エキサイトイズム
ウィキ

河口まなぶ・ismコンシェルジュ・プレミアムカー


河口まなぶ
日本カー・オブ・ザ・イヤー
選考委員
プロフィール
日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、河口まなぶによるプレミアムカー情報
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
S30年頃三鷹で誕生した..
by kamome2y at 12:09
>結果販売できなくなって..
by _ at 11:29
かっこいいですね、S6。..
by ハイネケン太郎 at 15:54
最新のトラックバック
次期スカイライン・クーペ
from kawaguchi@mana..
LEXUS ISとGS4..
from ism エディターズ blog
Maserati縲€Gr..
from honeyee.com |W..
タグ
イズム公式ブログ
【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

プジョー・クーペ407 -艶やかな大人のクーペ その1-

f0040103_13215794.jpg

■プジョーが日本に投入したクーペ407は、タイトルの通り「艶やかな大人のクーペ」という表現が相応しい1台である。

■プジョーはかつてからクーペモデルを大切にしており、そのルーツは1898年にまでさかのぼることができる。そして同社のラインナップには代々、美しいクーペが用意されてきた経緯がある。そして最近では406クーペというモデルが記憶に新しい。クーペ407以前にラインナップされていたこのモデルは、「世界で最も美しいクーペ」と称されたほど。もちろん、その後を受けた今回のクーペ407も美しいスタイリングが特徴の1台となっている。

■以前のモデルが「406クーペ」なのに、なぜこのモデルは「クーペ407」となるのか? 理由は407クーペとしてしまうと単にこれまでの406クーペの後継ととらえられてしまうからだとプジョーは説明する。そう、プジョーはこのクーペ407を単に406クーペの後継としたり、407の派生モデルという風に考えるのではなく、独立したモデルと考えている。事実日本ではこのクーペ407がプジョーのフラッグシップに位置づけられている。
f0040103_13222484.jpg

■写真からも分かるようにクーペ407は実に伸びやかで美しいスタイリングが魅力的だ。特にフロント回りは実に大胆にデザインを行っている。大きなヘッドライトやエアインテークを与えるとともに、サイド部分には3つの切り欠きを与えることでクーペ独自のアイデンティティを作り上げている。今回クーペ407のデザインを手がけたのはプジョーのデザイン部門である「スティーレ・プジョー」。プジョーのデザインといえば406クーペのデザインを手がけたピニンファリーナが有名だが、こうしてクーペ407を見るとプジョー自身の手による最近のデザインもピニンファリーナに劣らず魅力的と分かる。さすがに社内でデザインしているだけあり、「らしさ」やアイデンティティを以前以上に協調しているわけだ。

■お問い合わせ:プジョー・ジャポン
by ism-premiumcar | 2006-07-21 13:38 | プジョー
<< プジョー・クーペ407 -艶や... VW Phaeton -日本未... >>