execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
世界至高の寝具になるアイスランドのアイダー鴨に会った
 アイスランドのアイダーダックをご存知ですか?世界最高の寝具になるというアイダー・ダウンの産みの親。
 まずはこれをご覧あれ!
 手の中に握られた羽毛が、何十倍?ってくらい大きくなってびっくり。


 この鴨の保護区を見に行った時の話もどうぞ。


日本に輸入されると一枚ン百万円!それでも、一生に眠っている時間を考えると悪くない計算だと考える人がいてもおかしくないし、重さが無いほど軽く、暑くなりすぎなくて快適なので、それなら直輸入したいという人は以下のバナー先へどうぞ!
世界至高の寝具になるアイスランドのアイダー鴨に会った_c0003620_00494737.jpg

 (小倉悠加/ Yuka Ogura)世界至高の寝具になるアイスランドのアイダー鴨に会った_c0003620_13213440.gif  

# by ICELANDia | 2021-09-03 00:54 | Trackback | Comments(0)
孤島の国の孤島、2年ぶりのフラテイ島
8月も半ばを過ぎると急に秋らしさが増してくる。
8月はまだ夏のはずだけど、気配には秋が満載。日照はまだまだ長いけれど、肌寒さが夏では無いことを物語る。

2年ぶりにフラテイ島へ行ってきた。アイスランドに拠点を移して4年。そして結婚して丸4年が過ぎた。
離婚する夫婦の80%は4年以内に別れるそうなので、後の20%に入るかどうかがこれからの勝負(ふふ)。

心優しい夫が結婚記念日ということで用意してくれたのが今回のフラテイ島の度だった。
天気は悪かったけど、島の何もない感は最高だし、ピカイチの食事には恵まれて、楽しく過ごすことができた。
孤島の国の孤島、2年ぶりのフラテイ島_c0003620_23382988.jpg
話をあちこちに書き散らかすようで申し訳ないと思いつつ、どうするのが最適なのかちょっとよくわからずですが、後日この話はSamejima Timesに書くと思うので、連載をご覧いただければです。

それから、これからは少しインスタも写真を出すことが多くなると思うので、よろしければフォローしてくださいね!それでも、一番あれもこれも出しているのはTwitterなので、Twitterもよろしく〜(欲張り過ぎじゃ!)



(小倉悠加 / Yuka Ogura)
アイスランドの日常をお届けする小倉悠加のSNS
孤島の国の孤島、2年ぶりのフラテイ島_c0003620_06134016.png  
Twitter 


孤島の国の孤島、2年ぶりのフラテイ島_c0003620_06133349.jpg
Instagram



SAMEJIMA TIMESにて「こちらアイスランド」のコラム執筆中

アイスランドの文化、食、自然を現地からご紹介(休止中)↓
孤島の国の孤島、2年ぶりのフラテイ島_c0003620_06410063.jpg

# by ICELANDia | 2021-08-28 23:30 | News | Trackback | Comments(0)
パフィンを楽しんだウエストマン諸島のヘイマエイ島
夏なのであちこち出歩いてます。
7月末にウエストマン諸島のヘイマエイ島へ。ここにはお気に入りの夏限定レストランがあり、目的はグルメ。ではあるけれど、結局、パフィンを盛大に楽しんだのが一番印象に残ったので、写真をお裾分けしますね。

カメラマンが一番狙うのが、パフィンがエサの小魚を咥えているところ。今回はそれが一番最初に見たパフィンでした。そして、カメラマンのリクエストにでも応えるかのように、ずっとそこに立っていてくれたので、私でも撮れた!場所は島の西部にある公園のように整備された場所。
パフィンを楽しんだウエストマン諸島のヘイマエイ島_c0003620_00461891.jpg

パフィンを楽しんだウエストマン諸島のヘイマエイ島_c0003620_00461856.jpg
パフィンの写真を撮ろうと必死な人間の姿も撮れた(笑)。

次にパフィンを見かけたのは、島の最南端。牧場を通り、最南端の島をぐるりと回ろうとすると、目の前にかわいい鳥がわんさか!
パフィンを楽しんだウエストマン諸島のヘイマエイ島_c0003620_00461817.jpg


パフィンを楽しんだウエストマン諸島のヘイマエイ島_c0003620_00461816.jpg


パフィンを楽しんだウエストマン諸島のヘイマエイ島_c0003620_00461886.jpg

パフィンは崖に営巣しているので、写真を撮るといっても、崖っぷちは危ないため、なかなか大変。それでも、どれだけの数が営巣しているのか、少しはその賑やかな感じがこの写真でわかるでしょうか。

最南端の入り口(?)近くにパフィンの観察小屋があり、私が行った時はたまたま天気が良かったので、必要はなかったけれど、悪天候の日(特に強風の時)は、すごく便利ではないかと思った。ヘイマエイ島は強風で有名だし。

パフィンを楽しんだウエストマン諸島のヘイマエイ島_c0003620_00461979.jpg

小屋の中から見た光景で印象深かったのがこれ。iPhoneの写真ではよく見えないけど、下に羊がいて、上の方には無数のパフィンが居る。のどかだし、仲良く場所を分け合ってるのが、なんとなく微笑ましく写ったのでした。

ちなみにパフィンは8月半ばまでには旅立ってしまうので、見に行くなら6-7月がお勧めです。(小倉悠加 / Yuka Ogura)
アイスランドの日常をお届けする小倉悠加のSNS
パフィンを楽しんだウエストマン諸島のヘイマエイ島_c0003620_06134016.png  
Twitter 


パフィンを楽しんだウエストマン諸島のヘイマエイ島_c0003620_06133349.jpg
Instagram



SAMEJIMA TIMESにて「こちらアイスランド」のコラム執筆中

アイスランドの文化、食、自然を現地からご紹介(休止中)↓
パフィンを楽しんだウエストマン諸島のヘイマエイ島_c0003620_06410063.jpg

# by ICELANDia | 2021-08-18 00:55 | News | Trackback | Comments(0)
アイスランドの地獄湖(泳げる温水湖)へ行った話
 今年のアイスランド一周のハイライトはなんといっても地獄を訪れたこと!地獄といってもそれほど怖くはなかったけれど、でも怖かったかな(笑)。
 名前がViti(地獄)とされている温水湖。少しあったかいお湯なので、ゆっくりたっぷりと浸かれるほどの温度ではないものの、楽しく遊ぶことは可能。そして、道中のドライブがまたすごかった!

アイスランドの地獄湖(泳げる温水湖)へ行った話_c0003620_01251391.jpeg

 動画なども入れて、結構力を入れて書きました。興味ある人はぜひ読んでくださいね!
 
  
 普通の観光ではなかなかいけない場所です!(小倉悠加 / Yuka Ogura)
アイスランドの日常をお届けする小倉悠加のSNS
アイスランドの地獄湖(泳げる温水湖)へ行った話_c0003620_06134016.png  
Twitter 


アイスランドの地獄湖(泳げる温水湖)へ行った話_c0003620_06133349.jpg
Instagram



SAMEJIMA TIMESにて「こちらアイスランド」のコラム執筆中

アイスランドの文化、食、自然を現地からご紹介(休止中)↓
アイスランドの地獄湖(泳げる温水湖)へ行った話_c0003620_06410063.jpg

# by ICELANDia | 2021-08-12 00:58 | News | Trackback | Comments(0)
ストーンヘンジを目指す?アイスランドのアークティック・ヘンジ
誰がいつ作ったのかわからない世界の謎であるストーンヘンジ。見た目、ちょっとそんな感じではあるけれど、デザイナーがアイスランドの神話に基づいて考えて作ったのがこのアークティック・ヘンジ。まだ未完成な上、私が訪れた時は天気が悪かったにもかかわらず、意外にも建造物として楽しめた。

ストーンヘンジを目指す?アイスランドのアークティック・ヘンジ_c0003620_01524726.jpg
真ん中にいるのが私。

ストーンヘンジを目指す?アイスランドのアークティック・ヘンジ_c0003620_01524746.jpg

ストーンヘンジを目指す?アイスランドのアークティック・ヘンジ_c0003620_01524729.jpg

 見る角度により、微妙に変化する景観がなんとも興味深かった。数分も見ればいいかと思っていると大間違いで、天気のいい日であれば、ここに影もつくので、多分何時間でも飽きずに見ていられたような気がする。

ストーンヘンジを目指す?アイスランドのアークティック・ヘンジ_c0003620_01524707.jpg


ストーンヘンジを目指す?アイスランドのアークティック・ヘンジ_c0003620_01524745.jpg

アイスランドの北部のかなり辺鄙な場所にある。(小倉悠加 / Yuka Ogura)
アイスランドの日常をお届けする小倉悠加のSNS
ストーンヘンジを目指す?アイスランドのアークティック・ヘンジ_c0003620_06134016.png  
Twitter 


ストーンヘンジを目指す?アイスランドのアークティック・ヘンジ_c0003620_06133349.jpg
Instagram



SAMEJIMA TIMESにて「こちらアイスランド」のコラム執筆中

アイスランドの文化、食、自然を現地からご紹介(休止中)↓
ストーンヘンジを目指す?アイスランドのアークティック・ヘンジ_c0003620_06410063.jpg

# by ICELANDia | 2021-08-03 06:42 | 現地滞在レポート | Trackback | Comments(0)
ブログトップ | ログイン
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
ツイッターやインスタでアイスランドの日常もご覧いただけます。Twitter Instagram
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
丁寧にお返事ありがとうご..
by Ikue Ikeda at 12:06
> Ikue Ikeda..
by ICELANDia at 01:51
はじめまして、池田です。..
by Ikue Ikeda at 21:50
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム