エキサイトイズム
ウィキ

ライフスタイルーデジタルフォト ismコンシェルジュ:伏見行介 板見浩史


伏見 行介
フォトグラファー
プロフィール

板見 浩史
フォトエディター
プロフィール
フォトグラファー伏見行介とフォトエディター板見浩史がおくるデジタルフォト情報。
カテゴリ
以前の記事
タグ
最新のコメント
Бони уставил..
by Atogbutq at 01:27
Тогда они по..
by Adhhxmqb at 02:22
Он помнил сл..
by Agfosxcy at 00:22
Много поверж..
by Aguelfag at 00:12
О, вам будет..
by Afmefixk at 22:00
最新のトラックバック
イズム公式ブログ
【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

進む一眼レフの自動化と、女性フォトグラファーの活躍

1970年代も後半になると、一眼レフカメラのエレクトロニクス化と小型軽量化、そして低価格化がいっそう進むようになった。以前は機械式が主だったシャッター速度と絞り値の制御も、カメラに搭載されたマイクロコンピュータによりオート化されていく。そんなトレンドのなか、ニコンも絞り優先AE(設定した絞り値に応じてカメラが最適なシャッター速度を選ぶオート撮影モード)式の一眼レフ、ニコンFEを1978年に発売、手ごろな価格と高機能が受けて写真愛好家に大ヒットした。

そして80年代に入り、ニコンのDNAの粋を集めた最高級フラッグシップ機は、歴代のF、F2を経て、F3という進化形へと結実していた。電子制御式の露出機構や液晶によるファインダー内表示など、当時の先進的なスペックを堅牢なボディに内蔵したF3は、たちまちプロの信頼を勝ち得て、多くのハイアマチュアたちの垂涎の的になった。いままでのFシリーズの直線基調とは違い、丸みを帯びながらも精悍なフォルムをデザインしたのは、フィアットやアルファ・ロメオなどのカーデザインでも有名なインダストリアルデザイナー、イタリアのジョルジュエット・ジウジアーロだ。
進む一眼レフの自動化と、女性フォトグラファーの活躍_d0083899_16164983.jpg
精悍さとお洒落心をあわせ持ったF3のボディデザイン

カメラのホールド性を向上させるために設けられたグリップ部に、くっきりと入った赤のラインがブラックボディに美しく映えて、僕たちにカメラの新しいデザインコンセプトというものを教えてくれた。ジウジアーロデザインは、その後も初心者や女性向けに開発されロングセラーとなった小型軽量のAE一眼ニコンEMや、次世代のF4にも継承された。

さらに1983年、カメラ市場に画期的な測光方式を持った一眼レフが登場した。マルチパターン測光方式を採用したニコンFAである。これは大まかにいうと、5分割した画面内のそれぞれの受光部で得られた測光値をパターン分析したのち、膨大な数の実写データに基づく演算プログラムによって処理し、自動的に適切な絞りとシャッターの組み合わせを決めるという方式。つまり、今までの中央部重点測光という方式では、逆光時や暗い背景での人物撮影などに露出を補正する必要があったが、FAはどんな条件でもぴたりと適正露出が得られるという素晴らしい機能を最大の特徴としていたのだった。

ちょうどこの年から、国内の代表的な写真・カメラ専門誌10数誌による「カメラグランプリ」の制定が決まり、年内に発売されたすべての機種を対象に、もっとも優れた1台のカメラを決定すべく選考が開始されていた。当然、FAは最有力機種のひとつとしてリストアップされていたが、他社からもユニークなマルチスポット測光という方式を持った一眼レフが候補として有力視されていた。画面の狭い部分だけをピンスポットで測光し、最大8点まで記憶・演算できるというもので、撮影者の意思を露出に反映できるという評価も高く、賞の行方は予断を許さなかった。

進む一眼レフの自動化と、女性フォトグラファーの活躍_d0083899_16211570.jpg
世界初のマルチパターン測光を搭載したニコンFA

翌1984年6月1日の写真の日、港区の青学会館でカメラ記者クラブ主催の84カメラグランプリ表彰式が開催された。栄えある第1回目の受賞機種となったのは、ニコンFAだった。どんな撮影条件のもとでも適正露出が得られる、世界初のマルチパターン測光の搭載という画期的なイノベーションへの評価はもちろんのこと、1/4000秒の最高速シャッタースピードや実用的な撮影モードを内蔵した、一眼レフとしての機能バランスのよさに対しても高い評価を得たからだった。ちなみに昨年、2006年度のカメラグランプリは、デジタル一眼「ニコンD200」が受賞している。

事実、当時カメラ記者クラブの一員として選考に参加した僕もFAを実際に使って、わざと逆光の難しい条件ばかり撮影したものだが、現像後に結果を見て露出の正確に驚かされたものだ。「カメラが光を判断して制御している…」と。その後、「評価測光」「多分割測光」など、名称は違えどニコンの方式を他のメーカーも追随し、フォトグラファーは露出決定の苦労からかなり開放され、作画やシャッターチャンスに専念することが可能になった。

その後、80年代の半ばから90年代にかけて一眼レフのAF(オートフォーカス)化が進むと、その傾向にさらに拍車がかかる。視力に自信がなく写真から遠ざかっていた年配者や、メカニズムに弱いため写真を敬遠していた女性たちが写真の世界に参入するようになってきたのだ。特に写真・カメラ専門誌などの月例や全国コンテストでも、目立って女性の応募や入選が増え始めたのも、この頃に端を発するといっていいだろう。

長い間、その写真の専門誌を通じて見てきた経験からいえば、もともと女性は写真に向いていると僕は思っている。カメラという機械が好きで、写真をわりと「アタマ」で考えがちなオトコとちがって、女性はあまりカメラの機種だとか機能にこだわらない傾向がある。シャッターを押して「見たように、感じたように写ればいい…」のである。写真へのモチベーションにしても、カメラへの興味よりメンタルな部分にあることのほうが多いようだ。だから、それだけ女性のほうが、煩わしい「写真のお約束事」を離れ、自由に新しい写真が撮れるのではないかと思っている。

事実、2000年以降の木村伊兵衛賞をはじめとする各写真賞での女性の活躍は、発想やモチーフの豊かさにおいて前述したことを実証しているだろう。もちろん、カメラがまだ不便だった時代から社会的ハンデを乗り越え写真を撮り続けてきた、女性報道写真家第一号の笹本恒子をはじめ、常盤刀洋子、今井寿恵、吉田ルイ子といった数々の女性フォトグラファーたちの名を上げることもできるが、カメラの自動化がそれに続く多くの女性たちにとっての間口を広げ、新しいフォトグラファーの誕生に貢献することは間違いないことだろう。

かつて、ヒトラー時代にベルリンオリンピックを記録した映画「民族の祭典」「美の祭典」の撮影監督を務め、戦後はフォトグラファーとして活躍した女性、レニ・リーフェンシュタール。60歳を過ぎてからアフリカのヌバ族を取材撮影し、70歳を過ぎてダイビングの免許を取り世界最高齢のダイバーとして海中写真に挑んだ彼女は、NIKONの愛用者だった。2003年に101歳で天寿を全うしたが、いま彼女が生きていて、軽く小さく自動化が進んだデジタル一眼D40を持ったら、どんな写真を撮ったことだろう…。昨今の女性たちの逞しい好奇心と行動力を思うとき、ふとそんなことを考えてしまうのだ。
# by nikondigital | 2007-01-15 16:14 | ヒストリー | Comments(0)

ボリス・ミハイロフの二つの写真展 そして新鋭三人による美しいネイチャーフォト

前回ご紹介した、銀座エルメスギャラリーでの「木村伊兵衛のパリ」展のように、ファッションブランドが写真に理解を示し、イベントやギャラリーの併設によって多くの人たちに写真への関心を広げてくれることは、とてもありがたいと思っている。

そんな意味でも、Hysteric Glamour(ヒステリックグラマー)が青山店の地下に昨年10月オープンした「Rat Hole Gallery(ラットホールギャラリー)」は、刺激的な写真と出会える新しい場として、かなり気にしたいギャラリーだ。オープニングを飾った森山大道の「イット」は、ヨーロッパで撮られた作品なども織り交ぜた新作展で、間近に見る独特の荒く美しいモノクロームの粒子に、ひさびさに胸がときめいたものだった。

また、ヒステリックグラマーがパブリッシャーとなって写真集も制作されており、1993年から数えて2006年の森山大道「IT」、荒木経惟「ラブ・バイ・ライカ」まで優に30冊を超えている。ラットホールのショップにはレアな写真集も売られていて、細江英公の「薔薇刑」など貴重な初版本が並んでいたのには驚かされた(値段は、ちなみに37万円!)。

ボリス・ミハイロフの二つの写真展 そして新鋭三人による美しいネイチャーフォト_d0083899_23155172.jpg
ラジカルな展示が魅力のラットホールギャラリー


前置きが長くなったけれども、そのラットホールでは年末の荒木経惟展に続き、1月19日から3月25日まで二つのパートに分けてボリス・ミハイロフ展が開かれる。ミハイロフは1938年に旧ソビエト連邦ウクライナに生まれた写真家で現在はベルリン在住。社会主義体制下からソ連崩壊後に撮られた独特のモチーフ、つまり社会の下層に生きる人々の赤裸々な人物描写やヌード作品には、強烈なインパクトがある。人によっては好き嫌いがはっきり分かれる写真家といえるかもしれない。

しかし一見露悪的にみえる直截な眼差しの底には、肉体という哀しみの衣をまとった人間そのものへの深い洞察と共感、そして政治や国家というものに対するおおらかな反抗と風刺が感じられるのだ。世界各国での展覧会や美術館でのコレクションの多さも、そうした普遍的な世界観をもつミハイロフの人気を反映するものといえそうだ。

この時期、SHUGOARTS(シュウゴアーツ)でも、ボリス・ミハイロフ展「昨日のサンドウィッチ」が開かれている。こちらはフィルムを重ね合わせてプリントするダブルイメージで表現されたシリーズ。過去の光景という二枚のパンを重ねることによってどんな味覚が醸し出されるのか、撮影者である自分さえ予想のつかないイメージの出現とその操作を、ミハイロフは楽しんでいるように思える。海水浴する肥満した肉体と微笑む女性のスナップ、ヌードの後姿と孔雀の羽根、ひび割れた壁と街路…二つの光景は重なり合うことで、どれも色調は絵画のように深められるが、ノイジーで秘密めいた画面はざわざわと感情をかき立ててやまない。

ボリス・ミハイロフの二つの写真展 そして新鋭三人による美しいネイチャーフォト_d0083899_23164222.jpg
(C)ボリス・ミハイロフ 「昨日のサンドウィッチ」より


それを単にビジュアルとして楽しむのか、あるいはもっと深読みしてその意味付けを楽しむのかは、見る者の自由。それも写真の面白さだ。1960年後半から70年代にかけて制作されたこれらの合成シリーズは、ソビエト時代に写真の検閲責任者(!)でもあった高名な批評家モロゾフから封殺された経緯があったという。単一の価値しか認めない社会の中で、やはり写真もまた不自由な足かせをはめられていたというひとつのエピソードだ。そんなことを考えつつミハイロフの作品を眺めていると、自由に写真を撮り、表現できることの楽しさにあらためて思い至るのだ。

シュウゴアーツは広大なロフト空間を生かした、写真ファンも注目のアートギャラリー。前回は森村泰昌の「烈火の季節/なにものかへのレクイエム・その壱」が開催されるなど、最近の意欲的な展示に目が離せない。

あまりヘビーで刺激的なテーマは苦手、という自然指向の人には2月18日まで東京都写真美術館で開かれている「地球の旅人―新たなネイチャーフォトの挑戦」がお薦めだ。ホッキョクグマやハクトウワシなどを得意とする動物写真家・前川貴行、雄大で宇宙観に満ちた山岳写真で知られる菊池哲男、国内の山河に幽玄と神秘を探求する風景写真家・林明輝。いま活躍中の三人のフォトグラファーが、この惑星の上で発見し、ファインダーの中で見つめ続けてきた、それぞれの世界を存分に展開している。

交通手段の発達によって、この地球は狭く小さくなったといわれるが、人の心を感動で震え立たせるような自然や生き物の営みはこの地上に数多く存在している。むしろわれわれ人間が「見ようとしていない」だけかもしれない。写真家は、研ぎ澄まされた嗅覚と視覚と心のアンテナでその現場へ行き、僕たちの眼前にその光景を持ってきてくれるのだ。

ネイチャーフォトとは、ただの自然の複写ではない。対象とする自然への深い理解と精緻な観察、そして撮影者なりの自然観といったものが明確にあることが必要だろう。30代後半から40代半ばという、いわばフィジカルとメンタル両面がもっとも充実したこの写真家たちの視点は確固としていて、見る者を三人それぞれの自然観へといざなう。

ボリス・ミハイロフの二つの写真展 そして新鋭三人による美しいネイチャーフォト_d0083899_21542570.jpg
(C)前川貴行
ボリス・ミハイロフの二つの写真展 そして新鋭三人による美しいネイチャーフォト_d0083899_21544255.jpg
(C)菊池哲男
ボリス・ミハイロフの二つの写真展 そして新鋭三人による美しいネイチャーフォト_d0083899_2154556.jpg
(C)林 明輝


前川は、動物の可愛らしさや獰猛さ、気高さや親子の情愛などから、人間も含めた生き物の本質を示唆する。菊池は、壮大な天と地のはざまに屹立する「山」という存在を借りて、この惑星のドラマとスケールを雄弁に物語る。また、写真集「森の瞬間」でIFWP(国際野生写真連盟)主催のネイチャーフォト・ブックオブザイヤー2005を受賞した林は、雲や雨や霧といった水の輪廻と森の霊気が生み出す山紫水明の美を、叙情豊かに謳いあげている。個性的な三人の宇宙観、地球観に触れてみてほしい。

●ボリス・ミハイロフ展「Look at me」 1月19日(金)~2月25日(日)
「Beach」   2月28日(水)~3月25日(日)
ラットホールギャラリー


●ボリス・ミハイロフ「昨日のサンドウィッチ」
シュウゴアーツ2006年12月22日(金)~2007年2月3日(土)


●「地球の旅人―新たなネイチャーフォトの挑戦」
東京都写真美術館 B1F
1月2日(火)~2月18日(日)
http://www.syabi.com/
# by nikondigital | 2007-01-09 23:13 | ピックアップ | Comments(1)

発表しよう!!

写真ってなんで、写すのでしょうか?
記録、記念、思い出・・・・?
でも、このコンシェルジュを見ているひとだったら、写真をとおして何かを表現したいと思っている人が多いのでは・・・
自分の写真を発表しようとする人には、今はとても良い時代なのです。
ちょっと前、Webが一般的になる前でしたら、自分の写真を発表するには、写真展を開いたり、カメラ雑誌に投稿して採用してもらったり、はたまた、写真集を自費出版するなど、発表手段は紙媒体しかありませんでした。写真展をするにも、写真集を出すにしても、会場費やプリント代、印刷代等金銭的にも、かなりハードルが高かったのです。
でも、現在はどうでしょう。Webが登場以降、無料で発表できる「電子メディア」が一般化し、紙媒体の写真集も、オンデマンド印刷が発展するとともに、リーズナブルな価格で作成できるようになりました。
今回は、写真の発表手段について少し考えてみようと思います。

Blog
まずは、この記事を発表しているブログです。
無料で、簡単に写真と文を発表できる手段はブログ以外にはは無いといっていいでしょう。
また、ブログは見てくれた人とのコミュニケーションが「コメント」や「トラックバック」という方法でインタラクティブにとれるのも魅力です。
2004年の夏に、エキサイトが主催した、ブログコンテストの写真部門の審査員をしたのですが、その時予備審査を通った、30程のブログを見たときの衝撃は忘れられません。
これまで、私が仕事として関わってきた紙媒体を中心とした、写真表現よりはるかに自由な写真の世界がありました。これは、デジタルカメラと無料の発表の場Blogのなせる技で、表現のためのハードルが良い意味で低くなり、新しい感性の持ち主達が写真の世界に参加してきたと思いました。
日本でブログが、一般的になったのは2003年くらいだと思いますが、総務省の発表によると、2006年3月末現在の日本でのブログ利用者数は868万人に達するという事です。この数は「手軽に、簡単に」ブログが立ち上げられる何よりの証拠といえるでしょう。
色々な、ブログのサービスがありますが、私はいくつかのブログサービスを試しましたが、手前味噌になりますけど、写真を発表するなら写真が大きく発表できるエキサイトブログが一番だと思います。
この、記事を載せているブログのスキン(デザイン)は横幅が600pxに制限されていますが、私が運営している2つのブログに使用しているスキンは、写真の横幅が900ピクセルくらいまでOKで、画像重視の写真ブログにはうってつけです。
ちなみに、私のブログの一つは撮影日記、もう一つは、気にとまった風景を写している「Toward the Landscape」というブログです。
下の画像は「from our Diary 写真は楽しく!」撮影日記です。
私のスタジオの仕事で発表してもOKな仕事だけを毎日、日記として発表しています。
仕事仲間のフォトグラファーや編集者の方も結構みていてくれて、「見てますよ」と言われる事も多くなりました。
こうしたブログで、人に登場してもらうばあいは、礼儀として必ず了解を得るようにしましょう。
また、仕事関係を掲載する場合は、関係者の了解をとる必要が絶対にあります。
発表しよう!!_d0083899_173208.jpg

次の画像は、私が気になった風景を発表しているブログです。
私は、プロのフォトグラファーですが、ブログではディレクターやクライアントの制約も全く無く、アマチュアのフォトグラファーと全く同じ気分で、写真を楽しんでいます。
こちらの方は、やはりブロガーのRosyさんが、彼女が気に入った私の写真に「詩」を付けてくれて、コラボレーションを楽しんでいます。
こんな、楽しみができるのもブログだからこそだと思います。
発表しよう!!_d0083899_1744664.jpg

また、ブログランキングに参加もできますので、自分の作品がどんな評価を受けているかも「ある程度」判断する事ができます。

On line album
次は、オンラインアルバムです。
このサービスは、カメラメーカー等が提供しているサービスで、会員登録をするとサービスを提供している会社のウェブサイト内にアルバム風の発表の場が持てるサービスです。
1枚1枚写真を見たり、スライドショー形式で見たりする事ができます。またオンラインでプリント発注も可能です。そして、他の人の好きな写真に対して投票もできたりします。
ブログはどちらかというと文章優先であるのに対して、こちらの方は、写真優先です。
下の画像は、ニコンイメージングが提供している、ニコンオンラインアルバムの私のアルバム「Toward the Landscape」です。
発表しよう!!_d0083899_1754844.jpg

発表しよう!!_d0083899_1761784.jpg



写真集
少しまえまでは、自分で写真集を出版するなどと言うことは、夢のまた夢でした。金銭的にも、その他の準備も大変でした。
デジタル時代の今は、紙媒体にも大きな変化が起きています。オンデマンド印刷という、巨大なプリンターのようなデジタル印刷機を使用した小ロット印刷で、安価に写真集ができるようになりました。
今回は、いくつかある、オンデマンド印刷による写真集の制作会社のなかから、デザインも都会的で、価格も手頃なフォトバックさんに協力していただき、私の「Toward the Landscape」の写真のなかから、何点か選び、1冊写真集をつくってみました。
写真を用意し、フォトバックさんのwebsiteから指示に従って作業をしていけば1時間位で作業がすんでしまいます。下の写真は、フォトバック編集作業中の画面です。
発表しよう!!_d0083899_177162.jpg
10日後、大きさが12Cmx12Cmで36ページのかわいい写真集が送られてきます。価格は1〜5冊までは1冊1.890円(税込・送料別)、6〜48冊までは1冊1.680円(税込・送料別)とリーズナブルです。
下の写真はできあがった、写真集「Toward the Landscape」です。
発表しよう!!_d0083899_1772969.jpg

友達の誕生日や、もう過ぎてしまったけれどクリスマスやバレンタインなんかに、オリジナル写真集をプレゼントしたら、すてきですね。
また、我々プロも何種類かつくって、デザイナーやディレクターに配っても面白いかもしれません。
フォトバックさんは、コンテストを開催したりユーザーイベントを開いたりしているので、いろんな輪が広がるかもしれません。

写真展
趣味でもプロでも、写真を写している人なら、写真展をしてみたいと思っている人も多いはずです。
写真展の魅力は色々あるけど、写真のサイズを大きくして見てもらえる事、写真集やPCのモニター上で見るより、品質が高い写真をみてもらえる事、見に来てくれた方と直接コミュニケーションが取れる事などが、大きな魅力だと思います。そんな写真展ですけれど、やはりお金はかかります。
まず会場費。これは、Nikonさんや他のカメラメーカー、フィルムメーカーさんが、大都市に写真専用のギャラリーを持っています。この種のギャラリーは会場費は無料ですが、写真展を開催するには審査があり、倍率は数十倍になることもあるそうです。
作品によっては、全国の何カ所かの系列のギャラリーでの巡回展をしてくれる場合もあります。
発表しよう!!_d0083899_1775499.jpg
もし、有料のギャラリーを借りるとすると、例えば東京の新宿で全紙サイズ30点を飾れるスペースですと、レンタル料金は一週間で24~5万円くらいになってしまいます。
それに、プリント代や額装代、オープニングパーティーの費用等を入れると結構な金額が必要になります。

写真が上手くなる「コツ」。それは、自分の写した写真を、撮りっぱなしにしないでよ~く見る事です。
ブログを作る事も、フォトアルバムを持つことも、写真集を作ることも自分の写真をよく見ることにつながります。
年末年始には、写真も整理してみてはいかがでしょう。
# by nikondigital | 2006-12-25 17:08 | アレンジ | Comments(2)