エキサイトイズム
ウィキ

河口まなぶ・ismコンシェルジュ・プレミアムカー


河口まなぶ
日本カー・オブ・ザ・イヤー
選考委員
プロフィール
日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、河口まなぶによるプレミアムカー情報
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
S30年頃三鷹で誕生した..
by kamome2y at 12:09
>結果販売できなくなって..
by _ at 11:29
かっこいいですね、S6。..
by ハイネケン太郎 at 15:54
最新のトラックバック
次期スカイライン・クーペ
from kawaguchi@mana..
LEXUS ISとGS4..
from ism エディターズ blog
Maserati縲€Gr..
from honeyee.com |W..
タグ
イズム公式ブログ
【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

カテゴリ:アウディ( 3 )

アウディS6 -滑らかなV10セダン-

f0040103_11115441.jpg

■アウディS6に乗った。アウディのミドルクラスのプレミアム・サルーンであるA6をベースとしながらも、そこに5.2LのV10エンジンを搭載したトップ・モデルである。

■5.2LのV10エンジンは、最高出力435ps/6800rpm、最大トルク55.1kgm/4000rpmを発生する。このV10から生み出される力は当然同社の4WDであるクワトロシステムを介して4輪に伝えられ、1910kgというヘビー級のボディをわずか5.2秒で100km/hまで加速させる実力を持っている。

■実際に走らせると確かにその力強さに驚かされるわけだが、面白いのは体感としては実に滑らかなフィーリングに支配されていること。

■やはりそれはクワトロ・システムを採用するがゆえのことだろうか? 事実停止状態から床までアクセルを踏み込んでみても、タイヤは空転することなく、スッと前に進み始める。つまりそこに感じるのはハイパフォーマンスカーゆえのワイルドさではなく、ハイパフォーマンスを実に良く調教したという感覚なのである。

■それだけにS6は、ライバルであるE63AMGなどと比べてもエンジンに関してはジェントルな印象を受ける。それは理知的であるともいえるが一方で大人しすぎる…という感覚でもあるわけだ。もっともそれでもS6は図抜けた性能を持つサルーンであることに間違いはない。というか、E63AMGやBMW・M5に比べると大人しい感じがするだけであり、それ以外でこれにかなう同クラスのモデルは存在しない。

■価格的には1258万円と、V10搭載のモデルとしてはリーズナブルなのも特徴である。

■それと細かな話だが、何より良いのは下の写真で分かるように、ヘッドライト下にLEDのランプを備えること。これは普通のA6とS6を見分ける特徴的な部分だが、見た目においてかなりカッコ良く、夜見ると美しさと迫力があっていい。

■LEDの光の上質な感じがアウディの立ち位置を象徴するよう。そしてS6はハイパフォーマンスながらも実に知性が感じられる1台だったのだ。
f0040103_11122634.jpg

by ism-premiumcar | 2006-11-30 11:31 | アウディ

アウディR8 -ついにアウディの真打ち登場!-

f0040103_23444745.jpg

■アウディはかつて「ルマン・クワトロ」の名でコンセプトカーとして登場させたモデルを、ついに「R8」という名前を与えてこのパリ・ショーで送り出した。

■ルマン・クワトロの時はV10エンジンを搭載していたが、R8は既に登場しているアウディRS4に搭載されるものと同じ4.2Lの排気量を持つV8エンジンをミッドシップする。このエンジンは420psを発生し、扱いやすさと気持ちよさを兼ね備えた高評価のもの。そして駆動方式はアウディが長年使う4WDのクワトロを組み合わせている。

■骨格はアルミスペースフレームによって作られており1558kgという軽量が自慢。かつボディサイズも全長×全幅×全高:4430×1900×1250mmとこの手としては結構コンパクトな方で、ホイールベースも2650mmと比較的短い。

■となると気になるのはその走り、一刻も早く試してみたい1台である。なおこのR8は発表された直後から予約が始まり、2007年からデリバリーが始まるという。
by ism-premiumcar | 2006-09-30 23:54 | アウディ

アウディRS4 -激辛のハイパフォーマンス版登場!-

f0040103_23313548.jpg

■アウディ・ジャパンは6月28日、A4をベースとした最強モデルであるRS4を市場導入すると発表した。

■A4シリーズにはもともと、S4というハイパフォーマンス・モデルが存在するが、このRS4はさらにその上を行く存在。搭載エンジンは4.2LのV8でS4と変わらないものの、チューニングはさらに高められており、420ps/43.8kgmというとてつもないパフォーマンスが与えられている。車両重量は1730kgと、S4よりも約20kg軽量化されており、これによってパワーウェイトレシオは実に、4.11kg/psというもの凄い数値を実現している。ちなみにS4は344ps/41.8kgmで1750kgだからパワーウェイトレシオは5.08kg/psとなる。

■日本では既に試乗会が開催されたが、残念ながら僕は参加することができなかった。しかし僕は既に昨年の秋に、イタリアでこのRS4を試している。

■印象的なのはやはりエンジンで、アウディとしては初の高回転型となっているのが特徴。93mmというロングストロークユニットなのだが、レブリミットは8250rpmを達成しており、これによってリッター辺り100psの420psを実現している…と書くと扱いづらいように思えるかもしれないが、これは意外にも全く逆なのである。

■最大トルクの43.8kgmは5500rpmで得られるのだが、2250-7600rpmという実に広い幅の回転域において、最大トルクの90%を発生する特性が与えられる。このため街中ではそれこそ6速に入れた状態で60km/h巡航できるほどドライバビリティが高いのだ。

■それでいてアクセルを床まで踏むと実に気持ちよい回転フィールとサウンドを伴って8250rpmまでストレスなく回るのだからホレボレする。しかもこれだけの排気量とハイパフォーマンスを備えながらも、燃費性能ではS4を上回る7.4km/Lを実現するのだから凄い。まさに理想的なパワーユニットなのだ。

■そして走りもホレボレする内容。19インチタイヤを履くにも関わらず滑らかな乗り心地で、コーナーを曲がる時も実にしなやかな感触を伝えてくる。だから街乗りも苦にならない。そしてもちろんサーキットやワインディングでは、遺憾なく実力を発揮するだけのパフォーマンスを見せつけてくれる。

■特にポイントとなるのは前右と後左、前左と後右のダンパーをつないだ構造を持つDRC(ダイナミック・ライド・コントロール)を採用すること。これによって様々な状況で的確なロードホールディング性能を発揮するのである。またS4と違って、4WDの前後駆動力配分も40:60とリア寄りにしているため、より積極的なドライビングが楽しめる。

■アウディ独自の4wd技術とDRCによって、RS4はまさにリアルワールドでの様々な状況に対応しつつハイパフォーマンスを存分に発揮してくれるのである。

■価格は990万円(ワゴンは1008万円)と高額であり、しかも6速MTのみの設定という超硬派&超高級なハイパフォーマンス・モデルだが、そこに展開される技術力の高さと、それら技術が実現する至高の走りを考えると、むしろ妥当か割安といえるクルマである。

■お問い合わせ:アウディ・ジャパン
by ism-premiumcar | 2006-07-31 23:54 | アウディ