エキサイトイズム
ウィキ

河口まなぶ・ismコンシェルジュ・プレミアムカー


河口まなぶ
日本カー・オブ・ザ・イヤー
選考委員
プロフィール
日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、河口まなぶによるプレミアムカー情報
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
S30年頃三鷹で誕生した..
by kamome2y at 12:09
>結果販売できなくなって..
by _ at 11:29
かっこいいですね、S6。..
by ハイネケン太郎 at 15:54
最新のトラックバック
次期スカイライン・クーペ
from kawaguchi@mana..
LEXUS ISとGS4..
from ism エディターズ blog
Maserati縲€Gr..
from honeyee.com |W..
タグ
イズム公式ブログ
【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

<   2006年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

アウディS6 -滑らかなV10セダン-

f0040103_11115441.jpg

■アウディS6に乗った。アウディのミドルクラスのプレミアム・サルーンであるA6をベースとしながらも、そこに5.2LのV10エンジンを搭載したトップ・モデルである。

■5.2LのV10エンジンは、最高出力435ps/6800rpm、最大トルク55.1kgm/4000rpmを発生する。このV10から生み出される力は当然同社の4WDであるクワトロシステムを介して4輪に伝えられ、1910kgというヘビー級のボディをわずか5.2秒で100km/hまで加速させる実力を持っている。

■実際に走らせると確かにその力強さに驚かされるわけだが、面白いのは体感としては実に滑らかなフィーリングに支配されていること。

■やはりそれはクワトロ・システムを採用するがゆえのことだろうか? 事実停止状態から床までアクセルを踏み込んでみても、タイヤは空転することなく、スッと前に進み始める。つまりそこに感じるのはハイパフォーマンスカーゆえのワイルドさではなく、ハイパフォーマンスを実に良く調教したという感覚なのである。

■それだけにS6は、ライバルであるE63AMGなどと比べてもエンジンに関してはジェントルな印象を受ける。それは理知的であるともいえるが一方で大人しすぎる…という感覚でもあるわけだ。もっともそれでもS6は図抜けた性能を持つサルーンであることに間違いはない。というか、E63AMGやBMW・M5に比べると大人しい感じがするだけであり、それ以外でこれにかなう同クラスのモデルは存在しない。

■価格的には1258万円と、V10搭載のモデルとしてはリーズナブルなのも特徴である。

■それと細かな話だが、何より良いのは下の写真で分かるように、ヘッドライト下にLEDのランプを備えること。これは普通のA6とS6を見分ける特徴的な部分だが、見た目においてかなりカッコ良く、夜見ると美しさと迫力があっていい。

■LEDの光の上質な感じがアウディの立ち位置を象徴するよう。そしてS6はハイパフォーマンスながらも実に知性が感じられる1台だったのだ。
f0040103_11122634.jpg

by ism-premiumcar | 2006-11-30 11:31 | アウディ