いきものがかり よっちゃんのつぶやき
 

New Album
『My song Your song』

2008年12月24日発売
ESCL-3146/¥3,059(税込)

【収録曲】
1.プラネタリウム
2.気まぐれロマンティック
3.ブルーバード
4.スパイス・マジック
5.かげぼうし
6.帰りたくなったよ
7.message
8.Happy Smile Again
9.くちづけ
10.僕はここにいる
11.プギウギ
12.幻
13.心の花を咲かせよう
[bonus track]
14.帰りたくなったよ
-acoustic version-
この作品を購入する
よっちゃんのつぶやき100プラス45
明日10月15日、新曲「プラネタリウム」発売です。





高校1年のとき、突然コミニケーション不全に陥ってしまったことがあって。




あれは、なんだったんでしょうね、いまだにわからないのですが。




ある時期を境に、急にクラスメートと会話ができなくなってしまって。




いや、なにかきっかけになった出来事とかがあったわけでもなく、ただ”なんとなく”そうなったんですが。




月曜に学校に行って、一週間が終わるまで、クラスの誰とも話さないまま次の月曜を迎えるんです。




そんな日々を過ごしていた時期がありました。




これが不思議なもんで、他のクラスの奴とは話せるんですよ(笑)僕は、たまたま中学のときに塾が同じだった友達が他のクラスにいて、休み時間はそのクラスに行ってそいつらとしゃべってて。





とにかくデコボコのコミニケーションというか。




一方では、クラスの誰とも話さない無口な奴で、一方では、他のクラスからやってきてやたらしゃべる変な奴。





おかしなもんです。




コミニケーションに関しては、未だ欠けている部分が多々ある人間です。





友達をつくった方がいいとか、夢や希望を持っていた方がいいとか、ひとりの部屋から勇気を出して外の世界に出た方がいいとか。




それができてしまうひとは、それを当然のこととして、それが”あるべき幸せな姿”として、簡単に、そして悪気もなく、それができない人に言ってしまうのですが。





できないひとにとっては、それはとてつもなく大きな壁として目の前にあるんですよね。





朝、教室に行ってクラスメートに一言”おはよう”と声をかけることが、とてつもなく難しくて。


そもそも朝、家を一歩出ることが、部屋を一歩出ることがとてつもなく難しくて。





ただ、それでもみんな、自分の言葉が”善”であることを疑いもせず、簡単に「外に出ろ」と言ってしまうものです。





弱音を吐くと、「いや、それでも最後には自分で勇気を出して壁を破らないことには前には進めない」なんて言って、ほんともうおっしゃる通りとしか言えない正論を目の前に突き出してしまう。




できないひとにとっては、自分がダメだってことを叫ばれて、さらに証明してしまっているようで、もうどうしようもなくなるんです。





外に出られない自分はダメなんだ、夢や希望を持てない自分はダメなんだ…。

自分を肯定できるきっかけが、どこにもみつけられなくなっちゃうんですよね。


ひとかけらでいいから自分が存在していても良いということの自信を持ちたいのに、それさえも否定されてしまう。なんにもつかまるものがなくなってしまう。


だったらいっそ、夢や希望なんてなくたっていいって叫んでもらったほうが、よっぽど楽というか。






十代は、自分を責めることと、許すことの狭間で、静かに悩んでいましたね。






ミュージシャンという職業は、なんにせよ前向きなメッセージだったりを求められることが多いです(笑)


夢や希望を持てとか、言ってくれと。

母校の中学校では、僕らのことを話しながら先生が「夢をもつことの大切さ」を語ってたなんて噂も聞いて、もう恐縮しっぱなしというか(笑)


一方で、ちょっと腹立たしかったりとか(笑)
先生よ、自分の人生を使って、自分の言葉で生徒と向き合えよと(笑)


いやいや、少し話しがずれました。




夢や希望を持てないことを責めるのではなく、友達ができないことを責めるのではなく、部屋から出られないことを責めるのでなく。

そんなことをするより、今、悩みつつも、確かに呼吸をして、生きている自分を褒めてやるところから、歩いていけばいい、そう思います。





静かに、悩み続けているひとを、少しでも癒すものになってくれれば。

そんな風なことを思って、プラネタリウムのリリースを迎えています。
by ikimonogakari2 | 2008-10-14 19:53
<< よっちゃんのつぶやき100プラス46 よっちゃんのつぶやき100プア... >>