『HOME MADE 家族 3RISE TOUR 2013 ~グッドモーニングジャパン!~ 』

最新ライヴレポートはコチラ!!
[2013/03/18掲載]


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

最新インタビューはコチラ!!
[2014/01/07掲載]


PROFILE

【KURO】
HOME MADE 家族のMC

一番多感な少年時代をアメリカで過ごした事(12年間)でHIP HOP文化自体を生活の中で体感する。帰国後、高校のクラスメイトと共にユニットを結成。渋谷、町田、六本木など関東圏の数々のクラブでライブを経験しスキルを磨く。 低音域でささやくようなRAPから心に響くような語りかけるスタイルまでオリジナルを確立している。 特に英語の発音、リリックはまさに本物である。

LINK
RELEASE INFORMATION
Best Album

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』
2014/01/08リリース


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【初回生産限定盤】
KSCL-2350~51
¥3,900(税込)

この商品を購入する

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【通常盤】
KSCL-2352
¥2,800(税込)

この商品を購入する
カテゴリ:book( 6 )
二巻。
この時の。

ヒップホップ家系図 vol.1(1970~1981)

そういえば、二巻が出たんだぜー。

『ヒップホップ家系図 vol.2 (1981~1983)』
二巻。_f0182998_22532100.jpg


ヒップホップの歴史を漫画で読みたかったら、これがベスト☆

二巻。_f0182998_22534477.jpg


ただ、これはもう漫画というか殆どアート。

そしてリリースされるのが極端に遅いので、あしからず。
by hmk-kuro | 2015-06-23 23:59 | book
噂のメロディ・メイカー。
面白い!!!

噂のメロディ・メイカー。_f0182998_19523914.jpg


西寺郷太著『噂のメロディ・メイカー』

ご存知、ノーナ・リーヴスのシンガーであり、プロデューサーであり、マイケル研究家でもある西寺郷太氏の初の“ノンフィクション風”小説。

氏は、ミュージシャンでありながら特に80年代の音楽に造詣が深く、ラジオやテレビ、CDのライナーノーツなどでも活躍され、その長期に渡る実績と積み重ねた情報量に裏打ちされた評論には大変定評があるのですが、今回はその80年代を代表するスーパースター「ワム!」に焦点を当てた物語です。

地方でたまたま小耳に挟んだ「ワム!のゴーストライターは日本人だった!?」という、あり得そうもない噂話から発展した壮大なミステリー音楽小説。

しかも、香川県在住という(笑)

その一見、酒の席での与太話のような噂話に、著者である氏がザワザワと胸騒ぎを覚えるのです。

「そんなことはあり得ない、、、だが、少しだけ引っかかることがある」と。そして、もしそれが事実だとしたら、これは日本のポップ史を塗り替えるとんでもない事実になる。

なぜなら世界を席巻したワム!の名曲に日本人作家のメロディーが使われていたとしたなら、それは世界に誇るべき新事実となるからです。

いや〜、引き込まれたなぁ!!!

完全にヤラレマシタ。

小説なのにとても多角的で、ストーリーとしても面白いだけでく、ワム!への再評価を高めるライナーノーツにもなっていて、色んな人が幸せになるように作られています。

おしなべて言うならば、音楽への深い愛を感じますし、この一冊で周囲の人たちへの恩返しになっています。

またロケーションがよく知っている所が多くてイメージを鮮明に浮かべやすく、それとこれは個人的な“あるある”なのですが、またしても本の舞台である岡山と香川のシーンを読んでいるときに、僕もちょうど岡山から高松に行くときで、毎度このシンクロにはゾワっとします。

あと本の内容とは関係ないですが、この装丁と大きさも好きです。長編小説なのにまるで文庫本のように持ち運びやすいサイズでいいな〜と思いました。

とにかく、本当に面白いですよ。読み終えたくなかったぐらい。

マジでオススメです☆
by hmk-kuro | 2014-07-02 20:35 | book
『銀河パトロール ジャコ』。
この間、久しぶりに鳥山明先生の新刊を購入しました。

『銀河パトロール ジャコ』。_f0182998_23505131.jpg


『銀河パトロール ジャコ』

なぜなら、ドラゴンボールの前のストーリーが描かれていると聞いたからです。

しかも、悟空のお母さんが初登場という☆

『銀河パトロール ジャコ』。_f0182998_23532242.jpg


ギネっていうんですね〜。

ネギを反対にしたのかな。鳥山先生は、よく名前を決めるとき食べ物の名前とかをもじったりする傾向があるので。

一巻で読み切りの、久しぶりにあの鳥山明ワールドに浸りました。

なんだかアラレちゃんとか、色々と思い出したりして僕はすごく楽しめました。

オススメです。
by hmk-kuro | 2014-06-05 23:59 | book
ヒップホップ家系図 vol.1(1970~1981)
忘れた頃に頼んでいた商品が届いていると嬉しいものですよね。

昨日、家のポストにコレが入っていました☆

ヒップホップ家系図 vol.1(1970~1981)_f0182998_22513654.jpg


ヒップホップ家系図 vol.1(1970~1981)

作:エド・ピスコー

要はマンガなのですが、ただのマンガというよりもヒップホップの黎明期をアメコミで読むことができるという代物。(その翻訳版)

サイズはわりと大きく、しっかりとしたハードカバーで美術本としても楽しめます。

ヒップホップ家系図 vol.1(1970~1981)_f0182998_2257398.jpg


まだRUN DMCが出てくる前の段階の、ホントに初期のヒップホップのお話です。

その“ヒップホップ”という言葉ですら、どうやって誕生したのかというエピソードが出てきます。

登場人物も多いですし、似たような顔も名前も多いので、ある程度の前知識がないとちょっとパニックになるかもしれません。

ヒップホップ家系図 vol.1(1970~1981)_f0182998_2304987.jpg


おまけに話も飛びますし、アメコミ特有の“ノリ”があるので、それを理解した上で読まないとハテナマークが頭に付いたままページを繰ることになるかもしれませんが、僕は面白くて届いて1時間ほどで読み切ってしまいました。

ただ、専門的な知識がなくとも観賞用としても大変すぐれていますし、全編カラーで絵のタッチも紙の質感もオシャレで、眺めているだけでも飽きないと思います。

ヒップホップ家系図 vol.1(1970~1981)_f0182998_2363497.jpg


いいですよね〜、この雰囲気。

ヒップホップ家系図 vol.1(1970~1981)_f0182998_23113094.jpg


アメリカ独自のテイスト。

日本には馴染みのないタッチに触れるだけでも五感に刺激があります。

巻末には、色んなグラフィックライターが描いたヒップホップのレジェンドたちの似顔絵を鑑賞することもできます。

左は蛭子さんじゃねーだろうな。。。

ヒップホップ家系図 vol.1(1970~1981)_f0182998_23201811.jpg


ヒップホップ家系図 vol.1(1970~1981)_f0182998_2320054.jpg


まだ連載は続いているそうなので、次号も楽しみです☆

因に、僕はてっきり完全予約制でしか購入できないレアなものだと思っていたのですが、タワレコにバンバン売ってありました(笑)

なので、興味ある方はぜひ〜。
by hmk-kuro | 2014-05-08 23:22 | book
ラップのことば2。
『ラップのことば2』読了しました。

ラップのことば2。_f0182998_23273530.jpg


企画/編集をされているのは、音楽ライターの猪俣孝さんです。

ラップのことば2。_f0182998_23301778.jpg


猪俣さんは、僕らのベストアルバム『家宝』の初回盤に収録されている、特典ブックレットのインタビューも手がけてくれています。

続編が出版されるのをずっと楽しみに待っていました。

前回が、4年前ですか〜。

そのときの感想もブログで書いていますね。

今日額は今日のこの一方的な長さだ。

こういうとき、ブログって便利だ(笑)

久々に読み返してみましたが、今とあまり感想が変わらないですね。

ただ、面白いのは猪俣さんも「あとがき」で書かれていますが、あの頃と今では確かに日本語ラップの地図が大きく変わりました。

ネットから始まる音楽、新しい感覚のミュージシャン、女性ラッパーの台頭、ヲタク的感覚や昨今はジャニーズだって小学生だってラップする時代。

バリエーションは多岐に渡り、SNSの普及によって誰もが表現者になることができ、そして発表する場所があります。

今回ここに掲載されているラッパーたちは、前回のときよりもさらに縦にも横にも振り幅が大きくなり、そしてそれぞれが様々な哲学を持っています。

そう、読んでいてつくづく思いました。

ラッパーは、“哲学者”なんだな〜と。

いや、もっと言うならば歌詞を書く人全般、ことばと向き合う人たち、果ては表現する者は“哲学者”なんだと思います。

その哲学を日々研鑽し、苦悩して、吐き出している。

それが自己を救うカタルシスとなり、聴き手を同時に解放している。

前回の自分のブログを読んで、そういえば僕も少し変わりました。

あの頃の僕と今の作詞の気分は、ちょっとだけ違う。




追記:
猪俣さん、次は『DIVAのことば』っていうのを出しませんか??(笑)
AIちゃんとか、PUSHIMさんとか、Leccaとかね☆
by hmk-kuro | 2014-04-27 23:59 | book
イン・ザ・ルーツ。
久しぶりに本の紹介。

この間、空港で何気なく手に取った小説が面白かったです。

『イン・ザ・ルーツ』竹内真著

イン・ザ・ルーツ。_f0182998_2259051.jpg


表紙がラッパを吹いていたのと、『イン・ザ・ルーツ』という題名に惹かれて、何か音楽系かな〜と思って買ってみました。

失礼ながら竹内真さんのことは知らなかったのですが、文章がとてもリズムカルで読みやすく、無理のない感じで、物語がスラスラと入って来ました。

本って作者の方と波長が合うか合わないかってありますよね。

どうしても、つんのめってしまうモノと、そうでないモノ。

あれって何だろう。。。

ともかく、竹内真さんの他の作品も読んでみたくなりました。

読む方もいるかもしれませんので、簡単なあらすじだけ。

この表紙に描かれている粋なお爺さんがジャズのトランぺッターで、三人の孫たちに生前の内に形見を渡すところから物語は始まります。

その形見というのが、僕は初めてその存在を知ったのですが、“根付(ねつけ)”というもので、昔の人が着物に付ける、今でいう携帯ストラップみたいなものですかね。

こういうの↓

イン・ザ・ルーツ。_f0182998_23122515.jpg


江戸時代には、たいへん流行ったアクセサリーだそうで(いつの時代も変わらないですね〜)これを三人の孫たちは譲り受けるのですが、その根付には、なんと壮大なストーリーが隠されてありました。

しかしながら、それを解明する前にお爺ちゃんは飛行機事故で帰らぬ人となり、三人の孫たちは各々の人生と根付が交差しながら、その答えを探しにいくことになるのです。

このお爺さんのベシャリが軽快で小気味良く、読んでいてすごく楽しいです。それと、おそらく作者の方はジャズが好きなのでしょう、折に触れてジャズの名盤が作中で何度か演奏されるのですが、まるでその音が文章から聴こえてくるような気分にさせてくれます。

読了後に思わずその曲をYouTubeで聴きたくなって聴いてしまいました。

Glenn Miller-In The Mood


Ben Webster - Danny Boy


活字から音楽が聴こえてくるって、素敵です☆
by hmk-kuro | 2014-04-14 23:38 | book
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite musicの連載ブログ

[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright (c)1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム