エキサイトイズム
ウィキ

ラーメン 石神秀幸 ismコンシェルジュ


石神秀幸
ラーメン王
プロフィール
ラーメン王・石神秀幸によるラーメンナビ(写真付き!)
検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
最新のコメント
味もそうですけど接客が丁..
by 見上げれば上弦の月 at 02:01
お疲れさまでした〜。 ..
by 小○さん at 11:06
初書き込みです。元浦和市..
by うひ at 23:12
白河の味が都内で味わえる..
by なぐもっち at 07:38
社会人になりたての頃、宮..
by なぐもっち at 07:26
かずおさん、あなたはよく..
by なぐもっち at 07:21
以前から石神さんが新潟の..
by なぐもっち at 07:11
最新のトラックバック
イズム公式ブログ
【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

秋の注目店

秋の注目店_f0040088_20353255.jpg

 先日も触れたとおり、今年の“石神本”が書店に並びました。今回はその中から、新店【東京23区編】として抜粋してご紹介します。
秋の注目店_f0040088_1935150.jpg
 最初にご紹介するのは千駄木にある「つけめんTETSU」。店名に掲げるとおりつけ麺がメインの店で、麺を食べ終わった後のスープ割りは焼き石を入れて熱々にしたり、冷たく締めた麺と熱い鰹ダシに入れた麺のセットを用意するなど、つけ麺の魅力を広く探っている気鋭店です。麺は強靭なコシと滑らかさを併せ持つ浅草開化楼の傑作「ちぃ麺」と、ミネラルを多く含む「オーション」という強力粉を使ったゴワついた食感の「強麺」を用意し、どちらも小麦の味がダイレクトに伝わる力作に仕上がっています。 しかし、最もお薦めしたい隠れた名品が「中華そば」です。動物系と魚介系のWスープで、魚の風味満点ながらもすっきりと端正な飲み口で、しっかり主張しつつも押しつけがましさのない稀少な一杯に仕上がっています。行列することが多い店ですので、せっかく並ぶなら是非二人以上で訪れて、中華そばとつけ麺、ちぃ麺と強麺の違いを楽しみながら食べるのがお薦めです。
秋の注目店_f0040088_1932319.jpg
 次にご紹介するのは代田橋にある沖縄そばの専門店「首里製麺」です。沖縄そばは日本にラーメンが伝わる以前から琉球王朝で食べられていた伝統食ですが、濃縮スープの普及などで店の個性が失われた時代もありました。しかし近年、伝統的製法を見直す動きが大きくなり、同時に新たな沖縄そばのスタイルも模索されはじめました。ここも沖縄そばの伝統を大切にしつつ未来を目指した味作りをしています。もともと沖縄そばとラーメンは共通項が多く、スープは昆布と豚骨、カツオ節が主体で、脂を徹底的に取り除くので口当たりさっぱり。麺は沖縄そばでは珍しい全粒粉を使って自家製し、独自性を打ち出しています。東京にありながら、現地の店に負けない情熱で沖縄そばに取り組む意欲店です。
 今後は神奈川編、埼玉編、千葉編、東京都下編もお届けします。ここにご紹介したのはごく一部で、より詳しい情報は石神本こと『石神秀幸選定 本物のラーメン300』(双葉社)に紹介してあります。みなさん是非一度、お手にとってご覧ください。

参考URL(双葉社)→ http://www.futabasha.co.jp/?isbn=4-575-47871-7

【つけめんTETSU】
住所 東京都文京区千駄木4-1-14
営業 11:30~15:00
定休 月曜、第2火曜

【首里製麺】
住所 東京都杉並区和泉1-3-6
営業 11:00~21:00(スープ終了まで)
定休 火曜
by ism-ramen | 2006-10-14 22:12
<< 秋の注目店その2 石神本発売 >>