エキサイトイズム
ウィキ

河口まなぶ・ismコンシェルジュ・プレミアムカー


河口まなぶ
日本カー・オブ・ザ・イヤー
選考委員
プロフィール
日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、河口まなぶによるプレミアムカー情報
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
S30年頃三鷹で誕生した..
by kamome2y at 12:09
>結果販売できなくなって..
by _ at 11:29
かっこいいですね、S6。..
by ハイネケン太郎 at 15:54
最新のトラックバック
次期スカイライン・クーペ
from kawaguchi@mana..
LEXUS ISとGS4..
from ism エディターズ blog
Maserati縲€Gr..
from honeyee.com |W..
タグ
イズム公式ブログ
【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

レクサスLF-A/IS-F -今後期待のレクサス・スポーツ-

■NAIAS2007(通称:デトロイトショー)において、我々メディアが大注目していたのがアキュラとレクサス。アキュラはホンダ、レクサスはトヨタが、80年代からアメリカで展開している高級ブランドで、レクサスの方は既に05年から日本でも展開を始めている。そしてアキュラも08年から日本での展開を始めるという。そんな2つの高級ブランドが、ともにNAIAS2007でスーパースポーツのコンセプトカーを送り出すと聞けば、日本人のクルマ好き代表としては血が騒がずにいられない。そしてNAIAS2007でまずアキュラがアドバンスド・スポーツ・コンセプトを発表。正直これはちょっと「?」だったが、その後レクサスが発表したLF-AとIS-Fの2台は実に期待の持てるものだった。
f0040103_15442011.jpg

■まずはレクサスのフラッグシップ・スポーツであるLF-A。LF-Aは既に同じ名前で約2年前にショーに登場したが、そこからすると大分デザインが洗練された。これ以前に見たアキュラのコンセプトカーが「?」だったこともあり、余計に(?)アドバンスしているものに見えた。LF-Aは相変わらず詳細を明らかにしていないが、以前LF-Aを東京モーターショーに展示した時には、横にV10エンジンを展示していたため、現在我々の予測ではV10を搭載するだろうと見ている。奇しくもこれはアキュラのコンセプトカーと同じ形式である。それにしても今回のLF-Aは、ひと皮むけた。ディテールも大分改まって、何にも似てないレクサスの個性でスーパースポーツを形作ったといえる。もちろんこれで完成形というわけではないが、現時点で既にこれだけ洗練されていることを思うと、今後の市販版登場に多いに期待が持てる。また性能的にも最高速で200マイル(=320km/h)に達成したいと、レクサスの想いは極めて高レベルにあるようだ。
f0040103_15443263.jpg

■一方こちらは同時に発表されたIS−F。08年に市販が予定されているこのモデルは、既に日本でも販売されているレクサスISに、なんと5.0LのV8エンジンを搭載したモンスターマシン。最高出力は400ps超といわれ、0-100km/h加速は実に4.9秒でこなす。組み合わされるATはなんと8速で、MTモードはフェラーリのF599にも匹敵する素早い変速時間(=0.1秒)が謳われている。しかもハンドリングに関してはあのポルシェがチューニングを施しているとのことで、走りに関しても多いに期待を寄せたい1台である。

■それにしても今回のNAIAS2007で、レクサスとアキュラが我々に与えた印象は、天と地ほど違うものだった。もともとアキュラ=ホンダには実に高い期待値がある。が、それだけに今回のアキュラ・アドバンスド・スポーツカー・コンセプトは思わず首を傾げたくなるものだった。だが一方でレクサスは、LF-AとIS-Fの2台で確実にレクサスの今後を示したし、今回新たにLF-AにもIS-Fにも特別な「F」というバッチがつけられる。そしてこの「F」というキーワードが今後のレクサス・スポーツを語る上で重要な言葉となる。こんな具合でデトロイトにおいてレクサスは、見事イメージアップを図ることができた。そう考えると今後の動向から目が離せない。
by ism-premiumcar | 2007-01-17 16:00 | レクサス
<< MINI COOPERが5年ぶ... ホンダが次世代スポーツカーを発... >>