Excite イズム Excite
都市生活者のためのライフスタイルマガジン

開幕のロンドン五輪/アクアティックセンターにオメガは新時計技術を導入

開幕のロンドン五輪/アクアティックセンターにオメガは新時計技術を導入_f0039351_12241738.jpg

ロンドン五輪開幕にあたって、オメガタイミング ボードメンバーのピーター・フルツラー氏(上の写真)は、オリンピックパーク内のアクアティックセンターにて、メディアを対象に、計時システムを紹介しました。
開幕のロンドン五輪/アクアティックセンターにオメガは新時計技術を導入_f0039351_12241926.jpg

スターティングブロック
ロンドン大会で、水泳選手たちは新しいスターティングブロックを使用します。オメガは最高のスタートを提供するため、画期的に取り組んでいます。特許を有する、角度の調節が可能なスタート台から、ひざを90度に曲げることで、スタートの合図から飛び込むまで、ブロックにかける力を有効の使い、最高のポジションからのスタートが可能になります。
開幕のロンドン五輪/アクアティックセンターにオメガは新時計技術を導入_f0039351_1225533.jpg

開幕のロンドン五輪/アクアティックセンターにオメガは新時計技術を導入_f0039351_1225846.jpg

開幕のロンドン五輪/アクアティックセンターにオメガは新時計技術を導入_f0039351_12254255.jpg

スイミング・ショー
また、その新しいスターティングブロックには、画期的な”スイミング・ショー”と呼ばれる照明が取り付けられ、これも今回のオリンピックでデビューを果たします。ゴール地点のプール端にあるスタート台のタッチパッド横に証明が取り付けられており、スタート台にある大きなライトが1つ点灯するとそのレーンの選手が1位、中くらいの大きさのライトが2つ点灯で2位、小さなライトが3つ点灯で3位となります。
開幕のロンドン五輪/アクアティックセンターにオメガは新時計技術を導入_f0039351_12255346.jpg


クァンタム・アクアティック・タイマー
1マイクロ秒(1秒の100万分の1)という精度を誇るクァンタム・タイマーとクァンタム・アクアティクス・タイマーは、オメガの計時製品に新しい時代の到来を告げるデバイスです。
精度は、これまでのデバイスの100倍におよぶ高精度です。クァンタムは0.1ppmの精度を提供します。つまり、最大偏差はわずか1000万分の1秒、つまり、1000秒毎に1000分の1秒しかありません。これまでのデバイスは精度が0.5ppmであったことを考えると、新しいデバイスは5倍も精度が高くなります。この精度は、タイマーにマイクロ クリスタル社の部品を組み込むことで実現しました。
開幕のロンドン五輪/アクアティックセンターにオメガは新時計技術を導入_f0039351_12263934.jpg

メインユニットに組み込まれたコンプリート・バックアップも画期的な特徴の1つです。独立したクロックを16個内蔵し、128の入力と32の出力が可能です。バックアップシステムは各自独立した電源を確保しているので、停電の場合には互いに影響しません。
開幕のロンドン五輪/アクアティックセンターにオメガは新時計技術を導入_f0039351_12265355.jpg

独立したクロックが16個内蔵されているということは、このデバイスだけで16種類の時間が別々に計測できるということであり、それぞれのデータは、計時と同時にスコアボードやテレビ画面に反映されます。
開幕のロンドン五輪/アクアティックセンターにオメガは新時計技術を導入_f0039351_1227443.jpg


タッチパッド
タッチパッドは1968年のオリンピック以来、オリンピックのスイミングプールでおなじみです。選手たちは各自のクロックを1.5-2.5キロの力で押すことでクロックを止めていました。パッドはどの部分を押しても同じ圧力がかかるように作られていました。タッチパッドは選手の力に反応するように出来ており、水流では反応しないようになっています。
開幕のロンドン五輪/アクアティックセンターにオメガは新時計技術を導入_f0039351_1227239.jpg

ハイ・スピード・ビデオ・カメラ
ブールの各レーンの端にはハイ・スピード・ビデオ・カメラが設置されており、メインシステムの信頼性の高いバックアップとして活躍します。それらは特定の状態ではとても詳しい情報を得ます。接戦レースでは大活躍します。2008年の北京オリンピック大会では非常に重要な役割を果たしました。男子の100メートルバタフライで、パネルのシステムではマイケル・フェルプスがミロラド・チャビッチを、オリンピック史上最小である100分の1秒差で破ったとされています。そのとき、チャビッチのコーチは結果に異議を示しましたが、ハイ・スピード・ビデオ(100分の1秒)を見た後で異議を取り下げました。ハイ・スピード・ビデオがパネルの完璧さを証明し、フェルプスは北京オリンピックで7個目の金メダルを手にしました。

ハイライトシーン動画はこちらです。
http://youtu.be/y_oHF8g7csU
by ism-watch | 2012-07-28 12:28 | OMEGA
<< 最速ロンドン五輪「オメガハウス... ロンドン大会公式計時のオメガが... >>

松田朗
フリージャーナリスト
プロフィール
プレミアム腕時計の新製品情報。名作や限定モノなども紹介します。
カテゴリ
全体
BEST新宿 ISHIDA
ISHIDA
シェルマン
アンティークの魅力
OMEGA
ROLEX
RADO
HAMILTON ハミルトン
ROLEX正規品専門店レキシア銀座
Porsche Design
安心堂
宝石の八神
カミネ
アイアイイスズ
フィリップ・デュフォー
HF-AGE
タグ・ホイヤー
パテック フィリップ
IWC
アラン・シルベスタイン
ジャン・ルソー
ウブロ
クエルボ・イ・ソブリノス
美しいストーリー
AJHH
グラスヒュッテ・オリジナル
スピーク・マリン
SEIKO
A.ランゲ&ゾーネ
ユリス・ナルダン
パネライ
バーゼル・ワールドSIHH2008
ロジェ・デュブイ
ベル&ロス
U-BOAT
ブライトリング
ジャガー・ルクルト
Fコレクション
モーリス・ラクロア
貴人館
SWATCH
ジャケ・ドロー
オーデマ ピゲ
BALL
松本零士
TiCTAC
銀座菊水
アントワーヌ・プレジウソ
Cartier カルティエ
PIAGET ピアジェ
ファーブル・ルーバ
ダイナースクラブカード
独立時計師
エベル
モーリス・ラクロア
COURTS AND HACKETT
ヌベオ NUBEO
ユーロパッション
ルイ・エラール
SIHH2010
ヴァン クリーフ&アーペル
f.collection
バーゼル・ワールド
ブランパン
Baby-G
リシャール・ミル
サン・フレイム
ZEPPLIN
ノーブルスタイリング
sihh
モンブラン
バルマン
IKEPOD
oomiya
フランク・ミュラー
ck カルバン・クライン ウォッチ
グラハム
ブレゲ
ホテルラスイート神戸
シャネル
バーゼルワールド2012
ガガ・ミラノ
オーデマピゲ
ジラール・ペルゴ
キューバシガー
ボーム&メルシエ
コルム
cuba
ショパール
松本零士
ゼニス
ラルフ・ローレン
フォルティス
ブルガリ
エポス
ロンジン
WEMPE
ジャケ・ドロー
Sinn
社長の時計
あの人の時計が視たい
バシュロン・コンスタンタン
エルメネスト・ゼニア
バーゼルワールド2015
サントノーレ
カレライカレラ
SUNTO
F1フォーミュラー1
以前の記事
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧