Excite イズム Excite
都市生活者のためのライフスタイルマガジン

<   2006年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

パテック2526初期型の上品な専用ブレス付きモデル

f0039351_08771.jpg

f0039351_082911.jpg

トロピカル専用のブレスレットは、いくつか種類があります。
代表的な物に“ホタテ”と愛称がつけられているヘビータイプの
ブレスレットが存在しますが、なかなか癖が強く、
ブレスレットに勝てる方は多くはないでしょう。
f0039351_09014.jpg

今回ご紹介のシンプルなブリックパターンの専用ブレスレットは、
決して嫌味にならず、アイボリー陶製文字盤とあいまって
華やかな時計を演出してくれます。トロピカル本体は初期型の
クラックのない“エクボ”文字盤を持ち、なかなかのコンディションを
維持しています。
トロピカルもこの価格も厳しくなりつつあります。
探していた人は、購入の好機到来です。

パテック・フィリップ
Ref.2526。1950年代製。自動巻。
18KYGケース。Cal.12-600。価格577万5000円。
※説明及び表記はシェルマン銀座店 広報部
by ism-watch | 2006-08-30 00:04 | アンティークの魅力

ルクルトのメモボックス

f0039351_23474844.jpg

f0039351_2348431.jpg

1949年から手巻きのムーブメントを搭載し、販売が開始された
アラームウォッチの代表モデルのメモボックス。文字盤に刻まれ
る“ジャガールクルト”のフルネームモデルは、スイスメイドの証
しとして人気が集中しますが、それは作りの硬質感、凝縮感に
あるのでしょう。ただ、アメリカンパッケージ“ルクルト”でも、
今回のようなモデルが存在します。特に文字盤ははじめて
見るつくりで、彫刻されたアワーマーカーは、別ピースになって
おり、ポインターディスクを含め3ピース構造になっています。
青焼き秒針をはじめ、リューズも筆記体のイニシャルが彫刻され、
年代は異なりますが、オリジナルの尾錠もついています。

一見すると地味なメモボックスに見えるかもしれませんが魅力
満載のマニアックなモデルと言えるでしょう。
f0039351_23483175.jpg

f0039351_23494025.jpg

ル・クルト メモボックス
【C760】/SPEC 1950年代。手巻き。10KGFケース。
Cal.814。径34㎜。価格29万9250円
※説明及び表記はシェルマン銀座店 広報部
by ism-watch | 2006-08-29 23:54 | アンティークの魅力

フィリップ・デュフォーさんが来日中!!

f0039351_1325685.jpg

 時計のパーツのほとんどの部分を、完全手作業により地金から切り出して磨き上げて作る、至高の独立時計師フィリップ・デュフォーさん。「スイス時計の揺りかご」といわれるジュウ渓谷で生まれ育ち、この地にアトリエを構えて、世界最高峰にある頂上時計ブランドの黒子に徹して悶絶級のコンプリケーション(複雑時計)の設計・開発なども過去には行い、現在は朝から深夜まで、そして休日も返上し自信の作品『シンプリシティ』の製作に全力を注いでいます。
 熱烈なファンを多く持つ独立時計師で、私自身も、その名を聞くだけで胸が熱くなります。
 そんなデュフォーさんが、ディストリビューターである東京・銀座にある名門時計店シェルマン銀座店において、ファンたちと触れ合う催し「独立時計師フィリップ・デュフォーとすごす時間~ひととき」を開催中です(2006年8月28日月曜日まで。開催時間は各日11:00時から19:00まで)。初日の金曜日は、数多くのプレス関係者や遠方から駆けつけたデュフォー作品の愛用者、納品を待っている人で賑わいました。
f0039351_1331557.jpg

 会場となった同店には、デュフォーさんが持ってきた、製作途中と仕上げを施したパーツ類や、自らが作り使用している時計工具なども展示されています。
f0039351_1333531.jpg

f0039351_1335314.jpg

 気さくで飾らなく、誰からも愛される人柄のデュフォーさんがいる、この催し期間中の店内は、ご本人がくゆらすパイプタバコ「ガリバルディ」の、ナチュラルで少しキューバシガーのような香気が漂い、まるでデュフォーさんのスイスのアトリエのような空気感に包まれます。
デュフォーさんに会いたい人は、まだ間に合います。
詳報やトピックスは追って、お知らせする予定です。
by ism-watch | 2006-08-26 13:09 | フィリップ・デュフォー

アラン・シルベスタインのニューモデル

f0039351_0225819.jpg

 円、三角、四角を巧みに組み合わせて構築する、ドイツ・バウハウス系デザインを時計に取り入れる「アラン・シルベスタイン」が、『ル・レベイユGMT』の発表から6年を経た、2006年春の世界時計博「バーゼル・ワールド2006」で『ル・レベイユGMTチタン』を発表しました。

 モデル名が示すように、ケースには、硬く粘りがあるため切削・研磨が難しく、アレルギーフリーで肌に優しいとされるチタンを採用していますが、これがSS(ステンレススティール)素材並に美しいポリッシュ仕上げをされているのです。

 ダイヤルのインナーリングも2層式のフラットなものとなり、立体感を保ちつつも広くなったため、優れた視認性を実現しています。

 また、サファイア風防にも新しい工夫が見られ、従来はガスケットの上からの装着でしたが、このモデルはケース内側に溝を刻み、ガスケットを埋め込んでサファイアを嵌めるという手法が取られています。何がいいたいかというと、サファイアの上から見えていたガスケットが見あたらなくなり、より広いダイヤル面積を実現しています。

【SPEC】
自動巻ムーブメントCal.(キャリバー)LJP5900を搭載。ケース径37㎜。厚さ14㎜。100m防水。両面反射防止処理済みのサファイア風防。ラバー・ストラップ。チタン・ケース。ダイヤルカラーは写真のホワイトの他に、ブラック、グレーの3色で展開。各色・限定500本。価格134万4000円。

お問い合わせ/
モントレ・ソルマーレ
℡03-3833-4211
by ism-watch | 2006-08-25 00:27

Bell&Ross BR01 クロノグラフ


f0039351_2222168.jpg
 ブルーノ・ベラミッシュ氏とカルロス・ロシロ氏。この2人が1991年、パリで創業したBell&Rossは、時代を超えたハイファッション性と堅実な作り込みから、ファッション通はもとより航空パイロットらスペシャリストをも魅了する時計ブランドです。

『BR01 インストゥメント』は、ハイレベルな時計技術士、デザイナー、時計ユーザーの知識を集結することで誕生。ケースサイドに4本のビスを配するなど飛行機の計器がモチーフで、信頼性を基本に高性能かつ優れた視認性を備えます。
まさに「機能が形を作る」という、同社の哲学を具現化したアイテムといえそうです。

【SPEC】
BR01-94 クロノグラフ
自動巻ムーブメントCal.ETA2894を搭載。
ケース径46㎜。無反射コーティングされたサファイア風防。100m防水。レザー・ストラップ(ベルクロ式の合成繊維ストラップと交換用レンチ2本が付属)。
価格:
52万5000円(SSケース)
55万6500円(ブラックコーティング)

お問い合わせ/
ワールド通商℡03-3549-3011
by ism-watch | 2006-08-24 22:23

リトモ・ムンドが知花くららさんを称賛

f0039351_20225547.jpg

 先ごろ、このコーナーで、表参道にある正規時計店「タイムラウンジISHIDA」で行われた、ビバリーヒルズにて創業した新進時計ブランド「リトモ・ムンド」にまつわるトピックスを紹介しました。
詳報は→コチラ
 その素敵な催しに大きな花を添えた、2006ミス・ユニバース日本代表の知花くららさんが、2006ミス・ユニバース・インターナショナル2位に輝いたことはさまざまなニュースメディアで報道されたため皆様もご存じだと思います。
f0039351_20231159.jpg

f0039351_20232599.jpg

 リトモ・ムンドは、その授賞式のパーティを後援しており、会場にはリトモ・ムンド社オーナーであるアリ・サルターニ氏も出席し、知花さんの功績とトータルな美しさを称賛していました。
by ism-watch | 2006-08-24 20:26

オメガ新作展が大阪でも開催されます

f0039351_1255016.jpg

f0039351_126495.jpg

先に紹介した、オメガの新作コレクションのお披露目と予約、入荷モデルについては販売も行う「オメガ バーゼル新作展2006」が、オメガブティック青山で開催中(2006年8/20日曜日まで)。
写真は内覧会の時のもので、多くのプレスらが訪れて賑わいました。

 なお、この催しは、オメガブティック大阪(同8/26~9/18)、オメガショップ銀座(同9/23~10/15)でも開催されます。
by ism-watch | 2006-08-17 12:07 | OMEGA

P.スピーク・マリンが国内で本格始動開始

f0039351_122325.jpg


 時計のディストリビューターである東邦時計がこのほど、独立時計師であるピーター・スピーク・マリン氏の作品の取り扱いをスタート。
f0039351_1233194.jpg

このほどホテルオークラにおいて、作家ご本人を招いてお披露目を行いました(写真)。

 スピーク・マリン氏といえば、フランク・ミュラー氏を輩出し、あのフィリップ・デュフォー氏も在籍する独立時計師協会「AHCI」所属の次世代のスター。欧州では既に、その作品が時計専門誌の表紙を飾ったりするほど人気が高く、キング・オブ・ダイヤモンドことハリー・ウィンストンの時計のムーブメントを手掛けるなどして全世界的に話題を提供しています。

 また、東邦時計が展開する、リシャール・ミルをはじめ、ブレゲやカルティエ、ロレックスなどを扱う超高級時計店「M&Rサロンドモントレ銀座店」では、2006年9/15、16の両日、スピーク・マリン氏を含む数名の時計師とふれ合うことができるフェアが実施されます。
 関西では同9/17、18に、芦屋のレザープレシャスで開催。

 その作品をはじめ詳報については、追ってご紹介したいと思います。

お問い合わせ/M&Rサロンドモントレ銀座店
℡03-5537-5805
by ism-watch | 2006-08-17 12:04

安心堂タイムキューブがオープン


f0039351_0164544.jpg

f0039351_017086.jpg

東海エリアを拠点に、パリとロスにも支店を持つ正規時計・宝飾販売店「安心堂」がこのほど、ロレックスを中心にブライトリング、ゼニス、タグ・ホイヤー、グラハムの5ブランドを扱う“エレガントなライフスタイルを満喫する大人の男性のための時計専門店”「安心堂タイムキューブ」(静岡市葵区呉服町1-6-1)をオープンしました。

1階はまさにロレックス・サロンといった趣で、2階では4ブランドを展示しています。

f0039351_0173678.jpg

f0039351_018036.jpg

そして3階が時計修理工房「カビノチェ」となっていて、ここには安心堂全体を象徴する、「時計を購入後、お客様に安心して使い続けてもらうためにコストをかける」といった“一流正規時計店の良心”がつまってるのです。
f0039351_0181871.jpg

国内に2000店ほどあるとされるロレックス正規取扱店の中で、わずか2%に過ぎない「日本ROLEX技術公認店」。安心堂はこれを象徴するショップで、ロレックス認定技術者の国内第1号となる滝沢共栄さん(写真)をはじめ、5人の実力者が在籍しています。
ロレックスの純正パーツもそろっていて、オーバーホールも自店で行えるのです。

f0039351_0183558.jpg

オープン前日のプレスデーには、安心堂浜松店の時計マネージャー大村氏のエスコートにより、スピーディーなドリブルと強靱な体力を誇るジュビロ磐田のサイドアタッカー、太田吉彰選手(背番号17番=写真)の姿もあって、来場者を驚かせていました。
時計好きの太田選手が当日、着けていた時計はブレゲ『アエロナバル』。「次はグラハムかゼニスを狙いたい」と話してくれました。
by ism-watch | 2006-08-10 00:23 | 安心堂

ジラール・ペルゴ「CHARMY TANAKA YOKOHAMAナイト」

f0039351_23213053.jpg


f0039351_23214528.jpg


 スイスの高級時計メーカー、ジラール・ペルゴ社の一族、フランソワ・ペルゴ氏は1861年、江戸時代の末期に来日した、初のスイス人として知られています。

 また、「ジラール・ペルゴ」も、国内に初めて正規輸入された高級舶来時計とされています。

 スイス製ウォッチを日本に伝えるために来日して、生涯を横浜で過ごし、若くしてこの夜を去ったフランソワ・ペルゴ氏にオマージュを捧げるため、ジラール・ペルゴは2006年、簡単な操作で世界各地の時間を表示するワールドタイマー『ww.tc フランソワ・ペルゴ』日本限定モデルを発表しましたが、このモデルのお披露目を主体とするイベントがこのほど、横浜・元町にある正規時計・宝飾販売店「CHARMY TANAKA」で大々的に催されたのです。
f0039351_2322096.jpg

 夕方から外人墓地でフランソワ・ペルゴ氏の墓参を行い、その後同店に戻って、エレガントな時計サロンでのレセプションへと続きました。ジラール・ペルゴの日本代理店CEOであるフレデリック・レイス氏も一連の催しに参加され、それは盛大なものとなりました。

ちなみに、3人で写っている写真の右の男性(中村健司氏)が、『ww.tc フランソワ・ペルゴ』のシリアルナンバー250番を購入。 そして左の紳士が、同店社長の田中孝太郎氏です。当日の模様は、田中氏自身のブログにも詳細が綴られているので必見です。
by ism-watch | 2006-08-09 23:26

松田朗
フリージャーナリスト
プロフィール
プレミアム腕時計の新製品情報。名作や限定モノなども紹介します。
カテゴリ
全体
BEST新宿 ISHIDA
ISHIDA
シェルマン
アンティークの魅力
OMEGA
ROLEX
RADO
HAMILTON ハミルトン
ROLEX正規品専門店レキシア銀座
Porsche Design
安心堂
宝石の八神
カミネ
アイアイイスズ
フィリップ・デュフォー
HF-AGE
タグ・ホイヤー
パテック フィリップ
IWC
アラン・シルベスタイン
ジャン・ルソー
ウブロ
クエルボ・イ・ソブリノス
美しいストーリー
AJHH
グラスヒュッテ・オリジナル
スピーク・マリン
SEIKO
A.ランゲ&ゾーネ
ユリス・ナルダン
パネライ
バーゼル・ワールドSIHH2008
ロジェ・デュブイ
ベル&ロス
U-BOAT
ブライトリング
ジャガー・ルクルト
Fコレクション
モーリス・ラクロア
貴人館
SWATCH
ジャケ・ドロー
オーデマ ピゲ
BALL
松本零士
TiCTAC
銀座菊水
アントワーヌ・プレジウソ
Cartier カルティエ
PIAGET ピアジェ
ファーブル・ルーバ
ダイナースクラブカード
独立時計師
エベル
モーリス・ラクロア
COURTS AND HACKETT
ヌベオ NUBEO
ユーロパッション
ルイ・エラール
SIHH2010
ヴァン クリーフ&アーペル
f.collection
バーゼル・ワールド
ブランパン
Baby-G
リシャール・ミル
サン・フレイム
ZEPPLIN
ノーブルスタイリング
sihh
モンブラン
バルマン
IKEPOD
oomiya
フランク・ミュラー
ck カルバン・クライン ウォッチ
グラハム
ブレゲ
ホテルラスイート神戸
シャネル
バーゼルワールド2012
ガガ・ミラノ
オーデマピゲ
ジラール・ペルゴ
キューバシガー
ボーム&メルシエ
コルム
cuba
ショパール
松本零士
ゼニス
ラルフ・ローレン
フォルティス
ブルガリ
エポス
ロンジン
WEMPE
ジャケ・ドロー
Sinn
社長の時計
あの人の時計が視たい
バシュロン・コンスタンタン
エルメネスト・ゼニア
バーゼルワールド2015
サントノーレ
カレライカレラ
SUNTO
F1フォーミュラー1
以前の記事
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧