エキサイトイズム
ウィキ

河口まなぶ・ismコンシェルジュ・プレミアムカー


河口まなぶ
日本カー・オブ・ザ・イヤー
選考委員
プロフィール
日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、河口まなぶによるプレミアムカー情報
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
S30年頃三鷹で誕生した..
by kamome2y at 12:09
>結果販売できなくなって..
by _ at 11:29
かっこいいですね、S6。..
by ハイネケン太郎 at 15:54
最新のトラックバック
次期スカイライン・クーペ
from kawaguchi@mana..
LEXUS ISとGS4..
from ism エディターズ blog
Maserati縲€Gr..
from honeyee.com |W..
タグ
イズム公式ブログ
【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

アストンマーチンV8ヴァンテージ -男の憧れ!-

f0040103_21453349.jpg

■遅ればせながら、アストンマーチンV8ヴァンテージに乗った。といってももう2ヶ月前のこと。

■プレミアムなこのスポーツカーは実に1497万円もするわけだが、アストンマーチンとしてはかなりお買い得(?)な価格。事実V12エンジンを搭載するDB9は1863万円~だし、フラッグシップのヴァンキッシュは2744.7万円! こうしてみると確かにV8ヴァンテージは最もリーズナブルなアストンマーチンといえるわけだ。

■それはさておきV8ヴァンテージは、実に魅力的な1台だった。何が魅力的かといえば、内外装のあらゆる部分に確固たる「スタイル」を持っていることだといえる。

■例えば内装(写真なくてスイマセン)は、歴史と伝統あるブランドにもかかわらず先進的なデザインを積極的に取り入れ、使っているマテリアルも他とは一線を画す。ちょっぴり思ったのだが、例えばレクサスはこういう部分を大いに参考にすべき。そんな風に感じるほど独創があり、他とは明らかに異なるプレミアムが構築されている。

■この手としては比較的コンパクトな部類といえる4382×1866×1255mmという3サイズのボディのフロントに搭載されるのは、4.3LのV8で385ps/41.8kgmを発生する。組み合わせられるのは6速MTで後輪を駆動し、1630kgのボディを軽々と加速させる。

■ただ加速よりも印象的だったのは乗り味だ。適度にハードながらも、どこか洗練された感覚を伴っており、実に独特な感覚だったのだ。

■ハンドリングはシャープで、まさにスポーツカーらしいもの。ただ、パワステのフィールを始め、シフトフィールなどは、それほど感心するものではなかった。とはいえ、独自の乗り味は不思議と病みつきになる。だから強いていうならば、そういう部分をして走りにも「スタイル」がある…と思えたのだった。

■スポーツカーらしいある程度の艶めかしさと力強さを備え、その上に洗練を感じさせるV8ヴァンテージ。これを乗りこなすには腕も当然必要だが、それ以上に人間としての洗練度が必要なように思える。これを所有し乗りこなすのは、まさに男の憧れ。そんな感じだった。
by ism-premiumcar | 2006-10-30 22:17 | アストンマーチン
<< インフィニティG35 -次期ス... インフィニティG35 -次期ス... >>