『HOME MADE 家族 3RISE TOUR 2013 ~グッドモーニングジャパン!~ 』

最新ライヴレポートはコチラ!!
[2013/03/18掲載]


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

最新インタビューはコチラ!!
[2014/01/07掲載]


PROFILE

【KURO】
HOME MADE 家族のMC

一番多感な少年時代をアメリカで過ごした事(12年間)でHIP HOP文化自体を生活の中で体感する。帰国後、高校のクラスメイトと共にユニットを結成。渋谷、町田、六本木など関東圏の数々のクラブでライブを経験しスキルを磨く。 低音域でささやくようなRAPから心に響くような語りかけるスタイルまでオリジナルを確立している。 特に英語の発音、リリックはまさに本物である。

LINK
RELEASE INFORMATION
Best Album

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』
2014/01/08リリース


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【初回生産限定盤】
KSCL-2350~51
¥3,900(税込)

この商品を購入する

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【通常盤】
KSCL-2352
¥2,800(税込)

この商品を購入する
岡本さん
【心の師】



“泣くは未熟、怒りは無知、笑顔は悟り”



感情が路頭に迷うとき、僕はいつもこの言葉とある人を思い出します。

僕、いや、僕“ら”の心の師である「岡本さん」という方です。

今の名古屋の音楽シーンを語る上で、この人の存在は欠かすことが出来ません。

これは大袈裟ではなく、もはやお世話になっていない(名古屋の)アーティストはいないのではないでしょうか?

豊田市に『Swing』というレコーディングスタジオを構え、エンジニアを務め、自ら演奏もし、そして人間的にも計り知れないスーパーマンです。

SEAMOもHOME MADE 家族もその他、大勢の仲間がここで多くのことを学んでいきました。

それほどの求心力を持ち合わせているのは、それは岡本さんが常に広い心と包容力で僕ら一人一人と接してくれるからです。

去るものを追わず、来るものを拒まず、

律儀で正直で聡明で、決してブレません。

僕ら全員の、先生みたいな人です。

未だに先生の寺子屋に訪れる若いミュージシャンが後を絶たないのは、その為です。

『H.M.K.U.』、『毎日が映画のようなヒトコマ』、『HOME SWEET HOME』、『Oooh!家~!』、『Rock The World』・・・どこを切り取っても、あのSwingで過ごした重厚な時間が真空パックされて詰まっています。

albumは、まさに一枚一枚の写真と思い出を記録している“卒業アルバム”みたいなものです。

紐解くと、一気にあの頃にフラッシュバックされます。

今も時々、移動中に過去の音源を聴きながら三人でほんわかします。


岡本さん。


この言葉を唱えるだけで、少し強くなれます。

僕らのわがままを何も言わず、聞いてくれた人。

僕らの悩みをいつだって親身になって聞いてくれた人。

僕らのために自分の時間を割いて使ってくれた人。

どんな時も僕らの味方で、そして・・・

なんだか、死んだみたいになってきた(笑)

今日が、誕生日なんです。

おめでとうございます!

今度、ゆっくり呑みましょう。
岡本さん_f0182998_23555351.jpg



営業日:適当



本日の店内BGM
Roberta Flack / Killing Me Softly With His Song
# by hmk-kuro | 2008-11-12 23:57
ブラック・ケネディ
【結合】



バラック・オバマ氏による勝利宣言を色々な思いで観ていました。

アメリカのミュージックビジネス、特にブラックミュージックの歴史は、常に人種間の闘争と共にありました。

その時代の変革期と呼応するように様々な名曲(クラシック)は生まれました。

“HIP HOP”というジャンルの土壌には、そうした脈々と受け継がれてきた『ソウル』の結晶が幾層にもなって覆い重なっています。

1619年、オランダ船により20人のアフリカ黒人がジェームズタウンに“輸入”されてからキング牧師暗殺まで、あの暗く長い夜から今この状況を一体誰が想像できたことでしょうか?

いや、例えできたとしても、夢のまた夢、I have a dreamのまま、何世紀も後のことだと想像していたのではないでしょうか。

壇上でオバマ氏とミシェル夫人、そして副大統領に決まったバイデン上院議員とジル夫人の4人が互いに抱き合い、支持者に手を振って応えているのを観て「あぁ、なんという絵図面なんだろう・・・」と素直に思いました。

何故だか、スタンリー・クレイマー監督の『手錠のまゝの脱獄』を思い出します。
ブラック・ケネディ_f0182998_2272066.jpg

手錠に繋がれた黒人と白人の囚人が、お互いに憎悪しながらも追及の手から生き延びるために協力し合って次第に友情で結ばれていくというお話です。

ステージ上で高らかと勝利宣言をするオバマ氏を見上げ、この歴史的瞬間に涙をしていた数多くの支持者の中にジェシー・ジャクソン師の姿を見つけました。

彼は、公民権運動に多大なる貢献をした人物であり(最近の失言はさておき)現在アフリカ系アメリカンが最も尊敬している黒人リーダーの一人でもあります。また、一時は民主党大統領候補の一人として初の黒人大統領を目指した人でもありました。

僕らの楽曲『FLAVA FLAVA』でも使用しているあの有名なシュプレヒコール「I am somebody!」は当時の彼の専売特許です。

彼はソウルミュージックとも密接な関係を保ちました。音楽と黒人の民族意識「ブラック・ナショナリズム」を掲げて白人社会に挑み続けたのです。

彼の目に、あの光景はどういう風に映ったのでしょうか?

頬を伝う涙が全てを物語っています。


多元的なアメリカという国家を一つにまとめるのは恐ろしい挑戦だと思います。

これで、本当に何かが“変わる”のか?

1961年にケネディが最年少(43才)で大統領に就任してから半世紀が経ち-折りしもオバマ氏誕生-まるでその再来かのように世界中が熱を上げてバラック・オバマ(47才)という新たな時代のヒーローを迎え入れました。そして、彼は国民融和という大いなる一歩を達成したのです。

果たして、21世紀の“ニューフロンティア精神”はどこへ向かうのか?彼はアメリカ経済を救うことができるのか?

Yes, we can.

Then, can we?

今の日本のヒーローは・・・?
ブラック・ケネディ_f0182998_23581971.jpg


多分、ノッチです。


営業日:適当



Bob Dylan / Blowin' In The Wind
# by hmk-kuro | 2008-11-07 23:59
お、おれ?
【黒】


ウソみたいなホントの出来事。


僕は、よほどの事がない限り、殆ど毎日ジョギングをします。

一日、12キロ。

ただ、火曜日は通っているジムが休館日なため、外へ走りにいきます。

一周、1600メートルの近くの公園を8周。

外で走りるのは、気持ちが良いものです。特にこの季節は紅葉が綺麗で空気も美味しいです。

その公園には、けや木通りがあっていつもそこから走り始めるのですが、ある日のジョギングの時、お婆ちゃんが大きな荷物を持ってフラフラとそこに現れました。

「おや、何だろう?」と、目に留めたのですが、走っている時の僕の中での鉄則があって

“如何なる場合でも決して止まらない”を守り、次の周回でそこに差し掛かるまで結果を待つことにしました。

グルッとスタート地点に戻ると、そのお婆ちゃんはイーゼルを立て、大きなキャンバスにその“けや木通り”を写生するための準備をしていました。

「なるほどね~」と、一人納得してまた走って通り過ぎると

今度戻ってきたら、お婆ちゃんは鉛筆で下絵を書き始めていました。

「おやおや、これは面白いかも」と、単調なジョギングの中で僕は“完成までの過程を見届けながら走れる”という楽しみを見つけました。

そうなると、俄然ゴールが待ち遠しくなってきます。

次の周には、色が付き

次の周には、陰影が付けられ

キャンバスは、走れば走るほど、どんどん形になっていくのです。

「あ~、完成はどんな感じになるのだろう?」と、わくわくしながら7周目を回った時でした。

もう、殆ど出来上がっていたその絵には最後、通行人などが付け足されていました。

しかし、その中の一人、

それがどう見ても“黒いサウナスーツで走っている僕の後ろ姿”だったのです!

「え!?」

「い、今のって、お、おれ!?」

けれど、確かめたくても僕の中の鉄則がそれを許してくれません。

“如何なる場合でも決して止まらない”

「うぉ~!!」

ラスト一周を呪いました。

とんでもないタイムで最終ラウンドを走りきったのは言うまでもないでしょう。

しかし、ゴール地点に差し掛かった時、そのお婆ちゃんはもういませんでした・・・。

一言、お礼を言いたかった。

お、おれ?_f0182998_17314545.jpg


ケーキもキャンバス。



営業日:適当



本日の店内BGM
Curtis Mayfield / Little Child Runnin' Wild
# by hmk-kuro | 2008-11-04 17:37
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite musicの連載ブログ

[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright (c)1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム