Woman.excite Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
 
 

1966年東京生まれ。おとめ座。 佐伯チズ・チャモロジースクール・プロフェッショナルコースを第1期生として卒業。現在ビューティアドバイザー、エステティシャンとして奮闘中。 >Translation to English
 
カテゴリ:チャレンジ( 33 )
先生はやっぱりゴッドハンド
今日は、マクロビパン教室に行ってきました。今回で3回目になります。前回のグラハムパンのブログを見てくださった方から、おいしそう~、食べたい~という感想をたくさんいただいのですが、再現できるようになるには、まだまだ経験が足りません。今日は、それを思い知らされました。
かぼちゃパンを作りました。蒸したかぼちゃのかたまりをペーストせずに、そのまま生地に放り込んで、木ベラでなじませます。そして台の上でこねてから、最後にかぼちゃの種をちりばめます。
先生はやっぱりゴッドハンド_a0091095_21593855.jpg

今日のパンは何が難しかったかって、生地がやわらかく、こねても何しても手にくっついてきてしまうのです。ところが先生が生地にさわっても少しはくっつくけど、私みたいにベッタリくっつかないんです。指の使い方、手の力の入れ方が違うんでしょうか。えーっどうして?の連続でした。
先生はやっぱりゴッドハンド_a0091095_2204767.jpg

こんな簡単そうに見える分割も、糊のように手についてきてしまうタネとの格闘でした。ただ扱いにくい水分多めの生地の方が、しっとりしたおいしいパンができるんだとか。がんばりどころなんです。
先生はやっぱりゴッドハンド_a0091095_2212577.jpg

生地が柔らかいものは、型に入れて焼くときれいに成型できるからという理由もあります。3つの小さいかたまりを入れて、お山ができるようにしました。
先生はやっぱりゴッドハンド_a0091095_2214844.jpg

このパン教室の素晴らしいところは、パンを発酵させている時間に先生手作りのパンやお惣菜が食べられるってところ。野菜スープが絶品でした。
先生はやっぱりゴッドハンド_a0091095_2223340.jpg

このデロンギオーブンだと12分で焼きあがります。
あっという間です。パン作りって、案外実際にパンに触っている時間はほんの少し。それよりも準備や片付け、発酵で待っている時間の方がずっと長い感じです。
先生はやっぱりゴッドハンド_a0091095_2232745.jpg

S先生は、旅行にでも行かない限り、パンを焼かない日はないんだそう。先生みたいな不思議な手になるためには、まだまだかかりそうです。
by imadataka | 2007-02-23 22:19 | チャレンジ | Trackback | Comments(5)
ココナッツミルク石けん
今日は、手作り石けん教室の日。月に1回を目安としているんですが、とっても楽しみにしています。
自分で作ろうと思えば、そんなに難しくはない石けんですが、材料を細かく買い揃えて、後片付けをすると思うと、私は身ひとつで出かけて行って、手取り足取り手伝ってくださるお教室は、天国のようです。
今日は、ココナッツミルク石けんを作りました。ここで注意と思ったのは、ココナッツオイルではなく、ココナッツミルクだということ。オイルの方には、オイル独特の特徴があり、配合することによって泡立ちをよくしてくれるのですが、入れすぎると肌を乾燥させてしまったりすることがあります。一方、ミルクは、脂肪分が高く保湿効果を発揮してくれるんだとか。
ココナッツミルク石けん_a0091095_19311218.jpg

ココナッツミルク石けん_a0091095_19313764.jpg

まず、かなり硬い固形のココアバターから湯せんで溶かしました。固形の脂は、このように湯せんで溶かしていきます。
オリーブオイル、マカデミアナッツオイル、アボガドオイル、パームオイル、パーム核オイルもいれました。

ココナッツミルク石けん_a0091095_1932574.jpg

最後にココナッツミルクを入れるとこんな感じに。
ココナッツミルク石けん_a0091095_19334199.jpg

石けん作りをしてみて驚いたことのひとつは、香りづけの大変さ。やっぱり天然にこだわると、香りは自然とエッセンシャルオイルでということになりますが、100滴レベルで入れなければ、香りとして残りません。エッセンシャルオイルは高価なので、香りにこだわると、それだけで高価なものになってしまいます。
今日の香りは、ここではじめてお目にかかった、フランジパニ(プルメリア)のエッセンシャルオイル。ブレンドしなくても、香水のように良い香りです。
他にユーカリ、ライムも入れて計114敵を入れました。来週箱出し、切り分け、解禁日は3月20日頃です。
by imadataka | 2007-02-20 19:39 | チャレンジ | Trackback | Comments(2)
白樺ローズヒップ石けん その後
2月26日に使えるようになる白樺ローズヒップ石けん。切り分けたときと石けんの様子が大分変わっていたのでびっくり。
白樺ローズヒップ石けん その後_a0091095_2346589.jpg

あれれ、こんなにローズヒップが濃い色になってきました。あと約10日。早く使ってみたい。はじめて作ったカレンデュラ入りの基本石けんは、好評のうちあと一切れとなりました。

今日は、エステのお客様もお一人させていただきましたが、それ以外は終日ひたすら本を読み込んでいました。明日までにデトックス(解毒)に関しての原稿を書かないといけません。農薬だとか遺伝子組み替えの恐怖、有害ミネラル、化学物質の害について調べれば調べるほど、ため息が出てきました。というのも最近忙しくて食生活は乱れっぱなし。それを反省するとともに、今日は何としてもナチュラルハウス(自然食品店)で安心野菜を買って帰ろうと決意しました。
決意どおり22時の閉店前ぎりぎりに滑り込み。買うべき野菜をカゴに入れて、雑貨コーナに立ち寄ると、そこで目にしたのが白樺樹液で作ったという石けん。なんと120gの小さいかたまりが1個2100円! ああ、絶対自分で作って正解。ちょっと良い気分になりました。
by imadataka | 2007-02-15 23:54 | チャレンジ | Trackback | Comments(3)
白樺ローズヒップ石けん
先ほど、1月26日に作った白樺ローズヒップ石けんを切り分けました。前回作った基本の石けんより、ずっとやわらかくてスルスルと楽に切ることができました。

白樺ローズヒップ石けん_a0091095_1645067.jpg

ねぇこれ何に見える?気持ち悪くない?とデジカメで撮った写真をパソコン上でスタッフAに見せたところ、いや、おいしそう・・・というコメントが帰ってきました。

白樺ローズヒップ石けん_a0091095_16144360.jpg

私が、なんかコンビーフにみたいに見えるな~と独り言をいっていたら、横からスタッフAが、中がカスタードクリームでナッツも入っていて周りが甘くっておいしそうな焼き菓子に見える・・・とかなり具体的に表現してくれたので、笑ってしまいました。人によって随分違うんですね。スタッフAは、かなりの甘党です。

白樺ローズヒップ石けん_a0091095_1665224.jpg

ここで、1ヵ月ほど乾燥させます。左の2つは前回の基本の石けん。あと2切れに。
白樺ローズヒップ石けんは、オリーブオイル、マカデミアナッツオイル、ヘーゼルナッツオイル、ココナッツオイル、パームオイル、シアバター、ひまし油、ホホバオイルといったしっとり系の様々なオイルに白樺樹液、ローズヒップの粉ととてもリッチな材料たちで作りました。

1回目に作ったシンプルな基本の石けんですら、とても評判が良かったので、それならこの石けんは・・・と思うとワクワク、ドキドキ。見た目は、私はコンビーフだけど、おいしそうなお菓子っていう人もいるから悪くはないんでしょうか。

解禁日は、2月26日頃です。
by imadataka | 2007-02-07 16:20 | チャレンジ | Trackback | Comments(4)
元気になって石けん作り
昨日の夜、実はアーユルベーダのエステを受けに行ったのですが、脈診の結果はさんざんでした。
お酒を飲む余裕は全然ないのですが、ワイン飲みましたか?と聞かれ、もし、飲んでいないのにこの脈だということは、かなりストレスが強いってことですね~と驚かれてしまいました。
特に頭が疲れているので、寝る前2時間前にパソコンやTVはオフにして、ブログは、ぜひ早い時間にアップされては・・・とこれまたかなり大変な提案をされてしまいました。
昨日更新しなかった理由は、その辺にあるのですが、おかげさまで昨日はぐっすりと眠れました。

そして元気になって今日は朝から石けんを作りに行ってきました。今日は、白樺ローズヒップ石けんです。

北海道産の白樺樹液を水の代わりに使って、オイルもしっとり系、高価なものを使いました。前回作った石けんも、差し上げた方たちからは、洗い上がりがしっとりしたと評判が良かったのですが、今回の石けんは、もっとしっとりするそうです。

白樺樹液に苛性ソーダをまぜると、透明な液体がオレンジジュースのような色になってびっくり。
元気になって石けん作り_a0091095_188128.jpg

反応して温度が70度くらいに。45度くらいまで冷まします。
元気になって石けん作り_a0091095_1885357.jpg

ポイントは、まぜる材料を正確に測って入れること。簡単のようですが、液状のオイルは、オイルに伸びがあるので、ぴったり入れるのが案外むずかしいんです。
元気になって石けん作り_a0091095_189384.jpg

最後にローズヒップを入れて、まるでストロベリーのチョコレートみたくおいしそうにできました。
1Lの牛乳パックに入れて、とりあえず今日はここまで。パックから出して約1ヵ月後から使えるようになります。
元気になって石けん作り_a0091095_18102893.jpg

ミツロウとシアバターでリップクリームも作りました。これはすぐに使えます。うれしい!
元気になって石けん作り_a0091095_18105727.jpg

by imadataka | 2007-01-26 18:23 | チャレンジ | Trackback | Comments(2)
グラハム・ブレッド作りました
昨日の夕方は、マクロビ・パン教室に行ってきました。2回目です。今回のパンは、グラハム・ブレッド。
グラハム、イコール全粒粉という意味で使われていますけれど、グラハムの由来は、グラハムさんという人が白パンが最も価値あるものとされていたとき、胚芽など精製の際に捨てているところこそ栄養価が高いと唱えていたそうです。
しかし、それが認知されるのには時間がかかったとか。そのうち、小麦をまるごと挽いた全粒紛の価値が認められ、全粒紛のことをグラハム粉とも呼ぶようになったんだそうです。人の名前だったとは、知りませんでしたね。

グラハム・ブレッド作りました_a0091095_235769.jpg

強力粉150gに全粒紛100gです。
そして自家製(先生手作り)のりんごチップやクルミ、ピスタチオなどをこんなにたくさん入れ込みました。
グラハム・ブレッド作りました_a0091095_23574777.jpg

室温発酵で2倍以上の大きさになります。
グラハム・ブレッド作りました_a0091095_23591046.jpg

オーブンで焼くこと15分。わぁ~、まるでパン屋さんのパンみたいに立派!
グラハム・ブレッド作りました_a0091095_003613.jpg

前回のパンより、ちょっと複雑で、いろんな道具も必要だったので、家で再現できるかな~。
1日たって冷えても、モチモチした食感と中の具の感じが本当においしいです。
みなさんに、食べさせてあげたい!がんばって再現できるスキルを身につけたいです。
by imadataka | 2007-01-20 23:59 | チャレンジ | Trackback | Comments(0)
石けん解禁日
本日は、手作り石けん教室の先生Kさんが、エステに来てくださいました。石けんの作り方を教えていただいて、また、私も何かして差し上げられるって、なんだかとってもうれしいです。

年末から乾燥、熟成させている石けんはどうなったかといいますと、1月17日が解禁ということでしたが、昨日、乾燥場所を自宅からサロンに引越しました。K先生に、石けんの出来を見ていただきたかったのと、いつでも友人やお客様におすそ分けできればと思ってです。自宅では、こんなところに。
石けん解禁日_a0091095_23282720.jpg

石けん解禁日_a0091095_23285165.jpg


サロンでは少しおしゃれに。お歳暮でいただいたワインの木箱をゲット。
石けん解禁日_a0091095_23303713.jpg

石けん解禁日_a0091095_23253056.jpg

「ほんのりジェル化したのかな、いい感じ」と、評価をいただいて、私も満足。ジェル化とは、タネをパックにつめてから1日間、適度な保温で、石けんが透明ぽくなることです。ジェル化したから良いとか、悪いとかということでもないようです。
実はまだ使っていないのですが、はじめての作品をK先生にもらっていただきました。私も土日は、ゆっくり手作り石けんを味わってみます。
by imadataka | 2007-01-19 23:40 | チャレンジ | Trackback | Comments(2)
パンを焼く休日
今月は、怒涛のような1ヵ月が予想されます。うれしいことなのですが、エステのご予約をめいいっぱいいただいているのです。この3連休は、私にとって貴重なお休みです。
外は雨。家から一歩も外に出ず、パンを焼きながら、本を読んで過ごしました。
マクロビパン教室で習ったパンプキンシードオイル入りのパンを再現しようと思って、材料や道具をコツコツ買い集めていましたが、昨日やっとデジタルスケールを購入して実現にいたりました。
パンを焼く休日_a0091095_21141118.jpg

見た目は、ちょっと不恰好になってしまったのですが、お味はGOODです。お教室ではステビアハーブで甘味をつけたのですが、手に入らなかったので、代わりに黒蜜を入れてみました。ちょっと少なかったみたい。黒蜜をつけて食べましたが、それもおいしかったです。
パンを焼く休日_a0091095_21152926.jpg

私が石けんづくりをしているのを知って、スタッフがこの本をかしてくれました。「お風呂の愉しみ」は、少し前の本ですが、とてもヒットしましたね。日本のソーパー(石けんをつくる人)を増やすのに最も貢献した本ではないでしょうか。
パンを焼く休日_a0091095_21385036.jpg

著者の前田京子さんによると、髪を満足に洗えるかで、その石けんの良し悪しを判断しているとのこと。石けんで髪を洗うと髪がきしんで、それを乗り越えることが必然だと言われているのですが、良い石けんは、乗り越える必要もなく1回で洗髪後の満足感が得られるのだそう。
石けんで髪を洗ったことは、まだないのですが、この話にはびっくりしました。
それから、とても興味深かったのは、石けん洗髪用のお酢リンス「フランボワーズリンス」です。お酢のリンスは、においがどうなんだろうと抵抗がありますが、ブランボワーズビネガーのリンスは、香りが素晴らしいとか。
1月17日の石けん解禁日までに、このリンスも手に入れて、自作の石けんで髪を洗い、まずは石けん診断をしてみたいと思います。
by imadataka | 2007-01-06 22:15 | チャレンジ | Trackback | Comments(2)
手作り石けん 箱出し、切り分け
12月20日に作った石けん。スケジュールから言うと、28日に箱出し、30日切り分けとなっていました。
28日は忙しくてできなかったので、29日の朝、ほうじ茶の1Lパックに入れてあった石けんを取り出す作業をいたしました。

上からのぞく限り、かなり固まっているように見えるのですが、多少横に膨張している感があって、逆さにしたからといってすっぽり落ちてくるという感じでもありません。
冷凍庫に1時間くらい入れて出してから結露させて出すという方法も教わったのですが、とりあえず、ふつうの状態でパックの紙をひっぱがすようにしてなんとか取り出しました。

かなり大変でした。こんなもんかな~と始終心配になりながらも、ほうじ茶のパックはズタズタに。箱出ししたこのままの状態で1日間乾燥させました(本来は2日)。
手作り石けん 箱出し、切り分け_a0091095_13544845.jpg


明日用事があって切り分けできないので、本日決行。芋羊羹のように滑らかな中に、カレンデュラ(マリーゴールド)の花が黄色を保ってきれいに分散。なかなかよろしいのでは。
手作り石けん 箱出し、切り分け_a0091095_13552911.jpg

エッセンシャルオイルは、ラベンダーとゼラニウム。香りもグッドです。
ついでにpH試験紙があったので、計ってみるとpH9(下の紙)くらいかな。個所によって少し濃く出るところもあったので、なるべく素手で障らないように気をつけました。
手作り石けん 箱出し、切り分け_a0091095_13555738.jpg

通常の石けんはどうなんだ!と思いついて、そこにあった石けんに試験紙を擦り付けてみると、やっぱりこちらの方が7~8(上の紙)とマイルドでした。
予定だとあと3週間、風通しのよい冷暗所に置いて1月17日が解禁日。あと3週間置くことによって、さらにpHが下がってマイルドな石けんに仕上がるとのことです。
by imadataka | 2006-12-30 14:10 | チャレンジ | Trackback | Comments(3)
石けん作りに初挑戦
今日は、とうとう念願の石けんを作る!に挑戦しました。前回、石けんを作ってみたいと書いてから、さらにネットなどでいろいろ吟味した結果、このBluebellさんのホームページを見て、丁寧に教えてくださるような気配を感じました。そして、とうとう本日Bluebellさんで手作り石けんを教えていただくことに。

いろんな過程があってシャッターチャンスも多いのですが、苛性ソーダを使うことや、温度管理、かき混ぜる作業が忙しい・・・などなどで、あまりたくさんの写真は撮れませんでした。
石けん作りに初挑戦_a0091095_18341575.jpg

今回は基本の石けん。K先生のおすすめレシピで、オイルはオリーブオイル、パームオイル、ココナッツオイル、ひまし油を使いました。

難しいことはそんなにないのですが(基本的には温度に気をつけて材料をかきまぜるだけ)、微妙なケースがたくさんあって本などではなかなか伝わりにくい部分があるなぁ~と思いました。
石けん作りに初挑戦_a0091095_183798.jpg

ゴーグル、ゴム手袋、エプロン、マスクは必須です。
鼻が低い、ゴーグルが大きくて下がり気味・・・。
石けん作りに初挑戦_a0091095_18485655.jpg

最初の20分は休まずかき混ぜます。
私が以前から疑問に思っていた、使うオイルの種類でどういう石けんができるのかが、なんとなくわかってきました。あとは、実際に作った石けんを使ってみて、使用感を実感し、次なる石けんにつなげていくことが大切なのかな。

苛性ソーダにはちょっと緊張しましたけど、本当に楽しく丁寧に教えていただきました。またK先生のキャリアの深さにも感銘しました。
石けん作りに初挑戦_a0091095_18513998.jpg

今はまだ保温のためにタオルをグルグル。明日にはこれは取ります。
石けんタネを乾燥させて約4週間後、やっと使える状態になります。1月中旬にまた報告します!
by imadataka | 2006-12-20 19:03 | チャレンジ | Trackback | Comments(2)


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
紅塵渡口的緣分 上..
by 曾宪梓 at 17:47
他,有着黃種人特有的皮膚..
by zxxzx at 15:11
現在的我愈加迷茫、愈加看..
by 黎玥玥 at 12:39
我無權 抵押。赤血..
by 黎玥玥 at 15:07
在永年縣,活躍著一群鄉土..
by 睖 at 17:51
シアリスは日本での承認は..
by シアリス at 19:08
Cialisシアリス20..
by シアリス at 18:59
http://chayu..
by yy at 15:54
http://dfjav..
by yy at 12:57
http://vimax..
by obat pembesar penis at 13:00
検索
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧