Excite イズム Excite
都市生活者のためのライフスタイルマガジン

カテゴリ:OMEGA( 225 )

銀座の新スポット/フォト①~オメガ

銀座の新スポット/フォト①~オメガ_f0039351_19511848.jpg

銀座の新スポット/フォト①~オメガ_f0039351_19514837.jpg

写真/上重 泰秀 JOJU YASUHIDE




松屋銀座ビル中央通り外壁に出現した、オメガの巨大クロノグラフ
http://blog.excite.co.jp/i-watch/8700258/
先週、金曜日行われた点灯式の様子をご紹介させていただきます。

この点灯式には、岩崎恭子〈元オリンピック代表〉、フー・ビン〈元オリンピック選抜メンバー〉、神山雄二〈松屋本店店舗運営担当次長〉、森本道子〈オメガ事業本部長代理〉が出席〈敬称略〉。

報道陣を集め、一般ギャラリーら多くの人が足を止めました。



銀座の新スポット/フォト①~オメガ_f0039351_2129163.jpg

by ism-watch | 2008-07-28 19:51 | OMEGA

今宵、銀座に巨大クロノグラフが出現~オメガ

スイスの時計メーカー〈オメガ〉は、今季の北京オリンピックの公式計時を務めます。

そんなオメガが今夜(2008年7月25日)から、東京・銀座にある松屋銀座ビル中央通り外壁に、五輪計時というスリリングな世界観を表現することに。

写真判定カメラが捉えたトップアスリートたちの隣に、直径11.28mの、オメガ〈スピードマスター・プロフェッショナル〉のカテゴリーであるクロノグラフ(ストップウォッチ+積算機能付きウォッチ)のビジュアルが出現するのです。

なお時計の針照射時間は毎日午後6:00~深夜0:00まで。期間は2008年8/24までとなります。

今夜の点灯式には、岩崎恭子〈元オリンピック 代表〉、フー・ビン〈元オリンピック選抜メンバー〉らが参加。水泳の岩崎さんといえば、バルセロナ大会から帰国後、凱旋パレードのころにインタビューをさせて頂いたことを思い出します。そのころ岩崎さんは、オメガと同じスウォッチグループ傘下にある〈スウォッチ〉を気に入って着けていました。

今夜、フォトセッションもあるので、エレガントなオメガが似合う、大人の女性となった岩崎さんの左腕にも注目してみます。
by ism-watch | 2008-07-25 16:20 | OMEGA

オメガがファインレザーコレクションを発表



オメガがファインレザーコレクションを発表_f0039351_19134576.jpg

オメガがファインレザーコレクションを発表_f0039351_1929661.jpg

スイスの時計メーカー、オメガがこのほど、ファインレザーコレクションを発表しました。オメガブティックのあるニコラス.G.ハイエックセンター内「シテ・ドゥ・タン」(東京/銀座)で催された発表会ではまず、オメガ事業本部長である森本氏が挨拶があり、続いてマーケティングマネージャーの岡部氏によるプレゼンテーションを実施。

催しとしては、ロボットデザイナーの松井龍哉氏と、ロボット「POSY」が登場。
拍手が鳴りやまないなか、松井氏、森本トークセッションが行われました。

モデルのジャンフランコ・シモーネ氏や倉本康子氏といったスペシャルゲストが華を添えました。
オメガがファインレザーコレクションを発表_f0039351_19292541.jpg

男性誌の編集長らがモデルとなり、オメガの時計とファインレザーコレクションをコーディネートして披露する場面もありました。
by ism-watch | 2008-02-21 19:29 | OMEGA

コーアクシャル脱進機の優位性②トークセッション

コーアクシャル脱進機の優位性②トークセッション_f0039351_18581372.jpg

コーアクシャル脱進機の優位性②トークセッション_f0039351_18583689.jpg

コーアクシャル脱進機の優位性②トークセッション_f0039351_18585349.jpg


先に記述したニコラス.G.ハイエックセンター内「シテ・ドゥ・タン」(東京/銀座)でのプレゼンテーションに続いて、ドイツ人ウォッチジャーナリストのギズベルト・ブルーナー氏と、タレントとしてTVでも活躍中の山田五郎氏によるトークセッションが行われました。
テーマは「時計作りの歴史、発展、そして未来」、「ヨーロッパの時計業界事情」、「OMEGAコーアクシャルについて」。

「機械式時計が発明されたのは、いまからおよそ1200年前のヨーロッパ。時計の基本原理は、唯一といえるほど欧州独自の発明とされています。ガリレオに始まりニュートンへと続く科学革命は、経度の発見と、時計の発明が大きく貢献したように思います。ちなみに経度を発見したのは英国人のジョン・ハリソン。1800年代から使われ続けた時計のレバー式脱進機というメカニズムは、つい最近までの腕時計全般に使われてきました。しかし1978年にコーアクシャル脱進機が発明されて、この画期的な機構を量産化できたのがオメガ」と山田氏。

これを受けてブルーナー氏は、「一般的にスイス式と呼ばれるレバー式脱進機は、精度面での信頼性が高く、日常で長く使えるという大きな利点を挙げることができます。しかし、チャームポイントは、給油と定期メンテナンスが欠かせない点。車のエンジンと違って時計のムーブメントは、24時間休むことがなく、精密パーツ間に多大な負荷がかかるのです。この点を克服すべく、主要パーツ間への負荷の軽減という快挙を成し得たコーアクシャル脱進機の製造にオメガが手を挙げ、現在までに20万個ともいえる製品化を実現しているのです。レバー式脱進機からコーアクシャル脱進機への以降は、時計の歴史の中で700年の大ジャンプといえるでしょう。今後、オメガでは、まだまだ克服すべき点はあるのでしょうが、コーアクシャル・パーツのシリコン化などの進化を推進していくことでしょう」などと述べました。
by ism-watch | 2008-02-21 19:02 | OMEGA

コーアクシャル脱進機の優位性①


コーアクシャル脱進機の優位性①_f0039351_19373880.jpg

コーアクシャル脱進機の優位性①_f0039351_19375326.jpg

このほどオメガ、ブレゲといった高級時計ブランドの直営ブティックのあるニコラス.G.ハイエックセンター内「シテ・ドゥ・タン」(東京/銀座)で、オメガ本社のウォッチメーカー、シラノ・デヴァンシー氏(写真)による、「OMEGA-コーアクシャル脱進機の優位性」と題するプレゼンテーションが実施されました。

その中でデヴァンシー氏は、センタートゥールビヨンの責任者という立場であり、オメガのCal.8500、8501について、「この二つの機械は、1970年後半以降、30年ぶりとなるオメガの100%マニュファクチュール・ムーブメント。モジュールや互換パーツといったような、一切の流用・転用はなされていません。テンプの内側にマイクロスクリューを設置し、この慣性モーメントにより微調整を行います。ですから緩急針は備えていないのです」などと話しました。
by ism-watch | 2008-02-21 19:00 | OMEGA

緊急! 今日と明日、日本橋三越でオメガのイベント開催!!


緊急! 今日と明日、日本橋三越でオメガのイベント開催!!_f0039351_037367.jpg
『オメガ エキシビション~オメガ コーアクシャルの世界』(2008年1月21月曜日まで)開催中の日本橋三越で、本日1月19日(土)と、20日(日)の両日、スイス オメガ社より来日するウォッチメーカー(時計技術者)が、時計の組み立ての実演と解説を行います。

ウォッチメーカーの卓越した技術とともに、オメガが誇るコーアクシャル ムーブメントを実際にご覧いただける希少な機会となります。

1回目:13:00~13:45 2回目:15:30~16:15
両日各2回開催。


『オメガ エキシビション~オメガ コーアクシャルの世界』では、オメガ独自の脱進機“コーアクシャル”を搭載したムーブメントの精緻な世界をご紹介しています。

また、コーアクシャル搭載モデルの中でも最高峰に位置する究極の腕時計「デ・ビル コーアクシャル センタートゥールビヨン」が今回日本初公開となりますほか、オメガ30年ぶりのマニュファクチュールムーブメント搭載モデルとして話題の「アワービジョン」を中心に、フルコレクションが展示されています。


『オメガ エキシビション~オメガ コーアクシャルの世界』
期    間:2008年1月15日(火)~1月21日(月)
イベント開催:2008年1月19日(土)、20日(日)
1回目:13:00~13:45 2回目:15:30~16:15
両日各2回開催
会    場:日本橋三越本店 本館1階 中央ホール

なお写真のモデルは、
商品名:オメガ デ・ビル コーアクシャル センタートゥールビヨン(日本初公開)
商品番号:513.53.39.21.99.001 価格:\12,421,500円(税込標準)
by ism-watch | 2008-01-19 00:37 | OMEGA

変革期を迎えたオメガ


変革期を迎えたオメガ_f0039351_16432724.jpg

変革期を迎えたオメガ_f0039351_16434342.jpg

 エキサイトismブランド腕時計ガイド特集vol.2として、upさせて頂いたのがオメガ。


そのオメガがいま、変革期を迎えています。
その鍵となるのが、30年ぶりに自社開発したマニュファクチュール機械式ムーブメントCal.8500、8501。
オメガの技術者チームがメインスプリングをはじめ、新しく202ものパーツを設計。開発までに7年もの歳月を要しています。

既存ムーブメントをベースに設計する風潮にあって、ゼロスタートから開発、すべてのパーツが完全オリジナルというのは、莫大なコストがかかります。

ムーブメントの寿命、定期メンテナンスの間隔を、飛躍的に伸ばすことができたコーアクシャル脱針機を組み込んだ、この革新的なムーブメントが搭載されたオメガ『アワービジョン』について先ごろ、銀座中央通りにありオメガ ブティックも入っているニラコス・G・ハイエックセンター14F「シテ・ドゥ・タン」でプレス向けのセミナーが開催されています。
by ism-watch | 2007-11-29 16:44 | OMEGA

オメガCSツアー


オメガCSツアー_f0039351_1313564.jpg


2007年11月20日(火)、銀座中央通りにあるニコラス・G・ハイエック センターでオメガCS(カスタマーサービス)ツアーが催されました。

CS部長・ドミニク・ウィルデ氏によるプレゼンテーションがあり、オメガ事業部・事業部長である森本道子氏はマニュファクチュール及び高級ブランド化を推進するオメガのブティック展開などについて述べました。
オメガCSツアー_f0039351_1315765.jpg

オメガを筆頭にブレゲ、ブランパン、グラスヒュッテ・オリジナル、ジャケ・ドローほか、スウォッチグループ傘下の時計メーカーのカスタマーサービスは5F~7Fにあって、大々的にプレスにお披露目されるのは初めてのこと。CSではメンテナンスのための時計の受付から見積もり、オーバーホール、ケースやブレスのポリッシングから納品まで一連を実施しています。

また、2006年度よりオメガは、スイス本社で時計技術者に対してベーシックなオートマティックからクロノグラフ、自社開発した高精度ムーブメントと段階的に厳格なテストを実施。すべてにパスしたメカニックは晴れて「オメガ認定ウォッチメーカー」となる。
オメガCSツアー_f0039351_1321936.jpg

この「オメガ認定ウォッチメーカー」の、栄えある第1号こそが、ニコラス・G・ハイエック センターにいる日本人ウォッチメーカーの南康彦氏(写真)。
南氏の経歴や将来の展望、オメガへの熱い思いなどを伺っているので、後日ご紹介させて頂きます。
by ism-watch | 2007-11-21 01:33 | OMEGA

オメガのイベントにジョージ・クルーニー登場3



オメガのイベントにジョージ・クルーニー登場3_f0039351_1557548.jpg

※右側の人物は、オメガ社CEOであるステファン・ウルクハート氏

【ジョージ・クルーニー】
私は、今年になって、オメガのファミリーになったとは思っていないのです。実は、40年もの間ファミリーだと思ってきました。
1969年にアポロが月面着陸に成功した時にオメガは重要な役割を果たしたけれど、それと同じ時計を叔父が僕にプレゼントしてくれたのです。
そして、僕の父もまた、オメガを45年間も愛用していました。それも先日譲り受けましが、これがその時計です。箱に入ったままの時計を取り出して、リュウズを巻いたら、しっかりと動き出したのです。
オメガは、青年の頃の僕にとってインスピレーションを与えてくれた人生の一部なのです。本当に、このオメガ・ファミリーの一員となれてとても光栄です。
最後にひと言、『オーシャンズ14』では、必ずこのビルをターゲットにしたいと思います!
by ism-watch | 2007-08-08 15:58 | OMEGA

オメガのイベントにジョージ・クルーニー登場2

オメガのイベントにジョージ・クルーニー登場2_f0039351_1555265.jpg

↑パーティにて。菊地凛子さんが花束&お茶のセットを贈呈。それに対してジョージ・クルーニーは、「シェービングブラシじゃないよね」とお茶目な受け答えをするシーンも。



スウォッチ グループ ジャパン株式会社 社長【アーレット・E・エムシュ】

みなさん、本日は、ようこそお越しくださいました。今日の特別な日に、オメガのアンバサダー(親善大使)であるジョージ・クルーニーさんほど、ふさわしい方はいないでしょう。先ごろオープンしましたこのニコラスG.ハイエックセンターは、歴史ある銀座通りに面しています。そして、このビルの建築デザインは、坂(ばん)茂さんが手掛けて下さいました。この土地には、オメガと関係の深いエピソードが秘められています。第二次世界大戦後まもなく、日本でオメガを購入してくださった、オメガと縁の深い方からお譲りいただいた土地なのです。今回の記念すべき展示は、生産開始から今年で50周年を迎えたスピードマスターです。オメガは、この時計を通じて、宇宙と地球の将来にかかわっているのです。後ほど、ゆっくりとご覧下さい。
**最後に映画「オーシャンズ・シリーズ」で華麗なる大泥棒を演じるジョージ・クルーニー氏にひと言ジョークを飛ばした。
「クルーニーさん、時計をご覧になったら、ちゃんとショーケースに戻してくださいね」





オメガ本社社長【ステファン・ウルクハート】

ジョージ・クルーニーさんが、オメガ・ファミリーのメンバーになったのは今年の3月1日からです。今までにも、人生における偉大なビジョンを持った方々がファミリーの一員になってくれています。
今年で生誕50周年という長い歴史があるスピードマスターは、私どもが将来も重要と考えているモデルです。その証として、ソーラーインパルスとも契約を果たしました。あらためて、この記念すべき日にジョージ・クルーニーさんが、東京までお越しくださったことに深く感謝いたします。
by ism-watch | 2007-08-08 15:56 | OMEGA

松田朗
フリージャーナリスト
プロフィール
プレミアム腕時計の新製品情報。名作や限定モノなども紹介します。
カテゴリ
全体
BEST新宿 ISHIDA
ISHIDA
シェルマン
アンティークの魅力
OMEGA
ROLEX
RADO
HAMILTON ハミルトン
ROLEX正規品専門店レキシア銀座
Porsche Design
安心堂
宝石の八神
カミネ
アイアイイスズ
フィリップ・デュフォー
HF-AGE
タグ・ホイヤー
パテック フィリップ
IWC
アラン・シルベスタイン
ジャン・ルソー
ウブロ
クエルボ・イ・ソブリノス
美しいストーリー
AJHH
グラスヒュッテ・オリジナル
スピーク・マリン
SEIKO
A.ランゲ&ゾーネ
ユリス・ナルダン
パネライ
バーゼル・ワールドSIHH2008
ロジェ・デュブイ
ベル&ロス
U-BOAT
ブライトリング
ジャガー・ルクルト
Fコレクション
モーリス・ラクロア
貴人館
SWATCH
ジャケ・ドロー
オーデマ ピゲ
BALL
松本零士
TiCTAC
銀座菊水
アントワーヌ・プレジウソ
Cartier カルティエ
PIAGET ピアジェ
ファーブル・ルーバ
ダイナースクラブカード
独立時計師
エベル
モーリス・ラクロア
COURTS AND HACKETT
ヌベオ NUBEO
ユーロパッション
ルイ・エラール
SIHH2010
ヴァン クリーフ&アーペル
f.collection
バーゼル・ワールド
ブランパン
Baby-G
リシャール・ミル
サン・フレイム
ZEPPLIN
ノーブルスタイリング
sihh
モンブラン
バルマン
IKEPOD
oomiya
フランク・ミュラー
ck カルバン・クライン ウォッチ
グラハム
ブレゲ
ホテルラスイート神戸
シャネル
バーゼルワールド2012
ガガ・ミラノ
オーデマピゲ
ジラール・ペルゴ
キューバシガー
ボーム&メルシエ
コルム
cuba
ショパール
松本零士
ゼニス
ラルフ・ローレン
フォルティス
ブルガリ
エポス
ロンジン
WEMPE
ジャケ・ドロー
Sinn
社長の時計
あの人の時計が視たい
バシュロン・コンスタンタン
エルメネスト・ゼニア
バーゼルワールド2015
サントノーレ
カレライカレラ
SUNTO
F1フォーミュラー1
以前の記事
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧