エキサイトブログ
長友仍世
長友仍世 Jyosei Nagatomo
Main Vocal/guitar/作詞/作曲
1965.10.7.生/O型
福岡県大牟田市出身

独自の世界観と強烈なメッセージロックで、長い間日本のロックシーンを担う一方、絶妙な九州弁トークでラジオパーソナリティとしても5年連続で「FM STATION」誌上 人気DJランキング2位を得るなど活躍。 現在も全国ネットレギュラーを持つ。近年は楽曲提供やプロデュースも行っている。
リンク

わがホームタウン大牟田市
MEDICOM TOY
有限会社タイムハウス
AKIRAブログ
大神豊治ブログ
のまぐちひろしブログ
RADIO-GAGA
ハンス武男ブログ
仍世日記2005
仍世日記2004(1)
仍世日記2004(2)
仍世日記2004(3)
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
カテゴリ
コピー禁止
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:メディア( 97 )  
■東海キャンペーン&インストア紀行 1  
久しぶりに東海地区キャンペーンとインストアライブに行って来ました!

b0183113_10285115.jpg


第二の故郷でありながら「零時の扉」以来のキャンペーンとなってしまいましたが…
皆さん温かく迎えて下さいました。

旧知の関係者の皆さんの優しいこと…パワープレイをして頂いたりインタビューや番組出演させて下さったり。新人のジェンダーフリーアーティストJUNと各局を巡って来ました。

FM愛知のW副部長はさりげなくインタビューを録音して下さいました。あまりの思い遣りに涙が出て来てホロリと泣いてしまいました(^_^;
ずっとレギュラー番組を持って通っていた場所なので余計に懐かしさが込み上げてきました。
b0183113_1030262.jpg



そしてZIP FMでもFM長野の頃からの知り合い、Mプロデューサーとinfixとの懐かしい話しに花を咲かせながら談笑して次に繋がる打ち合わせをさせて頂きました。
いやぁ、やっと初めてこのスタジオになって中に入ったような(笑)
b0183113_10313772.jpg


夕方は「FMトワイライト」時代から20年近いお付き合いのBプロデューサーの計らいで新番組の「ごじラジ」に生出演させて頂きました。
b0183113_1033380.jpg


アルバム「帰郷~おかえり~」とJUNのインタビューをして頂きました。で、逆にお土産を戴いたり~。
ここも何十回と通ったスタジオです。皆さん、引き続きリクエストメールなど
宜しくお願いしますね!

b0183113_10334073.jpg


b0183113_1034448.jpg



初日から内容の濃い再会とキャンペーンでした。
泣くほど嬉しいスタートの一日となりました…。 
この日は名古屋出身のウチの社長推薦のお店でどて煮など
名古屋めしやすがきやラーメンなど地元の味を堪能しました(笑)
by infix_jyo | 2015-10-25 10:36 | メディア
■ラジオ「仍世まさこのマザーランド」出演 木更津へ!  
もう18年…毎週金曜日に、しかも生放送でお届けしている番組「仍世まさこのマザーランド」。


まさこママさんとの出会いから20年が経過した記念も兼ねてアルバム「帰郷~おかえり~」とジングル「零時の扉」を引っ提げて、木更津まで行って来ましたぁーッ!
しかも五時起きの今回も早朝ヘビメタ状態でエメット山﨑先生と(笑)

b0183113_1330181.jpg


車で海や空が美しいアクアラインを渡り空気も澄んだ木更津へ。東京湾を超えるだけでこんなに違った世界があるのだなぁ~って改めて感激。

そして10時から久しぶりの「マザーランド」生放送へ。生は臨場感あってやはり良いし皆さんからのリアルタイムの反応も良くて「くるナイ」も生放送でやりたくなりました‥スポンサー着けば(笑)

ママと二十年分の溢れるトーク、そして生演奏!コレって実は予定になくて、ぶっつけ本番だったのです。
何とか演れて良かった良かった!!皆さんにも、もちろんママにも良いプレゼントになりました。

苦しい時も楽しい時も…いわゆる富める時も病める時も、人間として向かい合って本質を見抜いて、温かく優しく付き合ってくれるまさこママさん、何時の日も「有り難い」「希有な事だな」と思ってお付き合いさせて頂いてます。

b0183113_13305460.jpg


どんな内容かは聴た方のお楽しみ。メールも全部ご紹介下さいました!有り難い方です。
生放送が終わっても挨拶回りに連れて行って下さったり、美味しい海の幸を振る舞って下さったり…農作物が新鮮で安い!産直販売店に連れて行って下さったり…レジャーの様な楽しい時間でした!!
野菜が新鮮なうえに安くて山崎先生と買い込んでしまいました(笑)

また近々、1月はママさんの誕生日でもあるのでお祝い兼ねて行こうかな?なんて思っています。マザーランドのジングルも作らなイカンですね(*^^*)

b0183113_13323243.jpg


苦悩の時はいつもママの包み込む様な優しさに癒やされ傷付いたら心を治してもらっています。
ではまた木更津に行きますので皆さんマザーランドをお楽しみに!!
by infix_jyo | 2014-12-12 13:33 | メディア
■ 嬉し懐かし FM山陰にお邪魔して来ましたぁー(感涙)!!  
行って来ました、FM山陰!! かれこれ15年…  いや、もっとでしょうか?infixの涙3部作の時以来ですから…

b0183113_15422448.jpg


懐かしのFM山陰さんにお邪魔して旧知の皆さんにヒジョーに温かく迎えて頂き、夕方の人気ワイド番組 『ガッツdaレディオ』 にも生出演させて頂き、新旧リスナーの方々からもメッセージを頂戴して、心がホッコリとなる時間を過ごさせて頂きました(^-^)山陰の皆さんからも「番組聴いたよぉ~」なんて声を掛けて戴いたり。

リリースしてもなかなか山陰まで行けず、いつも新曲が出る度にインタビューやオンエアーをお願いしても毎回快く応援して下さる有り難い局の皆さんです。

b0183113_1543869.jpg


この日番組担当だった稲田さんは 「もう、コレしかないでしょ?!」 というinfix通な選曲とインタビューを展開して下さいました! ラジオって音の媒体やから空想や想像の中でタイムスリップが出来る、、目を閉じてふと『answer』や『涙・抱きしめて』の頃に戻って懐かしのスタジオから今の情報をお届けする…みんなそれぞれに経験や齢を重ねそれぞれの道を歩き大人になった… それでもラジオという絆で繋がっている、それって素敵なことだなぁ~って。
『零時の扉』(松本零士のテーマ)も「キャプテンハーロック3D」の映画公開、松本先生画業60周年の展示会の話題とともにOAして頂き、オカリナアルバムの話しやオカリナという楽器について、山陰の景色とともに語らせてもらいました…。

b0183113_15434871.jpg


FM探偵局の角さん、相変わらずのダンディーな感じ!なんたってFM山陰の顔でもありますから。音楽もトークもラジオという媒体をよ~く知ってる方でミュージシャンからの信頼も厚い方です。FM探偵局もぜひ出演させて頂きたい番組のひとつです!角さんと話してたら鳥取の名所にも行きたくなって、、白バラ牛乳を飲んで大山に行って砂丘見て境港散策して、、また鳥取にも戻らなきゃ。


そして苦しい時の女神頼み!いつもinfixの架け橋になってムチャクチャなお願いや悩みんを聞いて下さる加藤さん!気易く「加藤ちゃん」なんて呼んでますがぁ…よく電話インタビューしたり曲を流してくださったりでホントに頭は上がりやません<(_ _)> さして用事がない時も電話してみたりして(笑) いつも窓口になっては力を貸して下さる頼もしいお姉さまです。
b0183113_1546496.jpg


離れていてもいつも気遣っていて下さる有り難い方々と再会して、やはりもっともっとこちらから各地に行ける状況を作らなきゃ!という想いを強くしました。ゆっくり話しもしたいし、ご飯も食べに行きたいし。

FM山陰『ガッツ㍲レディオ』のHPにも掲載して頂いてます。ぜひご覧下さい!!
FM山陰HP:http://www.fm-sanin.co.jp/

今は全国の番組がスマホのドコデモFMなどで聴けるのでテレビに飽きたの皆さん、ぜひ全国の名物DJの名物番組を聴いて頂けるみて下さい。その土地ならではの話しが聴けて得した気分になれますから…
また帰りたい FM山陰でした…。

infix 長友仍世
by infix_jyo | 2013-08-23 15:57 | メディア
■ 世界を目指す 「どがしこでん」 に記事が掲載!!  
世界を目指す 「どがしこでん」 に記事が掲載!(^^)!

b0183113_16295553.jpg

(どがしこでんの取材の取材の図<笑)

地元の大牟田市の全世帯を中心に地方誌、フリーペーパーのあり方を変えようと、読者やスポンサーにおもねり記事も歪みがちな雑誌業界の本質を問うシニアから若者まで、読者ありきでその意識に訴え掛ける 『どがしこでん』(どれだけでも!の意味) に長友じょうせい初のオカリナ&バラードアルバム『帰郷~おかえり~』を大きく取り上げて頂いてます。

タイトルが 『故郷』 になってますが 『帰郷』 です(笑)
お陰で、もう一回?取り上げて頂けそうな(*^^*)
「お帰り下さい」の意ではなく「おかえりなさい」の意です、、って当たり前じゃん(^^;)

大手の新聞でさえそうですが、記者個人の意見を主観的に取り上げたり、お金を出すスポンサー企業があえて喜ぶ様な内容に差し替えたり事実とは異なる内容を載せたり報道するのが当たりにさえなっている昨今です… 歴史認識ひとつ取っても検証がなされず、あくまでも個人の主観や主義主張が正当な事実の様に報じられたり。実際にテレビ局によって同じニュースの切り口や表現がまったく違っていると違和感を感じた事はないですか?ニュースソースはあくまでも公平であって欲しいと思います。主観の部分は読者やリスナーに任せて、あくまで情報を伝える、、それがマスコミに求められている姿勢ではないか?と。

地方になると余計に地元名士の圧力やスポンサー企業が幅を利かせ、不利になる様な記事は削除されます。誰かに有益でなければならないので真実が必ずしも真実として伝えられない傾向が強くあります。
infixのように主義主張の強いメッセージソングそのものが好まれず排除される様なこともあり、一時はメンバーやスタッフにも自分の書く曲が申し訳ないな…… と思った事も多々ありました。
しかし、ようやく時代が真実を知ろう!という流れになり、世の中が正しい歴史認識を検証しはじめ政治や経済力とは違った所で「ホンモノ」を求める傾向になり、そんな流れの中で、フリーペーパーにもジャーナリズム的な要素を持ち込んだのがこの『どがしこでん』だと感じています。

街や企業、行政に気を遣っていたら多分書けない切り口の記事や情報もあり、全国の地方モデル都市を目指す大牟田市には必要不可欠な媒体、雑誌のあり方に一石を投じて行く様な誌面になって行くと記者の方々の姿勢を見て、そう感じています。

b0183113_16374813.jpg


有明新報さんにどがしこでんに…掲載のお陰様もあって、ミュージシャンはたくさん排出しているがCDが売れない大牟田市でも徐々に作品が伸びて来ています。
日本武道館を満員にするより大牟田市民会館を満員にする方が困難である…とかつて有名ミュージシャンに言わせしめた我が町(笑)! 文化、芸術、近代化遺産などこれまで無関心だった事にもご年配から若者まで関心を持つ都市に変身しようとしています。

国力が求められる今こそ 地方の力を!地方から全国へ!!です。
次回は10月号に掲載予定??ぜひ「どがしこでん」を入手して下さい<(_ _)>


オカリナ&バラードアルバム 『帰郷~おかえり~』
お申し込み・お問い合わせ:shop@infixweb.com

Amazonや全国大型CDショップでも取り扱い中。
by infix_jyo | 2013-08-14 16:44 | メディア
■世界に羽ばたく 「有明新報!」 の一面に掲載(*^_^*)!!  
世界に羽ばたく「有明新報!」の一面に掲載して頂きました!!

b0183113_22105476.jpg

(有明新報さんの取材風景の取材?!)

ラジオでもお馴染み、大牟田ではどの新聞よりも読まれている有明新報に新譜『帰郷~おかえり~』の記事を掲載頂き、僕も家族もビックリ仰天しました(^_^;)
デビューからずっと取材して頂いてますが、一面は相当な犯罪を犯すか名誉市民にでもならない限り載りませんから…ハイ。
7月31日は早朝から電話が鳴って、「両親に何かあったばいー??」と ヒヤッとしました(苦笑)。
とにかく各方面から連絡を頂き有り難いやら恥ずかしいやら…僕としては全国紙に載るより嬉しいかもです。
我らが有明新報は戦後のまだ物資が乏しく物品の配給さえ行われていた頃にも発行され、いかに往時の大牟田という町が石炭を背景に隆盛を極め、新報が重要な役割を担って市民と共にあったかを雄弁に語る材料にもなっています。町になくてはならない存在なのです。大牟田に居たときは全国紙の前にまず「有明新報」でした。

今回の初ソロアルバムは、地元をモチーフに地元で作った曲をメインに収めたアルバムだけにやっぱり地元で聴いて欲しいという想いが強くあります。小学生の頃からやりたかった土笛とバラードと、、infixも長友じょうせいも知らない方々にも聴いてもらうキッカケになればと想ってやみません。

取材をして戴く一方で、逆に有明新報の歴史や地方都市を支える新聞、マスコミのあり方など、この紙面に懸ける熱い思いを聞かせて頂き、こちらが勉強になりました。行政や町の有識者と言われる人たちだけでなく、一般の市民に情報を届け問題を提起して行く事の大切さ、新聞の担う役割の重要性を考える機会になりました。今の様にネットでなんでも情報が飛び交い過ぎる世の中だからこそ、責任を負って形になって残るメディアの重みを教えて戴いた貴重な時間でした。読み物は残る紙面、書籍でないとダメだという僕には特に有意義なインタビューと逆取材でした。
自分もまだ知らない故郷の重要な歴史や、これから故郷がどこへ向かおうとしているのか、、ヒジョーに内容の濃い出版物なども出ているので、自分史を知る為にもそういった形ある書物にもっと触れたいという思いを強くさせられました。

b0183113_22133556.jpg

大牟田という街は全国の地方都市が抱える様々な問題、課題を全て内包したような都市です。若者の受け入れ、定住に向けた施策、新しいエネルギー問題から近代化遺産登録などなど これからの都市モデルの在り方を成功体験として発信して行けるような町になって欲しい!と故郷に希望を持っています。
俺っどんが故郷ならばきっと出来る!て想いながら自分もその実現の一助になるような音楽、文化活動をして行かんとイカン!と誓いを新たにする根っからの筑後人、ワタシ 長友仍世でした。。。
永久保存版の2013年7月31日付けの世界に羽ばたく「有明新報!」ばいっぱい事務所に取り寄せなイカンですばい!!

ちなみに後日、8月5日の有明新報のコラム【こだま】に「夏になると」というタイトルで、、取材の取材の写真に写っているK記者さまが僕のことを書いて下さいました。ぜひともご一読頂きたいコラムであります。これは個人的にヒジョーにヒジョーに嬉しいです!!
こういう記者の方々が日々カメラとペンを持ち取材に飛んで記事を追って書いていらっしゃると想うとさらにこの新聞がありがたいモノだと感じられるワケです。。。

長友仍世  大牟田市白川町
by infix_jyo | 2013-08-12 22:26 | メディア
【昭和40年男】 Vol.18号に掲載!名前から表紙まで挑戦的(笑)!  
b0183113_0503195.jpg



この時代に売れている人気雑誌 【昭和40年男】 今月のVol.18号、ウォークマン特集に掲載して頂きました!もう買って読んでくれましたか?!

同世代が同世代に向けた( ホントはどの世代が読んでも興味が持てますが ) タイトルからして挑戦的で雑誌っぽくないこの本。
オレもVol.14号の「ラジオ特集」で取材して貰う前から 「チャレンジャーで面白いアプローチしてんなぁ~」 と興味深く購読してました。
今回の表紙なんてマブチモーターよ?まともかい??何の本か一瞬分からない!そこが媚びなくてカッコイいよ、大人の遊び心満載。まるで昔の「子供の科学」か「模型とラジオ」みたい。←(昭和の人気雑誌ね)
このモーターの出現により我々少年たちはゼンマイからモーターへと進化し、リモコンの手作りレーシングカーなどにのめり込んだ。その当時の模型店は子供たち(ガキども<笑)で溢れかえってたもんね。頭の良し悪しなんかじゃなく速くてカッチョイイ車を作れるヤツがヒーローやった。どんなヤツも均等に得意分野でヒーロー、スターになるチャンスがあった。
持ってないヤツに持ってるヤツが貸してあげたりもした。家庭も学校もひとつの家族でコミュニティーやった最後の時代を生きた昭和40年生まれ前後世代。。。

決して懐古的な雑誌ではない!と想ってます。むしろ、当時の裏側を振り返る事で、隠れた秘話や知られざる情熱から未来へのヒントやこれからを切り開くキッカケにを得られる本で、中身も毎号濃すぎるくらいだと思っています。よくチマチマと深く追求するなぁ~って(笑) とにかく深いよ、深い!好きだからだろうけど、、しつこいくらいの記事、取材の量!


そんな本だから「昭和は良かったなぁ~」なんて懐かしむだけで止まって欲しくない。昭和は良いことだけではなく、文明の副作用も当然あったよ。でも遠かった「夢」を「現実」にして行った時代に間違いはない。
もちろん、懐かしんで読むのも一興でよし。でも、その裏側にあった逸話や歴史的資料の探求にこそ当時を生きた我々にも、それ以外の皆さんにも触れて欲しい部分なのであります。いま若い20代の起業家も増えてるし… 当時のパワーや我々世代に影響を与えてくれた人物や製品から学ぶモノは非常に大きいと。


高度経済成長期、日本が勢いを持ち世界に打って出てその存在感を示した時代。まだ隣組みの深い人間関係も存在し、味噌や醤油の貸し借りから電話の無い家には電話さえ取り次いだ。近所に上がりこんでよその家でご飯を食べたり、恐い雷オヤジに叱られながらもトンボを追いかけ夢も追い掛け、暗くなるまで友達と遊んだっけな。それが出来た時代やった。

今では当たり前のようにある物がこの当時、俺たち昭和40年男たちが成長して行く時代にどんどん生まれて来た。今回の特集にあるカップヌードルもそう。漫画「オバケのQ太郎」が風呂桶いっぱいにカップヌードルを食べてるの見て母ちゃんに「カップラーメンってなんね?」って聞いてダダこねて買って貰って衝撃を受けた。カップヌードルを知ったのはオバケのQ太郎よ(笑) でもお湯を注いでラーメン食べられるなんざカルチャーショックよ、田舎のガキにゃ!高くて買って貰えなかったカップヌードルを親を拝み倒して買ってもらった(笑) 貧乏やけど心は豊かやったよ。町中が遊び場であり家族みたいなモンだった… そこに「今」を生きて「これから」を作ってゆく者へのヒントやチャンス、生きる力があると想っています。

b0183113_0514136.jpg


過去は戻らない、未来もまだ来ていない。
「今、この瞬間」から何かが始まり何かを始める時なのです。だから小さな事と言われても信じた事をやり信じた道を行く。【昭和40年男】という雑誌の記事もインタビューも僕にとっての良い友でありバイブルにもなっています…。

ちなみにガチで僕は今でも「walkman」現役で自前ですよ、カセットテープも(笑)!
僕が載っている今月号、ぜひ買って読んで下さいね、ラジオ特集のVOL.14号もぜひぜひ!!

【昭和40年男㏋】:http://www.crete.co.jp/s40otoko/
by infix_jyo | 2013-04-05 09:30 | メディア
【デビュー記念日】 infixデビュー21周年の日…22年目がスタート  
皆さんの支え、ご支援を戴きながらinfixはメジャーデビュー21周年を迎える事ができ、22年目のシーズンに入りました。

b0183113_10414017.jpg


毎年、意識せずとも3月21日が近付くと何か特別な想いが頭をよぎり無意識ながらどこかソワソワしたりドキドキしたものでした。やはり身に沁みて潜在的に「何か」がある日だったのでしょう。

特に≪20周年≫という大きな節目に全員揃って「何か!」をやりたい、形に残る活動の軌跡を…と考えていたので自分の中に期するモノがあったのでしょう。

その20年目に願った様に全員で記念となるシングル『零時の扉』(松本零士のテーマ) を含む3曲をリリースさせて貰い、4人でステージにも立たせて貰う事が出来ました。結果どうあれ、大きな大きな目標を達成してひとつのけじめをつける事が出来ました。そしてまたみんなそれぞれのポジションに戻って活動しています。

僕は相変わらずそのシングル『零時の扉』(松本零士のテーマ) の地道なプロモーションを行いながら番組をやったり裏側で作曲やプロデュースをやらせて貰ったり、慌ただしい日常ってヤツに追われているワケですが…

曲を届けるのも簡単ではなくなったので昔以上にパワーも忍耐も努力も必要になり、歩いて、人に会って、話しをして、理解して頂いて… かなりの労力を要します。それでも自分たちが産み出した曲は大切で可愛く、だから時間も労力も余計に掛かってでも皆さんの耳に届くまでプロモーションを続け曲の存在を知って欲しい!と願うのです。もちろん【infix】というバンドの存在もです。

そんな慌ただしい日々の中で節目を超えたからか今年はデビュー記念日という感覚が薄れていたのかな?それだけ毎日、その日その日、一日一日を精一杯やってるという事なのかな?とも想います。

誕生日と一緒で、最初は自分の誕生を祝う意味合いだったモノがいつからか「皆さん、スタッフ、メンバーのお陰様」 と周りに感謝をする日に変わって行きました。「ありがとう」 とか 「感謝」 とかいう意味も変わって来ました。
デビュー記念日を覚えてくれてて教えてくれたのも番組に来たオーディエンスからの投稿でした。もう 「おめでとう」なんて時期でもないのかな~なんて想っていましたが、それこそ多くの皆さんから祝福のコメント、メッセージ、プレゼントを頂戴して、本当に有り難い事だな、、と深い感慨に浸りました。 ひとりでも自分たちの存在を大切だと感じてくれてる人がまだまだ居てくれる… それが答えであり幸せなのだと。嬉しかったなぁ…例年以上に。

これから先の事は誰にも分かりません。この曲がどうなって行くのかも…我々はそんな無常の移ろう世界の中にいます。 日々の活動の中で、その日その日を精一杯に生きてそして楽曲やinfixに気付いて貰えたらこんな幸せな事はありません。その為にも地味でも地道でも自分の仕事をし、そして大切に産み出した曲を届ける作業をやる、それだけです。 周りの目や評価ではなくいかに自分が自分の納得する事が出来るか?だと思っています。

デビュー記念日、その日にinfixの音を聴き、映像を観て作品を眺めながら、皆さんと同じ時代に生まれ支えられ、このメンバーと出逢い、スタッフに助けられ今日がある有り難さを噛み締めました。
いい音楽を奏で、いいパフォーマンスをするバンドだと僕は今更ながらinfixを誇りに想っています。
たくさんの優しさ、思い遣り、気遣いの数々を有り難うこざいました。よかったらこれからもinfixに関わってやって下さい。僕らもいつも傍に置いてもらえるような音楽、曲を皆さんに届けたいと想ってやみません。お互い様に精一杯、悔いのない毎日を送って行きましょう。そしてまた会えたらライブ、イベントでお会いしましょう!

【感謝】

b0183113_10422735.jpg


それでもやっぱ「デビュー記念日」といえば名古屋でしゃぶしゃぶ肉だけ8万円分くらい食べ叱られた事を思い出す(笑)

infix 長友仍世
by infix_jyo | 2013-03-23 10:43 | メディア
【くるナイ2】応援企業!「髪の幸せ」「セランピア」の驚く効果を!!  
b0183113_0542446.jpg


皆さん ≪ボディーウォッシュタオルの真ん中にフリルが付いてヒジョーに気持ちの良い洗い心地と肌触り、泡立ちのよさ≫ で360万個以上を売り上げた「フリルンタオル」をご存知でしょうか?
あの東京発明展で大賞を受賞し大好評を博して、ニセモノまで飛び出したあの逸品です。全て国内生産、肌への思いやりや洗い心地を徹底研究した結果、現在のような人気商品へとヒットした商品。人と物へのこだわり、採算をほぼ度外視したその精神性が商品の開発とヒットに繋がったと僕は思っています。

そのこだわりの製品を生み出しているのが我らがラジオ番組 『くるめのめくるめくナイ2」』 の後援企業として応援を頂いている㈱ホームズさん であります。
売り手より買い手、自分より消費者…的な考え方は、局やメディアの方針ではなくリスナー第一という考えで報道規制や放送自粛という曖昧な放送体制に抗って来たinfixの精神と一致して今どき際どいこの番組を応援頂いています。

そのホームズさんが力をいてれいる製品こそが、頭皮を根底から洗浄、デトックスして元の健康な状態に戻し、そこに栄養成分、しかも全てが「天然成分」薬剤師さんも納得の成分を配合した「これ一本で洗浄から育毛まで」を実現した「髪の幸せ」であります。 
最初は僕も「どうせ眉唾モノだろうなぁ~」くらいに思っていました。特許成分、九州大学の水の権威、水質学の第一人者であった川添 東博士が発見したノンチ液(大古の昔 樹木メタセコイアの化石から採取したデトックス効果のあるナノレベルの成分)がふんだんに入った「髪の幸せ」。
十分なデトックス効果に、プラスして発毛に効果のある天然成分を含む非常に稀な育毛剤。

なぜなら、長年の生活習慣(食生活・不摂生・シャンプー・リンス・整髪料など)で頭皮の毛穴が詰まって頭皮が硬化し老化しています。その劣化し固くなった頭皮にいくら育毛剤を振っても毛根が生きていないので髪は生えません。豊かで肥よくな大地にしか栄養のある本物の作物が育たないのと同じ原理です。しかも成分が細かくなくては大地にキレイな水も栄養も染み込みません。

青年期のような活発な細胞、柔らかい頭皮に戻してこそ、発毛効果は得られます。細胞をナノレベルでデトックスしてその毛穴に栄養を与えて頭皮の若返りを図ってこその発毛。僕は中学、高校の頃から細毛やコシの無い髪に悩んで来ました。デビューしてからもいち早くデトックスを実行しシャンプーも全て天然成分のモノに切り替え、リンス、トリートメントは控えて20年以上実行して来ました。毛穴が塞がり頭皮が痛むからです。
年中ファンデーションを塗って呼吸が出来ない肌を想像して下さい。そんな肌は早く老化します。
頭皮ももちろん同様です。石油類や化学製品ばかりのシャンプーや整髪料で毛穴も詰まり頭皮も痛み固くなっています。
傷ついた頭皮をいたわり、そこに純天然の植物性由来の発毛、栄養を与えて髪を再生してゆくのが「髪の幸せ」です。ノンチ液は一切の詳しい内容成分をあかしていません。特許を搾取されるのを防ぐためです。
大手の化粧品メーカーや製薬会社も欲しがった成分を川添博士は換金、公開せず自社のみで保有してこられました。この奇跡の発見、ダイヤの雫と称される貴重で勿体無い 「ノンチ液」がふんだんに入った育毛剤はこれだけなのです。
カワゾエカンパニー数百人の社員の方々は20年以上、頭皮やお肌にこのノンチ液を使用しているので頭髪も豊かな方が多く、
お肌もすべすべでキレイな方ばかりなのです。

毎日、ヘッドスパをしながら育毛も同時に行なう、だから効果が出るのです。これを考案し開発して製品化したものが「髪の幸せ」。
お試しのキットもあります。匂いやベタつきなどテストするのにピッタリです。もちろん、お電話、勧誘も一切ナシです。
効果が分かる方、本当に悩んでいる方、製品の良さを理解いただける方のみに使用して頂きたいというのが信念ですから価値が理解できない方へのご使用はお勧め出来ません。成分や使用方法を理解して使うのがベストですから。
480円分の切手で5㎖のテスト製品をお送りするキャンペーンも実施中です。

僕もこれ一本しか使用していません。純粋天然成分(植物由来の)シャンプーのみで洗髪し乾いた頭皮に「髪の幸せ」のみ。
効果がみえはじめるまでの数ヶ月は朝に晩に使用して頭皮を健康な状態に戻しつつ栄養素を与えて下さい。そして結果が出始めたら、週に2~3回くらいの使用で結構です。永遠に振り続ける、先の見えない不安感をいつまでも抱くのは人間誰しも嫌なものですから。

詳しくは㈱ホームズのホームページをご覧下さい。成分から使用方法、質問(Q&A)など詳細がご覧になれます。説明動画、解説動画などもどんどんアップされる予定ですのでご覧下さい。お問い合わせも親切なフリーダイヤルです。お気軽に商品の説明やご注文を…。今なら商品を知って戴くためにご協力頂いてすべて半額です。

0120-34-4879 (0120 3~4ヶ月で 48(幸せ)79(なっとく)

RADIO-GAGA 「くるナイ2」HPからも!

ホームズさんHP: http://www.frillun.com/
b0183113_0545240.jpg


美容液 エッセンス「セランピア」にも僕は助けられ、いま愛用しています。47歳という年齢を考えれば肌はキレイだと自負しています。
でも、去年くらいから紫外線を浴びて遊んだ昔からの積み重ねやライブのメイクなどハードワークもあって肌が痛みはじめ、肌荒れや家系的に出るポツポツなどイボのようなものにも悩まされていました。そして、これも「効けば儲けモノだわ」くらいな気持ちで塗った「セランピア」のお陰でハリも回復してポツポツも消え(取れます)ました。ある日、イボやポツポツが枯れて「ポロッ」と取れるのです!

これは間違いなく本当です。緩んできた肌のシワやハリ、コシにも効果絶大です。これ一本で美白からお手入れが全部済んでしまうので、便利で手放せません。化粧水やクリームなど色々な効果がこれひとつなのでお手軽でお得感満載です。
顔に「イボコロリ」でもつけようか・・・爪楊枝でイボコロリを塗ろうか、でも肌に傷が付く、、と悩んでいたので「感謝」です。
天然石鹸(僕は伯方の塩が入った「夢せっけん」使用)で洗顔して、このセランピアを塗るだけ。「ノンチ液」が入っているので、これも一瞬で肌に吸収されますので、サッと塗って顔に広げます。するとスッと染み込みます。これも「デトックス」効果です。肌を若い状態、細胞に活性化してくれて、イボやシミシワに効果を発揮するのです。

とにかく僕がたどり着いた結果は「デトックス」です。毒素、不要なモノを取り除いて健康な状態にする。頭皮、頭髪もそうですし、肌もそうです。若い頃、悩みなかったあの頃の自然な姿に近付けることです。保湿が気になる年配の方にはジェルもあります。でも基本は一本のみです。まぶたのポッチも取れた…。

やさしく洗って、キチンと保護して必要最低限だけの手入れをする。混ぜ物や化学製品を多く摂取してきた僕ら世代は、化学物質のない製品、食品を獲って健康にも美容にも気を付けていつまでも若々しくありたいものです。

b0183113_0551725.jpg


先日、ACI東京レイヤーズ 花月 叶らがプロモーション動画を撮影、放送用の素材を収録しました。そのPVもやがて公開になります。
肌も髪の美しさも変わった花月 叶もぜひ観て下さい、よい証明になっていますから…。
by infix_jyo | 2013-03-18 00:59 | メディア
プロモ奮闘記 「持ってる男」?!もしかして持ってる橋本大翔!  
b0183113_938151.jpg


2月20日にメジャーデビューシングル『心の扉』 (原案、作詞:橋本大翔 作曲:長友仍世 編曲:佐藤晃)をリリースする橋本大翔とプロモーションを行っています (引率係りとも言う<笑)。

もともと攻めの姿勢ではなく楽曲のパワーを信じて懸けている大翔ですが、プロモーションも行く先々で難しいことを言われる時代に何だかとてもラッキーで、なかなか会えない番組プロデューサーの方々やアポを取るのも難しい局の社長さんなど、予期せぬ方々に会えたり話しが良い方向に進んで行ったりと… プロモーションをやりながら 「もしかして、もしかしたら橋本大翔って何か持ってる?!」と思わざるを得ない様な事が続いてます(笑)

プロデューサーとして大翔を引率しつつ去年はプロモーション出来なかったinfixのシングル『零時の扉』(松本零士のテーマ) も再プレゼンしているのですがウチの時とは風向きがかなり違っています。
元自衛官で今も予備自衛官で人々の為に尽くしたいとか自分で何かを伝えたい!という想いで歌い始めた大翔くん。
そんな気持ちを神様が知ってか知らずか(笑)? 何か不思議な力を持ってるんじゃないかい?という感じがリリースを目前にして広がっています。
大翔がテーマソングを歌わせて頂いている被災地、福島いわき市のヒーロー「ジャンガラー」もこの所、海外に進出してローカルヒーローから世界のヒーローになろうとしてます…僕も活躍を新聞で知ったりして。ジャンガラーってシーラカンスがモチーフなんですと(@@)大牟田みたいに大蛇?竜?とか思ってました。

お金で番組主題歌やオンエアー枠を買うような事はウチらには物理的にも精神的にも無理だけど拾う神様が現れて大翔を支えてくれている?みたいな展開になるのです。
このままの運を引っ張って楽曲と自身の歌唱力、パフォーマンスでポジションを獲得して欲しいなぁ~と想っています。楽曲の評価も高くもしかして「持ってる男!」だったら橋本大翔は化けるかもしれません!大翔が持っている運にも期待しています。
『くるナイ2』でもオンエアー中、「くるナイ2」収録翌日の15日は「音楽煮込み」の収録予定で、僕もプロデューサーとして?くっついて行きます!いよいよリリース橋本大翔の『心の扉』はカップリングのバラードも渾身の作品ですので、ぜひ予約して買って下さい。やっぱりテレビ局やラジオ局を回っていると自ずとテンションが上がって来ます、、大翔も僕も根っからの音楽好き、この世界が好きで合ってるみたいです(笑)!

さぁ、泣いても笑ってもリリースまであと数日!大翔とinfix 『扉』 シリーズで頑張ります!!

『心の扉』 『零時の扉』 詳細は・・・

弊社HPへ!:http://www.radio-gaga.net/
by infix_jyo | 2013-02-13 09:57 | メディア
☆人気雑誌あの「昭和40年男」に掲載!みなさん購入ヨロシク!!  
かつて、こんなにターゲットを絞り込んだ本があったやろか?
こんなにコアな雑誌があったたろうか・・・?!出た時、正直ビビッた、マジかい?って。

とか想いながらもその内容と記事の深さにすっかり惹かれて自分も読者だったんだけど…
「こんな雑誌が少なくなったから出版業界も面白くなくなって本離れが進行する要因になったのでは?」なんてうんちくを垂れたくなる様な濃い中身なんだよね、、、痒い所に手が届く雑誌、それが「昭和40年男」という雑誌。
「昭和40年男」ってタイトルから限定的でチャレンジャーじゃなかね(笑)??
広告やスポンサー頼みやったら成立せん企画かもしれん。でも知りたい、読みたいのはこんな裏も表もスカッと見える内容なんだよ、やるならとことん掘り下げなきゃ!
ひとつのネタを読者が納得するまで突き詰めているこのいやらしいまでのとことん突撃姿勢に制作者の意気込みを感じずにはいられない。この雑誌のお陰で色んな事、雑学に詳しくなったもんね。

日ごろは冗談も言わない様なタメ年の友達とかもしっかり愛読してたりしてね。このばかばかしいくらいの熱さと情熱が昭和40年前後の世代なんよねぇ~。

b0183113_1611433.jpg



俺らは、ばかばかしいほどの夢も見る事が出来た最後のジェネレーションかもしれん。
真面目にヒーローになれる様な気がしてたし、泥んこ遊びにも草野球にも命懸けてた(笑)
自転車に車なみのライトやウインカーが付いていた事を今の若者は知らないだろう。
ラジカセにテレビにが付いた「ラテカセ」なる21世紀的な機械があった事も忘れかけていた。
昔はレコードで音楽を聴いて、でもレコードやから傷がついたら聴けないし、割れたら一巻の終わりぃ~だから大事にしたし、カセットテープの音や種類にもこだわったモノだ。音楽にも夢があった。
俺たち世代には愛おしく懐かしく、今時の子には信じ難い様なモノと夢に溢れていた時代。公害問題や使い捨てなど決して良かった事ばかりじゃない、、ただ僕ら子供にはたまらなく新鮮で刺激的な青春時代やった。貧乏でも遊びを工夫したし、隣近所が仲良くて食べ物の貸し借りはおろか電話まで貸してた(笑)

媒体の送り手にも受け手にもどちらにも純粋な希望や夢があったよ、バーチャルにはない良さも。
今回は「ラジオ」をテーマに日本中の若者を惹きつけた深夜ラジオ黄金期から喋り手なら必ずや影響とショックを受けたスネークマンショーなど俺も知りたい聞きたい!!って内容が満載!!よくぞやってくれましたって感じです!!!
そんなラジオ企画の中にカラー、しかも2ページに渡るインタビューを掲載して頂きました。毎週聴いててくれたリスナー諸君、売り切れになる前に本屋さんにダッシュばい。俺は嬉しくてたくさん買い占めた(汗)でも一軒で買い占めると他の人に買って戴けないので数軒の本屋さんをハシゴ、、偉いやろ(^。^;)?? 家族、親戚の分までゲットしたばい!!

b0183113_16193564.jpg


今の自分を見詰め直してまた新しい価値観を得たり人生をふと振り返ったり、人生の楽しみ方を再考したり…それぞれに役立つ本です。
何であんなにも懸命に夢を追い掛けられたのか、何が自分の指針になっとったか俺はこの雑誌でスタート地点を思い出し今の新曲キャンペーンの原動力になった。
リリースして来たCDと一緒にラジオと共に歩んだ軌跡、このインタビューも遺したいけんストック用に沢山買った。もう一回、がむしゃらにやってみたくなった。勝ち負けとか最後の最後、、死んだ後でもよか。今この瞬間ば後悔せんごつ生きなイカン。
デビュー20周年の年に松本零士先生のテーマ『零時の扉』をリリースさせて貰ってまたラジオパーソナリティーはとして取り上げて貰って…偶然じゃない必然ば感じるとよ。
投げ出さず腐らず我が道ば行こうって。全国ネットラジオの隙間で地元「FM久留米一局!」からスタートした我らが「くるめのめくるめくナイ2」も8年目ばい…全国ネットに育ってくれて嬉しかなぁ。これかりも音楽と一緒にライフワークのラジオも続けて行くけん!!昭和男たちの叫びやつぶやきもこれからも届けて行きます(地上波・インターネット・サイマル各OA中)。本屋さんやAmazonで僕が載った「昭和40年男」が待ってるけん(笑)早く手にして下さい。たくさんの感想もありがとう!
余談ではありますが…声優界あこがれの古川登志夫先生もわざわざご購入して下さいました、ありがたき幸せぇ~~<(_ _)>
じゃ、15、16日群馬富岡で開催の第一回「零士ワールドサミット」に行って来ます。
by infix_jyo | 2012-07-13 16:31 | メディア
佐藤 晃
佐藤 晃 Akira Satoh
Guitar/vocal/作詞/作曲
1965.5.20.生/AB型
宮崎県高千穂町出身

infixの活動はもちろん、ソロとしても「Provision」シリーズを精力的にリリース。
TMN宇都宮隆氏や岩崎宏美さん、アニメ「テニスの王子様」などへの楽曲提供をはじめ、アーティストからアイドルまで幅広くプロデュースや作曲活動に取り組む。 また声優・高橋広樹氏やチューリップのメンバーなどと積極的に様々なユニット活動も展開中。
カレンダー
エキサイト公式ブログ
高橋秀幸公式ブログ「Let's Get たかHappy!」
仲谷明香公式ブログ「続、駄菓子菓子、」
『AJF NEO GENERATION 2013』公式ブログ
鎌田章吾公式ブログ「俺たちスーパースター!」
海保えりか公式ブログ「ぽえりずむ」
明坂聡美ヴログ『共和国ノ進メ』
Sister MAYO Official Blog「MAYOブラボー」
Prico official blog『PricoのPrilog』
宮路一昭公式ブログ『~MY LIFE~』
井ノ上奈々公式ブログ『井ノ上屋』


© 2009-2015 infix All rights reserved.
© 1997-2015 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム