『HOME MADE 家族 3RISE TOUR 2013 ~グッドモーニングジャパン!~ 』

最新ライヴレポートはコチラ!!
[2013/03/18掲載]


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

最新インタビューはコチラ!!
[2014/01/07掲載]


PROFILE

【KURO】
HOME MADE 家族のMC

一番多感な少年時代をアメリカで過ごした事(12年間)でHIP HOP文化自体を生活の中で体感する。帰国後、高校のクラスメイトと共にユニットを結成。渋谷、町田、六本木など関東圏の数々のクラブでライブを経験しスキルを磨く。 低音域でささやくようなRAPから心に響くような語りかけるスタイルまでオリジナルを確立している。 特に英語の発音、リリックはまさに本物である。

LINK
RELEASE INFORMATION
Best Album

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』
2014/01/08リリース


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【初回生産限定盤】
KSCL-2350~51
¥3,900(税込)

この商品を購入する

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【通常盤】
KSCL-2352
¥2,800(税込)

この商品を購入する
<   2009年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧
LOST TAPE Vol.0
【ほっ】



<KURO>

疲れた マジ疲れた 何時だ? (2時だ!)

お~い! まだまだ終わりの時刻 ほど遠い

もう嫌だ 腰や足 ガクガクだ ま、楽な仕事などないが

たまにゃグチこぼしたくなる 誰しもみな

一つや二つの嫌な出来事 (起こるの) 泣きたくなるの

そこんとこ 分かるでしょ? (分かる)

でしょ、 そりゃ良いことずくめじゃねぇさ お兄さん

良し悪しも 個人差があるもんさ

ヘッ、 たまたま今日が厄日だった

たまったもんじゃないさ 下がったバロメーター

上げるため出た策は なんてたって休憩だ (そう、それが一番だ!)

んだんだ、おら 常夏の島にでもいぎでーだ!

(あんた、あんた 一体どこのもんだぁ~!?)

すみわたる空と白い砂浜 果てしなく眩しい大海原

欲を言うなら 愛しい人と一緒なら もうたまらん

アブラカダブラ 叶えたまえよ アブラカダブラ 夢見させてよ

ひと時の休憩 オレなりの休憩を 楽しむ休憩法


<HOOK>

ひと時の休憩 「ほっ」 ほっ

ひと時の休憩方     「法」

ひと時の休憩 「ほっ」 ほっ

ひと時の休憩方 「法」  ほっ


<MICRO>

「ほっ」 とする瞬間てなんだろう? (心休める時間)

Everyday 普段 眉間にシワよせて ひどく狭い世間に縛られて

もっと 「ほっ」 とお気楽にどうぞ せっかくのリラックスモード

家に帰るなりまずは Hot Bath ふっとばす一日の疲れ 吐き出す

あぁ~ 誰しもが自然と出す言葉 (湯船にユラユラと揺れながら~♪)

あたり曇り かなり湯気がこもり ゆとりなくなり 頭くらり

家族が集う今晩の Dinner Glass Of Beer ぽん酒はお冷や

両親と兄貴と祖父と僕 ものすごく 貴重な時間を過ごす

すでに顔赤いオレ 感無量で楽しむ笑い声

たまには抜こうぜ 肩の力 明日からも頑張ろう一から


<HOOK> *Repeat


<HOZE>

疲れたまった冷ややかな目で 背中丸めたスーツ姿

憂鬱にうつむいて 見るものすべて つまんねぇー

まるでモノクロのテレビ 昨日と今日同じ毎日で

いつもうかがう他人の 顔つきを晴らす場ない

普段のうっぷんは たまる一方で 吐き気がする

(今日ぐらい ゆっくり歩きたい) 素朴な願いも届かないまま

満員の電車 橋の上から キラキラと川に反射する夕日

鮮やかな色 白黒の都会 照らす綺麗なご褒美

さ、明日からまた 道ばたの花に 目でもとめながら

辛いなら その足止めてもいいから 

自分自身に少しだけ 愛を


<HOOK> *Repeat



Written By : Satoshi M. Taisuke N. Noriyuki H.
Recorded & Mix At : ORENCHI
Published Date : Feb. 2000



僕らがまだ4人だった頃の曲。 

『ほっ』 て、いいます。

そのタイトル通り、ふわふわした浮遊感のあるトラックの上で三人が気持ちよくラップしています。

“HOZEKUROサンボ”時代の幻の30曲入りテープアルバムに収録されています。

今でもたまに聴きたくなる、大好きな一曲なのですが、

みなさんにはレア過ぎて、お聴かせできないのが残念です。

でも、リリックを読むだけでもその気持ちよさと癒しは感じることができるでしょ??

ホント、 「ほっ」 としますよ。


歌詞のクレジットを打っていて気付いたのですが、

この楽曲は9年前の2月に録音されたのですね~。

なんだか奇遇です。

しかも、Recorded & Mix At : ORENCHI って…。

この“俺んち”というのは、当時住んでいた僕の家のことですね。

あの頃、ホントに何もかもが手作りでした。

その時の話は、またじっくり機会を見つけて綴ってみたいと思います。

今日は、見て聴いて下さい。

LOST TAPE Vol.0_f0182998_22495567.jpg


22才か~。

わけーなー。

LOST TAPE Vol.0_f0182998_22503386.jpg


んで、ユーイチさんは今日31か~。



営業日:適当



本日の店内BGM
Jonnie Taylor / Take Care Of Your Homework







  

 
by hmk-kuro | 2009-02-23 23:01
手塩にかけて育てる
【便利】




教室の後ろ、ロッカーの上、

壁一面に張り出された写真の数々。

この間の林間学校での様々なシーンが、

それぞれ番号に振り分けられて並べられている。


キャンプファイヤー、男女ペアでぎこちなく踊るオクラホマ・ミキサー、

飯ごうで炊くご飯に奮闘する男子、班ごとの集合写真、

そして、意中のあの子が写っている写真…。


現像して欲しいものは、紙にその番号を記入して先生に提出する。

ドキドキしながら、密かに自分が写っていない番号も最後に付け足す…。



これを今懐かしいと感じた人は、きっと僕と世代が近いのでしょう。

今では携帯で簡単に写真が撮れてしまうので、こんな回りくどいことはもうしなくてよくなりました。

欲しけりゃ、ピッと送信して終わり。

デジカメも普及して、プリントアウトすら可能になりました。

ホント、便利になったものです。


ただ、デジカメや携帯に収めることで満足してしまい、

気が付けば昔に比べて現像された写真が極端に減りました。

同時に撮ったものも見る機会が減ったように思います。

なぜなら、あの頃のように頻繁にアルバム作りをする必要がなくなったからです。

(ま、意欲次第でもあるのですが)

つまり、

“手間”という部分が省け“便利”になったことで“プロセスを楽しむ”ということから遠ざかりました。

今思えば、そこに費やす労力が思い出を反芻する上でも何気に良かったように思います。


決して便利になったことを嘆いているのではないのです。

僕は家電量販店とか基本、大好きですから。

ただプラモデルでも、すでに出来上がっているものも良いですが、

作っていく過程を経てから手にした完成品は、きっと感慨もひとしおです。

“手塩にかけて育てる”ことで“愛情”はより生まれやすいのかな~なんて考えたりしました。

手塩にかけて育てる_f0182998_114687.jpg


一匹のミツバチが一生かけて採れるハチミツの量は、スプーン1杯なんだそうです。




営業日:適当



本日の店内BGM
Terence Trent D'Arby / Wishing Well
by hmk-kuro | 2009-02-22 23:46
心と体温
【触れる】



久々に素晴らしい映画と巡りあいました。

心と体温_f0182998_21203695.jpg


ジョン・キャメロン監督、『ラースと、その彼女』


アメリカの片田舎、

ラース(ライアン・ゴズリング)は村の誰からも愛される心優しい青年、

ただ、極度の対人恐怖症という欠点を持つ。

すぐ隣の敷地に住む兄夫婦は、そんなラースのトラウマを取り払おうと

食事に誘ったりあの手この手を使って交わりを持とうとする。

だがラースは勤め先から直帰し、誰からも干渉されず家に一人でいることを好む。

そんなある日、

ラースは彼女がとうとうできたと兄夫婦に告げに行く。

しかし、喜びもつかの間、

連れてきた彼女というのはリアルドール(ダッチワイフ)のビアンカという人形だった…。



んな、アホな~!



でもね、

結構、大爆笑なところもあるのですが、

これはホントに良くできた映画だと思いました。

絡まったラースの心が、次第に解れていく様子が嫌味なく秀逸に描かれています。

町の温かな人たちに囲まれ、

人に触れるということは“体温”なんだということに彼は気付き始めるのです。

ビアンカが危篤状態になったとき、

悲しみにくれるラースのそばで老女たちは何をするわけでもなく編み物をしながらボソッとこう言うのです、

「悲しみには、そっと寄り添うの」



登場するすべての人物がみな良い味を出しています。

特に、パトリシア・パークソン演じる精神科医(?)のダグマー・バーマン医師が最高です。



アメリカの小さな田舎町で繰り広げられる、リアルファンタジー。

僕らは、きっとぬくもりなしでは生きていけないのだろう。

ほっこりしたい人は、ぜひ。




営業日:適当



本日の店内BGM
Sly & The Family Stone / Everyday People
by hmk-kuro | 2009-02-21 23:19
悟り
【ひかる】



“人生の頭にくることは、全部わかったときには遅すぎるってことだ”



オジー・オズボーン




F・スコット・フィッツジェラルドが1920年代に執筆した短編小説、

『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』がアカデミー賞の有力候補に挙げられている。

悟り_f0182998_21234182.jpg


80歳で生まれ、そこから若返っていく男の不思議な青春物語。


そんなやつぁ、いるわけ…


いました。


悟り_f0182998_2122121.jpg




営業日:適当



本日の店内BGM
The Drifters / Kissin' In The Back Row Of The Movies
by hmk-kuro | 2009-02-17 21:24
2/14
【バレンタイン】



“誰も喋らないときは、料理が旨いときだ”




義理チョコ?

逆チョコ?

友チョコ?



生み出すね~。

来年は、何チョコが流行るのでしょう?

2月14日じゃなくても、好きなときに小出しであげる「チョコチョコ」。

誕生日にあげる、「誕チョコ」。

日本各地の千代子だけにあげる、「チヨコ」。



バレンタインの日に、あまり良い思い出のない捻くれた男の発想でしょうか。

正直、なんとも思わないっすね。

ホワイトデーのお返しも生まれてこの方、したことがありません。


そもそもね、

貰えるはずもないのにそれでも1ミリでも期待しながら教室の片隅に座っているあいつのこと、

考えたことあるのかい?

ましてや、

貰えるかどうかの悩みすらも与えられないあいつのこと、

考えたことあるのかい?


余計な祭りだぜ。

なぜに、それで劣等感を感じなければいけない?

騒ぐな、騒ぐな。

こそっとやれ。

こそっと、くれ。


それよりも僕は、こいつが初めて人のために作った、

2/14_f0182998_21472744.jpg


無国籍、無ジャンルのチャーハンがホントに嬉しかった。

2/14_f0182998_2148171.jpg


ギャグチョコだ。




営業日:適当



本日の店内BGM
The Main Ingredient / Just Don't Want To Be Lonely
by hmk-kuro | 2009-02-14 21:53
願掛け
【Knock On Wood】



アメリカの古い言い伝えで、“Knock On Wood”というのがあります。

直訳すると、「木を叩く」。


どういう意味かというと(諸説あるのですが)

良いことが起きたときに、“また続けて起きますように…”だとか

“悪いことからずっと避けて生きられますように…”ということだそうです。

つまり、一種の願掛けですね。


日本だけに限らず、

そういう迷信を信じる風潮ってなぜ世界各地にあるのでしょうね?

不思議だ。


人は科学や理論上で説明できないものに物凄い不安を感じたりします。

心の世界なんて特にそうですね。

例えば、「~症候群」というのもあれは時にずいぶんこじ付けに聞こえるときがあります。

なんでもありか!みたいな。

ニュースなどでも理解のできない犯罪が起きたとき、文化人があーだこーだと頭を悩ませながら説明をつけようとします。

が、

理由がない理由だってきっと存在するはず…。

本当の問題は、結局その人にしかわからないものです。

けれど、それでは人は落ち着かない。

原因を究明して、次に活かさなければ進歩がありません。

どうしても“処理する場所”や拠り所が必要なのですね。


今では、だいぶ解明されたことも多いでしょうが、

それでも知らないことの方がまだまだ多いでしょう。

そんな時、昔から頼りになるのが神頼み。


実は僕も、

さんざんリハーサルにリハーサルを重ね、鬼のように練習してきたとしても、

ライヴ前にステージ脇で必ずやっていることがあります。

いるかどうかも分からない『ステージの神様』に

「今日もうまくいきますように…」と、

両手を組んで祈るのです。


すると不思議なことに、その日のステージはうまくいくことが多いのです。

たまに、祈り忘れると、なんだか調子が悪かったりします。

関係ないかもしれないけれど、

不思議です…。

願掛け _f0182998_1515069.jpg




営業日:適当



本日の店内BGM
Eddie Floyd / knock on wood
by hmk-kuro | 2009-02-11 02:08
プロ
【ねがい】



ファンと握手する。

サインを書く。



僕が、一番初めに握手した有名人はミスター・T。

プロ_f0182998_2381937.jpg


そう、あの『特攻野郎Aチーム』のコングだ。

幼過ぎて実はよく覚えていないのだが、

アメリカのKマートというスーパーで偶然見かけて親父が声をかけたらしい。

普段からあの金のジャラジャラのネックレスをして、

やさしく握手に応じてくれたそうだ。

僕は、『特攻野郎Aチーム』の大ファンだったのでとっても光栄だ。


その後、誰かにサインを求めたのは大学の頃だ。

留学の費用を稼ぐために、大衆居酒屋で働いていた、とある日。

ブラザー・トムさんがお店に入って来られた。

「おぉ!あれ、トムさんだよ~」

突然のビックな来訪に、ミーハーなうちらスタッフは全員浮き足立った。

そして、厨房でせっせと動いていた僕に、店長が半ば冗談で、

「ちょっと、お前行ってこい」と、けしかけた。

そういうの、苦手だったのだがブラザー・トムさんとあってちょっと頑張ってみた。


しかし、サインを貰うにも色紙がなかったのでどうして良いのか分からず、

(今思えばなんて失礼なことをしたのだろうと顔を覆いたくなるのだが)

お店のペラペラのナプキンを色紙代わりに持っていった…。

そして、


「トムさん、大ファンです。あの…、良かったらサインを戴けないでしょうか…」


と、ペラペラのナプキンを差し出した。

普通なら、無礼千万、アホかお前と返されてもおかしくないのだが、

トムさんは違った。


「おぉ、いいよ」


と、僕の名前を聞いて、快く受けてくれた。


“4 Satoshi Brother Tom”


こう、書いてくれたことを今でもハッキリ覚えている。

この“for”を“4”と略したところが、なんだかこなれている感というか芸能人ぽくてイカしてるな~と思ったものだ。


あれから何年か経ち、

メジャーデビューもして、

トムさんと仕事でご一緒する機会に恵まれた。
.

その話をして、あの時はペラペラのナプキンにすみませんでしたと伝えたら、

トムさんはこう言ってくれた、


「そうだよ、いいかい。

どんな時でも、よっぽどのことがない限りサインを断わっちゃいけないんだよ。

そして、どんなものにも書くんだ」


と。

カッコいいよね。

プロ_f0182998_0376.jpg


そして、ミスター・Tもトムさんも若干かぶるよね。


営業日:適当



本日の店内BGM
Luther Vandross / Never Too Much
by hmk-kuro | 2009-02-05 23:59
そわそわ
【ぬる】


115年前の今日、

ノーマン・ロックウェルという画家(イラストレーター)が生まれました。

そわそわ_f0182998_18315755.jpg


名前を知らなくとも、彼の絵を一度ならずとも目にした人は多いはず。

日本でも根強い人気がありますからね。


子供の頃、彼の画集が家にあってその超写実的な世界観に魅了されたものでした。

一枚の絵の中に、ユーモアと温かさが同居していて、

誰にでも解るメッセージ性と、その日常の断片を切り取ったような親しみやすさが、

今もなお世界中の人に愛されている理由なのだと思います。


好きな作品はたくさんあるのですが、中でもこれがグッときます。

そわそわ_f0182998_1964830.jpg


『息子の旅立ち』 1954


新品の靴とスーツをまとった、

どこか落ち着きのない様子の(内股気味の)息子と、

くたびれたジーンズとはき潰した靴にくわえタバコの(よそよそしい)親父…

この対比がたまらく良いですね。

見送る人と見送られる人、こんな感じの空気、わかりますよね?



春。

どこか、そわそわした季節。


こんな場面や感情がまたあっちこっちで見られるのかな。



営業日:適当


本日の店内BGM
Amii Stewart / Friends
by hmk-kuro | 2009-02-03 19:34
プカプカ
【西岡恭蔵さん】



おれのあん娘は タバコが好きで
いつも プカ プカ プカ
体に悪いから やめなって言っても
いつも プカ プカ プカ

遠い空から 降ってくるって言う
「幸せ」ってやつが あたいにわかるまで

あたいタバコやめないわ
プカ プカ プカ プカ プカ

おれのあん娘は スウィングが好きで
いつも ドゥビ ドゥビ ドゥ
下手くそなスウィング やめなって言っても
いつも ドゥビ ドゥビ ドゥ

あんたがあたいの どうでもいいうたを
涙流すまで わかってくれるまで

あたいスウィングやめないわ
ドゥビ ドゥビ ドゥビ ドゥビ ドゥ

Ah おれのあん娘は 男が好きで
いつも ウフ ウフ ウフ
おいらのことなんか ほったらかして
いつも ウフ ウフ ウフ

あんたがあたいの 寝た男たちと
夜が明けるまで お酒のめるまで

あたい男やめないわ
ウフ ウフ ウフ ウフ ウフ

おれのあん娘は うらないが好きで
トランプ スタ スタ スタ
よしなって言うのに おいらをうらなう
おいら明日 死ぬそうな

あたいのうらないが ピタリと当たるまで
あんたとあたいの 死ねる時わかるまで

あたいうらない やめないわ
トランプ スタ スタ スタ

あんたとあたいの 死ねる時わかるまで

あたいうらない やめないわ
トランプ スタ スタ スタ

男 ウフ ウフ ウフ

スウィング ドゥビ ドゥビ ドゥ

タバコ プカ プカ プカ…



作詞、作曲:西岡恭蔵



『プカプカ』

大好きなうた。

明るい曲調なのに、どこか切ない。

初めてこの曲を聴いたとき、なぜだか涙が止まらなかった。

すげーいい女。


西岡さんは、亡くなられたがこの名曲は色んなミュージシャンに愛されカバーされ続けている。

色んなバージョンもあるので良かったら聴いてみて下さい。

西岡恭蔵/大塚まさじ/高田渡/ムッシュかまやつ/坂崎幸之助

桑田佳祐

プカプカ_f0182998_23051100.jpg


ちなみに、

奥様は、KUROさんというのだ。

プカプカ_f0182998_2343969.jpg


でも、この曲のモデルは違うのだけれどね。



営業日:適当



本日の店内BGM
いらないでしょ。
by hmk-kuro | 2009-02-02 23:12
スターウォーズ
【なんじゃ、こりゃ?】


“子供にファンタジーの世界を与えることができる。

そして、この映画を見た子の中から若きアインシュタインが生まれ、

人々の心に疑問を抱かせることができるかも知れない。

僕らが本当にやらなきゃならないのは、

新たな銀河系に住むべき場所を見つけること、

『2001年宇宙の旅』で見た厳しい現実はさておき、

そのロマンティックな面に目を向けることなんだ。

今はテクノロジーの問題から、誰も火星に移住しようとは思わない。

でも 「可能性があるかも」 と思えたら、実際に行く気になるかもしれないだろ?

ロマンティックな面っていうのは、そういうことさ。”



ジョージ・ルーカス 『Rolling Stone』1977年のインタビューより



この記事は、ルーカスがかの有名な「スター・ウォーズ」を空前の大ヒットに導いた直後の発言だ。


そういえば、子供の頃、色々なものが怖かった。

暗闇、おばけ、田舎の玄関にあった般若面、カミナリ、一人のお留守番、親父、ホラー映画、遊園地のジェットコースター、宇宙の果て、宇宙人、死…

小さい頃の僕は、怖がりで臆病でホントに肝っ玉の小さい奴だった。

寝るときは、小さな豆電球なしでは寝れず、親が出かけているときはいつも

「お父さんとお母さんはいつ帰ってくるの?」

と、弟に5分ごとに聞くような情けない兄だった。


よく母がグリム童話や絵本を寝る前にたくさん読んで聞かせてくれた。

そのまま眠りにつくことがほとんどだったが、止まらない想像力や興奮が寝室の天井や壁に不思議な絵を映し出した。

“何かを怖がる”という感情は、“何かを知りたい”という感情と似ているのかもしれない。

未知な世界だからこそ、人は探検したくなる。

分からないからこそ、想像を膨らます。

そして、ちょっと怖い…。

「恐いもの見たさ」とはよく言ったものだ。

しかし、そんな経験が子供心にすごく良かったように思う。


スター・ウォーズ。

初めて見たとき、ホント度胆を抜かれた。

ルーク・スカイウォーカーやハンソロは半端なくカッコ良かったし、

レイラ姫は綺麗で、

ダースベーダーはBGMごと怖かった。

なんじゃ、こりゃ?

時代設定や乗り物から何もかもが僕の範疇外で、とにかくぶっ飛んだ。

想像力の中枢をガンガンに刺激され、もうその熱は学校でも家でも止まらなかった。

同時に、宇宙の果てやまだ見ぬものへの憧れと恐怖心もさらに芽生えた。



人は、怖がりながらちょっとずつ前に進むのかもしれない。

知らない景色はワクワクでもあるが

知らない自分に出逢うことでもあり、ドキドキである。



“食べてすぐ横になると牛になる”、“夜、爪を切ると親の死に目に会えない”、

“夜、口笛を吹くと蛇が出る”、“北枕で寝てはいけない”…

今、こんな迷信に恐怖を感じる子供はいるだろうか。

昔の人は、「畏れ」を「恐れ」としてうまく教訓していたと思う。

子供は、ウソだ~と頭で思いながらもちょっとだけビビりつつ

想像を膨らませながら現実の世界を探検していく。

今、ワクワクとドキドキをバランスよく伝えるものってどれだけあるのだろう。

スターウォーズ_f0182998_23585272.jpg




営業日:適当



本日の店内BGM
Bill Withers / Ain't No Sunshine
by hmk-kuro | 2009-02-01 00:59
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite musicの連載ブログ

[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright (c)1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム