エキサイトブログ
長友仍世
長友仍世 Jyosei Nagatomo
Main Vocal/guitar/作詞/作曲
1965.10.7.生/O型
福岡県大牟田市出身

独自の世界観と強烈なメッセージロックで、長い間日本のロックシーンを担う一方、絶妙な九州弁トークでラジオパーソナリティとしても5年連続で「FM STATION」誌上 人気DJランキング2位を得るなど活躍。 現在も全国ネットレギュラーを持つ。近年は楽曲提供やプロデュースも行っている。
リンク

わがホームタウン大牟田市
MEDICOM TOY
有限会社タイムハウス
AKIRAブログ
大神豊治ブログ
のまぐちひろしブログ
RADIO-GAGA
ハンス武男ブログ
仍世日記2005
仍世日記2004(1)
仍世日記2004(2)
仍世日記2004(3)
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
カテゴリ
コピー禁止
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧  
社会復帰  
b0183113_13444463.jpg


音楽で空いた胸の風穴は音楽で埋めるしかない。


寝込んでる場合でも悲しみに暮れている場合でもない。
リリースを控えたアーティストも、作品を待ってくれているファンも居る。


一日はヨロッとなってたけど早速、現場復帰しました。
寝込むと社会復帰が辛くなるけん…休んだら叩かれる、シバかれる!


シングル『REASON』のリリースを控え予約も開始となる愛鈴(eri)と打ち合わせ?したり(俺も一曲提供させてもらってます、聖鬼魔ⅡのACEさんも!)、『E=mc2』Ⅱアーティストのレコーディングを進めたり。


スタッフもクタクタな中で頑張ってくれているのでいい作品で応えるしかないけんね。
『E=mc2』Ⅰを超えたいし、既に超えた感もあるので緻密に制作しています。
もう8割り近く出来てるけど…振り返れば自分の曲がガイドラインだけで仕上がってない?てか、手を付けてない!!!!


今週中には後輩アーティストの作品を仕上げて自分の曲(歌、インスト)も負けんようにクオリティーを上げてレコーディングします(汗)
みんなたくましく伸びて行く様が頼もしい限りです。
やる気と希望に満ちた姿にデビューを目指してお客さんも居ないライブハウス回りをしてた頃の自分らの姿が重なって…必死で応援したくなる。

仲間が仲間を想いやって切磋琢磨しとる姿も美しいなぁ〜って。


ライブ会場でも予約開始になるので宜しくお願いします<(_ _)>
財布の紐も固くなる時代ですが、傍に置いて聴いて戴くに遜色ないサウンドになっていると思います。

クーリングオフは出来ないんで(笑)各アーティストの番組や『くるナイ2』で確認して下さい。

顔の丸い仍世と愛鈴と並んで怪しいマスクショットを撮ってみました(^^)

んなら、週末までまた走るばい!!!!!!


じょうせい

b0183113_1414310.jpg

[PR]
by infix_jyo | 2010-11-17 13:44 | 仍世Diary
MTM&infix仍世『クリスマスライブ』のお誘い…  
b0183113_1246877.jpg


■12/22(水)『月イチLIVE X'masアコーステックライブ』

(2010年の総決算も生バンドでアコースティック)

会場:秋葉原 スタジオリボレ パート2  ライブスペース101
ゲスト:スペシャルゲスト 長友仍世(infix)
JR山手線・総武線 秋葉原駅 昭和通り口より徒歩1分 開場 18:45/開演 19:00 チケット 2,000円 (ドリンクなし)


チケット 2000円??やっぱり安過ぎです(゜o゜)//
しかし、クリスマスですから☆
各出演者が総決算でアコースティック生バンドで聴かせます!
クリスマス直前のこの時期…
多くの皆さんのご来場をお待ちしております。

『E=mc2』また『E=mc2』Ⅱアーティストが生でズラリ出演!負けそうです…追い上げられています(汗)愛鈴のシングルリリース翌日、『butterfly effect』Ⅱの発売翌日の記念のイベントになります。

大好きなMTMバンドとオーディー仲間とクリスマスの一時を…
ハグしてくれ。


「主催者MTM 山崎先生のコメント」
1年の総決算と言うのと、クリスマスイブイブイブと言う事を、この日に集結します。
そして、愛鈴のシングル発売翌日、E=mc2Ⅱ発売翌日と言う事もあって、
MTMメンバー、一丸となってこのイベントに集結致します。
バックバンドメンバーは…
Gt:おびっち  Bass:CHD  Key:eimmie  Per:mooco
ゲストミュージシャン:三浦直(サクラメント)
☆スペシャルゲスト:infix長友仍世
是非是非、お友達、ご家族、恋人お誘い合わせの上、足を運んで頂けたらと思います。


東京都千代田区神田佐久間町2-11 第一中利ビル
スタジオリボレ パート2  ライブスペース101
TEL&FAX 03-3862-0068
■チケット予約 &お問合せ先 Mountain Top Music m_t_m@live.jp 03-5662-5337
(お申し込みの際にinfix観賞を添えて下さい)

一年を振り返って…
一年の感謝を込めて、後輩アーティストの成長を見届けたいと思います。。万障繰り合わせの上、宜しくお願いします。
[PR]
by infix_jyo | 2010-11-15 12:46 | 仍世Diary
時の流れとともに…  
b0183113_1415497.jpg



佐賀バルーンフェスタライブの熱気…

大牟田に帰って色んな場所を巡った想い出…

あっと言う間に時間が流れて行く。


大牟田でいつかinfix 野外コンサートをやりたい!と思っていた場所が潰れて無くなっていた...間に合わなかったよ…。


あとは野外音楽堂くらいしかない。アマチュアの頃、大牟田市と組んでこの野外音楽堂でライブイベントを開催して、チープなライブなのに1000人を超える人たちが観に来てくれた。
よくやったし、若くて無謀で怖いもの知らずだった…バカやったいい思い出だ。ひとりギター片手に歌って来たよ、静かな音楽堂と母校で。もともとひとりで公園や海で歌う事が好きだったから…。



この週末は哀しい事や嫌な事が重なったんで寝込んでしまった。
体も心も、もうそんなに丈夫じゃねぇなぁ。以前みたいに言うこときかない。

それでも後輩アーティストたちが頑張って結果を見せてくれてるんで、布団の中で電話連絡したり作業したり…(苦笑)


NoN dUckや愛鈴のシングルリリースも近付いて、アルバム『E=mc2』Ⅱは鼻毛の森仕切りのアルバム『butterfly effect』Ⅱに追い上げられてるし…うかうか寝込んでられない。中身が追い抜かれそうだ。『E=mc2』vol.Ⅱ、頑張らなきゃマズいや!!

でも寝込むのもいいなぁ。電話のベルにも気付かずにブッ倒れてた(笑)
色んな夢を見てたよ、、いい夢も悪い夢も。生きてるから風邪もひくし熱も出る。良くも悪くも夢も見る。。


infix familyや後輩アーティストたちからの沢山のメッセージを布団の中で見て励まされた。有り難う。
そろそろ表舞台から裏方へ徐々に転向して行かねばならない時期が来た。
裏方に回ってもinfixサウンドは継承して行きたいしたまにはステージでポロリと歌も披露したい。

親父やお袋にも随分と心配も迷惑もかけた。故郷の大牟田にも恩返しがしたい…親にも。

「時は川のように流れて行くけど…
変わっちゃいけないモノもあるよね!?」


infix 『Keep on Rock'n Roll』より


自分にとって周りにとって何が大切かじっくり向き合う時が来たようだなぁ…。

でも、多分、死ぬまで自分探しの旅は続くんだろうな。

夢を後輩たちに託しながら、これからは歌いたい場所で歌いたい事を自由に歌って行きたい。

それがお客さんがひとりも居ないこの音楽堂だとしても…俺は幸せです。。

写真:大牟田野外音楽堂にて
[PR]
by infix_jyo | 2010-11-15 01:41 | 仍世Diary
立ち上がれ俺…NoN dUckレコ発ライブへ!  
b0183113_133253.jpg


東京に戻り、スタッフの雄三さんを天国に見送った後の俺はただの脱け殻。
哀しみや割り切れない不条理、悔しさに自暴自棄になった。フラフラと道路を歩き...理性を失しないかけた。人間が出来てない。

晃やひろし君、ガミーちゃんに慰め励まして貰いました。心に空いた風穴の大きさを共有できるのはやはり苦楽を共にしてきたメンバーだけだから。。

皆さんに数日間、伏せててゴメンね。しめやかに身内や関係者とだけで厳かに見送りたかったから…。

泣いて泣いてショックだったけど『くるナイ2』収録して張り詰めた糸が切れて発熱し寝込んでしまいました。

でも13日の土曜日は随分前から決まっていたプロデュースアーティストのNoN dUckのレコ発兼ねたライブが決まっていたので“何が何でも”の想いで駆け付けました。
CDが抜群に格好良くご機嫌に仕上がったので皆さんに聴いて欲しいし、ライブパフォーマンスも観たかったから。頑張って演奏もしゃべりもやってました。
“あひるの子が白鳥のごとく羽ばたく様に”と名付けた「NoN dUck」、名前のように大空を舞って欲しいです。


楽曲はドライブ感溢れるロックと北欧や英国のポップ感を混ぜた様な心地よいうねりのサウンドになった!と自負してます。
NoN dUckのLIVEもいつかは雄三さんにPAをやってもらうつもりだったから残念だけど…
infixのDNAを受け継いでくれた後輩アーティストたちには絶対頑張って欲しい。

ライブで燃えてNoN dUckの友達やファンの方々にも元気をもらいました。いい若者たちです。infix familyも観に来てくれて温かい言葉を貰い、腐ってる場合じゃねぇや!と気持ちを整え始めました。

NoN dUckのシングル『The Voice for you』は三曲入りです。もちろんタイトル曲もいいんだけどカップリングの曲が推しだったりもします(笑)
好きな曲がいっぱいでセレクトに悩みました。ドライブに最高の一枚です。

本人たちこだわりのCDジャケットをぜひ手にして、ダウンロードはオマケでお願いします。RADIO-GAGAのホームページや電話で予約受付中で、予約にはかなり早い到着やプレゼントが付きます。
NoN dUckのご支援や楽曲の普及にも力を貸して下さい m(_ _)m

来週からはいよいよ『E=mc2』Ⅱの最終の仕上げが待っています。悲しんでいる場合じゃない、、怒涛の日々、自分の音楽をひとつの形てしてCDという盤に詰め込み閉じ込めます…
どうかご支援を宜しくお願いします<(_ _)>

b0183113_1383527.jpg


九州では哀しみや喜び、そして命と向き合ってメロディーを紡いで来ました。『E=mc2』Ⅱの長友仍世のアーティストとしての曲にもぜひ注目していて下さい。。

富める時はもとより、病める時、苦しい時にこそ傍に居て力になってくれる…それが本当の仲間だと教えられました。そんな想いも後輩たちに伝えて行ければ幸いです…。。


infix 長友仍世
[PR]
by infix_jyo | 2010-11-14 01:05 | 仍世Diary
訃報‥infix 5人目のメンバー逝く。  
b0183113_1134562.jpg



佐賀バルーンフェスタの素晴らしいステージを終えた翌朝、早朝でした…


秋晴れの朝の空気を切り裂く様に、信じる事が出来ない“哀しい”などと言う生易しい言葉では到底表現もできない有り得ない、いや、あってはならはない電話が入りました。息を飲み心臓が止まるか?!というくらいのショックでした…。



infixが上京してプロ活動を始めた1990年からずっと我々と共に歩んで下さりライブ音響のほぼ全て、ツアーも…勿論、現在のワンマンライブも…

ずっと音響、PAを担当してくれていたinfix familyにも馴染み深い弘中雄三氏が8日未明、急逝されました。
想像すらしないし出来ない突然過ぎる連絡、訃報に僕は意識を失いそうになりその場に倒れ込みました。
雄三さんと何度も訪れた佐賀バルーンフェスタ…いつも一緒に泊まった宿で聞いた訃報…


信じられる訳がありません。ワンマンからまだ1ヶ月あまり、元気に仕事をして次のライブに向けた構想を練り始めた矢先の急逝。。「infixメンバーも集まった事だしバンドでライブをやろうよ!」 「ガミーちゃんのドラムの音を出したいんだ!!」…
それが最期に交わした言葉となってしまいました。そんな事って無いでしょ?! 神も仏もないんですか、この世の中には。体を大切にしてトレーニングも怠らない優しい兄貴分でした…。

事務所やメーカーが変わって関わるスタッフも変わってしまう中、唯一、デビューからずっと変わらず付き合って来た人でもあります。ただ一人、変わらなかったスタッフ、infixの音楽を全て知る最後の人でした。


これから色んな構想の実現に向けて動き出した矢先に、、新しいinfixのライブスタイルを模索していた矢先のあんまりな出来事に僕の心は折れて砕け散ってしまいました…。
雄三さんが居てくれたから昔のままの音や声でライブが出来ていました。音響はミュージシャンの命なのです…それを失くした今、僕の描いていた夢も露のごとくに消え去りました。

人が嫌がる仕事を率先して行いいつも他人を気遣って、人の悪を言わず自分の善も語らず自慢もしない。我が儘や無茶にも笑顔で応えてくれた兄貴でした。
綺麗で若い奥さんと結婚して幸せを掴んで何もかもが【これから!】という時に… 神様はあまりに残酷です。
いつも「いっそ死んでしまいたい」とクヨクヨと想っていた僕が生き残り、家庭も仕事も幸せの絶頂にあった雄三さんが先に逝くなんて…あまりに良い人だから神様が連れて行ったのか?!理不尽であり不条理すぎです。


正直、今は歌う気力もinfixライブをやる力も、またその手法すらありません。ワンマンライブを演る術を失ってしまいました。
片翼の翼、折れた翼では飛ぶ事も出来ません…
お願いだからもう僕から何も奪わないで欲しい。どうやって歌ったらいいのか?どうやって音を作ったらいいのか…20年間 信頼し安心して全てを任せて来たinfix 5人目のメンバー、、またやっと新しい夢を見付けて動き出したばかりの僕にはこれから先のビジョンが何も見えなくなりました。

葬儀場できれいで穏やかな顔をした雄三さんと何時間も話をして来ました。今にも起きて来そうな雄三さんは何も答えてはくれませんでした。未だ現実として受け止められません…ワンマンライブに偶然メンバー4人が揃ったのも雄三さんが呼び寄せてくれたのでしょう。懐かしい曲を僕に選ばせたのも雄三さんだったに違いない!と確信しています…必然だったのです。

棺に取り縋り泣く情けない僕を逆に「あなたが頑張らなきゃ雄三さんが怒りますよ」とご親族に気遣って戴きました。
頑張りたい、でも放心状態で脱け殻です。またゼロからマイナスに戻った心境です。
バルーンにまた全員で帰る事を誓った翌朝に…


infixのライブを一回でも観られた方、どうか弘中雄三が作ったinfix LIVEのあの最高の音や臨場感を想い出して雄三さんの冥福を祈って下さい。お願い致します。ライブの音や雄三さんの人懐っこい笑顔を胸のどこかに留めておいて下さい。


当たり前にある物など何もない…
人の命より重たい物など何もない…

生きとし生けるモノには必ず限りがある、だから“今”を生きる…
最後まで教えられました。有り難う、雄三さん、、安らかに。また向こうでライブ演りましょう。。。


合掌


infix vocal 長友仍世
[PR]
by infix_jyo | 2010-11-12 11:34 | 仍世Diary
佐賀バルーンフェスタライブ報告です!  
皆さま、お待たせ致しました!!
佐賀バルーンフェスタライブ報告です!

出演者はクイーン オブ ロック、いつも仍世を可愛がって下さっている葛城ユキさん、『FOREVER 50』は、ふとがね金太さん(ツイスト)、浅野孝己さん(ゴダイゴ)、鮫島秀樹さん(ハウンドドッグ)、箕輪単志さん(ハンドドッグ)、松田弘さん(サザンオールスターズ)、そしてヒット連発のCCB-りゅうこうじさん(!!)。そして佐賀と言えばこの方、大人気のはなわさんと云うバルフェスならではのスペシャルメンバーしたので、仍世の緊張感はいつもとはまた違った感じでかなり気合いが高まっていた様でした。

他にも、若さに見合わないクオリティーの可愛い女の子たち『オレスカバンド』や『TADDY BOYS』さんなど実力派揃いで今年、ソロは仍世ひとり?な状況でしたので「次回はinfixで帰って来るぞ!」と闘志を燃やしてステージに挑んでいました。

b0183113_22403887.jpg


長い時間ではありませんでしたが、去年、仍世がバルーンで帰省時に作ったオカリナ曲『大地の祈り』は会場がシーンと静まり返り演奏が終わるとお客様からひときわ大きな拍手を戴きました。本人の想いと九州の皆さんの気持ちや呼吸が呼応し合ったのではないか?と感じた瞬間でした。


また、仍世ひとりではあまりにも可哀想だから?と木原さんがお気遣い下さって、これも地元をテーマにした懐かしいinfixのナンバー『ROUTE208』を木原慶吾&スピリッツさんとご一緒に演奏させて頂きました。多分、どなたも歌にはしない国道208号線という地元にコア過ぎる歌だからでしょうか・・この曲にも沢山の拍手と歓声を頂戴しました。
ぜひ仍世の大好きな故郷・大牟田市でも取り上げて頂きたい曲です。
ご出演のベテランの先輩方や錚々たるラインナップでしたが、先輩後輩の熱い交流がなされ、ミュージシャンとして仍世が得る物も非常に多かったかと思われました。

b0183113_22391636.jpg

ステージの終了後には仍世の「優し~い後輩」の方からあの“豚バラ串”やお好み焼きを差し入れて下さり(体育会系の脅迫とも云う〉笑)美味しそうに嬉しそうに頬張っていました(*⌒▽⌒*)

最後になりましたが、佐賀バルーンフェスタに呼んで下さった木原慶吾さん、招致にお力添え下さったinfixのオーディエンスの皆さん、有難うございました。
infixスタッフより
(写真撮影:仍世の同級生の方よりご提供頂きました。)
[PR]
by infix_jyo | 2010-11-11 22:25 | LIVE・イベント
佐賀バルーンフェスタライブ終了  
b0183113_23523080.jpg


「第31回 佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」の豪華なステージが無事に終わりました。


一般客からステージに出演させて頂く側になり、ステージも年々大きくなり毎年、数千人の動員になり、ビッグなアーティストが訪れる様になったバルーンの千秋楽。
デビューして約20年…半分近くゲストとして主催の木原慶吾&スピリッツの木原さんに呼んで戴いている思い出が一番多いイベントです。


今年は木原さんと地元オーディーの熱意によって呼んで頂きました。大先輩や仲間に囲まれて…みんなの顔を見ながら少し照れくさくでも嬉しくて童心に戻って歌う事が出来ました。
一番後ろ、遠ぉ〜くには父ちゃん母ちゃんの顔が(苦笑)
オカリナ吹いて拍手戴いて、、学芸会か?みたいな(笑)楽しかったです。

全ては己の力にあらず…

それを強く強く再認識させられる心をリセットする機会にもなりました。
皆さんに支えられ、生かされてステージに立たせて頂いている有り難さ。天候も曇りから真夏の様なバルーン日和になり、何もかもに感謝の一日でした。
全てが大切である…と。

b0183113_23523077.jpg


僕はステージの上で誓いました、僕自身にね。このステージ、懐かしくまた大好きなこのステージにinfixとして帰ってバンドでロックからバラードまで披露して地元の皆さんに『infix健在』…さらにパワーと円熟味を増したinfixのステージパフォーマンスを観て頂きたい!! それが僕の恩返しであると…。

有り難う故郷 九州、ありがとう佐賀、木原さんとオーディーファミリー、、あっと言う間の一日でしたが僕は抱えきれない程のたくさん沢山の宝物を戴きました。。。


詳しい報告はまた東京に戻って…
色んな事を整理してからブログに書きます。
infixのコアなファミリーに報告があります。またそれも心の整理を付けてからお知らせ致します。

感謝…


infix vocal 長友じょうせい
[PR]
by infix_jyo | 2010-11-08 23:52 | LIVE・イベント
イヤミな「行ってらっしゃーい」(苦笑)!!  
b0183113_1131792.jpg



RADIO GAGAのパンダ社長が「くれぐれも気を付けて行ってらっしゃーい!」と電話口で笑いながら言ってた。


『くるナイ2』のシラケたオープニングコントで分かる様に「人の不幸は蜜の味?」的な人だから(笑)
もちろん、ケッ躓いて机の角で足の小指を思いっ切りぶつける…くらいなプチ不幸?好きなんだけど…(^^;)


あまりに「気を付けて行ってらっしゃーいねぇ〜」と言う「気を付けて」に誠実さのカケラも無かったので笑えた(☆▽☆ )
そこまであっさり言われると「もう帰って来なくていいよぉ〜」とか「風邪でも引いて来いやぁ〜」みたいな?!

まったくぅー!!!!
見送りの言葉にもなってないΨ(`◇´)Ψ

地元で番組スポンサーくらい見付けて来いやぁ〜!みたいな感じやろうなぁ、もう!
またアルバム、シングルのリリースやプロデュースが続いてるけん、俺もパンダ社長も半ば壊れてます…

地元でゆっくり豚骨ラーメンは有り得ないみたい…(T_T)

とにかく身内のプチ不幸や俺が九州に帰っても忙殺されててんてこ舞いな様子が楽しくて仕方ないみたい。
自分もスタジオに缶詰めで休みなく働いてるから…「お前だけのんびり帰ってんじゃねぇー!」とか想ってんだよね、きっと(笑)


はいはい、NoN dUckや愛鈴のシングルも『E=mc2』Ⅱも鼻毛監修の『butterfly effect』Ⅱも、、しっかりプロモーションも宣伝活動もして来ますよ!!
ついでに作曲もアレンジもやって来ますよぉーーー(>_<)

いつも背中で笑うパンダ社長…

でも、その哀愁漂う働き者な背中と密やかにニヤニヤ笑っているキャラクターが憎めないのである…(^^)


いや、それはどーでもイイ!!
せっかくRADIO GAGAも月間数十万件のアクセスがあるんだから更新やゲスト情報くらいは携帯でも見れるようにしてちょーーだいッ!

それから身内の皆さん、人の生き死に以外は俺を放っておいてちょーだいね〜〜

九州に帰っても全く自由時間が無いではないかぁーーーーッ!!!!!!!!!!

俺にも少しだけ自由な時間をください…おねがい〜。


プロデュースもいいけどやっぱりinfix vocalで居たい長友仍世でした <(_ _)>
[PR]
by infix_jyo | 2010-11-06 01:13 | 仍世Diary
九州へ帰ります。  
b0183113_427296.jpg


一年振り、九州に帰ります。アマチュアの時から見て来たバルーンフェスティバル。。

デビューしてからは木原さんのお陰様で毎年の様に出演させてもらって、去年、今年とinfix familyの後押しやリクエストのお陰でまた思い出の詰まったステージに立たせて頂きます。感謝です…。

以前みたいにinfix全員で帰れる様に今は俺が頑張ります!!


去年はアルバム『E=mc2』を制作中で故郷で『大地の祈り』を作りました。奇しくも今年も『E=mc2』Ⅱを作っている最中です。まだ自分の曲は未完成なので故郷、大牟田や久留米あたりの空気を吸って景色に埋もれて海の風に吹かれていい曲を描きます。

プロデュースアーティストたちもメキメキ成長して来て、うかうかしてられない嬉しい状況です。
シングルを出す子、アルバムに入る子…みんな大切なinfixのDNAを受け継ぐ子供たちです。

色んな想いを引っ提げて九州に帰ります。
仕事を抱えたままの帰省だけど帰れるだけ幸せです。歌えるだけでも幸せですm(_ _)m


豚骨ラーメンやダゴ(大牟田ではお好み焼きをダゴと言います<笑)を食べたいな…ダイエット中ですが(汗)

飛行機…揺れるなぁ〜〜!!!!←酔う

雨よ、降るなぁーーーッ!!!!!!←ぬかるむ

変わらず応援してくれる地元の皆さんの顔を見るのが楽しみです…

さぁ帰ろう。。


infix 長友じょうせい
[PR]
by infix_jyo | 2010-11-05 04:27 | 仍世Diary
み〜んな頑張ってるから!!  
b0183113_20224940.jpg


こ〜んな時代はバブルの時にゃ想像はしても、ホントに到来するととてもじゃないけどキツいよね…もう20年以上前から叫ばれてたのにね。。


形ある品物や製品を作ってても大変なのに音楽、、いわゆる『音』っていう形の無い物や簡単に一瞬でコピーできる様なモノを創ってると時々、バカバカしくなったり歯痒くなったり投げ出したくなったりする。
違法コピーは万引きや窃盗と一緒や!て思っとるけん。形が無く人に分からんかったら良いんかい?って腹が立ち虚しくもなる。
ライブくらいしかもはや付加価値がないじゃん。
作曲してレコーディングしててもコレもまた街で配布されとるポケットティッシュみたく使い捨てか?と言う想いが過ぎるとバカバカしくさえなる時がある…。

でもやるしか無いんだよね。新たな形やスタイルを模索してやり続けるしか無いんだ!!と言い聞かせて今は開き直って音楽を続けられとる事に感謝して、皆さんに受け入れて貰えるライブスタイルや旋律を創って行こうと頑張ってる。
頑張らなきゃならん時が今やと想うから。

1987年、俺達が作ったinfixは色んな形をとりながらスタイルも音楽も変えたり模索したり冒険しながらやって来た。良いモノも産み出して来た!という自負もある。音楽や芸術に終着点は無いけんね。
時には大胆な変化や変革も要るやろう。


アマチュア時代から見て来た先輩ミュージシャンたちも、みんな模索しながら頑張ってる。紆余曲折を乗り越えて、、むしろパワーに変えてね。凄いことだよ…デビュー何十年も継続させてるんだから…尊敬に値するもん。
俺らもそうありたい、あやかりたいな。這いつくばったってイイじゃん、、地道な作業に見えてもイイじゃん。先輩たちの背中にはそんな格好良さが漂ってる。

俺も朽ち果てるまで、燃え尽きて灰になる時までROCKしてよう。生き様だけはROCKで。


楽器は先に九州、佐賀へ旅立ったよ。俺も行かなくちゃ。またステージに立ってまた曲も作らなきゃ。
クリスマスまでライブを決めたよ…みんなや仲間と過ごしたいからね(^-^)


今度は俺が先輩の立場やから、、(汗)クリスマスは『E=mc2』の後輩たちとMTMアコースティック(生)ライブを楽しんで過ごしたいです。

人生とんでもない『Romancing Journey』になったな(笑)形なき音楽、メロディーやけどCDや映像として体がなくなっても残るモノを創って行きたいのです……


infix 長友じょうせい
[PR]
by infix_jyo | 2010-11-03 20:22 | 仍世Diary
佐藤 晃
佐藤 晃 Akira Satoh
Guitar/vocal/作詞/作曲
1965.5.20.生/AB型
宮崎県高千穂町出身

infixの活動はもちろん、ソロとしても「Provision」シリーズを精力的にリリース。
TMN宇都宮隆氏や岩崎宏美さん、アニメ「テニスの王子様」などへの楽曲提供をはじめ、アーティストからアイドルまで幅広くプロデュースや作曲活動に取り組む。 また声優・高橋広樹氏やチューリップのメンバーなどと積極的に様々なユニット活動も展開中。
カレンダー
エキサイト公式ブログ
高橋秀幸公式ブログ「Let's Get たかHappy!」
仲谷明香公式ブログ「続、駄菓子菓子、」
『AJF NEO GENERATION 2013』公式ブログ
鎌田章吾公式ブログ「俺たちスーパースター!」
海保えりか公式ブログ「ぽえりずむ」
明坂聡美ヴログ『共和国ノ進メ』
Sister MAYO Official Blog「MAYOブラボー」
Prico official blog『PricoのPrilog』
宮路一昭公式ブログ『~MY LIFE~』
井ノ上奈々公式ブログ『井ノ上屋』


© 2009-2015 infix All rights reserved.
© 1997-2015 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム