エキサイトイズム
ウィキ

河口まなぶ・ismコンシェルジュ・プレミアムカー


河口まなぶ
日本カー・オブ・ザ・イヤー
選考委員
プロフィール
日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、河口まなぶによるプレミアムカー情報
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
S30年頃三鷹で誕生した..
by kamome2y at 12:09
>結果販売できなくなって..
by _ at 11:29
かっこいいですね、S6。..
by ハイネケン太郎 at 15:54
最新のトラックバック
次期スカイライン・クーペ
from kawaguchi@mana..
LEXUS ISとGS4..
from ism エディターズ blog
Maserati縲€Gr..
from honeyee.com |W..
タグ
イズム公式ブログ
【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

シトロエンC6 -浮遊するフレンチ・プレミアム-

f0040103_12541322.jpg

■既に皆さんご存知のシトロエンC6。独創的なシトロエンの名に相応しいこのプレミアム・サルーンは、昨年の日本カーオブザイヤーにおいてインポートカーオブザイヤーを受賞した1台である。

■高級サルーンといえばドイツ勢が幅を利かせているが、そんな中にあってこのC6は同じ土俵には登らずに全く独自の世界観を築いている。

■スタイリングの斬新さはユニークが代名詞と言えるシトロエンならではのもの。かつてのDSやXMを思わせる個性的なスタイリングは、それだけで存在価値があるといえるものである。しかもこうした極めて個性的なスタイルながらも、誰が見てもプレミアム・サルーンだと分かる辺りが素晴らしい。濃密な世界観がしっかりと確立されている。

■それは乗り味に関しても同様で、走り出すと極めてソフトな感触が印象的。シトロエン独自の油圧式サスペンションであるハイドラクティブIIIによって、街中を浮遊する走行感覚がたまらなく病み付きになる。

■高速道路ではソフトな印象のサスペンションが実に確かさを伴ったしなやかな動きとなり、ドイツ勢の路面を踏みしめる安定性とは別の、「いなし」を存分に堪能することができる。

■プレミアム・サルーンの答えはひとつだけじゃない…そんなことを静かに物語っているのがこのC6。新たな自動車の世界を求めているなら、ぜひ一度味わってもらいたい1台である。
by ism-premiumcar | 2007-01-31 10:53
<< アストン・マーチンV8ヴァンテ... メルセデス・ベンツ新型Cクラス登場 >>