エキサイトイズム
ウィキ

ラーメン 石神秀幸 ismコンシェルジュ


石神秀幸
ラーメン王
プロフィール
ラーメン王・石神秀幸によるラーメンナビ(写真付き!)
検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
最新のコメント
味もそうですけど接客が丁..
by 見上げれば上弦の月 at 02:01
お疲れさまでした〜。 ..
by 小○さん at 11:06
初書き込みです。元浦和市..
by うひ at 23:12
白河の味が都内で味わえる..
by なぐもっち at 07:38
社会人になりたての頃、宮..
by なぐもっち at 07:26
かずおさん、あなたはよく..
by なぐもっち at 07:21
以前から石神さんが新潟の..
by なぐもっち at 07:11
最新のトラックバック
イズム公式ブログ
【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

秋の注目店その4 ~千葉編~

 今回も『石神秀幸選定 本物のラーメン300』から注目のお店を紹介します。今回は千葉編です。
秋の注目店その4 ~千葉編~_f0040088_2318374.jpg

 博多や喜多方のように“ご当地”と呼べるほど広い範囲でなく、限られた狭い地域に根付いているラーメンを“地ラーメン”と呼んでいます。関東地域で代表的なのが、東京の“八王子ラーメン”と千葉の内房にある竹岡漁港周辺に根付いている“竹岡式ラーメン”です。なんとこのラーメンはチャーシューを煮た煮汁をお湯で割るだけのスープで、お店によっては麺も生麺ではなく乾麺です。食べ慣れている地元の人以外だと、やはり物足りなく感じる人も多いようですが、地域の人々に愛されている典型的な地ラーメンと言えるでしょう。
秋の注目店その4 ~千葉編~_f0040088_23283792.jpg
秋の注目店その4 ~千葉編~_f0040088_23284815.jpg

 今回ご紹介する「炭火らあぁめん1」は、この竹岡式ラーメンをベースに、独自の工夫を加えて今の時代に合った味にブラッシュアップさせている気鋭店です。ご主人は竹岡式屈指の人気店である東金市の「ぐう」で修業し、手順は基本的にぐうを踏襲していますが、チャーシューの煮汁をお湯ではなく和風ダシで割ることで差別化を図っています。味の要はあくまでもタレで、醤油を焼いたような独特の香ばしさが漂うスープは、タレ重視型ラーメンの極致ともいうべき味わいです。醤油の甘みと旨味とコクの充填したスープが麺にも染みて、ふっくら柔らかいチャーシューとともに絶妙なバランスを描いています。
 九十九里地域にはほかにもいすみ市岬町の「三軒屋」「岬らーめん」など、俄かに注目店が増えました。海岸ドライブを兼ねて食べ歩いてはどうでしょうか。

 ここにご紹介した情報はごく一部で、より詳しい情報は石神本こと『石神秀幸選定 本物のラーメン300』(双葉社)に紹介してあります。みなさん是非一度、お手にとってご覧ください。
参考URL(双葉社)→ http://www.futabasha.co.jp/?isbn=4-575-47871-7

【炭火らあぁめん1】
住所 千葉県長生郡白子町関5199-4
営業 11:30~21:00
定休 木曜
by ism-ramen | 2006-10-31 23:18
<< 長野の「ラーメンファンタジスタ」 秋の注目店その3 ~埼玉編~ >>