青。光はわずかに移動する。静かめ。

Connection Special (SCION performance):
DJのペースは落ちて、Scionが定位置につきパフォーマンスを始める準備が整うまでのつなぎをする。
ビデオ:”Contact Special - Connection Special - Scion"の文字。10分後にはスクリーンは黒へ。その後赤くなり、赤と白と”Scion"のタイトルでパフォーマンスが終わるまで統一する。

Connection Special (phase 2) :
DJのセカンド・セットがスタート。クラシック・テクノ、パーカッション・テクノなど。早いペースのもの。
ビデオ:”Contact Special"の文字とUFO/宇宙人のスチール画像。
ライティング:活発なライトの動き。緑、青、赤、白のフラッシュ。レーザーとストロボはなし。

Connection Special (phase 3):
DJの音楽は移り変りに入る。クラシックなストリングスのきいたものなど。
ビデオ:何もなし。
ライティング:小さな緑と青のライトのみ。スモークが部屋を満たしてくる。

Illumination Special (THE ABDUCTION):
DJは急に音のペースを速める。極端に。激しいテクノ。
ビデオ:”Contact Special - Illumination Special"とUFO/宇宙人のイメージ。イメージのスピードがアップする。
ライティング:ストロボの攻撃が始まる。

Illumincation Special (phase 2):
DJは音楽をますます激しくする。テクノ。クライマックス。
ビデオ:”Contact Special - Illumination Special"とUFO/宇宙人のイメージ。
ライティング:ストロボは弱まっていく。ミラーボールが落ちてくる。

Illumination Special (phase 3):
DJは音楽のペースとボリュームをさげていく。
ビデオ:ビデオのソロ。Glamooveが10分間「宇宙人に連れ去られる様子」を披露。
ライティング:すべてオフ。ミラーボールもあげる。

Illumination Special (phase 4):
DJは再び早いペースへ。究極のテクノ。
ビデオ:”Contact Special - Illumination Special"の文字のみ。
ライティング: ストロボがまた強くなっていく。

Illumination Special (phase 5):
DJは音楽をますます激しくする。テクノ。クライマックス。
ビデオ:”Contact Special - Illumination Special"とUFO/宇宙人のイメージ。イメージのスピードがあがっていく。
ライティング:クライマックスへ。

Illumination Special (End):
DJが音楽をとめる。
ビデオ:”Contact Special"の文字。クレジットロール。
ライティング:フロア・ライトをアップ。

今晩と金沢8Hallの様子はまた後ほど。みんな、元気で。
Jeff
b0023912_1921166.jpg

by jeff_mills | 2005-10-21 19:25 | Contact Special | Comments(4)
Jeff Mills インタビュー バックナンバー
CISCO RECORDS Contact Special 特集
カテゴリ
最新のコメント
Квалифициров..
by DarrellTow at 18:05
http://antib..
by Jarredoa at 01:23
http://antib..
by JarredDoda at 16:03
hello there ..
by enunkFeteBrar at 17:47
When a perso..
by kalaEmalo at 04:34
Господи, до ..
by Adnmfzgb at 04:31
Ты что, полн..
by Ahlplanq at 01:53
Разговор зав..
by Ahxtlndg at 05:51
А вообще, мы..
by Allwrboa at 03:33
Судя по шуму..
by Asxsrcqf at 01:18
最新のトラックバック
民主党 田中美絵子 渋谷..
from 民主党 田中美絵子 渋谷有栖..
鈴木早智子 MUTEKI..
from 鈴木早智子 MUTEKIから..
夏目三久アナ 盗撮映像が..
from 夏目三久アナ 盗撮映像がつい..
平子理沙 手ブラセミヌー..
from 平子理沙 手ブラセミヌード画..
元モーニング娘。中澤裕子..
from 元モーニング娘。中澤裕子 保..
桜木佑香 志村診察室で診..
from 桜木佑香 志村診察室で診察!..
水川あさみ 下着姿を撮ら..
from 水川あさみ 下着姿を撮らえた..
柳井瞳 AVデビュー 現..
from 柳井瞳 AVデビュー 現役女..
やりすぎガールがAVデビ..
from やりすぎガールがAVデビュー..
有名女子アナ 狙われた映..
from 有名女子アナ 狙われた映像!..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧