エキサイトイズム
ウィキ

河口まなぶ・ismコンシェルジュ・プレミアムカー


河口まなぶ
日本カー・オブ・ザ・イヤー
選考委員
プロフィール
日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、河口まなぶによるプレミアムカー情報
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
S30年頃三鷹で誕生した..
by kamome2y at 12:09
>結果販売できなくなって..
by _ at 11:29
かっこいいですね、S6。..
by ハイネケン太郎 at 15:54
最新のトラックバック
次期スカイライン・クーペ
from kawaguchi@mana..
LEXUS ISとGS4..
from ism エディターズ blog
Maserati縲€Gr..
from honeyee.com |W..
タグ
イズム公式ブログ
【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

インフィニティG35 -次期スカイライン、もうすぐ登場!?その3-

インフィニティG35 -次期スカイライン、もうすぐ登場!?その3-_f0040103_0114.jpg

■先代のスカイラインV35では、フラットライドを謳った乗り味は実際には疑問に思えた。例えば高速道路では、フラットライドとは言い難い揺すられ感も感じられた。しかし今回は確実にフラットライドが実現されたといえる。

■張りのある乗り心地で路面の変化を見事いなしていき、実にカッチリした感触をドライバーに伝えてくるのだ。これはボディがしっかりとした剛性を持っており、サスペンションが良く動くからだといえる。

■試乗車はアメリカ仕様だったため、ハンドリングはひと言クイックという表現が相応しかった。操舵に対する初期の反応の鋭さは初期のV35的でやや忙しい印象を受けた。ステアリングフィールの上質さを考えても、もう少しスローな方がクルマのキャラクターに合うだろうと思えた。ただし日本仕様はもう少し穏やかになるというから安心要素だ。

■今回のシャシーにおける目玉は新たな4輪アクティブ・ステアリングを備えたことだが、この機構の実力はかなり高い。今まで日産がお家芸としてきたリア・アクティブステアに加え、フロントにまでアクティブ・ステアを備えたことで、よりハイスピードで安定した限界の高いコーナリングを涼しげにこなすようになった。

■こんな具合で次期インフィニティG35は走りに関しても、細かな部分で気になる部分こそあるが、プレミアムなスポーツセダンと呼ぶに相応しい仕上がりだったのである。

■日本では11月の後半に「スカイライン」として登場するというから期待したい。
by ism-premiumcar | 2006-10-31 23:58 | 日産
<< アウディS6 -滑らかなV10... アストンマーチンV8ヴァンテー... >>