エキサイトイズム
ウィキ

ライフスタイルーデジタルフォト ismコンシェルジュ:伏見行介 板見浩史


伏見 行介
フォトグラファー
プロフィール

板見 浩史
フォトエディター
プロフィール
フォトグラファー伏見行介とフォトエディター板見浩史がおくるデジタルフォト情報。
カテゴリ
以前の記事
タグ
最新のコメント
Бони уставил..
by Atogbutq at 01:27
Тогда они по..
by Adhhxmqb at 02:22
Он помнил сл..
by Agfosxcy at 00:22
Много поверж..
by Aguelfag at 00:12
О, вам будет..
by Afmefixk at 22:00
最新のトラックバック
イズム公式ブログ
【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

スーパーデータ  raw

性能のraw(ロウ)か、便利さのjpeg(ジェイペグ)か・・・
今回は、ちょっと専門的なデータのお話です。
前回のライフ編の万年筆のイメージ写真は、rawデータで撮影して、rawデータ現像ソフトで現像をし、画像処理ソフトで手をいれて完成させました。
これまでの、車編や女の子編では、jpegというデータで撮影していたのですが、万年筆の撮影は光るペン先から、黒い背景まで明暗さが大きいので、高性能のrawデータで撮影しました。
rawデータで撮影できるのが、一眼レフカメラの特徴の1つです。コンパクトタイプのデジタルカメラでは、rawデータで撮影できるカメラは、殆どありません。
では、rawデータというのは、どういうデータなのでしょうか?
rawを辞書で調べると「生」とか「未加工」とかの意味があるようです。
その意味どおりraw形式のデータは、カメラの受光素子からストレートに得られる、加工されていない生のデータです。
受光素子の性能をそのまま反影する高性能のデータなのですが、そのままではPCで見られる一般的な規格のデータになっていません。
PCで見られるデータにするには、専用のソフトを使って生のデータを変換して、PCで見られるデータにする必要があります。

ではjpegというデータはどういうデータでしょうか?
デジタル関係で扱う画像の種類では、最も一般的なデータです。コンパクトデジタルカメラのデータも、携帯電話に付いているカメラのデータもjpegです。windowsのPCでも、Macでもjpegデータの画像は、そのまま見られます。
また、カメラ屋さんでデジタルカメラのデータからプリントの注文をするときも、PCからインターネットを通してプリントを注文するときも、コンビニ等でセルフサービスでプリントできる機械でもjpegデータでしたらOKです。jpegは幅広く使用できる便利なデータですが、欠点も少しあります。それは、jpegは圧縮してあるデータなので、圧縮率を高くするとデータの容量を小さくできますが、画質が劣化します。また、画像処理等を繰り替えして保存操作を繰り返すと画質が劣化するという欠点もあります。どんなに優れたjpegデータでも、jpegの規格を越える事はないのです。

現像液
先ほど、rawデータは専用のソフトを使って生のデータを変換して、PCで見られるデータにする必要があると書きましたが、そのソフトにも種類があります。モノクロフィルムの現像をしたかたなら、おわかりだと思いますが、モノクロフィルムの現像液にも何種類かあるのと同じ事です。
多くのraw現像ソフトがありますが、私はカメラメーカーの純正ソフトを薦めます。その訳は、先ほど「raw形式のデータは、カメラの受光素子からストレートに得られる、加工されていない生のデータです」と書きましたが、ここに1番の「訳」があります。
カメラを作ったメーカーなら、一般には公開しない受光素子からの詳しいデータまで反影できる現像ソフトを作れるので、カメラメーカー純正ソフトが良いと思います。

caputure NX
このシリーズはNikon D200で撮影していますので、raw現像ソフトは純正のフォトフィニッシングソフトウエア caputure NX(キャプチャーNX)を使用しました。このソフトはヨーロッパを代表する、映像・写真関連のEISAという賞を受賞しています。いろいろな事ができますが、U POINTテクノロジーという操作方法が便利です。
rawデータで撮影した場合と、jpegで撮影した場合の操作の流れを、図にしてみました。
スーパーデータ  raw_d0083899_11564667.jpg
※Rawデータ→raw Jpgデータ→jpeg Tifデータ→tiff

両方のワークフローに、tiff(ティフ)データというのがありますが、このデータ形式も、PCや画像処理でよく使われるデータ形式です。
tiffデータは主に画像処理や、デジタルデータを印刷の原稿として使用するときに使用します。
tiffのデータ容量は、圧縮していないのでJpegより大きいですが、画像処理をして保存を繰り返しても画質が劣化しないので、jpegで撮影したデータを画像処理する時には、画像処理ソフトでtiffに変換して作業を進めます。

①はcaputure NXを使用したときのワークフローです。
rawデータをtiifという規格にする前に、画像処理をするので良質のデータが得られ、良質のtiffデータを画像処理ソフトで修正するので、良いデータが得られます。

②はjpeg規格の画像をに変換して、画像処理ソフトで、沢山いじるので、①で得られるデータよりは劣ります。

作業開始
スーパーデータ  raw_d0083899_1157888.jpg
上が、caputure NX の画面です。ブラウザー機能もありますし、ヒストグラムも見えます。
写真1は、何もしないrawデータをWebで見られるjpegに変換したデータです。ペンの金属部分はしっかり写っていますが、全体に暗い写真です。
写真1
スーパーデータ  raw_d0083899_11574431.jpg
まず、撮影情報を開いて全体の調整をします。下はその作業中の画面です。
スーパーデータ  raw_d0083899_1158688.jpg
上の画面では以下の作業をしています。
・コントラスト やや弱め
・色あい    -6
・色温度   capture NX 蛍光灯 4588ケルビン
以上の作業をしたのが、下の写真2です。
写真1に比較して、写真には黒の撮影背景の模様も見えるようになりました。
写真2
スーパーデータ  raw_d0083899_11583553.jpg

次に、capture NX独自のU pointを使用して部分を修正していきます。下は、U Pointを使用しているようすです。
色相、彩度、明るさ、コントラスト、RGB等、かなり細かく調整できます。
スーパーデータ  raw_d0083899_1159088.jpg
次にペン先だけを選択ツールで選択をして、トーンカーブを使って明るさと色を調整します。下はcapture NX上で、その作業をしている画面です。
スーパーデータ  raw_d0083899_11593548.jpg
そして、最後にPhotoshop Elements等の画像処理ソフトで、万年筆の傷やインクの染み等を修正して出来上がりです。
スーパーデータ  raw_d0083899_120261.jpg
上の状態ではわかりにくいので、「使用前・使用後」ではないですが、下の写真の左側は、rawデータから何も調節せずに、jpegに現像した写真の部分アップ、右はcapture NXでアレンジをした後に、jpegに現像し、画像処理ソフトで若干修正した写真です。
その差は一目瞭然です。
スーパーデータ  raw_d0083899_1202912.jpg

以上、ザッとrawデータのアレンジについて解説しました。
皆さんが、ご覧になられているPCのモニター上では、あまり差はなく見えるかもしれませんが、少し大きくプリントしたり、印刷用の原稿として画像をアレンジする時は、rawデータで撮影し、アレンジしたあとにtiffやjpegにしたデータと、jpegで撮影しtiffに変換して画像処理をしたデータとでは、やはりrawデータでの撮影の方が、結果は良いようです。

大切なのは使い分け
rawデータでの撮影の結果が良いといっても、なんでもかんでもrawで撮影していたら、データ容量も増えるし、手間もかかります。
作品として残そうという場合や「ここぞ」という時はrawでの撮影をして、通常のスナップの場合はjpegでの撮影で十分です。
by nikondigital | 2006-11-15 15:10 | アレンジ | Comments(0)
<< 「F」の伝説と、本格的な一眼レ... 男の「こだわり」のブツ撮影 >>