エキサイトイズム
ウィキ

ラーメン 石神秀幸 ismコンシェルジュ


石神秀幸
ラーメン王
プロフィール
ラーメン王・石神秀幸によるラーメンナビ(写真付き!)
検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
最新のコメント
味もそうですけど接客が丁..
by 見上げれば上弦の月 at 02:01
お疲れさまでした〜。 ..
by 小○さん at 11:06
初書き込みです。元浦和市..
by うひ at 23:12
白河の味が都内で味わえる..
by なぐもっち at 07:38
社会人になりたての頃、宮..
by なぐもっち at 07:26
かずおさん、あなたはよく..
by なぐもっち at 07:21
以前から石神さんが新潟の..
by なぐもっち at 07:11
最新のトラックバック
イズム公式ブログ
【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

石神本新店探し5

 今回も10月10日に発売する、ラーメンガイドブック(通称・石神本)に掲載するお店を探すための、食べ歩きのレポートをしたいと思います。今回は千葉編です。
石神本新店探し5_f0040088_353995.jpg

 まず最初にご紹介するのは成田市の「麺屋福一」です。こちらのご主人は以前は隣でレストランも営んでいましたが、体調を壊して一時休業し、ラーメン一本に絞って復活を遂げました。しかしラーメンのラインナップは驚くほど豊富で、そのどれもが個性に満ちています。なんとスープは別々の寸胴で四種類仕込んでおり、さらにタレや香味油も数種類作ってメニューによって使い分け、これら数々のパーツを組み合わせて時間帯によって提供するメニューを変えています。創業時からある定番メニューであり、ご主人が最も自信を持って薦めるのは「塩ラーメン」です。魚介の風味が上品に香り、軽快な歯ごたえの中細麺との相性も抜群です。そして最も個性的なのが「鶏塩ラーメン」「鶏醤油ラーメン」など鶏白湯スープを使ったメニューです。丸鶏やモミジと一緒に米も煮込んだスープは、濃厚というより特濃という言葉が相応しく、スープなのかシチューなのか判断に苦慮するほど。出来ることならば友人や仲間を誘って、何種類かのメニューを食べ比べして欲しいお店です。
石神本新店探し5_f0040088_3533034.jpg

 次にご紹介するのは船橋市の「拉麺阿修羅」です。こちらはあの有名な「麺屋武蔵」で修業した方が独立して開いたお店で、すぐ近くにはやはり「麺屋武蔵」出身の「麺屋あらき竈の番人」があり、ラーメンフリークにとっては連食での食べ比べは避けられないところでしょう。看板メニューは醤油やつけ麺などのオーソドックスなメニューではなく、「胡麻ラーメン」というところが変わっています。味のベースは確かに胡麻なのですが、山椒や紫蘇が効果的に使われており、食べている途中で様々な味が顔を覗かせて最後まで飽きることなく食べられます。
 次にご紹介するのは柏市の「らあめん熊」です。こちらは神奈川県相模原市の「肥後っ子大石家」でラーメン作りを学んだご主人のお店で、大石家同様具材にスライスチーズが乗っています。「ラーメンにチーズなんて合うの?」と思われる方も多いと思いますが、これが意外に相性が良くて驚かされます。大石家といえば関東を代表する熊本ラーメンの名店ですが、こちらもマイルドでコクのある豚骨スープ、風味豊かでパンチの効いたマー油(ニンニク油)は健在で、本家の名を汚さぬ出来映えです。
 石神本も既に印刷を終えて10月10日の発売を待つばかり。果たしてこの中でどのお店が掲載されるのか、皆さん楽しみにお待ち下さい。

【麺屋福一】住所:千葉県成田市花崎町846-15
営業:11:30~14:00、18:30~23:00 
※月曜18:30~23:00、土曜11:30~15:00のみ
定休:日曜、祝日

【拉麺阿修羅】住所:千葉県船橋市湊町2-7-3
営業:11:30~15:00、17:00~22:00
定休:月曜

【らあめん熊】
住所:千葉県柏市明原3-4-19
営業:12:00~15:00、18:00~24:00 ※日曜~22:00
定休:火曜
by ism-ramen | 2006-10-06 03:58
<< 石神本発売 二郎インスパイア >>