Woman.excite Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
 
 

1966年東京生まれ。おとめ座。 佐伯チズ・チャモロジースクール・プロフェッショナルコースを第1期生として卒業。現在ビューティアドバイザー、エステティシャンとして奮闘中。 >Translation to English
 
2007年 01月 17日 ( 1 )
アロマテラピーとの出会い
アロマテラピーを勉強しているの、と言っても必ず、何ですか、それ?といわれてしまうほど前のこと。
今では(社)日本アロマ環境協会が行っているアロマテラピーの検定は、英検を受ける人より多いんだそうです。
私が何年から勉強しはじめたのか記憶があやしいのですが、多分1989年だと思います。
その当時九段にあったハーバードハウスの栗崎小太郎先生に教えていただきました。栗崎先生はイギリスのロバート・ティスランドに師事。日本でアロマテラピーをはじめた最初の人と聞いています。ですから私も日本の中ではかなり早くアロマテラピーを知ったことになります。
アロマテラピーとの出会い_a0091095_1511068.jpg

そのときの修了証が出てきてなつかしい。初級、上級、専科を修了。資料もこんなプリントでした。最後は研究科に行っていました。
アロマテラピーとの出会い_a0091095_15133689.jpg

今はアロマセラピーに関する本もよりどりみどりですが、1989年頃は「アロマテラピー 芳香療法の理論と実際(ロバートティスランド著)」が唯一バイブル本でしたね。
アロマテラピーとの出会い_a0091095_15144798.jpg

今は何刷なんでしょうか。これは平成元年(1989年)3刷です。
92年頃までは勉強していたのですが、その後の仕事の関係で、まったく離れることになります。世の中にアロマテラピーがどんどん認知されていく様を他人のごとく見ていました。

ところがここに回帰してきたという不思議な成り行き。
芳香浴の香りとともにあの頃のなつかしい思い出がよみがえってくる・・・。私にとって今やそんなアロマテラピーになっています。
by imadataka | 2007-01-17 15:23 | お手入れ | Trackback(1) | Comments(10)


カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
紅塵渡口的緣分 上..
by 曾宪梓 at 17:47
他,有着黃種人特有的皮膚..
by zxxzx at 15:11
現在的我愈加迷茫、愈加看..
by 黎玥玥 at 12:39
我無權 抵押。赤血..
by 黎玥玥 at 15:07
在永年縣,活躍著一群鄉土..
by 睖 at 17:51
シアリスは日本での承認は..
by シアリス at 19:08
Cialisシアリス20..
by シアリス at 18:59
http://chayu..
by yy at 15:54
http://dfjav..
by yy at 12:57
http://vimax..
by obat pembesar penis at 13:00
検索
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧