いきものがかり よっちゃんのつぶやき
 

New Album
『My song Your song』

2008年12月24日発売
ESCL-3146/¥3,059(税込)

【収録曲】
1.プラネタリウム
2.気まぐれロマンティック
3.ブルーバード
4.スパイス・マジック
5.かげぼうし
6.帰りたくなったよ
7.message
8.Happy Smile Again
9.くちづけ
10.僕はここにいる
11.プギウギ
12.幻
13.心の花を咲かせよう
[bonus track]
14.帰りたくなったよ
-acoustic version-
この作品を購入する
よっちゃんのつぶやき100プラス9


自分のなかに隠しもっていた”野球熱”が高まりまくりです…。




世界の中心で野球を叫びたい。





”野球のことがぁ、すぅきぃだからぁーーっ!!”




”キリンさんが好きです、でも野球さんのほうがもっと好きです!”




きっかけは”青春ライン”。


高校野球をテーマにしたアニメ「おおきく振りかぶって」の主題歌をやらせてもらったこと。



あれで、それまで心の中で冷凍保存されていた”野球愛”が、一気に電子レンジでチンされた感じです。

一瞬で、できあがっちゃった感じ。



でも、当初はまだ、完全には燃え上がってはいませんでした。




結婚してもう8年、忙しい毎日に追われながらも、まじめな夫と子供二人に囲まれて、平凡だけどささやかな幸せを感じていた主婦かおりさん。

そんなかおりさんに、突然送られてきた高校の同窓会の招待状。


同窓会の幹事は、大学2年まで付き合った初めての彼氏タカシだった。


かおりさんにふと蘇る、あの頃の淡い恋心。一瞬、戸惑うかおりさん。


でも、彼女はハッと気づいて、何かを振り切るように首を横に振る。


「わたしには、今の幸せがあるから…」





…ぐらいの、感じ。


まだ、踏み出し切れない感じ。









が、しかし。








そんな背中を、強烈に押してしまったのが、プレステの野球ゲーム「プロ野球スピリッツ」。


おもしろい。おもしろすぎる。




ギターの練習は、どんなに暇でも、やりたがらないのに。


プロ野球スピリッツはどんなに遅く帰ってきても、1試合やってしまう。




自分の名前のオリジナル選手をつくって。



なにが面白いって、顔とか体格とか道具とかプロフィールとか、全部こと細かに設定できること。



読売巨人軍。
投手・水野良樹。右投げ右打ち。12月17日生まれ、19歳で入団。

背番号68(ある程度、活躍させたら桑田真澄選手以来の18にさせるつもり)
身長171㌢(168㌢の水野君が夢の170㌢台をゲームでは達成)
顔(もちろん、めっちゃイケメンに設定。巨人の若手イケメンNo.1の坂本選手をモデルに設定。)



ゲームのなかで、水野くん、大活躍。




おもしろい。





現在、3年目で通算成績41勝2敗0セーブ12ホールド391奪三振。

1年目に新人王、2年目に最多勝、3年目に最多勝、最優秀防御率、最多奪三振。過去4度の月間MVP。2年目には槙原寛己選手以来となる完全試合を達成。



通算防御率0.59。超人。

年俸1億5000万円(推定)。







あくまで、ゲームのなかで。





予定では4年目から背番号18に変更。
8年目にFA宣言して、横浜ベイスターズに移籍するつもり。






なんて、おもしろいんだ。




一時は、好きなジャイアンツのレギュラー選手の名前さえ言えなくなるくらいプロ野球離れした時期があったのに。




ゲームをやっていくに連れて、対戦していく選手の名前を覚えてしまう。


その選手たちをテレビのリアルな野球中継で見て、さらに好きになってしまう。






むしろプロ野球の知識が乏しい自分が、ふがいなく思えてくる。




ほんとのファンの人に、ほんとのプロ野球おたくの人に、申し訳なくなってくる。






以前レコーディングでお世話になったクレイジーケンバンドのギタリスト小野瀬雅生さんは、自他認めるプロ野球ファン。



小野瀬さんいわく「支配下選手だったら、12球団1軍2軍のすべての選手、そらで言えますね。」




小野瀬さんいわく「落合博満※1がスイングするときの肘のたたみ方は、もはや神ワザです。」




巨人の栂野選手※2の漢字の読みがわからなくてプロ野球名鑑を調べた自分が情けない!!

広島の前田智徳選手※3が、天才のなかの天才だったということをつい最近まで知らなかった自分が情けない!!







理想のデートは、東京ドームで野球観戦です。





これから、アンケートの「ご趣味は?」の欄に、”プロ野球”って書けるように頑張ります。










※1
落合博満

現中日ドラゴンズ監督。独特の通称”神主打法”で、通算510本塁打。史上初の3度の三冠王、2年連続50本塁打など数々の偉業を成し遂げた大打者。


※2栂野

読売ジャイアンツの若手投手。栂野雅史(とがのまさふみ)。
今シーズンは開幕1軍入りを果たし、先発ローテンション入りを目指す。
ちなみに現在背番号はゲームで水野が付けている68。

※3前田智徳

広島東洋カープの外野手。
度重なるケガで何度も戦列を離れるものの、天性のバッティングセンスと不屈の精神で07年に2000本安打を達成。イチローや落合などの大打者が彼を”天才”と称する。ホームランを打っても「当たり損ね」とヒーローインタビューで語るなど、打撃に対して人並みはずれたこだわりをもつことでも知られる打撃の求道者。
by ikimonogakari2 | 2008-05-10 03:57
<< よっちゃんのつぶやき100プラス10 よっちゃんのつぶやき100プラス8 >>