エキサイトイズム
ウィキ

ライフスタイルーデジタルフォト ismコンシェルジュ:伏見行介 板見浩史


伏見 行介
フォトグラファー
プロフィール

板見 浩史
フォトエディター
プロフィール
フォトグラファー伏見行介とフォトエディター板見浩史がおくるデジタルフォト情報。
カテゴリ
以前の記事
タグ
最新のコメント
Бони уставил..
by Atogbutq at 01:27
Тогда они по..
by Adhhxmqb at 02:22
Он помнил сл..
by Agfosxcy at 00:22
Много поверж..
by Aguelfag at 00:12
О, вам будет..
by Afmefixk at 22:00
最新のトラックバック
イズム公式ブログ
【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

「薔薇刑」から「ガウディの宇宙」など、細江英公の世界にまるごとふれる

写真家・細江英公は、1960年代から今日にまで連なる日本現代写真の、重要な牽引役を果たした写真家の一人といっていいだろう。そればかりではなく、過去に数々の海外展やワークショップを開くなど、国外での評価も高い。また今年は、カリフォルニア・サンディエゴ写真美術館の主宰するセンチュリー・アワードで「生涯業績賞」を、また写真界のアカデミー賞と呼ばれるルーシー・アワードでは「先見的業績賞」を日本人写真家で初めて受賞して話題を呼んだばかり。

その細江英公の写真を初期から近作まで通して見渡せる展覧会「球体写真二元論:細江英公の世界」が、いま東京都写真美術館で開催中だ。貴重なビンテージプリントも含めて約200点の代表的作品が展示される。

発表順に簡単に流れを紹介すると、60年代を代表する「おとこと女」、「薔薇刑(ばらけい)」、「鎌鼬(かまいたち)」、70年代以降に発表される「抱擁(ほうよう)」、「ガウディの世界」、そして近年まで撮り続けた「胡蝶の夢 舞踏家・大野一雄」までが、代表的な作品群。

その時代性を反映した各テーマはそれぞれに見所があり、細江写真を理解するうえでひとつでも欠くことのできないものだが、なかでもこの機会にぜひとも観ておきたいのが、三島由紀夫をテーマにした「薔薇刑」。血走らせた目を見開き一輪のバラをくわえた顔のアップや、裸体にゴムホースを巻きつけて横たわり、あるいは木槌を頭に当てて屹立した日本を代表する作家の姿は、1963年に写真集として発表されると各界に衝撃を与え、その年の日本写真批評家協会作家賞を受賞している。

「薔薇刑」から「ガウディの宇宙」など、細江英公の世界にまるごとふれる_d0083899_11211647.jpg
(c)細江英公 「薔薇刑」より(1961年)

当時の細江は弱冠30歳の気鋭の写真家だった。奈良原一高や東松照明ら新進写真家によるセルフエージェンシー「VIVO」の結成に加わり、「おとこと女」ですでに写真界に認められてはいたものの、さらに大きくその地歩を固めたのは、やはりこの「薔薇刑」だといえる。エロスとタナトスのイメージに満ち満ちたこの作品を、三島由紀夫から「あなたの被写体になるのだから自由に撮ってください」といわれて取り組んだと細江は回述している。その後1970年の三島の自決事件にいたるまでの経緯を思うとき、若き日の写真家の鋭い直感と洞察力、そして天衣無縫な表現力にあらためて敬服せざるを得ないのだ。

細江写真にとってもうひとつ重要な部分を占めるのは、舞踏家の土方巽と大野一雄との宿命的な関係性である。写真家は彼らの肉体を借りて写真に生命を吹き込み、舞踏家は写真家によって永遠の肉体を与えられた。

土方巽が土俗的な精霊のイメージとなって風のように農村風景の中を駆け抜け、飛び回る「鎌鼬」(1970)は、山形県米沢での写真家自身の疎開時の原体験をモチーフのひとつとしている。農村が持つ、優しさや厳しさ、豊かさと貧しさと猥雑さなどといった、渾然とした日本の風土性を表現したもので、土方の郷里である秋田で撮影されたこの作品は、1969年度の芸術選奨文部大臣賞を受賞している。

「薔薇刑」から「ガウディの宇宙」など、細江英公の世界にまるごとふれる_d0083899_1129246.jpg
(c)細江英公 「鎌鼬」より(1965年)

男女の肉体が黒い背景の中でリリカルに、かつ多少のユーモアを湛えながら抽出された「おとこと女」(1960)からは、新しい肉体表現に挑戦しようという才気がいまも立ち昇っているようだ。また、それから約10年を経たのち、さらに洗練を加えて発表された「抱擁」(1969)は、三島由紀夫をして「もっとも純粋でアスレティックな美」と言わしめただけあって、ヌード写真における不変のポジションを確立した作品といえる。

「薔薇刑」から「ガウディの宇宙」など、細江英公の世界にまるごとふれる_d0083899_11291257.jpg
(c)細江英公 「抱擁」より(1969年)

このほかにも、サグラダファミリア大聖堂などで知られる異才・ガウディの建築を壮大な肉体と捉えて作品化した「ガウディの世界」(1977・1984)、大野一雄の舞踏する肉体に江戸の鬼才画家・蕭白の絵をスライド投影して重ね合わせ撮影した作品などなど、いまも芸術的挑発とサプライズにあふれた細江写真の真髄にふれることのできる貴重な展覧会としてお薦めだ。

また、時期をあわせて、「細江英公の<浮世絵うつし>と<鎌鼬>屏風・掛け軸・画帖」展が、12月15日~2007年1月30日まで文京区湯島ハイタウン1Fの羽黒洞画廊で開催。
さらに、細江作品の代表作を銀板写真やガムプリントなどさまざまな古典的プリント手法で再現する「細江英公名作各種プリント百花斉放」展が、芝浦のPGI「フォト・ギャラリー・インターナショナル」で2007年1月10日~30日まで開催される。
by nikondigital | 2006-12-11 11:29 | ピックアップ | Comments(3)
Commented by Rio at 2007-04-28 11:13 x
Rioです☆みんなの貼ってくれる画像を毎日楽しみに見てまーす☆私も今週分の画像を貼っておきましたw夏って汗ダクでもなんかいい感じに撮れますよねw協力してくれた皆さんありがとう~(*^_^*)あッ!きわどい写真はボカシを入れてくださいね。Rioからのお願いでした☆

riocutiesmile.freeing.name
Commented by Rio at 2007-04-28 11:14 x
Rioです☆みんなの貼ってくれる画像を毎日楽しみに見てまーす☆私も今週分の画像を貼っておきましたw夏って汗ダクでもなんかいい感じに撮れますよねw協力してくれた皆さんありがとう~(*^_^*)あッ!きわどい写真はボカシを入れてくださいね。Rioからのお願いでした☆

riocutiesmile.freeing.name
Commented by カシオ 時計 店舗 at 2013-12-09 10:19 x
</span>。不十分なバッグは、2 つの鉛筆ホルダーと本当に 8 つの計画スライド ポケット添付されます。従ってそれにもかかわらず彼らは本当に 3 つのマイクロ インテリア財布といくつかの 2 つの外部ポケット接続。
カシオ 時計 店舗 http://www.bierkan.org/css/Casio-PRO-TREK-Purotorekku-c-42013_42009.html
<< こころウキウキ、クリスマス 繁栄と動乱の交錯する不確実な時... >>