エキサイトイズム
ウィキ

河口まなぶ・ismコンシェルジュ・プレミアムカー


河口まなぶ
日本カー・オブ・ザ・イヤー
選考委員
プロフィール
日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、河口まなぶによるプレミアムカー情報
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
S30年頃三鷹で誕生した..
by kamome2y at 12:09
>結果販売できなくなって..
by _ at 11:29
かっこいいですね、S6。..
by ハイネケン太郎 at 15:54
最新のトラックバック
次期スカイライン・クーペ
from kawaguchi@mana..
LEXUS ISとGS4..
from ism エディターズ blog
Maserati縲€Gr..
from honeyee.com |W..
タグ
イズム公式ブログ
【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

メルセデス・ベンツCLクラス -エレガントの極み・その3-

f0040103_15565875.jpg

■メルセデス・ベンツの最上級クーペであるCLクラスは、走りも実にエレガンスである。今回試乗したのは新開発となる5.5LのV8エンジンを搭載したCL550。新たなV8エンジンは、5461ccの排気量から最高出力387ps/6000rpm、最大トルク54.0kgm/2800-4800rpmを発生する。そしてこれに7速ATの7G-TRONICを組み合わせ後輪を駆動する。CLクラスの車重は2tを超えるヘビー級だが、このスペックからして実際の動力性能も全く不満のないものだった。巨大な力によるゆとりに溢れた加速は実に心地よい。さらに新たなV8エンジンは、これまで以上の気持ちよいフィーリングを伝えるところも美点である。

■サスペンションでは既に先代から採用されているアクティブ・サスペンション機構であるABC(アクティブ・ボディ・コントロール)を第2世代のものへと進化させて搭載している。

■その走りはまさに「究極の滑らかさ」。路面の凹凸や荒れを見事にいなし、常にフラットにボディを保ち続ける様はさすが最上級クーペの名に相応しいものである。何かこう、柔らかな感触に包まれているのだが、その奥にはしっかりとした頼もしさが感じ取れるのである。

■しかしハンドリングも決して鈍重ではなく、極めて意のままに忠実な反応を見せてくれる。決してビビッドさやシャープさはないが、どこまでも信頼のおけるハンドリングなのだ。またABCによって車重が2t以上あることを全く感じさせない、ある意味物理の法則すら覆している?と思えるほどのハイスピードなコーナリングも実現している。

■だから走らせれば走らせるほどに、どこまでも遠く走っていきたいと思わせる。それがCLクラスの持つパーソナル性を物語っているといえるだろう。

■新型CLクラスは外装、内装、メカニズム、走り…あらゆる部分に贅が尽くされ、エレガントの極みといえる存在だったのである。
f0040103_1613575.jpg


CLクラスの製品ページ
■お問い合わせ:メルセデス・ベンツ オフィシャルサイト
by ism-premiumcar | 2006-12-26 13:25 | メルセデス・ベンツ
<< デトロイトでお披露目・ホンダの... メルセデス・ベンツCLクラス ... >>