エキサイトイズム
ウィキ

河口まなぶ・ismコンシェルジュ・カジュアルカー 


河口まなぶ
日本カー・オブ・ザ・イヤー
選考委員
プロフィール
日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、河口まなぶによる新車情報。
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
タグ
イズム公式ブログ
【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

マツダMPV その1 -こんなミニバンなら…

マツダが先日発表した新型MPVは、ヒジョーに真面目に作られた7人乗りミニバンだが、キッチリと「らしさ」が表現されているのが特徴だ。
マツダMPV その1 -こんなミニバンなら…_f0040106_11391088.jpg
■写真をご覧になって分かるように、スタイリングはマツダがこれまで謳ってきた「ズーム・ズーム」を体現するもの。ま、簡単に言ってしまえば他と比べるとスポーティな印象を与えるものになっている。事実マツダもこのMPVをして、『-スポーツカーの発想でミニバンを革新した「次世代ピープルムーバー」-』と謳う。

■そのココロはつまり、『単に使いやすくスタイリッシュなミニバンに止まらない、高い動力性能や操縦性を持ついわば「スポーツカーの発想でミニバンを革新した『次世代ピープルムーバー』」である』とのこと。

■とはいえ、決してミニバンの本分を忘れることなく、7人がしっかりと乗れるレイアウトを構築している。つまり表現としてはスポーティな印象を与えるものの、中身はしっかり…という感じだ。

■搭載エンジンは2.3Lの直列4気筒で最高出力163ps/6500rpm、最大トルク21.4kgm/4000rpmを発生。そしてこれに4速ATを組み合わせ、前輪もしくは4輪を駆動するFFと4WDが設定される。
マツダMPV その1 -こんなミニバンなら…_f0040106_11393181.jpg
■ちなみにMPVでは、3月20日から、同じ2.3Lの排気量ながら直噴化されターボが組み合わせられたエンジンが搭載されたモデルが加わる。こちらは最高出力が245ps/5000rpm、最大トルク35.7kgm/2500rpmを発生。これに6速ATを組み合わせ、前輪もしくは4輪を駆動するFFと4WDが設定される。

■今回は2.3Lの直列4気筒搭載車である23Cスポーティパッケージを試乗することができた。実際に走らせると、確かに謳い文句が頭に浮かぶ走りで、ミニバンがあまり好きではない僕としても「こんなミニバンなら…」という気持ちを抱いたのだった。
マツダMPV その1 -こんなミニバンなら…_f0040106_11394559.jpg
■というワケで、この続きはまた後ほど。<part2に続く>
by ism-casualcar | 2006-02-22 11:40 | マツダ
<< マツダMPVその2 -こんなミ... VWジェッタ -昔の名前で出て... >>