エキサイトイズム
ウィキ

河口まなぶ・ismコンシェルジュ・カジュアルカー 


河口まなぶ
日本カー・オブ・ザ・イヤー
選考委員
プロフィール
日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、河口まなぶによる新車情報。
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
タグ
イズム公式ブログ
【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

プジョー207 -1.6L直噴ターボ試乗速報-

プジョー207 -1.6L直噴ターボ試乗速報-_f0040106_0324471.jpg

■いまパリに来ています。まずはパリから南仏へと飛んで、ソレイズという街で開催されたプジョー207の国際試乗会に参加。

■プジョー207はその名の通り、現在日本でも販売されている206の後継モデル。モデル名を示す数字が一つ進んだことから、新世代となったことが分かる。ご覧のようにデザインも一新されて、アグレッシブなスタイリングに。

■このデザイン、僕はなかなか良いと思ってます。コンパクトながらも存在感があるし、なんかこうヤンチャで元気な感じは健在。もちろん質感も向上していて大人っぽくもなってます。

■今回の207の目玉は何といってもエンジン。BMWと共同開発した1.6Lの直噴ターボを搭載しており、150ps/240Nmを発生。これはBMWでは先日新型が発表されたミニ・クーパーSに搭載されるとのこと。ちなみに207では5速MTのみが組み合わせられてます。

■さすがに直噴ターボだけあって、最大トルクの発生回転数も1400回転と低回転からかなりの力っぷりを発揮。このため少し回転を高めるだけで十分以上の力が得られ、とても扱いやすくスマートな印象でした。

■というわけで今回はここまで。続きはまた後ほどアップしたいと思います。
by ism-casualcar | 2006-09-28 00:41 | プジョー
<< プジョーepure -早くも2... マツダ・ロードスター -ついに... >>