エキサイトイズム
ウィキ

河口まなぶ・ismコンシェルジュ・プレミアムカー


河口まなぶ
日本カー・オブ・ザ・イヤー
選考委員
プロフィール
日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、河口まなぶによるプレミアムカー情報
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
S30年頃三鷹で誕生した..
by kamome2y at 12:09
>結果販売できなくなって..
by _ at 11:29
かっこいいですね、S6。..
by ハイネケン太郎 at 15:54
最新のトラックバック
次期スカイライン・クーペ
from kawaguchi@mana..
LEXUS ISとGS4..
from ism エディターズ blog
Maserati縲€Gr..
from honeyee.com |W..
タグ
イズム公式ブログ
【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

メルセデス・ベンツCLクラス -エレガントの極み・その2-

f0040103_11561837.jpg

■ひと目見た瞬間から圧倒的な贅沢さとエレガンスを伝えるメルセデス・ベンツの最上級クーペ・モデルであるCLクラスは、当然ながらインテリアも非常に贅沢なものとなっている。

■インテリアを見ると、同社の最上級サルーンであるSクラスとの共通性が感じられるパーツを見受けるが、それでもインテリアの基本骨格はCLクラス専用となる贅沢な作りが特徴だ。

■例えばフロントシートは左右をセンターコンソールによって完全にセパレートしている。こうした部分からこのモデルがいかにパーソナルなモデルであるかが伺える。

■また非常に贅沢と思わせるのはリアシート。こちらもセンターで完全にセパレートされている。これほど大きなボディを持つモデルにも関わらず、リアシートすら乗員を割り切って快適な空間を作り上げている辺りが贅沢さの象徴といえるだろう。

■こんな具合にしてCLクラスは見た目も室内も極めてゴージャスな1台なのである。
f0040103_11564752.jpg


CLクラスの製品ページ■お問い合わせ:メルセデス・ベンツ オフィシャルサイト
by ism-premiumcar | 2006-12-22 12:06 | メルセデス・ベンツ
<< メルセデス・ベンツCLクラス ... メルセデス・ベンツCLクラス ... >>