エキサイトイズム
ウィキ

河口まなぶ・ismコンシェルジュ・プレミアムカー


河口まなぶ
日本カー・オブ・ザ・イヤー
選考委員
プロフィール
日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、河口まなぶによるプレミアムカー情報
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
S30年頃三鷹で誕生した..
by kamome2y at 12:09
>結果販売できなくなって..
by _ at 11:29
かっこいいですね、S6。..
by ハイネケン太郎 at 15:54
最新のトラックバック
次期スカイライン・クーペ
from kawaguchi@mana..
LEXUS ISとGS4..
from ism エディターズ blog
Maserati縲€Gr..
from honeyee.com |W..
タグ
イズム公式ブログ
【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

タグ:スカイライン ( 2 ) タグの人気記事

次期スカイライン・クーペがNYでデビュー

 日産自動車は4月4日から開催されるニューヨークショーにおいて、新型インフィニティG37クーペを発表する。新型インフィニティG37クーペは、この秋日本で登場が予定される次期スカイライン・クーペそのもの。
f0040103_19423967.jpg
f0040103_19422650.jpg
 日本での発表よりもひと足先にアメリカでインフィニティとして発表されるのは、現在ではスカイライン・シリーズ(=インフィニティGシリーズ)が日本よりもアメリカで多く売れる人気車種となっている背景からである。

 今回注目できるのは車名がこれまでのインフィニティG35クーペから、インフィニティG37クーペとなったこと。これは新たなエンジンを搭載したことが理由となっている。

 今回のインフィニティG37クーペに搭載される新エンジンは、既に日本で販売されているスカイライン・セダンやフェアレディZに搭載される3.5LのV型6気筒VQ35HRをベースとしながら約35%の部品を新設計したもの。排気量は車名の通り3.7Lへと拡大され型式名もVQ37VHRとなる。

 また併せて吸気側に油圧式連続可変バブルタイミング機構を組み合わせたVVEL(可変バルブ・イベント&リフト機構)を初めて採用したのが特徴。これによってVQ35HRよりも排気量が大きくなったにも関わらず、最高回転数は同じ7500回転を実現し、最高出力330psと最大トルク37.3kgmを達成した。また組み合わせられるトランスミッションはセダン同様にマグネシウム製となるパドルシフトを備えた5速ATと6速MTが用意される。

 一方シャシー面でフロントにダブルウィッシュボーン、リアにマルチリンクのサスペンションを採用する辺りはセダンと同様。ただしサスペンションのセッティングはセダンとは異なるものとなる。またセダンに搭載された世界初の4輪アクティブステアリング機構である4WASも採用されているという。

 装着タイヤ&アルミホイールは18インチサイズが標準となり、オプションで19インチサイズが用意されるという。

 だが今回のインフィニティG37クーペのハイライトは、やはりスタイリングである。
f0040103_19402182.jpg

f0040103_19403397.jpg
 全長4650mm×全幅1823mm×全高1392mmという3サイズは、G35クーペに対して全長と全幅がわずかに大きくなった程度だが、スタイリングは一新された。先代のインフィニティG35クーペも登場時にスタイリングの美しさで人気となったが、今回のG37クーペはそれをさらに上回る洗練度を身につけたといえる。

 日本の栃木工場で生産されるこのモデルは、2007年の8月にアメリカで登場し、日本では2007年秋に登場すると言われている。
by ism-premiumcar | 2007-03-27 19:45 | NEWS

インフィニティG35 -次期スカイライン、もうすぐ登場!?-

f0040103_23573996.jpg

■もうすぐ登場と噂される日産の新型スカイライン。だが実は僕は、既に7月の末にこのクルマを試乗している。

■といっても試乗したのは、アメリカでもうすぐ登場が予定されている次期型インフィニティG35。アメリカではインフィニティG35の人気がとても高い事情もあり、一足先に事前試乗会が開催された。幸運なことに、その試乗会に参加することができたのだった。

■もちろんインフィニティG35は、日本で言うスカイライン。つまりこの次期インフィニティG35こそが、この秋発売される次期型スカイラインということになる。

■日本で現在売られているスカイラインは、日産としては新生をかけて送り出したモデルだったが、このモデルの登場時には賛否両論が巻き起こった。特にかつてからのファンは「これはスカイラインではない」という厳しい評価を下した。一方で新生日産には新たな価値観が必要…という声もあった。

■そうした賛否両論の中登場した現行スカイライン(V35という)は、残念ながら日本ではあまりセールスを記録できなかった。もっともこれは日本市場において、セダンの人気がなくなっていることも影響している。

■しかしその後、このV35をアメリカで展開する日産の高級車ブランド「インフィニティ」で展開すると爆発的人気を得た。

■そのセールスは日本を凌いだのはもちろんで、それまでアメリカで苦戦していたインフィニティを活気づける要素にすらなったという。そしてその人気ぶりは、インフィニティの今後の進む方向性をも決定づけたのだという。

■V35までは国内専用車だったスカイライン。それがV35からはグローバルな存在となり、日本では賛否両論が起こった。しかし皮肉にもそれを初めて送り出したアメリカで絶大なる人気を得て、次期型が待望されるほどの存在になったのである。

■日本人としては何とも寂しい話ではあるが…では次期インフィニティG35は、一体どのようなクルマだったのか? 詳しくは次回!
by ism-premiumcar | 2006-10-26 00:26 | 日産