Woman.excite Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
 
 

1966年東京生まれ。おとめ座。 佐伯チズ・チャモロジースクール・プロフェッショナルコースを第1期生として卒業。現在ビューティアドバイザー、エステティシャンとして奮闘中。 >Translation to English
 
フランスでこんなもの買いました(2)
フランスで有名な紅茶といえばフォション(FAUCHON)ですね。それと並んでエディアール(HEDIARD)という紅茶の老舗があります。赤に黒のストライプがメインビジュアルでフォションよりおしゃれなデザイン缶がよく目にとまります。
a0091095_1742521.jpg

パリのマドレーヌ寺院の前に、その2つが張り合うかのように軒を並べていました。今回の旅ではエディアールを買ったのですが、正直に言うと本店で買ったのではなく、最後あまった15ユーロをぴったり使い切りたいために、帰りの空港で買いました。「ブレックファースト」と「アールグレイ」が選ばれたのも、この2つでぴったり15ユーロだったからです。

もうひとつ、フランス紅茶といえば、フレーバードティです。紅茶に香りがつけてあるものです。アールグレイもダージリンなどの茶葉にベルガモットという柑橘類の香りがブレンドされたフレーバードティです。それで有名なブランドがマリアージュ(MARIAGE)です。
a0091095_17384033.jpg

パリを散策していたときに、ふと立ち寄ったマリアージュで買いました。私は、あまり詳しくはなかったので、通訳の聡子さんが好きだというマルコポーロ(MARCO POLO)を購入。ティーバックがいわゆる普通の形ではなく、モスリンコットンを使ってあり、香りを損なわないようにこだわっているようです。かわいい形ですね。
帰ってからよくよく調べてみると果実とお花の香りがブレンドされているようです。優雅な気持ちにさせてくれる甘い香りでおいしいと思いました。

エディアールもマリアージュもパッケージデザインがとてもおしゃれなのですが、じっと見ていると両方ともパッケージに1854年という文字が。へ~、1854年頃には何があったのだろうと思ってしまいますね。世界史の本をちょこっと開いてみると、ナポレオン3世時代で、今のパリの街並などもこの時代に整備されたようです。1855年にパリ万博も開かれていますね。
紅茶といえば、イギリスが本家のようですが、フランスはさすが香水の国。紅茶でも香りを楽しんできたというのが、なんともお国柄をあらわしていると思いました。
# by imadataka | 2006-11-11 17:47 | 食べ物、飲み物 | Trackback | Comments(6)
最近の口ぐせ、葉野菜、食べなきゃ!
フランスに行く2週間前位だったでしょうか、セラピスト仲間で話題になっているアーユルベーダサロンに行ってきました。
アーユルベーダといえば、ヴィータ(風)体質、ピッタ(火)体質、カパ(水)体質という分類の元に、体格や性格が特徴づけられている、スリランカ、インド発祥の伝承医学です。
そこのセラピストさんは、脈診をして今食べるべきものを細かくアドバイスしてくれるというのです。

セ)今田さんは、あまり胃腸が動いていません。それで今、貧血状態です。
今)はい、まさに夏ばてが、ずっと長引いているような感じで・・・。
セ)ですので、ほうれん草、小松菜などの葉野菜をたくさん食べてください。野菜では、他にアスパラやレンコンがいいですね。海藻類も食べてください。それから、スープや味噌汁を飲んでください。
今)スープを飲むというのは、どういう意味なんですか?塩分を摂るという意味ですか?
セ)ダシをとったものを飲むということです。胃を動かしてくれるんです。
今)へ~、なるほど。
セ)あと、果物も食べてください。ただ、果物は、食前に食べてください。けっして食後にならないように。
今)はい、わかりました。
セ)今田さんが今食べてはいけないのは、ナス、ジャガイモ、豆類、納豆もです。パン、麺類もおすすめしません。お米をなるべく食べてください。
今)えっ、納豆も?納豆をよく食べてました。ジャガイモもビタミンCが豊富なので、よく・・・。
セ)ジャガイモ、豆類は、腸の中でガスを発生させやすいので、胃を圧迫するんです。食が細くなる原因にもなります。練り物というか、パン、うどんなんかもやめた方がいいですね。グルテンは、消化されにくいですから、胃腸に負担をかけます。
今)牛乳はどうなんですか?
セ)牛乳もカゼインというたんぱく質が消化されにくいので飲まないか、飲みたければ食前、食後45分を避けて飲んでください。
今)はい。
セ)あと、食事の時に水分摂り過ぎですね。
今)はぁ、エステをしているとこまめに水分が摂れないので、喉がかわいて食事のときについたくさん。
セ)食事の時には、お湯のみ1杯だけにしてください。胃液を薄めてしまいます。水分は、食事以外の時間に充分摂るようにしてください・・・

という感じで、まさに私の食生活を見てたかのよう。食生活だけではなく、性格のことや仕事のことまで、細かくアドバイスしてくれました。うわさどおり、どんぴしゃでびっくりです。
もちろん脈診の後は、足先から頭まで全身オイルマッサージ。普通のオイルマッサージとは違って、オイルの中で泳いでいるかのようにたっぷり使います。とてもリラックスできて気持ちよかったです。

それ以来、友達と食事に行って、その話題で盛り上がりながら、葉野菜は私のものとばかり、サラダをかかえて食べています。

a0091095_22514333.jpg

最近のメニュー。お肌のためにはコラーゲンたっぷりの鶏ガラスープをよく使っています。いろんな鶏ガラスープを試してみるのがもっぱらの楽しみ。
効果があったか3ヵ月後にまた行きますので、またリポートいたします。
# by imadataka | 2006-11-09 23:10 | エステティック | Trackback | Comments(4)
フランスでこんなもの買いました(1)
今回の旅は、パリと南仏ニースで5泊7日の旅。ハードスケジュールながらも、お買い物なしではやっぱり満足できませぬ。
ゲランでオーデコロンの「インペリアル」、ニースで買った「AUER」のチョコレートは、すでに紹介しました。

一番お買い物できたのが香水の街グラースでしょうか。
フラゴナールという老舗の香水工場のショップでエステのお客様へのお土産として「チェリーブロッサム」と「5月のバラ」の香りのシャワージェルとバスソルトを買いました。
a0091095_14563961.jpg

細長い方がバスソルトです。香りはそんなに強くはなく、私は5月のバラが気に入りました。

a0091095_14562057.jpg

それからこれは香りのついたお手ふき。ニースで泊まったホテルのお手洗いにも置いてあったりして。パウダーが入っているのか、使ったあとさらっとした使用感がなかなかです。香りは5種類ラベンダー、ミモザ、ジャスミン、ローズ、レモンが入っていました。

a0091095_15121740.jpg

これは、自分用に買ったバラの香水「SORENZA」。パッケージに使われているビビットなピンクがとてもきれい。暖かい南仏の太陽と風のように生き生きとした女性をイメージして作られたようです。ベンゾインとバニラをベースに、温かみのあるバラのオーデパルファンです。
a0091095_14573058.jpg

エステのお客様のお土産として意外と人気、ロクシタン
(L’OCCITANE)の「Bee Soap」。パリのリヨン駅地下で買いました。かわいく写真撮るのにひと苦労。最初この石けんを見たとき、私はてっきりセミだと思ってしまいました。というのもセミは南仏プロバンス地方のモチーフとして有名で、お土産ショップなどでよくセミの置物を見かけるのです。でもこれは蜂です。ロクシタンのショップはフランスのあらゆるところで目にしました。
# by imadataka | 2006-11-08 15:19 | 旅行、お散歩 | Trackback | Comments(0)
美肌になる飲み物、オミジャ茶
「チャングムの誓い」毎週土曜日、楽しみに見ております。もうすぐ終わりなんですよね。さびしいなぁ。
お仕事でもご一緒したことがあるジョン・キョンファ先生がお料理の監修をなさったと聞いて、特に宮廷料理などお料理に関するところは、興味深く見ていました。
医食同源、医と食は同じ源にあるという言葉は、美肌を探求するものにとって、ひしひしと実感するところです。

チャングム役のイ・ヨンエさん。韓国女優さん一般的に言えることですが、本当にお肌がきれいですね。
そのイ・ヨンエさんが撮影の合間に飲んでいるといって話題になったのが、このオミジャ茶です。

a0091095_14515113.jpg


五味子茶と書いてオミジャ茶と読みます。甘、酸、苦、辛、塩の5つの味がすることから、その名がついています。アセロラドリンクのようなきれいなルビー色で、アイスでいただくのが一般的。というのも、オミジャの実からお茶を抽出するのに、水出しなのだそうです。

昨日、西麻布にある三丁目カフェスーペでいただいたオミジャ茶は、少しだけグラニュー糖とハチミツを入れているそうで、ほんのり甘酸っぱく、浮かんでいる梨との相性がとってもよかったです。フランス旅行で疲れていた胃をすっかり癒してくれたような気がしました。

オミジャ茶は、お肌の調子を整える、疲労を回復させる、夏ばて解消などに効果があるそうです。
a0091095_14522938.jpg

おしゃれな店内です。三丁目カフェスーペ
# by imadataka | 2006-11-07 14:58 | 食べ物、飲み物 | Trackback | Comments(0)
硬水か、軟水か
フランスから帰って来て1週間。フランスではずっと時差ボケで、毎日3,4時間睡眠で過ごしていましたが、お肌の調子はいつもより良いようなので安心しています。

フランスは硬水の国。
どこのレストランに行ってもだいたいエビアンが出てきました。

時には硬水で顔を洗ったのがよかったのか、それとも時にはpHの違う水を使ったことでピーリング効果でもあったのか・・・、いろいろ考えるところです。
硬水と石けんは相性が悪いと聞いていましたので、徹底してクリームクレンジングだけにしていたのがよかったのかもしれません。日本でクリームクレンジングした時より、洗いあがりがしっとりしながらも、さっぱり感じるのは気のせいだったのでしょうか。ヨーロッパでは、石けん洗顔をしないというのもうなずけます。

お水の話に戻りますが、イギリスに4ヶ月程ホームステイしていた時の話です。
イギリスも硬水の国。ホストファミリーの家の湯沸しポットをあけると、底の方に白い塊がいつもフワフワの浮いています。お湯が少なくなってきて注ぐと、白い粉の塊がティーカップにどっと流れてきて、ゾッとしたものです。
しばらくして、多くのお年よりが象のように足首のない足をしていることに気がつきました。聞くところによると、硬水を長らく飲んでいたせいで、足に石灰が溜まり痛くなって歩けなくなる病気だとか。そして、よくよく観察すると、けっしてお年よりだけではないことに気がつきました。イギリス人の中年女性、全般的に足首のない症状が見られるんです。(男性はズボンのためによくわからなかった)
硬水は、確かにダイエットや便秘にはいいのです。でも、足首がなくなるのは、やっぱり困りますね。
それ以来、私は、時には硬水もいいが、やっぱり軟水と思って飲むようにしています。

さて、買いだめしておいたお水を改めて飲み比べ。すべて
made in France です。
a0091095_0182026.jpg


エビアンは、中硬水といわれていて硬度は291.0。お馴染みボルビックは、軟水で硬度60です。超硬水で有名なコントレックスは、硬度1551。いかに硬水かがわかりますね。
# by imadataka | 2006-11-06 23:57 | 食べ物、飲み物 | Trackback | Comments(6)


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
紅塵渡口的緣分 上..
by 曾宪梓 at 17:47
他,有着黃種人特有的皮膚..
by zxxzx at 15:11
現在的我愈加迷茫、愈加看..
by 黎玥玥 at 12:39
我無權 抵押。赤血..
by 黎玥玥 at 15:07
在永年縣,活躍著一群鄉土..
by 睖 at 17:51
シアリスは日本での承認は..
by シアリス at 19:08
Cialisシアリス20..
by シアリス at 18:59
http://chayu..
by yy at 15:54
http://dfjav..
by yy at 12:57
http://vimax..
by obat pembesar penis at 13:00
検索
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧