Woman.excite Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
 
 

1966年東京生まれ。おとめ座。 佐伯チズ・チャモロジースクール・プロフェッショナルコースを第1期生として卒業。現在ビューティアドバイザー、エステティシャンとして奮闘中。 >Translation to English
 
2006年 11月 01日 ( 2 )
28日(土)午前 カーニュ・シュル・メールへ
ニースより車で15分程のところにある、カーニュ・シュル・メール(Cagnes-sur-Mer)という村に行きました。
a0091095_1951084.jpg

カーニュ・シュル・メールには、印象派の画家ルノワールが、
66歳から78歳で亡くなるまで住んでいたコレット荘と呼ばれる家があります。
ルノワールは、晩年持病のリュウマチが悪化して関節の激痛と闘いながらここで暮らしていました。アトリエには、使っていた車椅子もありました。
a0091095_1948466.jpg

ルノワールの絵が、いつも幸福に満ち満ちているように見えるのは、「人生には不愉快なことがたくさんある、だからこれ以上不愉快なものを作る必要がない」という強い信念があったからだそうです。
美しく明るい画風とは裏腹に、つらい病気と闘っていた真実を知ると、また絵に違った奥行きを感じるようになりました。
オリーブの木を愛していたルノワール。お庭には、本当にたくさんのオリーブがあります。絵にだけではなく、家やお庭にも幸福があふれることを願う、ルノワールのキャンバスそのもののような素敵なお家でした。

カーニュ・シュル・メールの中心には、グリマルディというお城があります。運転手さんに、シャトー(Chateau)とかキャッスル(Castle)といってもピンとこないらしく、ルイン(Ruins)=廃墟といってやっとわかったようです。廃墟というほど落ちぶれた感じはなく、確かにこじんまりとはしていますが、雰囲気のある素敵なお城でした。
a0091095_1950769.jpg

a0091095_19503032.jpg

by imadataka | 2006-11-01 20:02 | 旅行、お散歩 | Trackback | Comments(0)
帰りました!
30日の夜、フランスから無事帰ってきました。
予想以上にハードスケジュールでしたが、とても充実した旅でした。
これからの私の人生(大袈裟?)に大きな影響を与えてくれる旅の始まりであったような気がしています。
同行してくださった通訳の聡子さん、スタッフのお二人に心より感謝いたします。
また、たくさんのコメントありがとうございました。フランスで読むみなさんのコメントは大変励みになりました。

28日(土)と29日(日)も遅ればせながら記しておきたいと思います。もうしばらくお待ちください。

a0091095_1312293.jpg


a0091095_131416.jpg

by imadataka | 2006-11-01 13:05 | 旅行、お散歩 | Trackback | Comments(6)


カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
紅塵渡口的緣分 上..
by 曾宪梓 at 17:47
他,有着黃種人特有的皮膚..
by zxxzx at 15:11
現在的我愈加迷茫、愈加看..
by 黎玥玥 at 12:39
我無權 抵押。赤血..
by 黎玥玥 at 15:07
在永年縣,活躍著一群鄉土..
by 睖 at 17:51
シアリスは日本での承認は..
by シアリス at 19:08
Cialisシアリス20..
by シアリス at 18:59
http://chayu..
by yy at 15:54
http://dfjav..
by yy at 12:57
http://vimax..
by obat pembesar penis at 13:00
検索
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧