エキサイトイズム
ウィキ

ラーメン 石神秀幸 ismコンシェルジュ


石神秀幸
ラーメン王
プロフィール
ラーメン王・石神秀幸によるラーメンナビ(写真付き!)
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
味もそうですけど接客が丁..
by 見上げれば上弦の月 at 02:01
お疲れさまでした〜。 ..
by 小○さん at 11:06
初書き込みです。元浦和市..
by うひ at 23:12
白河の味が都内で味わえる..
by なぐもっち at 07:38
社会人になりたての頃、宮..
by なぐもっち at 07:26
かずおさん、あなたはよく..
by なぐもっち at 07:21
以前から石神さんが新潟の..
by なぐもっち at 07:11
最新のトラックバック
王様のブランチ
from むぅにぃの駄文戯れ言
2月27日 本日のメモ
from ラーメン大好き小○さん (1..
くまが屋_皿麺スープセット
from せいかつにっき
藤巻激場@池尻大橋
from 小麦色の風に吹かれて ラーメ..
麺処 井の庄@石神井公園..
from Gourmet&Beauty..
1月12日 本日のメモ
from ラーメン大好き小○さん (1..
らーめん こじろう526..
from 石を育てています by Ry..
イズム公式ブログ
【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

「トーフラーメン」の名店

 埼玉の一部で食べられている「トーフラーメン」をご存知でしょうか? 初めて耳にした人は想像がつかないと思いますが、醤油、ラー油、砂糖、酒、ゴマ油などで味と香りをつけた餡に、絹ごし豆腐、挽き肉、ニンニク、生姜、ネギなどを入れ、甘めの餡かけラーメンに仕上げたものです。
f0040088_19321923.jpg
f0040088_19323179.jpg

 今回ご紹介するのは西浦和駅近くの「トーフラーメン 幸楊」です。こちらのご主人・高木さんは昭和47年にトーフラーメンを初めて考案した人物で、当時勤めていた岩槻市の中華料理店の1メニューとして出されたのが最初のトーフラーメンでした。その中華料理店に倣って付近の店でもトーフラーメンを出すようになり、徐々に地ラーメンとして根づいていきました。現在では高木さん自身も店を持ち、看板に「トーフラーメン」を掲げています。トーフラーメンを知る人も知らない人も、元祖の味を堪能してみてはいかがでしょう。
 ところで、幸楊のもうひとつの秀作として推薦したいのが「つけメン」です。つけメン用の麺はトーフラーメンの麺とはまったく別物で、群馬県産の小麦「農林61号」と「ツルピカリ」をブレンドした粉で特注され、喉越しが滑らかでコシも申し分ありません。つけメンには醤油味と辛味噌味があり、醤油のツユには国産のゲンコツと地鶏のガラを加え、煮干しや節類で香りをつけ、エビ油、ネギ油、ゴマ油などをあしらって重量感を強化しています。一方の辛味噌は3種の味噌と豆板醤を自家ブレンドしており、どちらも店主の渾身作と言えるでしょう。トーフラーメンのインパクトに埋もれがちなメニューですが、看板メニュー以外にも力を込めている、店主の真面目さが生み出した一杯です。ぜひトーフラーメンとともに味わってみてください。

f0040088_19324535.jpg
【トーフラーメン 幸楊】
住所 埼玉県さいたま市桜区田島1-21-18
営業 11:30~21:30/日祝11:30~21:00
定休 木曜
メニュー ラーメン600円、トーフラーメン600円(写真上)、塩ラーメン600円、ネギみそラーメン650円、幸楊ラーメン700円、担々メン700円、田島ラーメン700円、醤油つけメン700円(写真中)、みそ辛子つけメン700円、チャーシューメン850円
# by ism-ramen | 2007-02-06 19:32

銀座の迷店!?

 ラーメンとは縁遠いイメージの銀座ですが、実は意外にも老舗から新店までラーメン屋さんは少なくありません。今回は銀座で食べられる、極上の一杯をご紹介します。
 銀座とひとことに言っても実は4丁目を中心に1丁目から8丁目まであり、4丁目から離れるほど、華やかなイメージから城下町の風情を残した町並みに変わっていきます。今回ご紹介する「勇」は8丁目の静かな町並みに溶け込んでいる店です。
f0040088_22584096.jpg

 実はここのご主人の張替氏はもともと「宗家一条流がんこ」の十代目として活躍していました。その影響は今も色濃く残っており、化学調味料不使用で作られるスープは干し貝柱や利尻昆布から引き出された滋味に富み、深い旨味を出すスルメも効果的に使われています。そのダシに塩味を強く効かせることでひとすじの輪郭が描かれ、あっさりながらも折り目正しい味に仕上がっています。このスープの真価を知るには「塩らーめん」がおすすめです。屈強な歯応えの麺との完璧なコラボレーションには、もはやコッテリ感の入り込む余地はありません。店主は強烈なキャラクターの持ち主としても知られ、仲良くなれるか、苦手に思うか、印象が分かれるところですが、百聞は一見に如かず。ぜひ一度訪れてみてください。
f0040088_22585920.jpg
f0040088_22591111.jpg

【らーめん 勇】
住所 東京都中央区銀座8-15-6
営業 11:30~15:00、17:30~21:00
定休 土日祝
メニュー 塩らーめん800円(写真)、味噌らーめん800円、中華そば(コッテリ、あっさり)各750円
# by ism-ramen | 2007-01-30 23:00