『HOME MADE 家族 3RISE TOUR 2013 ~グッドモーニングジャパン!~ 』

最新ライヴレポートはコチラ!!
[2013/03/18掲載]


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

最新インタビューはコチラ!!
[2014/01/07掲載]


PROFILE

【KURO】
HOME MADE 家族のMC

一番多感な少年時代をアメリカで過ごした事(12年間)でHIP HOP文化自体を生活の中で体感する。帰国後、高校のクラスメイトと共にユニットを結成。渋谷、町田、六本木など関東圏の数々のクラブでライブを経験しスキルを磨く。 低音域でささやくようなRAPから心に響くような語りかけるスタイルまでオリジナルを確立している。 特に英語の発音、リリックはまさに本物である。

LINK
RELEASE INFORMATION
Best Album

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』
2014/01/08リリース


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【初回生産限定盤】
KSCL-2350~51
¥3,900(税込)

この商品を購入する

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【通常盤】
KSCL-2352
¥2,800(税込)

この商品を購入する
キングは言うことが違う
【責任】



“B.B.キング”という1950年から現在まで第一線で活躍している、ブルース界の巨人がいます。

キングは言うことが違う_f0182998_1224049.jpg


「ローリング・ストーンの選ぶ、歴史上最も偉大な100人のギタリスト」に於いて第3位に位置し、あのエリック・クラプトンでさえも彼を敬愛して止みません。

そんな生きる伝説に、あるインタビュアーがこんなことを訊ねました。


「毎日毎日あの曲をやっていて、飽きることはありませんか?」


すると、B.B.キングはこう答えました。


「飽きることはない。もし飽きたとしたら僕に工夫がないからだ」


カッコ良すぎっしょ。


83歳で今なお、現役バリバリ。

含蓄があります。


『継続は力なり』とはよく言いますが、ただ“続ける”だけではダメなのだと思います。

そこに毎回、“工夫”がないと。

工夫とは、つまり“発見”なんですね。

大いなるマンネリと向き合い、発見の連続が血となり肉となり、『力』となるのです。


どれだけ頑張って続けても、ダメ。

ただ毎日を惰性に過ごしていないでしょうか?

再度、自分に問い掛けてみました。

できない事を決して、環境や人のせいにしない。

言い訳無用。

すべては、自分に責任がある。

どんな人生も工夫しだいでいくらでも化けるのだ。

キングは言うことが違う_f0182998_156822.jpg


今日見た、車窓からの夕焼けがあまりにも綺麗で思わずシャッターを押していた…。

キングは言うことが違う_f0182998_1575855.jpg


日本は、ホント素敵だ。



営業日:適当



本日の店内BGM
Heatwave / Always And Forever


あえて、店内BGMをB.B.キングにしないのも工夫だ…。
# by hmk-kuro | 2008-12-15 02:03
味付け会報
号外!!



2004年5月19日のメジャーデビューから早5年…。

その節目の年に、念願の『武道館』でのライブという栄誉を授かり、

これまでの感謝の気持ちとこれからの新たな章の始まりを祝して、

記念すべきプレミアムT-シャツを僭越ながら、

私、KUROがプロデュースしてみました☆


ご覧下さい!

このHOME MADE 家族の歴史が一挙に分かるという重みのある一枚!!

味付け会報_f0182998_0131879.jpg


キミは、コンプリートしているか!?

色は、KUROとの二種類です。

味付け会報_f0182998_0144585.jpg


また、マニアックなのはインディーズ時代の「H.M.K.U.」、「毎日が映画のようなヒトコマ」、「HOME SWEET HOME」さえも押さえているところです。

家族、垂涎の一品

そして、気になるバックデザインわ~

こんな感じだぁぁ!!

味付け会報_f0182998_020431.jpg

味付け会報_f0182998_021866.jpg


HOME MADE 家族、全作品のディスコグラフィー!!

一つ一つに語りつくせぬ、思い出があります。

そして、

次なるステージを約束する三人の“誓いの血印とサイン”をしています。

これで、完全に悪さ出来ません。


Zepp福岡から発売開始!!

数に限りがあるのでお早めに~。



『後付け会報』
# by hmk-kuro | 2008-12-13 00:35
やさしさの水滴
【素敵な朝】



おだやかな気持ちになりました。

大きな荷物を持って、バスに乗り込むと車内は大混雑。

迷惑だと知りながらもキャリングケースを転がして奥の方へ。

誰もが煙たい顔をする中、優先席の方からやさしい声が。

「ここにスペースを作ってあげるから、その荷物をここに置きなさい」

遠慮する僕を尻目に、無理して膝をどかすそのご婦人の勢いに負けてそのご好意に甘えることにしました。

必然的にその人の真ん前にずっと居据わる形になってしまった僕は、彼女と目的地まで話すことになりました。

「私の息子とよく似ているから、なんだか他人の気がしなかったの」

物腰が柔らかく、品のあるその女性はおしゃべりが好きなようで嬉々としながら絶え間なく話しかけてきます。

「こんな時間なのに珍しく今日は混んでるわね~」

人見知りな僕も初めのうちは相槌を打つ程度でしたが、次第にその人のペースにどんどんと引き込まれていきました。

「これから長野に仕事なんです」

「まー、また寒いところに」

朝のあたたかい日差しが辺りに射し込み、日溜りがひと時を包み込みます。

ご婦人は、ご自分の年齢で優先席に座っていることに常日頃から後ろめたさを感じているようで、すぐ傍に立っていたお婆ちゃんに何度も頭を下げて謝っていました。

「実は、腰が痛くて、身体障害者の証明書を持ち歩いているんです。ごめんなさい…」

「全然、いいのよ。気にしないで」

と、お婆ちゃん。

彼女は、周りの人たちをさも知り合いのように次々と取り込んでゆきます。

「どちらまで?」

「大橋病院なの」

「あー、大橋。私は、○○病院なんです」

「あら、私も昔そこに通っていたわ」

優先席の彼女を中心に、会話が弧を描いて広がってゆきます。

「おいくつなんですの?」

「86なのよ」

「まー、お元気で~」

その波紋に乗せられ、僕も頷いたりしゃべったり。

対人関係が希薄な現代に、見ず知らずの人たちとこうも簡単に気軽にそして温かく話し合える年配の方々を前にして、僕はなぜだか心から感動したのです。

昔はもっとこうだったのかな~と、一人良き時代の日本を思慕しました。


物がない時代にあったモノ。

物がある時代に失ったモノ。


僕たちがお爺ちゃん、お婆ちゃんになったときは、どんな日本になるのだろう?

隣人の素性さえ知らない、気にも留めない世の中へと変貌しつつある昨今、まだこんな素敵な日本人がいるんだよと教えられた気がしました。

人に優しく。

朝からおだやかな気持ちになりました。

やさしさの水滴_f0182998_242155.jpg


目薬をさすと、こういう顔をします。



営業日:適当



本日の店内BGM
Bobby Womack / Home Is Where The Heart Is
# by hmk-kuro | 2008-12-05 03:08
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite musicの連載ブログ

[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright (c)1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム