エキサイトイズム
ウィキ

河口まなぶ・ismコンシェルジュ・カジュアルカー 


河口まなぶ
日本カー・オブ・ザ・イヤー
選考委員
プロフィール
日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、河口まなぶによる新車情報。
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
タグ
イズム公式ブログ
【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

マツダ・ロードスターに電動ハードトップモデル登場!

マツダ・ロードスターに電動ハードトップモデル登場!_f0040106_1644163.jpg

■マツダは18日からロンドンで開催される英国国際自動車ショーで、マツダMX-5ロードスター・クーペというモデルを発表する。

■このモデル最大の特徴は、パワーリトラクタブルハードトップと呼ばれる、いわゆる電動ハードトップを備えていること。最近ではひとつのトレンドになっているこの形態を、ロードスターも採用することになった。

■ただし! ロードスターの場合は、並の電動ハードトップとはワケが違う。というのも写真をみれば分かるのだが、ルーフの収納場所はノーマルモデル同様幌を収納していた部分。このためトランクスペースを全く犠牲にしていないのだ。

■通常電動ハードトップのモデルは、ルーフ収納時にトランクを普段とは逆向きに開け、ここに屋根を折り畳んで収納する仕組みを持つ。このため、ほとんどのモデルでトランクスペースが犠牲になってしまう。

■だがロードスターの場合はその限りではない。上の写真をみればそれは一目瞭然。しかもルーフを収納する部分のカバーが斜め上に上がってルーフを収納する…という仕組みも、他にはないものとなっている。(ちょうど写真の状態がそれ)。ここから類推するに、ルーフは実にユニークなアイデアで畳まれるのだと思える。

■このモデルは当然日本にも導入が予定されている。これまで幌のルーフに対するいたずらの不安や、屋根なし駐車場でのセキュリティの不安なども解消してくれる電動ハードトップのロードスター。登場すれば、新たな世界観を持つロードスターとして認知されるのではないだろうか?
by ism-casualcar | 2006-07-17 16:54 | マツダ
<< ホンダ・ストリーム -実はこれ... スズキSX4 -スイフト・スポ... >>