エキサイトイズム
ウィキ

河口まなぶ・ismコンシェルジュ・プレミアムカー


河口まなぶ
日本カー・オブ・ザ・イヤー
選考委員
プロフィール
日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、河口まなぶによるプレミアムカー情報
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
S30年頃三鷹で誕生した..
by kamome2y at 12:09
>結果販売できなくなって..
by _ at 11:29
かっこいいですね、S6。..
by ハイネケン太郎 at 15:54
最新のトラックバック
次期スカイライン・クーペ
from kawaguchi@mana..
LEXUS ISとGS4..
from ism エディターズ blog
Maserati縲€Gr..
from honeyee.com |W..
タグ
イズム公式ブログ
【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

レクサスLS 「これぞ日本ならではの『おもてなし』。」

f0040103_126503.jpg
年の初めのNAIAS(デトロイトショー)において、レクサスの本命」といわれるLS460/460Lがお披露目された。レクサスLSというモデルは、これまで日本では「トヨタ・セルシオ」の名で売られていたモデルの海外名でもあるのだ。

1989年にアメリカでトヨタの高級車ブランドとしてレクサスが立ち上げられた時、目玉商品とされたのが何を隠そう「LS」(=日本名セルシオ)だった。このLSの登場は当時、「レクサス・ショック」という言葉を生み出したほど。LSはメルセデス・ベンツやBMWよりも安価ながらも、圧倒的に高い静粛性や品質の高さを実現しており、これに世界中の高級車メーカーが震撼しクルマ作りを改めたと言われる。つまりLSはメルセデスやBMWを本気で焦らせた1台だったわけだ。

そんな伝説を持つLSの新型となれば、当然世界中から注目が集まる。しかも我々日本人にとっても、昨年8月から日本での展開が始まったレクサス・ブランドの主役として見逃すことができないモデルでもある。

発表の会場は超満員、いかにこのLSが注目されているかの証に思えた。そして発表…驚きはまずエンジン。4.6Lの排気量を持つV型8気筒DOHCは、最高出力380ps、最大トルク51.0kgmとアナウンスされた。この数字は従来のエンジンでいえば、排気量が5.0Lはないと実現できない数値なのだ。しかもこのエンジン、これほどの高出力にもかかわらず、燃費や排ガス性能にも優れているのだから驚きである。さらにその後、ATは8速! とアナウンスされると会場からは「おおっ!」と感嘆の声。8速は当然、世界で最も多いギア段数となる。

さらにその後、オーディオはマークレビンソン製でスピーカーは19個! とアナウンスされるとまたもや「おおっ!」と感嘆の声。質より量、同じ価格なら大きなもの…という思考を持つアメリカの人々は完全にノックアウトされた感じだった。

しかし、僕が何より凄いと思ったのは、リアシートに搭載されたマッサージ機能。現在、ロングボディを持つ高級サルーンの後席には、必ずといっていいほどマッサージ機能が備わる。しかしそれらはあくまで欧米のマッサージ・レベル、つまり振動する程度のものがほとんどである。

実際に海外で本物のマッサージを受けると、本物のマッサージを知っている日本人的には「お前ちゃんと力入れてもまんかい!」と思うことがほとんど。だが、それは自動車でも同じで欧米の高級サルーンのマッサージ機能は、日本人的にはちょっと物足りない場合が多かった。

が、しかし! 45度のリクライニング機構を持つレクサスLS460Lの後席に座り、マッサージのスイッチをオンにすると…まさに恍惚の世界。そこには日本ならではの家庭用マッサージ機と全く同じように、タマがしっかりと動いてコリをほぐすレベルのものが実現されていたのだ。

f0040103_127226.jpg
レクサスのチーフエンジニアである吉田守孝氏に聞くとこのマッサージ機能は、「実は松下製のもので、家庭用マッサージ機でいえば100万円クラスに相当するもの」だという。

日本を訪れる外国の人々は、日本の本格的マッサージや家庭用マッサージ機に感銘を受ける人が少なくないという。事実、親指やタマが筋肉にめり込むようなあの感覚は海外では味わえないもの。その意味では東洋の神秘とすらいえるかもしれない。

そんな日本ならではのマッサージが、ついに高級車の世界に投入されたのである。もちろんこの機能は海外で発売されるLSにも搭載される。彼の地でLSを買った人がマッサージをオンにして…と考えると、これでLSの虜になる人は少なくないと思える。同時にこの機能は、LSを絶対に購入するだろうライバル・メーカーも知ることになるはず。そしてライバル・メーカーのボードメンバーがこのマッサージに感激したら…もしや、第2のレクサス・ショックを生むのではないか?(笑) 

f0040103_1274124.jpg
というのはさておきレクサスというブランドは、日本ならではの「おもてなし」の感覚を重視し、クルマの中に盛り込むことを強く意識している。もちろんそれはあらゆる部分においての話なのだが、僕はLSの後席に座って、これぞ日本の究極の「おもてなし」と思えたのだった
ちなみにこのLSは今年中盤に日本でも販売が開始される予定である。

●Manabu's eye●LSの後席マッサージ機能は、まさに日本ならではの文化。今年以降、高級車の世界ではマッサージ機能にライバルが震撼し、第2のレクサス・ショックが起こる(笑)か?

【SPEC】 -レクサスLS460-
※数値は北米仕様、括弧内数値は460L(ロングボディ)のもの。

全長×全幅×全高:5029(5151)×1875×1476mm
ホイールベース:2969(3091)mm
車両重量:---kg
エンジン:V型8気筒DOHC
最高出力:380ps/---rpm
最大トルク:51.0kgm/---rpm
トランスミッション:8速AT
車両価格:---万円(税込)
お問い合わせ:レクサス
by ism-premiumcar | 2006-02-01 00:00 | レクサス
<< アルファロメオ159 -真面目...