Excite イズム Excite
都市生活者のためのライフスタイルマガジン

タグ:カミネ ( 3 ) タグの人気記事

ローマン・ゴティエの取扱いを今秋開始/神戸・カミネ

ローマン・ゴティエの取扱いを今秋開始/神戸・カミネ_f0039351_19474031.jpg

ローマン・ゴティエの取扱いを今秋開始/神戸・カミネ_f0039351_1957270.jpg

・上の写真はル・サンティエから眺めるジュウ湖
・下は本作の完成披露を行うローマン・ゴティエ氏

歴史的名作を多数生み、大手メゾンの工房も集積する時計の聖地、ヴァレード・ジュウ(スイス)。この地にアトリエを構える、独立時計の新星であるローマン・ゴティエの作品が今秋、神戸の老舗である正規時計宝飾専門店、カミネで取扱いがスタートします。

ローマン氏へのインタビューは過去3回行っており、引き合わせてくれたのは、同じヴァレード・ジュウにアトリエを構える時計のマイスター、フィリップ・デュフール氏でした。
というのも、いまから9年前、精密部品を製造する会社に勤めていたローマン(以下、継承略)がデュフールを訪ね、考案した時計、ムーブメントの図面を見せながら、「伝統技術を継承しつつも革新的な時計を作りたいのですが」と相談。いわばローマンにとってデュフールは、時計の師にあたるためです。
ローマン・ゴティエの取扱いを今秋開始/神戸・カミネ_f0039351_19493877.jpg

・ローマンが手掛けた本作に見入るデュフール


「自分の時計を作りたい。そういう思いを抱いて訪れる人は多いのですが、だいたいは、そこで終わってしまいます。ところが彼(ローマン)は、最初の訪問から3年ほど音信不通となった後、プロトタイプの完成品を持って再度、私の前にあらわれたのです。まだまだ未熟なものでしたが、発想の革新性と情熱は十分伝わってきました」と、昨年3月、スイスでデュフールは、このように話してくれました。
ローマン・ゴティエの取扱いを今秋開始/神戸・カミネ_f0039351_19511620.jpg

デュフールのアドバイスを受けて、ブラッシュアップを重ね、ようやく昨年(2010年)、ローマンは世界時計博「バーゼル・ワールド2010」にブースを構え、自作の発表を行うまでに。
ローマン・ゴティエの取扱いを今秋開始/神戸・カミネ_f0039351_2003233.jpg

そのブースには、我がことのように歓ぶデュフールをはじめ、ローマンの母や妻子の姿もありました。ショーの開始早々、2年がかりとなる予定製作数30点のうち、20点が予約で埋まるといったような盛況ぶり。

さて、世紀をまたいで継承されるスイスの時計作りの伝統技術をベースに、スクリューの形状などにローマンらしさが出ている本作は、ムーブメントの伝統的な組立て調整や磨きなどを、かつてスイスの高級時計ブランド、ブランパンの名作「グランコンプリ 1735」の制作責任者だったパトリック・マルタン氏が手掛けています。

なおローマン・ゴティエの作品は、年産15点ほど。日本における正規品は、カミネのみの販売となります。

ローマン・ゴティエの取扱いを今秋開始/神戸・カミネ_f0039351_19543084.jpg

ローマン・ゴティエの取扱いを今秋開始/神戸・カミネ_f0039351_1955336.jpg

ローマン・ゴティエ

Cal2206hms
ケース素材は18K WG(ホワイトゴールド)。
ケース径は41mm。厚さ:11.3mm。
手巻き。スモールセコンド付き。
パワーリザーブは約60時間。2万8.800振動。
22石。裏リューズ方式。シリアルNo.7。
価格682万5,000円

カミネ トアロード店 2F
〒650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町3丁目1-22
Tel.078-321-0039
営業時間;10:30-19:30(不定休)
http://www.kamine.co.jp/
by ism-watch | 2011-08-22 20:01 | カミネ

時計の超一流マニュファクチュール、モンブラン

時計の超一流マニュファクチュール、モンブラン_f0039351_17445882.jpg

モンブランの時計は、スイスにある2か所の工房で製造されています。
基本モデルは、ル・ロークル。伝統工芸品でありアートの域にあるコンプリケーション(複雑時計)はヴィルレで作られています。
時計の超一流マニュファクチュール、モンブラン_f0039351_17454910.jpg

かつてのモンブランは、実用性の高いリストウォッチに的を絞って提供してきました。こうしたモンブランが、複雑時計の開発・生産をスタートしたのは、2008年のことでした。スイス時計産業の聖地であるジュウ渓谷の麓にあるヴィルレを拠点とする名門時計メーカー、ミネルヴァ社(1858年創業)を、本社、工房、技術者を始めとする人的資産のすべてを傘下に収めたことが始まりです。
時計の超一流マニュファクチュール、モンブラン_f0039351_1746596.jpg

大自然が広がる古き良きスイスといった感のあるヴィルレの街。雪に閉ざされた今年1月、ヴィルレの工房に伺いました。約50名のスタッフのうち8割が時計師で、女性の意匠デザイナーも常駐していました。
時計の超一流マニュファクチュール、モンブラン_f0039351_1814264.jpg

時計の超一流マニュファクチュール、モンブラン_f0039351_1824593.jpg

雄大なアルプス山脈を見渡す大きな窓に向かい、熟練時計師たちが黙々と複雑時計を組み上げていくなか、まず最初の衝撃はムーブメントの心臓部であるヒゲゼンマイを製造していたこと。特殊な金属素材にオイルをかけながら、気の遠くなるような長時間をかけてゆっくりと伸ばし、素材のストレスを取るために、同じくらいの時間をかけて安定させます。完成した素材は、若い女性時計師の手により4等分にされていきます。彼女は息を詰めるようにしてピンセットだけで、この極小のゼンマイに巻き上げていきました。
時計の超一流マニュファクチュール、モンブラン_f0039351_1833128.jpg

時計の超一流マニュファクチュール、モンブラン_f0039351_1841086.jpg

時計の超一流マニュファクチュール、モンブラン_f0039351_184387.jpg

そのヒゲゼンマイを今度は、一族歴代、この工房で働いていたという熟年女性時計師が、先代から譲られたという、製造から100年以上経つという工具を使いバランスを取っていくのです。彼女の祖母も同じ工房で使ったというその機械は、世紀をまたぎ休む間もなく働き続けてるため、全体的に底光りをしていました。

よく時計のマニュファクチュール(自社一貫生産)という言葉が一人歩きをしていますが、ヒゲゼンマイまで自社で作っている時計メーカーは、スイスはもとより全世界でも数社しかありません。
時計の超一流マニュファクチュール、モンブラン_f0039351_1855252.jpg

ほかにも印象的だった、というか感動したのが、工房内にはミネルバ社の年表、年代を追うようにして各年代の写真が飾られており、ミネルバ時代の白衣を着た技術者もいたことです。傘下に収めたモンブランが、ミネルヴァに敬意を表していることが十二分に伝わってきたわけです。

かつてクロノグラフ(ストップウォッチ付きウォッチ)までを開発して、自社製品への搭載だけでなく、超一流の他社にも供給を行ってきた名門ミネルバの伝統は現在も継承されて、新たな革新技術とともにモンブランのコンプリケーションに生かされているのです。

この工房で生み出された、人類の英知の結晶である「ミネルヴァ・キャリバー13.21」という精緻を極めたムーブメントがあります。スワンネック緩急針を備え、デザインも極美、歯車の歯、エッジも面取りされ、目に見えない部分まで丹念に研ぎ抜かれた、生まれながらにしてのミュージアムピースです。
時計の超一流マニュファクチュール、モンブラン_f0039351_187228.jpg

この傑作ムーブメントを搭載したモンブラン「コレクション ヴィルレ 1858 ヴィンテージ パルソグラフ」を昨日、神戸にある高級ウォッチの正規品専門店「カミネ」で拝見しました(上の写真)。追ってその模様と、詳報をお伝えします。
by ism-watch | 2011-08-17 18:10 | カミネ

神戸・カミネでウルバン・ヤーゲンセン&ゾナーFAIR開催


神戸・カミネでウルバン・ヤーゲンセン&ゾナーFAIR開催_f0039351_22422452.jpg


200年以上に渡り、技術や伝統が連綿と受け継がれる時計メーカーURBAN JURGENSEN & Sonner (ウルバン・ヤーゲンセン&ゾナー)。技術的完成度が高く、最高の素材を用いて製作されたコレクションは、各国の高級時計通たちの注目を集めコレクターズアイテムとなっています。

こうしたウルバン・ヤーゲンセン&ゾナーの貴重なコレクションの数々を今回、カミネにおいて、期間限定にてご紹介いたします。この機会に是非ご来店ください。
期間:2010年5月29日(土)~同6月10日(木)
場所:カミネ トアロード店2F
住所:神戸市中央区三宮町3丁目1-22
電話:078-321-0039 Free dial 0120-02-7039
http://www.kamine.co.jp/index.html


【ウルバン・ヤーゲンセン&ゾナーとは】                       
ウルバン・ヤーゲンセンはデンマーク人でもともとデンマーク王室御用達の時計職人でした。1978年に現在のオーナーで、時計職人でもあるピーターボームベルガー氏が買収それ以来スイスビエンヌにてウルバン・ヤーゲンセンの時計は作り続けられています。

ウルバン・ヤーゲンセンの時計は外装、仕上げにこだわりを持ち、とくに文字盤と針の
クォリティーはほかのブランドでは考えられないくらい手間をかけて作られています。

ムーブメントはフレドリックピゲの自動巻きキャリバーをベースに使い、永久カレンダーモデルは自ら永久カレンダーモジュールを作っています。

ブランドの時計の仕上げに満足できない方から熱い支持を得ています。







神戸・カミネでウルバン・ヤーゲンセン&ゾナーFAIR開催_f0039351_22431758.jpg

【URBAN JURGENSEN & Sonner Collection】
リファレンス3                                        
“自動巻パワーリザーブ パーペチュアルカレンダー”

ムーブメントは35石の超薄型自動巻ムーブメントで厚さは僅か2.4mm。
パワーリザーブ表示が追加されたモデルで、多くのマリンクロノメーターにおいて、
ゼンマイの残量は非常に重要なファクターであり、独立した針でそれを表示する
ことが求められました。これは「アップ&ダウン」インジケーターとも呼ばれています。
このモデルのパワーリザーブ機構は従来のムーブメントに組み込まれているため、
その厚みは全く増えていません。この超薄型機構の開発には2年を要しました。
そうして30数点の部品と10個の石からなるパワーリザーブ機構が完成したのです。
このモデルは限定製作であって、例外はありません。ケースの種類はローズゴールド、
イエローゴールド、プラチナがあります。

・K18ケース;¥11,550,000
・プラチナケース;¥12,600,000





神戸・カミネでウルバン・ヤーゲンセン&ゾナーFAIR開催_f0039351_2244015.jpg

リファレンス9                                    
“自動巻パーペチュアルカレンダー”

このモデルは若きソフトウェアデザイナー、ヨアヒム・ボンド氏の依頼により製作されました。彼の依頼内容は、リファレンス2の曜日と月が窓表示になっているのを針表示にして欲しい、というものでした。伝統的な手仕上げによる永久カレンダー、ムーンフェイズ。超薄型自動巻ムーブメント(厚さ2.4mm)。美しい機械彫りの文字盤は自社のワークショップで製作されます。文字盤一枚の製作には700近い工程を要します。ケースの種類はローズゴールド、イエローゴールド、プラチナがあります。

・K18ケース;¥9,555,000
・プラチナケース;¥10,500,000
by ism-watch | 2010-05-24 22:45 | カミネ

松田朗
フリージャーナリスト
プロフィール
プレミアム腕時計の新製品情報。名作や限定モノなども紹介します。
カテゴリ
全体
BEST新宿 ISHIDA
ISHIDA
シェルマン
アンティークの魅力
OMEGA
ROLEX
RADO
HAMILTON ハミルトン
ROLEX正規品専門店レキシア銀座
Porsche Design
安心堂
宝石の八神
カミネ
アイアイイスズ
フィリップ・デュフォー
HF-AGE
タグ・ホイヤー
パテック フィリップ
IWC
アラン・シルベスタイン
ジャン・ルソー
ウブロ
クエルボ・イ・ソブリノス
美しいストーリー
AJHH
グラスヒュッテ・オリジナル
スピーク・マリン
SEIKO
A.ランゲ&ゾーネ
ユリス・ナルダン
パネライ
バーゼル・ワールドSIHH2008
ロジェ・デュブイ
ベル&ロス
U-BOAT
ブライトリング
ジャガー・ルクルト
Fコレクション
モーリス・ラクロア
貴人館
SWATCH
ジャケ・ドロー
オーデマ ピゲ
BALL
松本零士
TiCTAC
銀座菊水
アントワーヌ・プレジウソ
Cartier カルティエ
PIAGET ピアジェ
ファーブル・ルーバ
ダイナースクラブカード
独立時計師
エベル
モーリス・ラクロア
COURTS AND HACKETT
ヌベオ NUBEO
ユーロパッション
ルイ・エラール
SIHH2010
ヴァン クリーフ&アーペル
f.collection
バーゼル・ワールド
ブランパン
Baby-G
リシャール・ミル
サン・フレイム
ZEPPLIN
ノーブルスタイリング
sihh
モンブラン
バルマン
IKEPOD
oomiya
フランク・ミュラー
ck カルバン・クライン ウォッチ
グラハム
ブレゲ
ホテルラスイート神戸
シャネル
バーゼルワールド2012
ガガ・ミラノ
オーデマピゲ
ジラール・ペルゴ
キューバシガー
ボーム&メルシエ
コルム
cuba
ショパール
松本零士
ゼニス
ラルフ・ローレン
フォルティス
ブルガリ
エポス
ロンジン
WEMPE
ジャケ・ドロー
Sinn
社長の時計
あの人の時計が視たい
バシュロン・コンスタンタン
エルメネスト・ゼニア
バーゼルワールド2015
サントノーレ
カレライカレラ
SUNTO
F1フォーミュラー1
以前の記事
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧