エキサイトイズム
ウィキ

ラーメン 石神秀幸 ismコンシェルジュ


石神秀幸
ラーメン王
プロフィール
ラーメン王・石神秀幸によるラーメンナビ(写真付き!)
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
味もそうですけど接客が丁..
by 見上げれば上弦の月 at 02:01
お疲れさまでした〜。 ..
by 小○さん at 11:06
初書き込みです。元浦和市..
by うひ at 23:12
白河の味が都内で味わえる..
by なぐもっち at 07:38
社会人になりたての頃、宮..
by なぐもっち at 07:26
かずおさん、あなたはよく..
by なぐもっち at 07:21
以前から石神さんが新潟の..
by なぐもっち at 07:11
最新のトラックバック
王様のブランチ
from むぅにぃの駄文戯れ言
2月27日 本日のメモ
from ラーメン大好き小○さん (1..
くまが屋_皿麺スープセット
from せいかつにっき
藤巻激場@池尻大橋
from 小麦色の風に吹かれて ラーメ..
麺処 井の庄@石神井公園..
from Gourmet&Beauty..
1月12日 本日のメモ
from ラーメン大好き小○さん (1..
らーめん こじろう526..
from 石を育てています by Ry..
イズム公式ブログ
【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

<   2006年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

まつちかラーメンステーション

 日本各地にたくさんのラーメンテーマパークが作られていますが、今回は僕がプロデュースした、愛媛県松山にある「まつちかラーメンステーション」を紹介します。
 ここは愛媛県初のラーメンテーマパークで、昨年10月14日にオープンしました。僕がこれまで食べ歩いた全国7300軒以上のラーメン店の中から、自信を持ってお薦めする5軒のラーメン店に出店していただいてます。
f0040088_19544461.jpg

 その顔ぶれは、旭川を代表する老舗「旭川らぅめん青葉」、海老そばが有名な札幌の「縁や」、創作ラーメンの雄、東京の「鏡花」、博多の行列店「秀」、熊本のカリスマで今回が県外初出店となる「天外天」と、ラーメン好きなら誰もが唸る、そうそうたるラインナップです。松山は道後温泉も近く、飲み屋も充実していて夜も楽しい街です。四国を訪れた際には、香川のうどんと愛媛のまつちかラーメンステーションを食べ比べしてみてはいかがでしょう。
f0040088_19545690.jpg

↑写真:天外天の「天外天ラーメン」600円

[まつちかラーメンステーション]
愛媛県松山市湊町5丁目1番地1まつちかタウン内
089-933-0857
11:00~21:30(店によりスープ切れ終了の場合あり)
休日:毎月第3水曜日
by ism-ramen | 2006-03-31 20:09

ご当店カップ麺

 この数年、カップ麺業界では実在するラーメン店の味を再現した、ご当地ならぬ“ご当店ラーメン”の発売が盛んです。先駆けとなったのは日清食品が発売した札幌の『すみれ』、博多の『一風堂』あたりだと思いますが、その後こぞって各メーカーが参入し、日本中の有名ラーメン店がカップ麺化されました。中には「一体どこを似せたんだ?」と思うような商品もありますが、個人的には前述の『すみれ』は凄く良く出来ていると思いますし、お店の味を想像させるに十分なクオリティの商品も少なくありません。ただ、ここまで商品数が多くなると、商品化できるような超有名店が少なくなってきたのか、ラーメン評論を生業とする私でさえ聞いたことのようなラーメン店がカップ麺になっていて驚かされます。
f0040088_228119.jpg

 そんな中、久々にビッグネームがカップ麺になったので報告したいと思います。明星食品から発売された『らーめん処 潤』です。ここは新潟県燕市の大人気店で、東京の蒲田にも出店しています。以前の記事でも書きましたが、新潟は隠れたラーメン王国で、個人的には日本一ラーメンのレベルが高いと思っています。その新潟の中でも特に個性が強いのが燕市と三条市に古くから根づいている“燕三条背脂ラーメン”というタイプのラーメンで、『ラーメン処 潤』はその代表的な1店です。
 麺はうどんと見まごうような極太で、スープは強烈な魚介風味で、さらに表面には大量の背脂が浮いています。まさに個性の塊のようなラーメンで、一度食べたら忘れられない魅力があります。早速購入して食べてみましたが、素朴ながら力強い味わいの魚介ダシ、背脂のまったり感、太く噛みごたえのある麺など、かなりの再現度だと思います。セブンイレブンでの地域限定発売(298円)らしいのですが、もし見つけたら手に取ってみてはいかがでしょう。
by ism-ramen | 2006-03-29 22:14

ラーメン美学?

f0040088_226712.jpg

 仕事や行動に美学を持つのは素晴らしい事ですが、楽をしたくてつい妥協したり、欲に目が眩んだりして自分の美学に反する事をしてしまうのが大抵の人間です。今回紹介するお店は常に美学を持ってラーメンに取り組み、正した姿勢を崩さぬようその言葉を店名に掲げた「美学屋」。 夫婦二人で営むポップな雰囲気のお店で、ご主人は西新井の「らーめん涌井」、葛西の「めんやもも」など数店のラーメン店で修業を積んで独立。店をオープンするにあたって掲げた美学は「化学調味料や添加物には頼らず、手間をかけて丁寧な仕事をする」ということ。綺麗に具材が盛り付けられた塩ラーメンは、最初のひと口ふた口あたりは物足りなさを感じますが、徐々に旨味が舌に浸透してきて、ホタテや干し海老、昆布、煮干しなど素材の自然な風味と滋味が感じられて実に心地良くなってきます。
 化学調味料不使用や自然派を謳う店は多いですが、残念ながらコンセプトばかりが先行して味が追い付いていないケースも少なくありません。しかしここはラーメン作りに対する美学をしっかりと守りつつ、それを独り善がりでなく、お客さんが食べて納得する味に仕上げているところが立派。自分の美学に反する行動ばかりしてしまい、自己嫌悪になってしまう意志の弱い人は、この店のラーメンを食べて意識改革をしてみてはいかがでしょう。僕もそんな一人です(笑)

f0040088_1122762.jpg
f0040088_11221572.jpg

[美学屋]
東京都江東区東陽3-17-14
03-3699-4290
11:30~15:00、18:00~21:00(スープ終了次第閉店)
定休日:日曜、月曜月1回不定休
塩らーめん600円(写真は味玉トッピング+100円)、醤油らーめん600円、つけめん(醤油・塩)各700円
by ism-ramen | 2006-03-25 02:26

水を使わない麺!?

 前回、前々回に引き続き、今回もラーメンの隠れ里・埼玉県比企郡のラーメン店を紹介します。
f0040088_21553093.jpg

 比企郡ときがわ町にある「大盛軒」では水を一切使わずに打った摩訶不思議な麺「無水麺」を食べさせてくれます。練り水を一切使わずにたっぷりの卵とバターで小麦粉を練り上げた麺は、バツンとした歯切れ感で実に独特。中華にも卵だけで練る全蛋麺がありますが、それよりはるかに太く歯応えも強靱で、まったくの別物と考えていいでしょう。
f0040088_21555089.jpg

 煮干しやカツオ節をふんだんに使ったスープはリッチなコクに満ちていながら、何か一つの素材が突出する事なく品の良い味わい。塩とんこつや皮に抹茶を練り込んだ餃子など、豊富なメニューはどれも工夫が凝らされており、この店でしか食べられない味ばかり。オンリーワンの味を目指して、是非一度比企郡を訪れてみてください。
f0040088_2156824.jpg


[大盛軒]
埼玉県比企郡ときがわ町玉川4710-2
0493-65-5440
11:30~14:00、17:00~21:00
定休日:月曜、第1火曜
しょうゆ拉麺700円(写真)、塩とんこつ拉麺800円、みそ拉麺800円、つけ麺900円
by ism-ramen | 2006-03-22 21:59

ラーメンの隠れ里

 前回、埼玉県比企郡の「あぢとみ食堂」を紹介しましたが、実はこの比企郡は他にも美味しいラーメン店がいくつも点在する“ラーメンの隠れ里”なのです。それも昔から地元に根付いている素朴なラーメンといった類ではなく、豚骨魚介などのニューウェーブ系や本格的ご当地ラーメン等、まるで東京の繁華街と変わらないような状況なのです。

f0040088_115254100.jpg

(写真:嵐山渓谷の川原でバーベキューを楽しむ人々/比企郡嵐山町役場提供)


 温泉が湧き初夏には蛍も見られる静かな郡部で、何故そうなったのか原因は定かではありませんが、川越インターや東松山インターを降りればすぐの距離で意外にアクセスも良いので、ラーメンと温泉を満喫できるスポットとして、休日を利用して出かけてみてはいかがでしょう。

 写真は比企郡滑川町の「和風らーめん 大家(たいけ)」。煮干しとサバ節をガツンと効かせたスープはインパクトがあり、ラーメンとつけ麺のどちらもお薦めです。
f0040088_12252522.jpg

つけ麺 700円


[和風らーめん 大家]
埼玉県比企郡滑川町月輪1521-17
0493-62-9123
11:00~15:00、17:00~21:00(日祝11:00~21:00)
定休日:月曜
ラーメン630円、塩ラーメン630円、塩太麺730円
by ism-ramen | 2006-03-11 12:38

外観で判断できない店

 よく聞かれる質問に「外観で美味しい店を見分ける方法は?」というのがあります。店内に入ってからのチェックポイントならいくつか挙げられますが、外観で判断するのは現実には不可能ではないかと思っています。「派手なネオンサインの店」「店頭にロウ細工のサンプルが飾ってある店」等を駄目な店として挙げる人がいますが、これもあくまでイメージで、実際にはケバケバしいネオンサインで埃のかぶったロウ細工のサンプルが並んでいても美味しい店は存在します。ただ、長年食べ歩きを続けていると、店が発するオーラというか気のようなものを感じ、美味しい店、駄目な店の判断が9割ぐらいの確率で当たるようにはなります。ただしこれはあくまで感覚的なもので具体的に説明できるポイント等はなく、経験を積めば感じられる人も多いのでは、という曖昧な事しか言えません
f0040088_13174138.jpg

 写真は埼玉県比企郡川島町にある「あぢとみ食堂」というお店で、もともとはメニュー豊富な食堂でしたが、数年前からラーメンに力を注ぐようになり、今ではラーメン専門店となってハイレベルな魚介系ラーメンを食べさせてくれます。このお店の外観を見て「これはウマそうだ!」とピンと来る人がいたら、美味しいお店を嗅ぎ分ける能力が相当優れているんだと思います。このお店に限らず外観で判断しづらい美味しいお店はたくさんあるので、たまには勇気を出して飛び込みで入ってみてはいかがでしょう。ハズレのお店に当たってしまう可能性は高いですが、ガイドブックや口コミではなく、自分の力で美味しいお店を見つけると喜びも大きいですよ。
f0040088_131751100.jpg
正油太麺(700円)

[あぢとみ食堂 吹塚店]
埼玉県比企郡川島町大字吹塚793-2
049-297-2233
11:00~15:00、17:00~21:00
定休日:木曜
塩太麺700円、正油太麺700円、カレー太麺800円、各細麺(土日祝日限定)50円引き
by ism-ramen | 2006-03-06 13:26