エキサイトイズム
ウィキ

河口まなぶ・ismコンシェルジュ・プレミアムカー


河口まなぶ
日本カー・オブ・ザ・イヤー
選考委員
プロフィール
日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、河口まなぶによるプレミアムカー情報
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
S30年頃三鷹で誕生した..
by kamome2y at 12:09
>結果販売できなくなって..
by _ at 11:29
かっこいいですね、S6。..
by ハイネケン太郎 at 15:54
最新のトラックバック
次期スカイライン・クーペ
from kawaguchi@mana..
LEXUS ISとGS4..
from ism エディターズ blog
Maserati縲€Gr..
from honeyee.com |W..
タグ
イズム公式ブログ
【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

トヨタ・エスティマ・ハイブリッド -速報-

トヨタ・エスティマ・ハイブリッド -速報-_f0040103_6231022.jpg

■今回はまず速報として、エスティマ・ハイブリッドの第一印象をレポートします。

■外観および内装の印象は、ノーマルのエスティマに比べ大分エクスクルーシブな印象。例えば外観ではハイブリッド専用のわずかな違いを演出し、内装ではスウェード調のシート表皮を使うなどして、明らかにノーマルよりも上級を醸し出したのが特徴といえる。
■コックピットですぐに目に付くのはセンターコンソール。実はこの中にハイブリッドのためのバッテリーなどをおさめている。このため、リアシートは通常モデル同様のスペースおよび収納方式を採用する。

■2.4L+ハイブリッドの組み合わせはハリアーハイブリッドやGS450hのような、いわゆるパワー志向ではなく、あくまで燃費志向の味付け。このためハリアーやGSのような圧倒的加速こそないものの、それでも実に爽快な動力性能を味あわせてくれたのだった。

■詳しくは後に記したいと思うが、これだけの動力性能があればミニバンとしては十分。しかもモーターによる独特の加速感はあるため十分に独自の魅力も備えていると感じた。

■ただし、価格はそれなりに「高級」となるわけで、この辺りが購入時における悩みどころとなるのも間違いないだろう。

■というわけでまずはご報告まで、続きは7月に報告したいと思います。
by ism-premiumcar | 2006-06-30 06:23
<< VWゴルフGT-プレミアムなゴルフ- メルセデス・ベンツRクラス -... >>