エキサイトイズム
ウィキ

ライフスタイルーデジタルフォト ismコンシェルジュ:伏見行介 板見浩史


伏見 行介
フォトグラファー
プロフィール

板見 浩史
フォトエディター
プロフィール
フォトグラファー伏見行介とフォトエディター板見浩史がおくるデジタルフォト情報。
カテゴリ
以前の記事
タグ
最新のコメント
Бони уставил..
by Atogbutq at 01:27
Тогда они по..
by Adhhxmqb at 02:22
Он помнил сл..
by Agfosxcy at 00:22
Много поверж..
by Aguelfag at 00:12
О, вам будет..
by Afmefixk at 22:00
最新のトラックバック
イズム公式ブログ
【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

女子撮影

2週間ぶりの実技講座です。今週は「女の子の写し方」です。
前回は、車を中心に実習しましたが、車と言えば次は「女の子」が定番です。
カッコイイ車で女の子とドライブをして、カワイク彼女を写してあげられたら好評間違いなし。「写真の趣味、写真を写す楽しさ」を、彼女も「より」理解してくれると思います。
今回モデルになってくれたのは、東京の美術系の学校に通っている藍美ちゃんです。

女子撮影_c0086432_2124656.gif一番最初にする事は?
左右の違いを知りましょう。


女の子を写す時、モデルさんがプロでも、そうでなくても「右と左どっちの顔が好き?」と必ず聞くように、私はしています。
モデルさんがプロで無い時は「お友達と写した時や、プリクラで写真を写したときに、気にいった顔の方向ある?」なんて聞きます。
「私は、こっちの方の顔が好き」って言われたら、必ずその方向から写してあげます。「そんな事わからない」っていう子には、「人の顔って、左右違うからこの写真できたら研究してみて」なんていう感じでスタートします。
自分の顔の好き嫌いがわかっている女の子は、好きな方向から写され始めたら、安心して「乗り」が良くなりますし、自分の顔のどっちが好きかわからない女の子には、右も左も沢山撮ってあげて、新しい魅力を発見してあげましょう。
一眼デジタルカメラですと、液晶モニターで撮影した画像をすぐに確認できるので、モデルさんとのコミュニケーションも良くなり、撮影も快調に進みます。

女子撮影_c0086432_2124656.gifどうせ撮るならスマートに!
カメラのポジションに気を付けましょう。


女の子の写真、特に全身を撮影するときには、カメラのポジションを少し低くして撮影してあげましょう。理由は、その方がスマートに写るからです。
極端な例ですが、赤ちゃんを立ったまま写すと頭でっかちに写ってしまいます。赤ちゃんの目線ぐらいの低い位置にカメラポジションを下げて撮影すれば、頭でっかちは防げます。それとおなじです。
下の作例をみてください。左は立ったままで撮影しました。右はひざまずいて撮影しました。
顔の大きさが、ぜんぜん違いますよね。もちろん小顔の方が、女の子に喜ばれます。
女子撮影_d0083899_11115788.jpg
カメラポジションの重要性はわかったと思いますが。上の作例写真は写真的にはいまいちです。
問題点は、足と手の処理と車の位置にあります。プロのモデルさん達は、手の位置や、綺麗に見える足のポージングは慣れていて上手ですが、普通の女の子はそうはいきません。
女子撮影_d0083899_13214939.jpg藍美ちゃんも、そのへんが苦手なので車を使ってまとめたのが、左の写真です。
この写真では、車を「小道具」に使用しましたが、ハンドバッグを持たせたりしても良いかもしれません。また、足の処理ですが、立つときに姿勢良く、背骨をのばして立ってもらい、左右どちらかの足に重心をのせて立った方がよいようです。上の作例写真では、左の写真より右の写真の方が足のポージングは上手くいっています。
彼女が読んでいる、女性誌のファッションページ等を時間のあるときに見て、ポージングの研究をしておくと、役に立ちます。

女の子を写す時は、絞らない。
「絞らない」とは、レンズの絞りの事です。人物の写真を写すときは、絞り優先Aモードで写します。設定する絞りは使用するレンズの一番明るい開放か、1絞りくらい絞った値で撮影します。その訳は、人物の背景をボカして、人物を目立たせるためです。
また、ISO感度の設定は晴れていたら、100、曇っていたら400位に設定し、シャッタースピードが遅くならないようにします。せっかくピントが合っていても、モデルさんがブレていたのではだいなしです。
女子撮影_d0083899_11123886.jpg
上の作例の左の絞りはF5.6、この時使用した18-200mmズームレンズの開放絞りです。右はF22で、左の写真の絞りより4絞り分絞っています。
レンズの絞りというのは、数値が大きくなるほど、ピントのあう範囲が広くなってしまいます。
右の写真は、左の作例より背景の木の葉や幹がはっきり写っていてうるさい感じがします。
女子撮影_d0083899_11131371.jpg
実際にピントを合わせた場所よりも、ピントが合う範囲が広くなる事を「被写界深度」と専門用語で言います。イメージとしては上の図のようになります。
今回は、ズームレンズで撮影しましたが、明るい単焦点レンズや、ちょっと高価ですがF値の明るいズームレンズを使用して、絞りを思い切り開けて撮影すると、人物の背景がボケたきれいなポートレートが写せます。
ただし、その場合は、オートフォーカスのフォーカスポイントを使いこなすか、マニュアルフォーカスでしっかりモデルさんの目にピントを合わせる必要があります。

女子撮影_c0086432_2124656.gif女子は順光で写してはいけません!

私たち、プロフェッショナルが人物撮影するときは、順光で撮影することは、殆どありません。
逆光か半逆光でレフ板を使用して写します。順光だと、鼻や顎、ほっぺたの影が出て、その影をレフ板などで起こすのは大変なのです。
この項は、レフ板を使用せずに秋のコントラストの強い光で、しかも順光ぎみのトップライトという光でも、女の子を綺麗に写す方法をお教えします。
女子撮影_d0083899_11141798.jpg

左は13時頃のトップライトという、太陽が頭の上近くにあるポートレート撮影には、最も不向きな太陽光下での撮影です。
絞り優先Aモードでの撮影です。顔に色々な影が出て、決して綺麗だとはいえません。
右は、同じ太陽の条件で、有る物を使用し、露出補正を+1しました。光が綺麗にまわって、左の写真よりずっとステキです。そのあるものとは・・・・

女子撮影_c0086432_21491397.jpgそれは、左の写真の傘なのです。コンビニなんかで売っている、ビニール傘です。透明なビニールの傘でなく、乳白色のビニール傘です。太陽光が乳白のビニールを通る事により、拡散し柔らかい光になります。このままでも、OKですが、この状態に弱めにレフを当てれば、最高の光になります。もし、傘が無い場合は、モデルさんを木陰に入れて写しても同じような効果が期待できます。


昼間でも、ストロボを使います。

女子撮影_c0086432_3214431.jpg高級機以外の一眼デジカメに付いている内蔵ストロボ、積極的に使わなければ宝の持ち腐れになってしまいます。
内蔵ストロボ、見た目が小さいからとバカにしてはいけません。使いこなすと結構色々な事ができるのです。
今回は、難しい使い方ではなく「ストロボは夜だけに使う物ではない」という事を、覚えていただければOKです。
女子撮影_d0083899_15594775.jpg左の作例写真、上は内蔵ストロボを使用せず撮影しました。
下の写真は、内蔵ストロボを発光させて撮影しました。違いは一目瞭然です。
ただし、この写真はいかにも「光をあてました。」という感じです。
各カメラの内蔵ストロボの説明書チョットだけ読んで、使用の仕方を研究してみてください。もっと自然な感じの明るさにできるはずです。
色々試した結果を、すぐにカメラの背中の液晶パネルで確認できるのも、デジタルカメラのいいところです。

女子撮影_c0086432_2124656.gif
アドバイス!!

女の子の写真は、フォトグラファーの力だけでは綺麗に写せるとは限りません。
プロの場合は、ヘアメイクさんとスタイリストさんも、重要なスタッフです。
今回の撮影で、一緒に仕事をしたヘアメイクさんとスタイリストさんからもアドバイスをもらいました。
まずは、ヘアメイクさんの谷村 瞳ちゃんから、モデルになる女の子へのアドバイス。
ーメイクは撮影前に、リップグロスをつけ直して、つやっぽくしたりすると肌がひきたちます。アイメイクの崩れを直すためマスカラを整えたり、まつげのカールをつけ直すと、エレガンスになりますよ。ヘアはブラッシングをし直し、トリートメントオイルを毛先になじませて、まとまりが有るようにするといいですよ。ーとの事でした。
次は、スタイリストの水嶋 依子ちゃんからのアドバイス。
ー撮影前には、着崩れをチェックしましょう。大きな鏡があったらベストですけど、写真を写されるとわかっているのだったら、少し大きめの手鏡でよいので持って行って、服の乱れをチェックしましょう。自分がどう写されたいかをはっきりさせて、着ていく洋服を選ぶと良いでしょう。
今回の撮影では、赤い車だとわかっていたので、女の子が目立つように白地に紺の柄のワンピースを選びました。ーとのことでした。

いろいろ、書きましたけど、一番肝心な事は被写体を好きになることです。
仕事で、大きな会社の社長さんから、タレントさん、果ては猫ちゃんやワンちゃんまで撮影しますが、被写体の良いところを写そうと、一生懸命になります。そうすると、心がつうじるもので、相手も感じて良い表情をしてくれます。
また、モデルさんには、女の子でも、男子でも、社長さんでも、撮影中は大きな声で褒めながら撮影します。「きれいだね」とか「その笑い最高!」なんて、女の子にはっきり言えるのは、写真を写すとき位です。
よく、アマチュアの撮影会や、イベント等で、黙ってムッツリモデルさんや、コンパニオンを写している人がいますが、あれはやめましょう。声をかける勇気がないなら、にっこり笑ってから写して、写し終わったら「ありがとう」の一言くらいはいってください。
「写真は、楽しく!」です。
by nikondigital | 2006-10-02 13:19 | ライフ | Comments(9)
Commented by mugnum-yoda at 2006-10-03 07:16 x
こういう記事を見ると、ますますポートレートの道に進路変更したくなりますね!
デジタルの時代になり、本格的なノウハウがネット上で公開される
世の中になり10年後は一般の方までが写真を深く理解してしまい。

職業フォトグラファーとしてもうかうかしてられない時代が来そうですね!

今週もボーダーコリーと釣り繋がりの仲間がD80を買いました!

なんだか営業マンとかしてるのも楽しくて、駅前のカメラ屋のオヤジ気分です。
Commented by fushimi at 2006-10-03 07:52 x
Yodaさん、デジタル時代になって、みんなある程度までは、感性で写真が写せるようになり、とても良い事だとおもいます。難しいもは、そこから一歩進み、請負仕事がきちっとできるようになるか、ならないかで、プロかプロでやっていけないかが決まります。
スティーグリッツは言っています。「重要なのはものをみる目だ、技術なんてだれでも4年もすれば覚えられる」と・
Commented by mugnum-yoda at 2006-10-04 10:28 x
f/64のスティーグリッツですね!
僕は彼らの考えを逆行してストレートフォトからビクトリアニスムへと表現方法をシフトしたので良く覚えています。
技術は後から付いて来るけど、モノの見方だけは磨かないとデジタルの時代でも駄目だろうなと感じています。

デジタル機もアナログよりも優れた表現方法を隠し持っているのですが、皆さんアナログと比較する事ばかりが強く、真剣に使いこなせている人はプロでも数える程しかいないのが残念ですね!

トコトン応援してます。デジタルだからこその部分を皆さんに伝えてあげて下さい。ちょいと内容が深くなり過ぎました。
Commented by yschwarzekatz928 at 2006-10-05 20:55
自分が被写体の時は意識して
「大好きよっ♪」って心の中で言ったりします。
でも、自分が撮ってる時ってどうだったかな?
撮る側も『被写体を好きになること』が大切なんですね!
Commented by fushimi at 2006-10-06 10:22 x
yachwarzakets928さん、こんにちわ。
被写体側も、色々思っているんですね。
目から鱗でした。
Commented by rosy at 2006-10-06 12:07 x
この度はk2dmdさんのブログのTBよりこちらへお邪魔いたしました。
写真は知れば知るほど奥が深く、また、素晴らしいものだとつくづく思う今日この頃です。まだまだいっぱい勉強させていただきます。
そして、私もたまにはこんな風に撮影してもらいたいです。(笑
Commented by fushimi at 2006-10-06 15:07 x
rosyさん、コメントありがとうございます。
「写真は楽しく!」が、私のモットーです。
Commented by midorimagu at 2006-10-08 01:55
伏見先生 こんばんわ。

その節は大変お世話になりました。
TB頂きながらお伺い遅くなりました。
[一番最初にする事は?左右の違いを知りましょう。]
で、ただ今、沢山気付いた事があります。
何時も素敵な人に出会うと撮ってもいいですかぁって声を掛けているのに
大切な事を忘れていました。女性でありながら気遣いが無かったかと
反省しております。以前、素敵な方を撮ってblogにUPしたところ
3枚中、一枚がどうしても顔が気に入りません...申し訳ないが削除願いますとことでした。写真が悪いのではなく私が悪いのだと言ってくれましたが今、好きな顔、左右の好みがあるんだと...
女優オードリーさんも右45度からでないと絶対に写させないと雑誌で読んだ事もあります。
これからは撮る事に先走らないでより良く、綺麗に撮ってあげないと失礼ですね。
嬉しいアドバイス沢山頂きました。
伏見先生、ありがとうございます。
Commented by fushimi at 2006-10-08 02:25 x
midorimaguさん、コメントありがとうございます。
このblog、お役にたてて嬉しいです。素敵な方の写真楽しみにしています。

<< on the music フォルバーグ、そしてNASAの... >>