いきものがかり よっちゃんのつぶやき
 

New Album
『My song Your song』

2008年12月24日発売
ESCL-3146/¥3,059(税込)

【収録曲】
1.プラネタリウム
2.気まぐれロマンティック
3.ブルーバード
4.スパイス・マジック
5.かげぼうし
6.帰りたくなったよ
7.message
8.Happy Smile Again
9.くちづけ
10.僕はここにいる
11.プギウギ
12.幻
13.心の花を咲かせよう
[bonus track]
14.帰りたくなったよ
-acoustic version-
この作品を購入する
よっちゃんのつぶやき30



なにを勘違いしたんでしょう。



どっかドラえもんとでも異次元に行っていたのでしょうか?



はたまた夢のなかでブログを書いていたんでしょうか?



夢のなかでも曲つくってるってことは締め切り前だとよくありますが(笑)



ふっとんで33まで行ってしまいましたね(笑)



あまりにもジャイアンツ愛が強かったんでしょうか、一気に長嶋監督の背番号に飛んでしまいました、失礼。


ということで、今回は戻って30。



30。



江川卓さんの現役時代の背番号ですね。



作新の「怪物」江川。ノーヒットノーランと完全試合を高校時代に何度もやり遂げ、当時の衝撃は同じく「怪物」と呼ばれたメジャーリーガーの松坂投手よりもすごかったようです。



現役生活たった9年で、130勝以上あげてますからね。テレビでおもしろおかしいこと言っているユニークなイメージも江川さんにはありますが、あの方はすさまじい人だったんですね、ええ。





なんだか野球熱がだんだん高まってきました。


僕がプロ野球に夢中になっていたのは、だいたい小学校から中学校くらいのあいだでね。

小学校では少年野球チームに入ってキャプテンやってたし、中学では野球部でキャプテンやってたりしてました。


昔からリーダーキャラのようです(笑)




中学校ではピッチャーで4番を打ってたこともあったんですよ、意外にも(笑)

なぜかみんなが投げられるカーブが投げられなくて、その代わり、中学生のくせにフォークボールを投げられるという変なピッチャーで(笑)

そのフォークが当時はやたらと落ちてね(笑)

なんでフォークを投げたかっつーと、小学校時代に同じ苗字の水野雄仁投手(現在プロ野球解説者)ってのがジャイアンツにいて、たしかフォークを投げていて、それに憧れて必死になって練習してたと思うんですよね。記憶が確かであれば(笑)




今はストレートさえままならないなぁ(-_-;)




中学生が人生のピークだった、肉体の衰えが止まらない24歳水野良樹であります。
by ikimonogakari2 | 2007-04-17 11:54
<< よっちゃんのつぶやき31 よっちゃんのつぶやき33 >>