エキサイトイズム
ウィキ

河口まなぶ・ismコンシェルジュ・カジュアルカー 


河口まなぶ
日本カー・オブ・ザ・イヤー
選考委員
プロフィール
日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、河口まなぶによる新車情報。
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
タグ
イズム公式ブログ
【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

マツダ・ロードスター -特別仕様を作りたい!!1-

マツダ・ロードスター -特別仕様を作りたい!!1-_f0040106_11264252.jpg

■僕は現在、マツダ・ロードスターを所有している。昨年の8月にフルモデルチェンジする以前から買うことを決めていて、9月にウチにやってきた。グレードはVSというラグジュアリーな仕様で、タンの幌と革シートを備えているのが特徴だ。トランスミッションは「迷わず」ATを選択した。なぜなら僕は、ロードスターの魅力をもっとより多くの人に知ってもらいたい…と思っていて、ウチの妻にも運転させたかったし、ウチの母(60歳オーバー!)にも運転させたかったからだ。
マツダ・ロードスター -特別仕様を作りたい!!1-_f0040106_1127184.jpg

■で、実際にウチの妻も母も、ロードスターを大層気に入った。妻はロードスターに乗るときは必ず幌を開け、ご近所の買い物でもオープンを満喫している。一方母に運転させてみると、「普通に運転できる。今度どこかに出かけるときに借りようかな」といった具合なのだ。

■こうした意見を聞くと、素直に「ATにして良かった」と思う。やはりオープンカーは運転する人こそが楽しい。ならばその楽しさを知ってもらうためには、今や選びづらいMTよりも、ATの方が説得力があると思う。

■それはさておき、僕は世の中的にも、もっとマツダ・ロードスターの魅力を広めたいと勝手に思っていたりする。そこで考えたのが、「ロードスター魅力向上計画」というもの。実はこれ、既に自動車雑誌「Xacar」で連載が始まっている。

■僕が考えた計画というのは、今までのロードスター・ファンではなく、まだロードスターを知らない人に魅力を感じてもらいたい…というもの。そこでロードスターの中では最も選びやすいだろうVSグレード(=僕のロードスターと同じ)を用いて、違いの分かる大人や女性を対象に、それらの人が「買っても良いかな」と思えるようなロードスターを作り上げていこうというものだ。

■ロードスターの走りは既に存分にお墨付きを与えることができる。しかし一方で、エクステリアやインテリアでは、やや安っぽい感覚があることも否めない。そこで僕は今回、マツダに協力をしてもらいながら、クオリティが感じられるロードスターを作り上げることにしたのだ。コンセプトはつまり、「大人が乗れるロードスター」というもの。

■ロードスターの場合パーツも豊富のため、自分好みに仕上げる…ということがやりやすい。しかし僕はそれでは面白くないと思った。そこで僕はマツダに協力してもらって、純正パーツをいろいろと変えることで、クオリティ感を出してみたいと思ったのだ。そしてさらにこの計画が上手くいった暁には、マツダにこの仕様をいわゆる特別仕様として販売してもらえるような提案をしてみたいと思っている。もちろんそのためには、皆さんのご意見&ご感想も重要になってきますので、ご支援のほどよろしくお願いします!!
■そこで早速行ったのが、幌の交換。VSの場合、幌はタンとなるが、これをネイビーブルーのものに変えてみたのだ。もちろんこれはノーマルと全く同じ部品を使ったもので、幌の色だけを変えてもらった。

■この様子は5月20日発売の自動車雑誌「Xacar」に掲載されるので、ご興味のある方はチェックのほど、よろしくお願いします。

■そしてもちろん、このカジュアルカーでも取り上げていきますので、引き続きチェックのほどをよろしくお願いします!
by ism-casualcar | 2006-05-16 11:25 | マツダ
<< マツダ・ロードスター -特別仕... i, like a 911 -... >>