『HOME MADE 家族 3RISE TOUR 2013 ~グッドモーニングジャパン!~ 』

最新ライヴレポートはコチラ!!
[2013/03/18掲載]


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

最新インタビューはコチラ!!
[2014/01/07掲載]


PROFILE

【KURO】
HOME MADE 家族のMC

一番多感な少年時代をアメリカで過ごした事(12年間)でHIP HOP文化自体を生活の中で体感する。帰国後、高校のクラスメイトと共にユニットを結成。渋谷、町田、六本木など関東圏の数々のクラブでライブを経験しスキルを磨く。 低音域でささやくようなRAPから心に響くような語りかけるスタイルまでオリジナルを確立している。 特に英語の発音、リリックはまさに本物である。

LINK
RELEASE INFORMATION
Best Album

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』
2014/01/08リリース


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【初回生産限定盤】
KSCL-2350~51
¥3,900(税込)

この商品を購入する

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【通常盤】
KSCL-2352
¥2,800(税込)

この商品を購入する
<   2008年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧
3♪という数字
【きまぐれ】



『モテ期』って、何なのでしょうね。

まるでジュラ紀のような、そんなニュアンス。

いつから始まったのでしょう?

必ず一度は、交わされる質問だったりもします。

「モテ期って、いつだった?」

みたいな。

挙句の果てには、“人生には三回、『モテ期』が訪れる”という実しやかな格言。

まるで、第一次成長期と第二次成長期ばりの医学的周期です。

ずっとモテ続けている人もいれば、一度も訪れたことのない人もいるでしょうに。

なんだか不思議です。

きっと、ここまで根強く生き続ける説であるからには、何かしらの理由があるのでしょう。


そもそも、何をもってモテたと認知して良いのでしょうか?

小学校の頃に教科書を見せてもらったその優しさ?

バレンタインのチョコの数?

「○○くんのこと○○ちゃんが好きみたいだよ」的な第三者からの自分に関する噂話?

この辺が第一次モテ期になるのでしょうか・・・。


中学、高校に上がると、もう少し判りやすいです。

告白された回数に付き合った人数、ファンクラブなんて結成されていたらもう完璧でしょう。

そうなると、第三次モテ期はかなりグロテスクになります。

不倫の回数に複数プレイ、貴婦人達の密会に叶姉妹のグッドルッキングガイへの仲間入りです。

こうなったらもうハンサム芸人の域ですね。


一見、バカバカしい説ですが、

ここまで広く他人とシンパシーを感じる会話のきっかけは下ネタ級です。

人のバイオリズムをうまく言い当てた、もはや“学説”と呼べるのではないでしょうか?

そうなるとバカにもできない話ですね。

モテ期が訪れていない人にとっては、まだ三回もあるという希望にもなります。

もしくは、ポイントカードみたいに、

「高校二年に一回、大学の頃バイトで一回、あと一回しかな~い」という生産性の無い焦りも生み出します。

なんて、きまぐれなんでしょう。

あ、

そういえば、知ってます?


“人は、一生の内に大恋愛を三回するんです”って~。

3♪という数字_f0182998_135238.jpg

手振れ補正が主流の世の中ですが、

時にはブレが“それっぽさ”を創ることもあるのです。


営業日:適当



本日の店内BGM。
Stevie Wonder / Superstition
by hmk-kuro | 2008-10-29 01:20
(喜)(怒)(哀)(楽)
【かっこ笑い】



いつからか、文章の表情を視覚的に補佐しなければ僕らはその行間を感じ難くなってきました。

身近な例で言うと、メールに使われている絵文字でしょうか。

喜怒哀楽を“絵”で表すことによって更に相手に伝える効果を生み出しますね。

今では使わない方が、ぱっと見なんだか味気なくて相手に冷たい印象を与えてしまうのではないかと少し心配すらしてしまいます008.gif

恐らく無かった時代は、その人の“筆致”や“表現”などから色々と想像を膨らませて気持ちを汲んでいたのでしょう。

ただ、絵文字の要素は昔からあったとも言えます。

例えば、単純に「!」や「?」です。

これらは絵文字の走りだとも言えるのではないでしょうか????

感嘆符ですもんね。

こんな有名なエピソードがあります。

フランスの文豪、ビクトル・ユゴーは「レ・ミゼラブル(邦題:ああ無情)」を出版した時に、その本の売れ行きが気掛かりで出版社に「?」とだけ書いて問い合わせをしたのだそうです。

それを見た出版社はこう返事を書きました。

「!」

つまり、びっくりするほど売れていますよ~!!!!と。

粋ですねー。18世紀の絵文字のやり取りです。デコメールなんてあったらユゴーは絶対にきゃわいく使っているでしょうねぇ。


最近は、テレビなんかだと特にバラエティーがそうですが、もう当たり前のように発した言葉の字幕(テロップ)が入りますね。特に、「ウケ発言」に。

一緒になって釣られて笑っている自分がいますが、ちょっと待てよ、とも思うのです。

ん?どうして、笑いのツボを強要されているの?・・・と。

まるで、「ここで笑いなさい」と言われているようで、いつの間にか潜在的に訴えかけられている事にふと気が付いたのです。

確かに、テロップの出現は漢字を学んだり、音が少量でも画面を観ているだけで大体の理解ができたり(特に聴覚障害者にとっては大変助けになりますね)利点は種々あります。

しかし、人と人との会話までもがメール同様に絵文字化されていくのは、なんだか“感情を一本化”しているようで少し怖い気もします。

ニュースやレシピなどの必要な情報ならまだしも、個人が感じる喜怒哀楽は人それぞれですから、もっと自由であっても良いのではないでしょうか?

そこに編集というメスを入れるのは、なかなかキワドイです。

だって、皆で同じ場所で笑っているのってちょっと怖いでしょ??

他人の気持ちを“汲み取る能力”は自分の心で「感じ」なければ006.gif


だから僕、ずっと文章の文末にある【(笑)】←これがすごく苦手でした。

ウケを自分で指定しているようでなんだかサムイなと・・・。

人のもダメでした。

でも、最近は同じ【(笑)】でも自虐的なものから、“微笑み”としての存在など色々とあるのだな~と学び、ようやく納得して使うことができました(笑)

(喜)(怒)(哀)(楽)_f0182998_1575171.jpg


営業日:適当



本日の店内BGM。
The Staple Singers / Respect Yourself
by hmk-kuro | 2008-10-25 02:28
よく噛んだ方が美味しいよ
【おもてなし】


旧聞に属する話かもしれませんが、今では定番となっているジャンケンの「最初は、グー!」は、志村けんさんが、「あっち向いて、ホイ!」は桂三枝さんが、そして写真撮影でのピースサインは元スパイダースの井上順さんが発案したと言われています。

テレビの影響力というのは、凄いものですね。

どれも、もっと昔からある古い慣習のような気もするのですが実は歴史としてはまだまだ浅いのです。気が付かないうちに僕らの身の回りで定番化していくのですね。

例えば最近だと、世間は異様に「噛む」ことに過敏になってきました。

大事なところで噛んじゃった~。とか、カミカミだね~。と。

これは、完全にダウンタウンさんの影響だと思われます。

昔は、これほど普段の会話で気にしていなかったハズです。

人間は、元来「噛む」ものなんだと思います。

芸人や噺家のような話芸を業とする方と同じ水準値を一般の人にも求める最近の風潮がなんだか僕には解せません。

言うならば、“ライセンスのない人間が、ゲームを審判する”感覚でしょうか。

そこは、ストライクでいいじゃないですか!

だって、草野球なんですから。

僕らは、他人に対して多少なりとも甘めな判定をしてあげるべきだと思います。

かく言う僕も、そんな自分に気が付いて恥ずかしくなりました。

昔は、「さとしは、ラッパーのくせによく噛む」と言われていたのに・・・。

ただ、ダウンタウンさんが登場されたことによって一般層のお笑いレベルが引き上がったという事実は否めません。

ま、だからと言って僕らまで目くじらを立ててすぐに「噛んだ!噛んだ!」と突っ込むのはいかがなものでしょう?

よく噛んだ方が美味しいよ_f0182998_22504321.jpg

でも、デッドボールはデッドボールですけど。

営業日:適当



本日の店内BGM。
Al Green / Let's Stay Together
by hmk-kuro | 2008-10-20 23:04
All You Need Is Love
【笑顔】



結局のところ、お前が手にする愛は、お前が生み出す愛と同じなのだ。



(ビートルズより)




今日も笑顔と真心で接客します。

ども、店主のKUROです。

よく良いインタビュアーは、良いリスナーでもあると言います。

相手が話しやすいように受け答えをして、巧みにその人の話を聞き出すのです。

つまり、聞き上手(聞き巧者)ということなのですね。

この言葉は一見、受動的のように見えて実はすごく「能動的」なんです。

これは自分の主張を前面に押し出すことが、必ずしも相手との有効的なキャッチボールを成立させる手段ではないということを証明しています。

相手の意見や見解をまずは尊重することで、話し手の門戸を少しずつ開放し、結果自分の主張をも通りやすくさせるのです。

もちろん、お互いにとっても非常に建設的な方法ですね。

よく喋る人よりも、ぽつんと呟いた人の一言の方が、なぜだか妙に響いたりするのと似ている気がします。

又、これは実際にアメリカの授業などで行われているディベート(訳注:あるテーマについて肯定派と否定派とに分かれて行う討論)での論法らしいのですが、相手の意見に対して反対意見を述べる時は、まずは真っ向から否定するのではなく、頭に

“その考えも一理ありますね、しかしながら・・・”や“それもそうですね、でも・・・”

のような肯定的な一文を添えてあげると実に効果があるようなんです。

協調と主張のバランスは大変難しいですが、なんでも咆哮して感情論に任せて自分の考えを訴えるのではなく、まずは「受け入れること」がレッスン1であり、それが後々自分への利益と繋がって幸をもたらすのでしょう。

“待つ心”

結局、人と人との潤滑油は

『愛』なんですね~。

All You Need Is Love_f0182998_325053.jpg


営業日:適当



本日の店内BGM。
Orito / 感謝の歌 (Radio Edit)
by hmk-kuro | 2008-10-16 03:13
小数点以下のやつらの気持ち、考えたことあるのか
【旨味】



下手なプロより熱心な素人であれ。



日々、初心忘れるべからずで今日もデビュー時のように腰の低い店主です。

営業日が不定期過ぎてすんません。

ところで、突然ですが四捨五入ってする必要があるのでしょうか?

よく、25歳の誕生日を迎えた女性が「うわ、ヤバイ、四捨五入したらもう30だよ~!」

「もう、おばさんだ~」

などと言うのを耳にしますが・・・

いやいや、

だから

「25」ですから。


って、いつも思います。

なぜに、勝手にタイムスリップしようとする?

日本人特有の繰り上げ癖といいますか、敢えてプレッシャーを自らに課すところがありますよね。

まだ5年もあるんですよ。

30代がダメだとも思いませんが、妙に“今”を切り捨てる傾向があるように思います。

人生の旨味はいつだって、「瞬間」だと考えた方が健康的な気がします。

いくら計算し易いからってこれじゃあんまりだ。

熟れた果実も食べごろです。

2500円は2500円。

約3000円じゃないのです。

500円も得しているのですから。

“約”の中にもヒューマンドラマがあるのです。


ま、とは言えども昨今は年齢に関係なく活躍されている方が増えてきたように思います。

医学もどんどん発達し、このまま行けば近い将来

「私、今年で145歳だ~、四捨五入したらもう150だよ~、ヤバくな~い??」


ヤバイです。
小数点以下のやつらの気持ち、考えたことあるのか_f0182998_2335679.jpg


営業日:適当


本日の店内BGM。
Deniece Willaims / Free
by hmk-kuro | 2008-10-12 02:46
言葉のデジタル化
【粋】




並木道の只なかで馬が倒れ

落葉が散りかかる

ぼくらの愛は身ぶるいし

太陽もまた。


(ジャック・プレヴェール、ことばたちより)



感情表現の殆どを『かわいい』という一言で済ます風潮がずっとありますね。

自分自身、そのことに気付くことがよくあります。

言葉は、その時代を反映する生き物ですからそれも趨勢なのでしょう。

『逆に』、『むしろ』、『的な』、『~みたいな』、『とはいえ』、『全然大丈夫』なども同じぐらい人気がある子たちです。

もはや、上記にあるフレーズなしでは喋ることが困難なほど僕らの日常生活は侵食されています。

そうなると、敢えて逆らってみるのも一興です。

誰かと買い物をするとき、ちょっとしたゲームをしてみます。

例えば、咄嗟に『かわいい~!』という感嘆の声をあげるのはNG。

グッと押し堪えて、その気持ちをなるべく色々な言葉や表現で相手に伝えてみましょう。

やってみて下さい。

結構、難しいです。

そして、なかなか伝えられないもどかしさで身が悶えます。

『かわいい~』という言葉にどれだけ今まで頼り切っていたか、その事実に愕然します。

でも、頑張ってみるのです。

街で“かわいい”お皿を見つけても、

「この形態美は1.618:1という黄金比がそうさせているのだろうね~」

“かわいい”洋服を見つけても、

「このピアニー・パープルのワンピースはプリムローズ・イエローの靴と絶対に合うね♪」

そして、“かわいい”赤ちゃんを見つけても、

「わぁ~、まるでミシュランタイヤのマスコットのような肉付きで触り心地はテンピュールのようだわ!」

と・・・

ま、そこは

かわいいでいいか。


おでんが美味しい季節になりました。
言葉のデジタル化_f0182998_2352739.jpg

おでん、マジ激うまウィッシュ。

営業日:適当

本日の店内BGM。
Otis Redding / Try A Little Tenderness
by hmk-kuro | 2008-10-07 23:24
★新装開店☆ 
【味】

へい、らっしゃい!

店主のKUROです。

なぜだか昔から伊丹十三監督の『タンポポ』が好きでした。
★新装開店☆ _f0182998_206591.jpg

当時、僕は小学生で内容は全く理解することができませんでした。

ただ、憶えているのは役所広司さん扮する白服の男とその情婦のいやらしいシーンでした。

子供ながらにそれがストーリーとどう関係があるのか必死で考えたものです。

だから、僕はこの映画はその官能シーンがあるから好きなのか、ただ純粋に雰囲気や内容が好きなのかが未だに判りません。

でも、十回は観ました。

ラーメン。

行列のできる味を目指したいと思います。

テーマは時に、薄味だったり濃厚であったり多岐に渡ります。

時には、お口に合わないかもしれません。

でも、“味”は保障します。

今年、31になる男のスープを存分に堪能下さい。

それでは、開店です。
★新装開店☆ _f0182998_21101858.jpg

営業日:適当


本日の店内BGM。
Sam Cooke / A Change Is Gonna Come
by hmk-kuro | 2008-10-05 21:14
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite musicの連載ブログ

[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright (c)1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム