『HOME MADE 家族 3RISE TOUR 2013 ~グッドモーニングジャパン!~ 』

最新ライヴレポートはコチラ!!
[2013/03/18掲載]


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

最新インタビューはコチラ!!
[2014/01/07掲載]


PROFILE

【KURO】
HOME MADE 家族のMC

一番多感な少年時代をアメリカで過ごした事(12年間)でHIP HOP文化自体を生活の中で体感する。帰国後、高校のクラスメイトと共にユニットを結成。渋谷、町田、六本木など関東圏の数々のクラブでライブを経験しスキルを磨く。 低音域でささやくようなRAPから心に響くような語りかけるスタイルまでオリジナルを確立している。 特に英語の発音、リリックはまさに本物である。

LINK
RELEASE INFORMATION
Best Album

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』
2014/01/08リリース


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【初回生産限定盤】
KSCL-2350~51
¥3,900(税込)

この商品を購入する

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【通常盤】
KSCL-2352
¥2,800(税込)

この商品を購入する
<   2013年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧
福岡大学七隈祭。
ハッピーハロウィン!

今日は福岡大学の学祭“七隈祭”でライブをしてきました。

福岡大学七隈祭。_f0182998_22124160.jpg


場所は、なんとZepp 福岡。

学祭を講堂ではなく、ツアーでもお馴染みのZeppで行うなんてスゴいことです。

しかも学生たちの参加率も高く、会場はパンパンでした。

何よりも一人一人が自由に音楽を楽しもうという感じで、ライブのど頭からみんなノリノリでした。

まるでワンマンのときみたい。。。(もちろんワンマンでしたが)

僕らのファンも、今日初めてHOME MADE 家族を見たという方もご来場頂き本当にありがとうございました。

共に最高の絵をキャンバスに描くことができたと思います。

この夢の続きは、また対バンツアーや僕らのワンマンで〜。

また再会できる日を楽しみにしています!
by hmk-kuro | 2013-10-31 22:29
楽曲解説【N.A.M.A. Remix feat. SEAMO】。
【N.A.M.A. Remix feat. SEAMO】

だから俺は仲間達とすぐに始めた 初めは閑古鳥カゴで泣いてた

「真打ち登場、名古屋 the Finest 裸ならこの人マジでヤバいです。。。」で、堂々と登場してもらった我らが塾長とのレコーディンが行われたのは今年の8月23日、ちょうどお台場のめざましライブの前日でした。

先駆けて一ヶ月ほど前にカルテット Ver.の【N.A.M.A.】がYouTube上に公開されたばかりで、それがなかなかのクオリティと衝撃を伴っていただけに、内心「塾長とのコラボレーションが見劣りしたらマズいな〜」と心配したりもしていました。

元々この楽曲が、塾長を入れて初めて完成するということは制作当初から決まっていたことでした。だから『キミガイタカラ』に収録され、発表した頃から感覚的にはずっと“空けていた”状態だったのです。

ところが自分たちが立ち上げた企画とはいえ、続いて発表されるKingrass Hoppers Ver.の【N.A.M.A.】が、塾長のお披露目が行われるKAZOKU FES.2013の五日前に先駆けて公開され、またしても塾長のハードルが上がってしまうのです(笑)

カルテットとは打って変わって、Kingrass HoppersのVer.は新しい解釈を伴い、リズムへのアプローチ、新たにキーボード演奏なども加わって彼ら流にパワーアップされました。こういった良い意味での裏切りは制作した僕らにもまた新鮮に映り、楽曲に爽やかな息吹が吹き込まれてハッとさせられます。改めて音楽に終わりはないのだな〜と気付かせてくれました。

さて塾長ですが、多忙のなかを割いて頂き、唯一僕らと日程を合わすことができたのが8月23日のこの一日だけでした。実はそれまで本人から楽曲に対する音沙汰が何もなく、まさかこのまま当日を迎えるのでは?と内心ドキドキしていました。そして前日の22日、MICROを介してようやく塾長の【N.A.M.A.】のリリックが僕らに送られて来たのです。

歌もそうだと思いますが、特にラップというのは楽曲に本人が乗せるまではどう栄えるか判らないものですね。正直なことを言うと、塾長のリリックだけを見ただけではその良さに僕は気付くことができませんでした。それだけカルテット、Kingrass Hoppers Ver.が良かったというのもありますし、僕のなかで塾長に対するハードルがうんと上がっていたのだと思います。(きっとMICROもそうだったんじゃないかな〜)

ところが、当日。

いつも通りとても謙虚にスタジオに現れた塾長は、何かの適当な紙の裏にペンで書きなぐったリリックを小脇に抱えてブースに入り(*塾長は昔から適当な紙の裏に歌詞を書くのがスタイル、それが譜面だとも言っています)この『ハシリツヅケル』に収録されている【N.A.M.A.】のバースをぶちかましたのです。

その瞬間スタジオの空気は一変し、スタッフも含めて騒然としました。「やっぱ塾長は、カッケェー!!」と。すべての心配事は杞憂に終わり、塾長をほんの少しでも疑った自分を反省しました。

そりゃそうだわな。誰だと思っているんだ。アングラから文字通り裸一つで這い上がり、一度地獄を見ても不死鳥のごとく復活してメジャーを席巻し、数々の修羅場を潜り抜け、地元や後輩に貢献し、ミュージシャンとしても人としても多くのことを背中で教えてくれた、今も最前線で活躍する偉大なる名古屋が生んだスーパースターだぞ。そりゃ、カッコいいに決まっているだろ、と。

KAZOKU FES.2013に来た人にはもう周知の事実ですが、この曲はまさに“生のライブ”で初披露をし、塾長はラップだけで満場の会場を沸かせました。隣で歌っていても何度も体中に鳥肌が立ちました。「この人、ホントにスゲーな」と。あの瞬間は、今年のフェスのハイライトの一つでしたね。

今も僕のiTunesにはKAZOKU FES.2013のライブ音源が入っているのですが、改めて耳で聴いていても【N.A.M.A.】で塾長が登場してキレキレのラップをぶちかますところは、頭のてっぺんから電流が走ります。

HOME MADE 家族×SEAMO、このタッグは最強でしょう。

楽曲解説【N.A.M.A. Remix feat. SEAMO】。_f0182998_14385559.jpg


改めて、素晴らしいこちらのバージョンも併せて楽しんで下さい。

「N.A.M.A. / HOME MADE 家族 × カルテット.」


「N.A.M.A. / HOME MADE 家族 × KingrassHoppers」


追伸:
まだもう一つ、新たなバージョンが近日お披露目される??

楽曲解説【N.A.M.A. Remix feat. SEAMO】。_f0182998_15515023.jpg

by hmk-kuro | 2013-10-29 14:43
楽曲解説【N.A.M.A. Remix feat. SEAMO】は、明日。。。

とりあえず、今日はミクロからもらった(ファンからもらった)このミカンを食べて、明日のファイトに備えます。

短くてスンマセーン。

おやすみかん。
by hmk-kuro | 2013-10-28 23:54
写真で振り返る今日一日。
仙台大学の学祭実行委員会の皆様からサプライズ。

写真で振り返る今日一日。_f0182998_23142441.jpg


優しいです。

写真で振り返る今日一日。_f0182998_2314398.jpg


蔵王の名物。「うーめん」

写真で振り返る今日一日。_f0182998_23145396.jpg


素麺をぶつ切りにしたけんちん汁。身体が温まります。

写真で振り返る今日一日。_f0182998_23158100.jpg


皆様からの手紙。心が温まります。
by hmk-kuro | 2013-10-27 23:18
楽曲解説【はじまりの鐘】。
【はじまりの鐘】

10年後のオレも今と変わらず この曲を聴いてうなずいてるはず
(MICROリリック from Life goes on & on)

このフレーズは、1stアルバム『Rock The World』に収録されている「Life goes on & on」のMICROの冒頭のリリックです。

まさにあれから10年。あの頃の僕らに向けて「アンサーソングを作ることはできないか?」というところからこの曲のアイディアは生まれました。

元々、U-ICHIが作ってきたトラックにこの鐘の音が入っていました。そこから「〜の鐘」というタイトルで書いてみるのはどうかということになったのです。

トラックから引っ張られるように、導かれるようにテーマが作られていくことはよくあります。そして、鐘の音を聴いていて思い出したのが、このサビの「Ring Ding Dong」でした。

往年のヒップホップを好きな人ならおそらくピンときたと思うのですが、この王道の「Ring Ding Dong, Ring A Ding Ding Dong」を乗せてみたら見事にハマったのです。

そしてこの鐘の音は、10年以降の僕らの門出を祝う『はじまりの鐘』だということにしました。

随所に出てくる小さな「on & on & on〜」という声のフレーズは、その「Life goes on & on」からサンプリングして使っています。まさに10年前の僕らと、10年後の僕らのコラボレーションがここで実現されています。

MICROのバースでは、一瞬だけインディーズの2ndアルバム『毎日が映画のようなヒトコマ』に収録されている「ホンネとタテマエ」がサンプリングされてあったり、ドラムの抜き差しが絶妙だったり、全編に渡ってU-ICHIの気が利いています。

個人的には、【Syncopation】に続き【はじまりの鐘】もシングルで出したいほど大好きな一曲です。後半の、のエレキギターも気に入っています。

楽曲のメッセージは、もはや聴いてもらえれば解ると思います。

10年後のオレも今と変わらず この曲を聴いてうなずいてるはず

もちろん、昔の曲を聴くと恥ずかしいな〜と思うところもありますが(笑)でもどれも、そのとき三人で一生懸命考えて導き出した答えばかりで、愛しくもあります。

今日36歳になったばかりの彼は、【はじまりの鐘】でこう言っています。

How You Doing 未来の俺たち そっちの世界は相変わらず忙しい?

そうです。

僕らはもう未来を向いているのです。

【はじまりの鐘】は、幸先を祝福する“希望の音色”です。

この先10年後のオレたちが、今のオレたちを見ても間違いなくうなずいているでしょう。

楽曲解説【はじまりの鐘】。_f0182998_22232812.jpg


楽曲解説【はじまりの鐘】。_f0182998_22234359.jpg


楽曲解説【はじまりの鐘】。_f0182998_22235612.jpg


HAPPY BIRTHDAY MICRO!!!
by hmk-kuro | 2013-10-26 22:34
楽曲解説【Syncopation】。
【Syncopation】

*〔音〕 強拍と弱拍の通常の位置関係を変え、音楽のリズムに緊張感を生み出す手法。一般には、弱拍の音を次に続く同一音高の強拍の音とタイで結ぶことによって作り出す。(weblioより)

この曲を書いたのは、3RISEツアー中の札幌 cube garden(2月9日)が終わったあとの、青森公演(2月11日)に移動する前日(2月10日)、函館に泊まったときです。

調べてみると、2月13日に“『Syncopation』のプリプロ日”となっているので、そこまでにデモを上げたかったのだと思います。

この曲は当初、シングル候補として制作しました。

10周年を迎える僕らが、今までにない新たな自分たちのスタイルを世の中に提示してみたいという気概を持って、『N.A.M.A.』でもお世話になった新進気鋭のプロデューサー、浅田将明さんを製作陣に招き入れて取り掛かりました。

本来なら函館ですし、翌日の青森公演を控え、英気を養うためにも美味しい海の幸でも食べに行きたかったところだったのですが、そこはグッと我慢して函館のホテルに籠ることを決めました。

MICROと二人、まだ肌寒い2月の曇天の空がどんよりと覆う函館のホテルの一室で、このトラックを永遠とループしながら、もの悲しげな雰囲気を一蹴するかのごとくノリノリで歌詞を書き始めました。

するとふっと聴こえて来たのは、「〜ション」という英語でよくある単語のフレーズでした。

「〜ション」で、何かテーマになりそうな言葉ってないかなぁとしばらく思案していたら、これまたふっと「シンコペーション」という言葉が沸いてきました。

で、シンコペーションってそもそも何だっけ?(笑)

と、

おそらく多くのリスナーの皆さんと同じように、僕も思ったわけです。

いや、なんとな〜くは解っていましたよ、、、。

そこで調べてみると、上記のような説明となっている。

なるほど。

それでもまだヨクワカンネーけど、これだ!(笑)

と、

なった訳です。

しかし、ここからがリリシストとしての腕の見せ所。この“シンコペーション”というのを僕らのライブ会場に置き換えてみたのです。

つまりライブとは、「僕らが作るグルーヴとお客さんが作るグルーヴが、次第にシンコペーションしていくのだ」と。

それがHOME MADE 家族のライブだ。

まさに3RISEツアーを回っている最中だったからこそ、余計にイメージしやすかったのです。

テーマがビシッと決まると制作は早いです。ただ、今回は前述したように“今までにない新たな自分たちのスタイルを世の中に提示してみたい”従来通りの、普通にラップがあってサビがあるという風にはしたくありませんでした。

それがこの新たな試み、“ど頭からMICROと交互に歌う”でした。

しかも、二人がサビに向かって重なり合いまさにシンコペーションしていくという、構成の上でもこのテーマを表現しています。

もちろんラップも手を抜きません。

歌えばこそ、気合いを入れます。いや、10周年に向けて新たなラッパーKUROも見せていく。ここ最近のシングル/カップリングもすべて、その気持ちでいつも以上に臨んでいます。

多分、ここ最近の作品を聴いた人はみんなそれを感じてくれているのかな。

メンバーにも敢えて公言したわけではないですが、きっとスタジオやデモ段階で感じてくれていると思います。

10年もやると、否が応でも自分の“型”ができるものです。そして、なかなかそれをぶっ壊せない。気を緩めると、すぐにいつものスタイルに逃げて安住しようとしてしまいます。

もちろん、それが悪いわけではありません。

ただ、それはそれで既にあるので、新たな武器を自分の引き出しの中から見つけたいなと思うわけです。そのためには挑戦していくしかない。どんどん自分を信じて攻めて行くしかない。

10周年という節目が、また僕を駆け出しのラッパーのような気持ちにさせてくれています。

そして、必ず唯一無二のミュージシャンになってみせます。

なんだか、最後は自分の気合いを書いてしまいましたが(笑)

『Syncopation』

新しいでしょう。カッコいいでしょう。

これからもどんどん僕らとシンコペーションしていきましょう。
by hmk-kuro | 2013-10-25 23:59
そして。。。
昨日、18時に発表されたニュース。

▼ HOME MADE 家族初のベストアルバム発売決定!
───────────────────
HOME MADE 家族メジャーデビュー後初のオールタイムベストアルバムの発売が決定!

■タイトル:
『家宝』~ THE BEST OF HOME MADE 家族 ~

■発売日:
2014年1月8日(水)

キャリア初のベストアルバムです。

まさに10周年のこのタイミングで、一度総括したものをリリースします。

スゴい中身になりますよ。

楽しみにしていて下さい!

さて、明日辺りから『ハシリツヅケル』のカップリングの制作話をしていこうと思います。
by hmk-kuro | 2013-10-24 20:51
『ハシリツヅケル』発売!!!そして。。。
また新たな記念日が誕生しました。

2014年10月23日(水)

HOME MADE 家族、25枚目のシングル。

10th Anniversary 第二弾。

『ハシリツヅケル』が、めでたく世に放たれました。

初回盤

『ハシリツヅケル』発売!!!そして。。。_f0182998_23365520.jpg


1. ハシリツヅケル
2. Syncopation
3. はじまりの鐘
4. N.A.M.A. Remix feat. SEAMO
5. ハシリツヅケル -Instrumental-
6. N.A.M.A. Remix feat. SEAMO -Instrumental-

特典DVD

1. ハシリツヅケル
2. U-ICHI監督による「N.A.M.A. -Music Video- (アメリカオフショット編)」

通常盤

『ハシリツヅケル』発売!!!そして。。。_f0182998_23384935.jpg


前回の『キミガイタカラ』に次ぐ、10周年に向けての僕らの決意表明が目一杯詰まった作品です。

キミガイタカラ・ハシリツヅケル

これは二作品で一つのメッセージになっています。

HOME MADE 家族『キミガイタカラ』


HOME MADE 家族『ハシリツヅケル』


10年も続けていると(インディーズから入れたらもっとですが)、もうこの“HOME MADE 家族”は三人だけのものじゃないということに強く気付かされます。

生活、生き甲斐、哲学、やめていった仲間から受け渡されたバトン、、、。

そこには、色んな人の想いが乗っかっていて、僕たちは止まることはできません。

いや、むしろ“守るべきもの”があるからこそ、どこまでも走ることが出来ます。

KAZOKU FES.2013でも言いましたが、僕らが光となってみんなをこの先も照らしていけるように、そんな音楽を一つでも多く生み出していこうと思います。

「付いて来て下さい」なんて、言いません。

なんと言おうと「連れて行くのです」
by hmk-kuro | 2013-10-23 23:59
明日!!いよいよ『ハシリツヅケル』発売!!!。
明日です!!!

初回盤

明日!!いよいよ『ハシリツヅケル』発売!!!。_f0182998_23203096.jpg


通常盤

明日!!いよいよ『ハシリツヅケル』発売!!!。_f0182998_23213223.jpg


宜しくお願いします!!!!!
by hmk-kuro | 2013-10-22 23:22
ココカラ。
対バンツアーのリハーサルをしてきました。

明日もあります。

地味な作業を淡々と繰り返しています。

でも、この積み重ねが大事です。

13時半から23時まで。スタジオで黙々と。

いや、黙々とではないな。

嬉々としながら声は出しています。

途中、夕飯で出前を取り、スタジオの地べたに車座になって中華を食べました。

誰がどの弁当を取るかでジャンケンをしたり、一口ずつもらったり、些細なこともゲームにしながら楽しみながらやっています。

なんだか、文化祭の準備に追われて夜遅くまで学校に残っている学生にようです。

作業は、まだまだ続きます。

これからです。

ココカラ。

ココカラ。_f0182998_04994.png

by hmk-kuro | 2013-10-21 23:59
カレンダー
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite musicの連載ブログ

[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright (c)1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム