『HOME MADE 家族 3RISE TOUR 2013 ~グッドモーニングジャパン!~ 』

最新ライヴレポートはコチラ!!
[2013/03/18掲載]


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

最新インタビューはコチラ!!
[2014/01/07掲載]


PROFILE

【KURO】
HOME MADE 家族のMC

一番多感な少年時代をアメリカで過ごした事(12年間)でHIP HOP文化自体を生活の中で体感する。帰国後、高校のクラスメイトと共にユニットを結成。渋谷、町田、六本木など関東圏の数々のクラブでライブを経験しスキルを磨く。 低音域でささやくようなRAPから心に響くような語りかけるスタイルまでオリジナルを確立している。 特に英語の発音、リリックはまさに本物である。

LINK
RELEASE INFORMATION
Best Album

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』
2014/01/08リリース


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【初回生産限定盤】
KSCL-2350~51
¥3,900(税込)

この商品を購入する

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【通常盤】
KSCL-2352
¥2,800(税込)

この商品を購入する
<   2013年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
四心
行ってきました☆

“みんなの祭り無礼講”

四心_f0182998_185718.jpg


宮城県亘理群山元町(みやぎけんわたりぐんやまもとちょう)、山下中学校体育館にて!

こんな素敵なスローガンが貼ってある学校です。

四心_f0182998_2271856.jpg


四心(ししん)

・自立の心
・気力にみちた心
・感動する心
・思いやる心

最初の二つが“攻めの姿勢”なのが良いですね。

何気にツアー明け、最初のショーケースでした。

東海、関東に比べて気温はグッと低く、雪まで降ってきて底冷えする寒さでしたが、どの主演者のパフォーマンスも素晴らしく、僕はずっと舞台袖で見て感動していました。

特に僕は、ギター一本で極上のグルーヴと歌詞の世界観を展開していた仙台在住のKGMくんに聞き惚れてしまいました。

どの曲も良かったです。

捧ぐ/KGM


KGM with t.o.No / IRIE LIFE


タカチャやジャジスポ、ガグルとも関係があるのですね〜。さすが。

いきなりカタカナばかりで、スミマセン。

つまり、仙台には質の高いミュージシャンがたくさんいるということです。

さらに同室の楽屋には、元JAYWALKの中村耕一さん、元MOJO CLUBで故・忌野清志郎さんと大変縁の深いギタリストの三宅伸治さんやそのRCサクセションのサポート・メンバーでもあり、フリージャズで有名なサックス、クラリネット奏者の梅津和時さん。そしてご存知、嘉門達夫さんなど錚々たるメンバーで今日ライブ会場に来られた方たちは本当にラッキーだったと思います。

僕なんて、あまり話しかけられませんでした。

もちろんご本人たちは、みんなもうとっくに丸くなって“大人であり”僕たちに優しく接してくれましたが。しかし、それでもねぇ。。。なかなか緊張しますよ。

三宅伸治さんといえば、ザ・タイマーズの「デイ・ドリーム・ビリーバー」が有名ですが(原曲はモンキーズ)これも最高です。今日、生で見れました。

何にもなかった日 - 三宅伸治


三宅伸治さんの、胸にある蝶々のタトゥも密かに確認できました。キモイね、オレ(笑)

野外フェスのときに上半身を脱いで歌っているのがあるのですが、そのときにそのタトゥが見えるんですよね〜。なんか「あ、本物だ」って勝手に(笑)

梅津さんは、この曲がヤバかったです。

東北 / 梅津和時(Solo吹き語りver.)


一時代を築き上げた伝説のミュージシャンたちと同じ楽屋で同じ空気を吸い、舞台袖のあんな間近でその燻し銀のステージをまじまじと見ることできて感涙ものでした。

嘉門達夫さんは、もう職人技ですね。

30周年。本当にスゴいです。そして、おめでとうございます。

僕らも50代〜60代になって、こんなカッコいい先輩たちのような雰囲気を醸し出しているといいな〜。

そのためには、今をたくさん闘わないとね。

・自立の心
・気力にみちた心
・感動する心
・思いやる心

なんか、この学校のスローガンを今日は音楽を通して教えてもらったような気がします。

呼んで頂いた矢野きよ実さんに感謝です。

音を楽しみながら、たくさんのメッセージを受け取り、発信することができた一日でした。

僕らも「届けよう!東海から元気を!」しっかりやります☆

四心_f0182998_23165153.png

by hmk-kuro | 2013-03-31 23:18
散る桜 残る桜も 散る桜
暖かくなったり寒くなったり、アップダウンが激しいですね。

まだ寒いという意識で服を選んだ方がいいのかもしれません。

桜はだいぶ葉桜になりつつありますが、まだギリギリセーフかなぁ。

散る桜 残る桜も 散る桜_f0182998_23383383.jpg


ま、だいぶ最後の方ですけれど。

満開後だって桜は奇麗です。

散る桜 残る桜も 散る桜_f0182998_23384973.jpg


しだれ桜が一番好きかも。

散る桜 残る桜も 散る桜_f0182998_2339559.jpg


『散る桜 残る桜も 散る桜』

良寛の辞世の句です。

切ないけれど、でもまた咲くことも事実です。

“禍福はあざなえる縄のごとし”という言葉もある通り、生と死も交互に等しく、そしてどちらがどうというわけでもなく、ただそこに横たわるだけのことなのかもしれません。
by hmk-kuro | 2013-03-30 23:57
ヤスリ
ヤスリ_f0182998_23275618.jpg

サクサク制作。

スゴくいい感じです。

作ってはヤスリをかけ、スタッフやメンバーと研磨作業をし、一つ一つ丁寧に磨きをかけています。

もちろん自分の主張も大切ですし、作り手の矜持というのもあるでしょうが、良くしたいという気持ちは、とてもいいラリーを生み出します。

常に聞く耳を持ち、考えて選択し、“良い物を作る”というごくシンプルな目的に向かって、みんなでそこを目指すことが大切です。

チームで制作するのは、もちろん時間も忍耐も要しますが、“寛容”や“配慮”はあまりいらないのです。

良い物を作るという目的さえあれば、飛び散る火花も良い化学反応となります。お互いの心意も汲み取れます。

それでも主張したいときは主張しますし、「そうだなぁ」と納得できれば、そうするだけなのです。

おそらく、これは物作りだけの世界に限らず、色んな職種の方にも訪れる場面だと思います。例えば、スポーツの世界でも。

自分のことばかり考えてしまうとワンマンプレーになってしまいますし、お互いに足を引っ張り合う結果になってしまいます。

しかし個々のエゴで発言するのではなく、どうやって試合に勝つか?勝てるか?そこだけにフォーカスして発言し、声を掛け合うとチーム全体が活性化し、ひいてはそれが自分自身にも良い結果として還ってきます。

だから、プロフェッショナルなプレイヤーほどインタビューで自分の結果よりも「チームが勝てたことが嬉しい」という発言をするのだと思います。

サラリーマンとかの会議でもそういった場面は出てくると思うのですが、それぞれの胸中にある思惑が先行するのではなく、みんなで一丸となって“良い物を作る”というその一点だけに向かって発言していくのがきっと一番「建設的」で「健康的」ですよね。

幸い僕の周りには、そういう仲間がたくさんいて心強いです。

時にはカチンとくるときもあるけどね(笑)

でも「なにくそ〜!」と「ならもっと良いものを作ってやるぜ!」という気分になって、それが案外良い結果を生んだりします。

そういう風にこれからも切磋琢磨していきたいですね。
by hmk-kuro | 2013-03-29 23:27
Ain't That Good News ??
3/24付けのブログ『シュガーマン 奇跡に愛された男』でチラッとだけサム・クックの自伝映画について触れましたが、偶然にもここにきてようやく少しだけ進展があった模様です。

“ここにきてようやく”と書いたのは、ずっと前から二転三転していて、なかなか実現までに至らなかったので(とは言いながらも、まだこの朗報もぐずついていますが。。。)

リンク先:Shadow and Act

どうやら、サム・クック自伝映画の企画が二本進んでいるらしい。。。

一つは、ピーター・ギュラルニック著を元にしたディック・クレメントらが脚本するもの。

Ain\'t That Good News ??_f0182998_231402.jpg


(ちなみに、この本はまだ未訳です)←こっそり吉岡正晴さんという音楽ライターに僕は直談判したことがありますけどね。

親父やんねーかな。

もう一つは、今回新たに抜擢されたカール・フランクリンが脚本/監督するというもの。

Ain\'t That Good News ??_f0182998_23195254.jpg


さんざん待たせておいて、ここにきて二本も同時進行という!!

両方ともアブコというサム・クックの版権を管理しているレーベルが関わっているので、共に意味があって進めているのだとは推測できますが。。。ん〜。

このアブコというレーベルがなかなかの曲者でね〜。

この企画がスムーズに進まないのも、どうもきな臭い。

もし実現されたら世の中にサム・クックブームが再び起こるでしょうし(ま、何年かに一度訪れるんですけど、映画化というのはでかい!)それは間違いなく大きなビジネスチャンスになるので、したたかなアブコだからしっかり戦略を練っているのでしょう。

ファンとしては、ヘタな配役でチープに作られるぐらいなら、きちんと時間とお金をかけて最高の自伝映画を実現して欲しいですけどね。。。

マーヴィン・ゲイの自伝映画の方が早くできそうだなぁ。レニクラ降板したけど。

マーヴィン・ゲイ役のレニー・クラヴィッツ降板…ジェシー・L・マーティンが主役に!

この記事一つ見ても、面倒くさいこと多いものな〜。

サムが生きていたらこんな心境かな?

Sam Cooke - Fool's Paradise

by hmk-kuro | 2013-03-28 23:39
歌詞を書くとき
カキカキしております。

あ、歌詞を書いているという意味です。

なかなかどうして順調です☆

歌詞って(入り口もそうですが)特に最後の一行が、一番時間が掛かります。

どうオチをつけるか?

映画もエンディングって大切ですもんね。

韻もそうですが、ストーリーとしても良い余韻を残したいです。

それと、実際に口に出してみて、

“言葉の響きとしても大丈夫かどうか?”も大きなポイントになります。

また、過去に使ったようなフレーズやノリはなるべく避けるようにします。

いつだってちょっとずつでも自分自身をアップデートしていきたいですからね。

ちなみに、僕は「曲を作るぞ!」というモードになってから歌詞は書きません。

私生活からスイッチがオンとオフの間にあるので、曲をもらってテーマを決めたら、なんとなく生活をしながら頭の中でぼんやりとラフスケッチを描き始めます。

すると不思議なことに、本でも映画でも会話でも街で目にするどんな物でも、求めてるテーマに合ったものがこちらに飛び込んできて良いヒントをたくさんくれるのです。

その拾い集めた欠片を一杯抱えて、そこから机に向かって一気ワァーッと書き上げるという感じです。

もちろん、無理やり探しに行くこともありますけどね(笑)

でも昔からそんな感じです。

だから歌詞を書いてる最中や考え事をしているときは、心ここにあらずという感じで書き終わるまでは外界を完全にシャットアウトします。

電話もメールも外出も、オール無視。

そして、書き終えた瞬間、現実の世界に解き放たれるのです。

あの開放感たらないね。

早く来い!!その時間!!!

歌詞を書くとき_f0182998_23575417.jpg

by hmk-kuro | 2013-03-27 23:58
3分で知る音楽の歴史
マジで良い曲がたくさんできています。

MajiでKoiする5秒前。

縮めて「MK5」なんて言っていた時代もありましたっけ。

僕は言ったことないですが、、、こちとら、MajiでYoi曲5秒前。

3分で知る音楽の歴史_f0182998_20372777.jpg


最高のサビが数曲分できたので、ここからさらに構成を練って進めていきます。

つまり、ラップの部分ですね。

楽しみにしていて下さい☆

MajiでYoi曲5秒前です。


ところで、5秒とはいきませんが『3分で知る音楽の歴史』という動画がアメリカで作られたのってご存知ですか?

以前、NHKでやっていて大変面白かったのでみなさんにもご紹介☆

3分で知る音楽の歴史


ご存知、ルイ・アームストロングの名曲“What A Wonderful World”を使ってグレゴリオ聖歌から始まり、バロック→ クラシック→ マーチ→ ラグタイム→ ジャズ→ ソウル&ブルース→ モータウン→ レゲエ→ ブルーグラス→ ディスコ→ パンク→ メタル→ ラップ→ ハウス→ ダブステップまでの音楽の歴史をたったの3分間で演奏しています。(カメラもワンカットかな?)

何よりも演奏している人たちがみんなすごく楽しそうで、それが良いです。

パンクとかメタルらへんの切れ具合も面白いですし、ラップを歌ったあとに紙を破くという演出もヒップホップの反骨精神を現していて良いです(笑)

で、最後はどことなくWe Are The World感があります。

こうやって見ると音楽も連綿と繋がってきているんだな〜と思いますね。

ラップなんて、ここ最近の音楽です。

というよりも、音楽は音楽。Music Is Musicってことですね。

“音”を“楽しむ”と書いて、それだけのこと。

楽しそうに演奏している彼らこそが、音楽のメッセージだと思います。

What a wonderful world - LOUIS ARMSTRONG.


この曲は、ホント涙が出てくるな〜。

余談ですが、BIG LUCKとアツシはこの歌のモノマネがビビるほど上手いです(笑)
by hmk-kuro | 2013-03-26 21:23
スがズ
素敵なカケラが二曲、産声を上げました。

明日も二曲、出産する予定です。

やはりテーマをきちんと絞り込んでいると、進行がスムーズです。

あ、ちなみに余談ですが、「smooth」のカタカナ表記には“スムース説”と“スムーズ説”がありましたが、正確には“スムーズ”で良いそうです。

アメリカ人に言わせると、スにちょい濁点が入って発音するのが正しいからだそうです。

あ、でもルーズリーフは、正確には“ルースリーフ”なんです。

ルーズだと、「負ける」という意味になります。

英語の日本語表記って、難しいですね。

余談でした。

さ、明日もあるので早めに床に入るとします。

スヤスヤか、Zzzzz。で。
by hmk-kuro | 2013-03-25 23:56
『シュガーマン 奇跡に愛された男』
今、一番観たい映画です。

『シュガーマン 奇跡に愛された男』


70年代デトロイト、忽然と姿を消した幻のシンガー、ロドリゲス。
その歌が国と時代を超え、南アフリカで奇跡を起こしていく
驚くべき人生に胸が震える-

1968年、ミシガン州デトロイト。
場末のバーで歌う一人の男が、大物プロデューサーの目にとまる。彼の名はロドリゲス。­満を持してデビューアルバム「Cold Fact」を発表するが、商業的には大失敗に終わる。世の多くのミュージシャンと同じ­く、彼もまた誰の記憶にも残らず、跡形もなく消え去った。
しかし、音源は運命に導かれるように海を越え、遠く南アフリカの地に渡る。反アパルト­ヘイトの機運が盛り上がる中、体制を変えようとする若者たちの胸に突き刺さったロドリ­ゲスの曲は、革命のシンボルとなった。その後も20年に渡って広い世代に支持され続け­、南アフリカではローリング・ストーンズやボブ・ディランを超えるほど有名なアルバム­になっていた。
しかしロドリゲスの「その後」を誰も知らない。失意のうちにステージで自殺した、との­都市伝説だけが残されているだけだった-。

なぜロドリゲスの音楽は同時代のアメリカで無視され、南アフリカで熱狂的に受け入れら­れたのか?彼はいったいどこへ行ってしまったのか?これは、音楽の共鳴力に心打たれ、­人生に起こる本当の奇跡に出会う、珠玉のドキュメンタリーである。




音楽映画好きとしては、たまらない内容です。

しかも、どこも大絶賛。

制作の合間を縫って、観に行けるといいな〜。

音楽も素敵です。ちょい、ボブ・ディラン風ですが。

Rodriguez - Cause (HD)


近々、マーヴィン・ゲイやサム・クックの自伝映画もやりそうですし(切に願う)ミュージシャンを題材にした映画がもっと流行るといいな〜と思っています。

というのも、フェスにしてもそうですが、音楽をもっと楽しめる場や環境、知識が深まっていくことが、より音楽の愛へと繋がっていくと思うからです。

簡単に手に入るからこそ、その背景にあるストーリー、“味わい方”が加味されるといいな〜と。

行程を共有することでまたより一層味わい深くなるように、その方がただ与えられるだけの有り難みよりもずっと楽しいと思うのです。

例えば、パンは普通に美味しいですが、パン工場に行って体験したり、実際に行程を見てからできたてのパンを食べると、また違った味わいがありますよね。

音楽と同じように、今では手軽に家でホームベーカリーで焼くこともできますが、“さらに研究すると”もっと面白いし、美味しさに拍車がかかります。

そういう状況をもっと作ることも僕らの役目だな〜と最近は思っています。

これだけ情報を選んで選択できる時代ですからね。

映画のロドリゲスではないですが、探究心は奇跡を目の当たりにすることができそうです。

『シュガーマン 奇跡に愛された男』_f0182998_2340010.jpg




追伸:
ライブもいいのよね〜。

charisma.com 『HATE』

by hmk-kuro | 2013-03-24 23:41
Charisma.com
事務所にて楽曲制作をしておりました。

今日のメニューは、音というよりも“テーマ”ですかね。

素敵な材料が揃ったので、それを使って「どんな料理を作るか?」という会です。

一番大事な部分ですね。

ここをどれだけ話し込めるか。面白い切り口を見つけられるか。

それが料理の美味しさを決めるといっても過言ではありません。

絵を描くときは下書きやイメージが大事なように、小説ならプロット(構想)が大事であるように、物作りの鉄則ですね。

いや、もしかしたらこれは何でも当てはまることなのかも。

克明なイメージを描くことは、完成を、つまりは夢を(より確実な)目標に変えていく作業なのかもしれません。

山を登るときも、頂上に向かってただ闇雲に登るだけでは路頭に迷います。

あらゆることを想定しながら、方位を確認しつつ、目標を定めながら進んだ方がきちんとてっぺんに辿り着きます。

ところで、話は変わりますが。。。

僕、この人たち今とっても気になるんですけど。

それこそアイディアも良いし、何よりも曲がズバ抜けて良いと思う。

もしかしたら、めちゃくちゃブレイクするんじゃないかな。

Charisma.com 『HATE』


Charisma.com 『GEORGE』


Charisma.com(カリスマドットコム)というのですが、すべてが意外性だらけで、なのに良い。

クリエイティヴだし、シチュエーションも面白い。言葉の選択肢がユニークで耳に残るメロとサウンドがあります。服装も、枠にとらわれていない。

そして、ラップが普通に上手い。DJをやりそうにないのに、やってる。「っぽい」ことをポイっとやっちゃってる。

要注目だ。

Charisma.com_f0182998_2335779.jpg

by hmk-kuro | 2013-03-23 23:04
「ご来店お待ちしております」
デビュー10周年に向けてのカウントダウン企画が、まずはFCから本日発表されました。

題して、『Sweet 10 Homemade』!!

「ご来店お待ちしております」_f0182998_239270.png


え?

どこかで聞いたことあるフレーズだって??

いやいや、気のせいです。

今まで以上に感謝の気持ちを込めて、10粒のダイヤモンド並みに輝く“Sweet”で“Lovely”な名曲を厳選した愛情たっぷりのライブをお届けします。

詳細は、HOME MADE 倶楽部で。

まだまだ色んなことやっていきますから☆

素敵なノベルティも付きますが、1ID(会員番号)あたり、各公演2枚までチケットをゲットできるので、これを機にFCに入っている人を捕まえるか、入りましょう〜(笑)毎回言ってるな、これ。

10周年を迎え、少し大人になった僕らの甘くダンディーなエスコートに酔いしれてみませんか??

なんつって。あ、男性も可です。

「ご来店お待ちしております」_f0182998_23225100.jpg


「ご来店お待ちしております」
by hmk-kuro | 2013-03-22 23:25
カレンダー
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite musicの連載ブログ

[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright (c)1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム