『HOME MADE 家族 3RISE TOUR 2013 ~グッドモーニングジャパン!~ 』

最新ライヴレポートはコチラ!!
[2013/03/18掲載]


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

最新インタビューはコチラ!!
[2014/01/07掲載]


PROFILE

【KURO】
HOME MADE 家族のMC

一番多感な少年時代をアメリカで過ごした事(12年間)でHIP HOP文化自体を生活の中で体感する。帰国後、高校のクラスメイトと共にユニットを結成。渋谷、町田、六本木など関東圏の数々のクラブでライブを経験しスキルを磨く。 低音域でささやくようなRAPから心に響くような語りかけるスタイルまでオリジナルを確立している。 特に英語の発音、リリックはまさに本物である。

LINK
RELEASE INFORMATION
Best Album

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』
2014/01/08リリース


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【初回生産限定盤】
KSCL-2350~51
¥3,900(税込)

この商品を購入する

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【通常盤】
KSCL-2352
¥2,800(税込)

この商品を購入する
<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
KEWPIE
【わすれない話】



すべらない話があるなら、わすれない話もあっていいんじゃないかと。

さっきメンバーと入ったお好み焼き屋さんの箸置きがちょっと可愛くて、思い出しちゃいました。

KEWPIE_f0182998_20101555.jpg


キューピーちゃん。

最近は、ご当地物のコラボもあってレアなキューピーちゃんを集めているマニアな方も多く未だその人気は根強いですが、歴史も相当あるオモチャなんですね。

1903年には、もう産声をあげていたそうです。

このキューピーちゃんを見るとどうしても思い出してしまう“わすれない話”がボクにはあります。

それは、小さい頃に母が何気なく話してくれた話でした。



母の家は、4人兄弟の6人家族で大変貧乏な家庭だったそうです。

ま、時代も時代ですから物がないのはどこの家も共通だったのでしょう。

誰もが我慢を強いられたというよりもしょうがなかったのだと思います。

ただ、今も残されてる数少ない母の幼少の頃の写真はどれを見ても、

みな朗らかに笑っていてすごく幸せそうです。



お金に余裕はなく、毎日一生懸命働いてご飯を食べていくのが精一杯。

子供たちはそんな家庭の事情をよく知っていたのか、決して物をねだったりワガママを言ったりしなかったそうです。

そんな苦しい生活の中でも、年に一回の子供の誕生日には何かあげようと母の母、つまりボクのお婆ちゃんは子供たちにプレゼントを買ってあげたそうなんです。


それが、小さな小さなキューピーちゃんでした。



子供の頃、なぜこんなにも従兄弟の実家にたくさんのキューピーちゃんがあったのか不思議で尋ねたことがありました。

溢れんばかりの現代のオモチャ箱の中に、一緒にされてあった大小様々なボロボロのキューピーちゃんを見て母はボクにこの話をしてくれたのです。

必ずしも豊であることが心の幸せとは限らないんですよね。



そうか、

だからどれだけ貧しくても写真の中のみんなは笑顔だったのかな。

KEWPIE_f0182998_2184428.jpg




営業日:適当



本日の店内BGM
Ray Charles / Georgia On My Mind
by hmk-kuro | 2009-05-28 21:36
大人のミニ階段
【ロス・ロボス】



最近は、ほとんどカラオケに行くことがなくなりましたが行くと必ず歌う曲があります。

大人のミニ階段_f0182998_223319100.jpg


日本語でもカバーされたりCMでもよく使われたりするので耳にしたことある人も多いでしょう。

そう、ロス・ロボスの『ラ・バンバ』です。

これは1987年に公開され、大ヒットした映画のサントラの主題歌で、17歳で夭折したヒスパニックスター“リッチー・バレンス”の生涯を描いた作品です(注:ラ・バンバという曲は1958年にバレンスがヒットさせている)

当時アメリカのケーブルテレビで何度も何度も再放送され、弟とどれだけ繰り返し観たことか。

完全に洗脳されました。

でも、妙に好きでね〜。飽きもせず、観ちゃうんです。

大人のミニ階段_f0182998_2251546.jpg


この、リッチー・バレンス役のルー・ダイアモンド・フィリップスがとにかくカッコ良くてね。

17年という太く短い人生を駆け抜けた青年の、夢と恋と葛藤をイキイキと演じているのです。


Para bailar la Bamba
Para bailar la Bamba
Se necesita una poca de gracia
Una poca de gracia y otra cosita
Y arriba y arriba, Y arriba y arriba
Por ti seré, por ti seré, por ti seré
Yo no soy marinero. Yo no soy marinero.
Soy capitán. Soy capitán. Soy capitán.
Bamba, bamba...


繰り返し観すぎて、いつの間にか歌詞も見ずに歌えるようになりました。

唯一、歌えるスペイン語の曲です。

一度、メキシコ人の前で歌って褒められたこともあります。だから、きっと発音もお墨付きです。

ただ、ずっ〜〜と意味はなんのこっちゃか分かりませんでした。


<訳>
ラ・バンバを踊るなら、
ラ・バンバを踊るなら、
上品さはちょっとでいいんだ
ちょっとだけ品がよくって、あとはそうだな、
上へ、上へ、上へ、上へ
君のためなのさ、君のためなのさ、君のためなのさ
僕は水夫じゃないよ、僕は水夫じゃないよ
船長さ、船長さ、船長さ
バンバ、バンバ...


22年目にして、とうとう知ってしまいました。

僕は水夫じゃないよ、僕は水夫じゃないよ
船長さ、船長さ、船長さ
バンバ、バンバ...

一瞬、突っ込みたくなるけど。

そうか、だからカラオケで歌う時、やたらと船や海辺の映像が流れてたんだね。

オレは、夏のご機嫌な感じをただ演出しているだけなんだと思ってました。

知らなくていいこともあるのかな。

ちょっとだけ大人になりました。

でも、歌は映画と共にオススメです。



営業日:適当



本日の店内BGM
映画版 / La Banba

Los Lobos / La Bamba
by hmk-kuro | 2009-05-27 23:31
Searching
【レコード】



五年前の今日、『Oooh!家〜!』という僕らのミニアルバムが発売されました。

Searching_f0182998_20334127.jpg


インディーズの時にすでにフルアルバムを3枚出してはいますが、これがメジャーデビュー盤です。

初々しいね。

何がなんだか全くわかってなかったです。

とりあえず勢いは出そうと気分も衣装もギラギラでキンキラでPVもなかなかお金がかかっていた気がします。

Searching_f0182998_20411774.jpg


自分たちの小舟に多くの船員が乗り組み、拡張を余儀なくされ、気がついたら大きな夢の遊覧船になっていました。

どうにかここまで転覆せずも、時に津波に飲まれそうになりながら音の大海原を“HMKU羅針盤”で航海してきました。

思えば五年間、色々ありました。

この先もきっと色々あるのでしょう。

好きな音楽で日々を過ごし、続けられていることをホントに心から感謝しています。

いつも応援してくれているみんなありがとう。

そして、引き続きよろしく!

今後のHOME MADE 家族がどうなるのか、ボク自身も楽しみです。

きっと、ずっと「Searching」(探求)していくのでしょう。

Searching_f0182998_21314067.jpg


そういや、

ボクら三人が初めてライブしたイベント名が“Searching”だったね。


営業日:適当


本日の店内BGM
Roy Ayers / Searching
by hmk-kuro | 2009-05-19 21:42
サンプリング
【ルール】



ルールはとても大切。

でも時にルールを無視したカッコ良さもある。

HIP HOPの誕生はまさにその最たるものだった。

既存の楽曲をぶった切って再構築し、また新たな音を生み出すなんてなかなかのルール違反だ。

この頃は権利社会というルールに縛られすぎてだいぶ萎縮して手が出せなくなってしまったが、

それでもこのジャンルによって過去の埋もれた名作に再度スポットライトが当てられ、

その評価が再浮上されたのも事実だ。

温故知新。

この言葉ほど適切に言い当てている音楽もないだろう。

そもそも、“楽器も歌もできなくたってできちゃう”このジャンルのお手軽さ。

リフティングできなくたって、Jリーグに出場できますみたいな。

そんな、懐のでっかさがこの音楽にはある。

昔、MUROさんがこんな表現をしていた。

「サンプリングとはパッチワークみたいなもの」

つまり、様々な生地をあわせて一枚の服を作るようなもの。

まさに、その通りだ。

そこに強烈なメッセージが乗ったのがHIP HOPだ。

大事なのは、クリエイティヴィティー。

言うならば、

“ルールをぶっ壊して、ルールを創る”

ただ、だからと言って無秩序なわけではない。

そこには、

『カッコいい』というルールがあるのだ。



前置きが長くなったけれど、

この音源はルール違反だし、恐らくこの先リリースされることもないと思うけれど密かにどうぞ。

でも、カッコいいから。





営業日:適当



本日の店内BGM
BUZZER BEATS / MY DOCUMENT 〜マス≒コア〜 -fickle remix- / KURO & KIN DA SHER ROCK
by hmk-kuro | 2009-05-01 23:57
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite musicの連載ブログ

[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright (c)1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム