Excite イズム Excite
都市生活者のためのライフスタイルマガジン

タグ:オービス ( 3 ) タグの人気記事

オメガ:シンディ・クロフォード登場、映画「ザ・ホスピタル・イン・ザ・スカイ」のアジア・プレミア開催

オメガ:シンディ・クロフォード登場、映画「ザ・ホスピタル・イン・ザ・スカイ」のアジア・プレミア開催_f0039351_1622363.jpg

左からオービスインターナショナル開発部長 ポール・フォレスト、
オメガ アンバサダー シンディ・クロフォード、オメガ副社長 インターナショナル セールス ディレクター レイナルド・アッシュリーマン


製品のクオリティアップ、ニューモデルのコンセプトの良さ、そしてPR。オメガの快進撃が止まりません―――
2015 年6 月16 日、香港のカイ・タク・クルーズ ターミナルにて、オメガは映画「ザ・ホスピタル・イン・ザ・スカイ」のアジア・プレミアを開催しました。

このドキュメンタリー映画は、オービスインターナショナルの“空飛ぶ眼科病院”でのシンディ・クロフォードの体験が描かれています。

今回のイベントには、この映画のナレーターもつとめた、オメガの長年のブランドアンバサダーのシンディ・クロフォード、オメガ副社長 インターナショナル セールス ディレクターのレイナルド・アッシュリーマン、そして、オービスインターナショナルの開発部長のポール・フォレストが参加しました。

オービスの”空飛ぶ眼科病院”は、特別に改造されたジャンボジェット機で、眼科病院、そして研修施設としての機能と設備を完璧に兼ね備えています。”空飛ぶ眼科病院”の1つのミッションを追った今回のドキュメンタリー映画「ザ・ホスピタル・イン・ザ・スカイ」は、オメガ制作による48 分の作品です。この中で、ペルーのトルヒーリョに着陸、活動中の”空飛ぶ眼科病院”を視察するシンディ・クロフォードと、彼女の娘、カイアの体験が映
し出されています。「これまで、数々の素晴らしい体験をしてきましたが、今回の旅は本当に特別な思い出となりました。このような得難い体験を娘と共有できたこと、そして、医師達の活動を手の届く距離で視察できたのは、忘れられません」とシンディはコメントしています。
.
今回の映画は、オメガとオービスインターナショナルが共同制作した、第2 作目となります。1 作目の「スルー・ゼア・アイズ」はダニエル・クレイグが出演し、モンゴルでの”空飛ぶ眼科病院”の活動が映し出されました。

上映会の後、オメガのアッシュリーマンは、「このような活動に関われる事を誇りに思います。視力は本当に大切なものです。オービスと一緒に仕事が出来るという事実は、オメガの社員にとって、大きなモチベーションになります。オービスの活動に参加していると感じられるからです」とコメントしました。


オービスインターナショナルは、非営利組織であり、ハイクオリティな眼科治療と、治療可能な失明撲滅活動を、世界中で行っています。また、僻地にいる医療従事者に対する研修も行っています。オービスのフォレスト氏は「飛行機が飛び立つ時は、現地スタッフの治療技術・知識が向上した事を意味します。その土地で、彼らは進んだ医療を提供できるようになり、地元民の生活を変える事ができるのです。この映画を見てもらえれば、我々の活動がいかに影響力があるものか分かっていただけるはずです」と述べました。


今夏、アジア、ヨーロッパ、ラテンアメリカの各地域では、ナショナル・ジオグラフィック・チャンネルで、このドキュメンタリー映画が放映される予定です。東南アジアでは、香港が最初の放送地となり、ナショナル・ジオグラフィック・チャンネルにて、6 月19 日(金)に放映され、その後、順次世界で放映されます

オメガとオービスインターナショナルについてはこちら:
http://www.omegawatches.com/planet-omega/social/orbis

オメガ:シンディ・クロフォード登場、映画「ザ・ホスピタル・イン・ザ・スカイ」のアジア・プレミア開催_f0039351_16231350.jpg

左からオービスインターナショナル開発部長 ポール・フォレスト、
オメガ アンバサダー シンディ・クロフォード、オメガ副社長 インターナシ
ョナル セールス ディレクター レイナルド・アッシュリーマン、Cyrus Chow
オメガ:シンディ・クロフォード登場、映画「ザ・ホスピタル・イン・ザ・スカイ」のアジア・プレミア開催_f0039351_16235069.jpg

左からシンディ・クロフォード、2007 年のミス・ワールド
ジャン・ズーリン


オメガ:シンディ・クロフォード登場、映画「ザ・ホスピタル・イン・ザ・スカイ」のアジア・プレミア開催_f0039351_16242996.jpg

シンガポールの女優、セレブリティYvonne Lim
オメガ:シンディ・クロフォード登場、映画「ザ・ホスピタル・イン・ザ・スカイ」のアジア・プレミア開催_f0039351_1625162.jpg

Halewinner Watches Group 社長のKarson Choi

オメガ:シンディ・クロフォード登場、映画「ザ・ホスピタル・イン・ザ・スカイ」のアジア・プレミア開催_f0039351_16253491.jpg

シンディ・クロフォードと娘のカイア、息子のプレスリー
オメガ:シンディ・クロフォード登場、映画「ザ・ホスピタル・イン・ザ・スカイ」のアジア・プレミア開催_f0039351_1626753.jpg

シンディ・クロフォード

オメガ:シンディ・クロフォード登場、映画「ザ・ホスピタル・イン・ザ・スカイ」のアジア・プレミア開催_f0039351_16263554.jpg

左からオメガ副社長 インターナショナル セールス ディレクター
レイナルド・アッシュリーマン、シンディ・クロフォード
オメガ:シンディ・クロフォード登場、映画「ザ・ホスピタル・イン・ザ・スカイ」のアジア・プレミア開催_f0039351_1627464.jpg

シンディ・クロフォード

(問)スウォッチ グループ ジャパン オメガお客様センター TEL:03-5952-4400
by ism-watch | 2015-10-10 08:27 | OMEGA

独占速報2/オメガ:ロンドンで「空飛ぶ眼科病院」との提携記念イベント開催




独占速報2/オメガ:ロンドンで「空飛ぶ眼科病院」との提携記念イベント開催_f0039351_19163087.jpg



<ドクター・ウォルターズ氏(写真):左 独占インタビュー>

Q: 今現在、FEH(フライング・アイ・ホスピタル【空飛ぶ眼科病院】)はどこで活動していますか?

A:アメリカのウィスコンシン州のオシュコシュで、資金集めの活動をしています。具体的には、FEHを一般に公開するというイベントで、1日約1500人に対してFEHに招待し、設備などをご覧いただいています。その他、VIP、元宇宙飛行士や地元の名士の人々もイベントにご参加いただいています。オービスの事をより一般に広めてほしいと思っています。それぞれの人がそれぞれのやり方で募金に参加してくださっています。


Q:そのイベントはどれくらいの期間行いますか?

A:10日間です。その後は、通常のミッション(治療・教育活動)の為、エルサルバドルに移動します。


Q:非営利団体にとって、資金集めは非常に大切な要素ですが、これまでのところ、状況はいかがでしょうか。

A:昨今の世界的経済不況を考えると信じられないかもしれませんが、実にうまくいっています。とは言っても、資金集め活動が簡単という意味ではありません。我々はいつもプロフェッショナルなアプローチで望んでいます。

例えば、今年の資金調達目標は、昨年の22%増しに設定しています。そして、今年の6月までの集計で、すでに目標の半分以上を達成できています。今後ももちろん力を入れていきますよ。


独占速報2/オメガ:ロンドンで「空飛ぶ眼科病院」との提携記念イベント開催_f0039351_1918643.jpg

Q:見通しは明るいという事ですね。

A:その通りです。例えばオメガのような有名一流企業のサポートを受けているという事実は、我々のネームバリューを上げてくれることにつながります。そして、世界中のメディアの方々にオービスの素晴らしい思想と活動を知ってもらう、これは我々にとって、資金調達の意味でとても重要な活動の一部です。

忘れてはならないのは、我々が受け取る資金は100%善行(この場合は世界の眼科医療の向上と失明率の低下)に使われているということです。私が強調したい点は、オービスは非営利の慈善団体ですが、その活動は一般のビジネス同様に効率的に行われています。つまり、受け取ったお金は1円の無駄もなく使用されているんです。それが我々の信念でもあります。



Q:実際の眼科治療・啓蒙活動と、ビジネス、その2つは同様に大切ということですね。

A:はい、“ビジネス”というのは、収益を上げるという意味ではもちろんありませんけどね。支援で受け取ったお金はすべて有効に、無駄なく使われているという意味です。

Q:“支援”という事に関して、オメガの支援は、実質的にどのようにオービスという組織を変えたのでしょうか?

A:2つの違った支援を受けていると認識しています。1つは、100万ドル以上の資金援助を受け、治療の幅が格段に広がったことです。例えば当然、より多くの薬が調達できますよね。つまり、資金援助のお蔭で、眼科治療を受けられる人、目が見えるようになる人が格段に増えたとうことです。

しかし、オメガからのサポートはそれだけではありません。オメガを通じての世間一般に対しての宣伝活動は計り知れないものがあります。例えば、あなたのようなジャーナリストに会える機会もその1つです。オメガがなければ、あなたにオービスの事をお話することもなかったでしょうからね。

我々はオービスの活動を信じて誇りを持って活動していますが、それだけでは足りません。活動を継続していくためには、より多くの人に我々の素晴らしい活動を知ってもらう必要があるのです。オメガのお蔭で、オービスの認知度は格段にアップしました。それは疑う余地がありません。オメガはメディアを通して、我々のPR活動を大々的にサポートしてくれているのです。一般の人々もそうなのですが、各国政府の認知度も確実に上がっています。大統領や首相ももちろん、メディアに触れるわけですからね。この事実は、オービスにとって、非常に重要な事です。

Q:現在、オービスが直面している問題はありますか?

A:取り組むべき細かい課題はありますが、大きな問題は今のところありません。当然、眼科治療を必要とする、しかし、治療が受けられない、より多くの人を救うこと、まだ我々の手の届かない人々が多くいる事は理解しています。それを解消するために日々、組織を大きくし、充実させているのです。例えば、来週はシンガポールに新しい資金調達事務所がオープンします。それをきっかけに活動が更に強化さるでしょう。世界の眼科医療の向上と不必要に失明する人を1人でも減らすために、やらなければならないことは山積みですが、正しい方向に進んでいると思っています。

その1はこちら
by ism-watch | 2012-08-06 19:19 | OMEGA

ロンドン発;独占速報1/オメガ「空飛ぶ眼科病院」との提携記念イベント開催

ロンドン発;独占速報1/オメガ「空飛ぶ眼科病院」との提携記念イベント開催_f0039351_1984696.jpg

オメガがロンドンで、ORBISインターナショナルの「空飛ぶ眼科病院」とのパートナーシップ記念イベントを開催しました。

スイスの高級時計ブランド「オメガ」(OMEGA)は、予防可能な失明を防ぐ、「ORBIS(オービス)インターナショナル」をサポートしています。

この活動をより広めるため、2012年7月29日、ロンドン・SOHOのオメガハウスにて、記者会見を行いました。
ロンドン発;独占速報1/オメガ「空飛ぶ眼科病院」との提携記念イベント開催_f0039351_19211619.jpg

オメガは2011年、ORBISインターナショナルと共同で、「Through Their Eyes(スルー・ゼア・アイズ)」と題するドキュメンタリーフィルムを製作しました。

ORBISインターナショナルは、質の高い眼科医療を世界中の僻地に届ける活動を専門とする非営利組織です。ソーホーのオメガ ハウスでこのフィルムが上映され、その後、ORBISの会長を務めるロバート・ウォルターズ博士、オメガのステファン・ウルクハート社長、パラリンピックのスーパースターで大英帝国勲章第5位(MBE)の受勲者であるジャニス・バートンを迎えたパネルディスカッションが行われました。

ロンドン発;独占速報1/オメガ「空飛ぶ眼科病院」との提携記念イベント開催_f0039351_19214660.jpg

「Through Their Eyes」では、ダニエル・クレイグがナレーターを務めています。ジェームズ・ボンド役を演じる俳優として最もよく知られるクレイグは、モンゴルを訪れ、ORBISインターナショナルの医療専門家、技術者およびパイロットからなるチームに合流します。そして、目の見えない子どもたちの人生を変える、視力回復手術に立ち会います。

ロンドン発;独占速報1/オメガ「空飛ぶ眼科病院」との提携記念イベント開催_f0039351_1995124.jpg

<記者会見出席者>
●オメガ社長:ステファン・ウルクハート氏(写真右)
●オービス・インターナショナル筆頭役員:ドクター・ロバート・ウォルターズ(左)
●元パラリンピック 水泳イギリス代表:ジャニス・バートン氏(中央)


(ドクター・ウォルターズ)
オービスは眼科医療の状況改善に尽力していますが、今ここに居るあなたも状況を変えられる、その事を伝えたいと思います。

オービスは非営利の慈善団体で、世界の貧困地域で目の治療と眼科医療の改善活動を行っています。世界の失明人口は約3千9百万人。その約90%が貧しい発展途上国です。しかし、適切な治療さえ受けられれば、その4万人近い失明の80%は予防可能か治療可能なんです。失明して生まれた子どもの、5歳までの生存率は50%です。これは実に深刻な問題です。又、ある程度歳を重ねてから失明するケースももちろん深刻です。社会に貢献できない、又は社会に参加できない可能性があるからです。

オービスはそんな状況、主に貧しい地域で起こりますが、を改善すべく日夜活動しています。

そんな活動には資金がもちろん必要ですから、我々にとって資金集めは極めて重要なタスクです。そんな意味も含めて、今回のように、オメガと共同の記者会見は非常にありがたく感じています。オービスの活動精神に共感してくださるなら、どんな人にもその人なりの支援をしていただけます。



(ウルクハート社長)
Q:どのようにオメガとオービスの関係が始まったのか教えてください。

A:2006年、ロンドンで、ダニエル・クレイグと話し合ったのが始まりです。何か社会的に意味のある活動を通してオメガのアンバサダーになることを了解してくれました。そこでオービスが候補に挙がったわけです。調べてみると他の慈善機関と比べて、活動の透明性が高く、実地活動に重きを置いている団体だとわかりました。そこからですね。

じつは、数か月前、ベトナムで治療・啓蒙活動している、オービスのFEH(フライング・アイ・ホスピタル【空飛ぶ眼科病院】)を訪れる機会に恵まれました。その時、オービスの実際の活動を見学し、スタッフの人々と話をし、改めてオービスの活動の意味深さを確認できました。実際に現地に赴き、それぞれの地域に根付いた活動をしているのが、オービスのユニークで素晴らしいところだと思います。

ロンドン発;独占速報1/オメガ「空飛ぶ眼科病院」との提携記念イベント開催_f0039351_1913471.jpg

(パラリンピックメダリスト ジャニスさん)
Q:オービスの活動に対してどのようなご感想を持たれましたか?

A:深く感動しました。ドキュメンタリー映画の放映中、何度も泣きそうになりました。私の目が今後見えるようになる可能性はありませんが、もしあったとしたら、その喜びは言葉にもできないでしょう。

21歳の時に完全に失明した後しばらくは、人生をどのように過ごしたらいいのかまったくわかりませんでした。しかしその後、障がい者スイミングを始めることになります。

水泳を始めて4年後の1984年が、私にとって1回目のパラリンピックでした。結果、1つの金、2つの銀、3つの銅メダルを獲得することができました。その後も練習を積んで、次のソウル・パラリンピックでは、1つの金、3つの銀、3つの銅メダルを獲得しました。1992年のバルセロナは、私にとっては最高のパラリンピックになり、3つの金と4つの銀メダルを家に持ち帰ることができました。しかし、その次のパラリンピックでは、力のある若手が沢山台頭してきたこともあり、金メダルは1つも獲得できませんでした。



(ドクター・ウォルターズ)
Q:オービスの活動範囲を教えてください。

A:80ヵ国以上で活動しています。ただそこに飛んで行って、一時的な治療を施すのではなく、そこの地域に持続可能な治療インフラが整うまで、長期間の付き合い方をしています。中国やインドの地域では30年以上活動して、最近ようやくわれわれの手を離れるようになった地域もあります。

ポイントは、その地域の医師・看護婦を教育・啓蒙することにあります。それが持続可能な眼科治療に繋がります。

医師としてチャレンジングでもあり、興味深くもあるのは、その地域ごとに独特の症状があることですね。


Q:各国政府との付き合い方について教えてください。

A:政府との良い関係は、地域に根付いて治療活動を行う上で欠かせないものです。そして、その関係は、年を追うごとに良くなっていると思います。政治家や官僚は、皆FEHと一緒に写真を撮りたがりますよ。



Q:セレブリティ―(ダニエル・クレイグ)がオービスの活動に関わることについて教えてください。

A:それは素晴らしい事です。普段我々の手の届かないところまで、オービスの事を知らしめてくれますからね。セレブリティ―の言動は、我々の想像力をかきたててくれます。

例えば、ダニエル・クレイグ(オメガ・アンバサダー)は、本当に真剣に活動に関わってくれています。よくありがちな、広告だけの表面的なかかわりではなく、オービスの活動を理解し、心からサポートしてくれています。この前、モンゴルに彼が活動を視察に来た時の真摯な態度からもそれは明らかです。



(パラリンピックメダリスト ジャニスさん)

Q:今の時点で何かプレスに対してメッセージはありますか?

A:そうですね。失明して、元に戻る望みのない人に対してですが、決して願いを捨てないでほしいということです。それと、自立して生活することに常に努力することがとても大切だ、ということです。


(ウルクハート社長)
最後にオービスの話題で締めさせてください。ウォルターズ氏が資金集めの話をされていましたが、私には“資金集め”すること自体が信じられないのです。こんな素晴らしい活動をしている団体には資金は自然に集まってきてしかるべきだと思うからです。本来なら、十分に資金はあるから、募金は断るくらいでなければならないのです。そんなオービスという団体のパートナーでいられることは我々オメガにとっても誇りです。資金援助は元より、オービスの精神を1人でも多くの人に知ってもらうため、今後も世界的なPR活動を続けていくつもりです。
by ism-watch | 2012-08-06 19:14 | OMEGA

松田朗
フリージャーナリスト
プロフィール
プレミアム腕時計の新製品情報。名作や限定モノなども紹介します。
カテゴリ
全体
BEST新宿 ISHIDA
ISHIDA
シェルマン
アンティークの魅力
OMEGA
ROLEX
RADO
HAMILTON ハミルトン
ROLEX正規品専門店レキシア銀座
Porsche Design
安心堂
宝石の八神
カミネ
アイアイイスズ
フィリップ・デュフォー
HF-AGE
タグ・ホイヤー
パテック フィリップ
IWC
アラン・シルベスタイン
ジャン・ルソー
ウブロ
クエルボ・イ・ソブリノス
美しいストーリー
AJHH
グラスヒュッテ・オリジナル
スピーク・マリン
SEIKO
A.ランゲ&ゾーネ
ユリス・ナルダン
パネライ
バーゼル・ワールドSIHH2008
ロジェ・デュブイ
ベル&ロス
U-BOAT
ブライトリング
ジャガー・ルクルト
Fコレクション
モーリス・ラクロア
貴人館
SWATCH
ジャケ・ドロー
オーデマ ピゲ
BALL
松本零士
TiCTAC
銀座菊水
アントワーヌ・プレジウソ
Cartier カルティエ
PIAGET ピアジェ
ファーブル・ルーバ
ダイナースクラブカード
独立時計師
エベル
モーリス・ラクロア
COURTS AND HACKETT
ヌベオ NUBEO
ユーロパッション
ルイ・エラール
SIHH2010
ヴァン クリーフ&アーペル
f.collection
バーゼル・ワールド
ブランパン
Baby-G
リシャール・ミル
サン・フレイム
ZEPPLIN
ノーブルスタイリング
sihh
モンブラン
バルマン
IKEPOD
oomiya
フランク・ミュラー
ck カルバン・クライン ウォッチ
グラハム
ブレゲ
ホテルラスイート神戸
シャネル
バーゼルワールド2012
ガガ・ミラノ
オーデマピゲ
ジラール・ペルゴ
キューバシガー
ボーム&メルシエ
コルム
cuba
ショパール
松本零士
ゼニス
ラルフ・ローレン
フォルティス
ブルガリ
エポス
ロンジン
WEMPE
ジャケ・ドロー
Sinn
社長の時計
あの人の時計が視たい
バシュロン・コンスタンタン
エルメネスト・ゼニア
バーゼルワールド2015
サントノーレ
カレライカレラ
SUNTO
F1フォーミュラー1
以前の記事
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧